チョコレートカップケーキ レシピ。 英国王室のお気に入り!「ウィリアム王子のチョコレートビスケットケーキ」の作り方

英語レシピで簡単クッキング! バレンタイン♡チョコカップケーキ

チョコレートカップケーキ レシピ

料理のコツ・ポイント ミルクチョコレートは、ビターチョコレートでも代用いただけます。 こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。 それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。 オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。 焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。

次の

濃厚クリーム!ダブルチョコレートカップケーキの作り方

チョコレートカップケーキ レシピ

ダブルチョコレートカップケーキの材料(6個分) 生地• 薄力粉 100g• 砂糖 50g• ココアパウダー 20g• 卵 1個• 牛乳 40cc• 無塩バター 50g• ベーキングパウダー 3g• 塩 ひとつまみ• チョコチップ 60g チョコバタークリーム• 無塩バター 90g• クリームチーズ 30g• 粉糖 120g• ココアパウダー 20g トッピング• カカオニブ 今回ココアはを使用しています。 また、食感が欲しかったので、チョコチップはのものを使いました。 もちろん普通のチョコチップでも問題ありません。 あと、バタークリームに合わせる粉糖は必須になります。 砂糖だとジャリジャリしちゃうので…。 最近はスーパーの製菓コーナーなどに、粉糖が置いてあることも多いです。 それと、最後にカカオニブをトッピングしましたが、ここはお好みのものにアレンジしてみて下さい。 に、9号のマフィン紙を使用してます。 1、薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、塩を合わせて振るっておきます。 2、ボールにバターと砂糖を入れ、ゴムベラで白っぽくなるまでしっかり混ぜます。 3、2に溶いた卵を3回に分けて加えます。 都度しっかり混ぜ合わせて下さい。 4、振るっておいた粉類の半分を3に入れて、さっくりと切るように混ぜます。 5、牛乳を半量加えて、混ぜ合わせます。 6、残りの粉類を加えて、さっくりと混ぜます。 7、さらに、そこに残りの牛乳も入れて、粉っぽさが無くなるまで混ぜ合わせます。 8、7にチョコチップを入れて、全体に均一になるように混ぜます。 9、絞り袋に生地を入れます。 10、マフィン型に生地を入れていきます。 絞り袋を使わず、スプーンで入れてもOKです。 12、クーラーの上で、冷ましている間に、チョコバタークリームを作っていきます。 13、ボールにバターとクリームチーズ、粉糖、ココアパウダーを入れます。 14、滑らかなクリーム状になるまで、しっかり混ぜ合わせます。 15、絞り袋に入れていきます。 16、冷ましたカップケーキの上に、チョコバタークリームを絞り出していきます。 17、最後にカカオニブを散らして完成です。 実食 サクッとしたココア生地にチョコチップの食感と、濃厚なバタークリームがたまりません。 バタークリームというとアメリカンなレシピをイメージされるかもしれませんが… 甘さはかなり抑えているので、食べごたえはあっても、しつこくなり過ぎず、丁度いいバランスになっていると思います。 簡単に作れるので、作ってみてくださいー ダブルチョコレートカップケーキを作るのに使用した材料と道具 今回、このダブルチョコレートカップケーキのレシピで使用した具体的な商品の紹介です。 もちろん、ここで紹介するものでなくても大丈夫ですが、材料や道具を買い足す際に、参考にしてもらえればと思います。

次の

バレンタインに贈りたいカップケーキ特集!デコレーション方法やレシピを紹介!

チョコレートカップケーキ レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の