パチンコ ハマり 計算。 パチンコ大当り確率計算機

実戦で役に立つ確率(第1回)一定以上はまる確率|パチンコビレッジ

パチンコ ハマり 計算

shunPもパチンコへ行く前はそんなイメージを持ってました。 でも成人してから実際に行ってみると ちょっと大人なゲームセンターって感じでそんなに怖いって感じることはなかったです。 ただ、行った事がある人には分かると思うんですけど パチンコ屋ってかなりの爆音でうるさいんですよ。 こればっかりはどうも耐えられず行くときは毎回カナル型のイヤホン(耳栓みたいなやつ)を付けていってます。 これがないと耳が大変なことになります。 たまに忘れた時はしょうがなく打つんですけど、帰る際にお店をでたら キーンって耳鳴りがとまらなくなるくらいやばいです。 御託はこのくらいにしておきましょう この記事をみて頂いてるってことはやっぱりパチンコで負けが続いていたりもしくは 負けを一発で取り戻したい!って方なんではないでしょうか? やっぱり パチンコするからには絶対に勝ちたい!って思いますよね。 そこで、今回は パチンコの必勝法について分かりやすく解説していきたいと思います。 ハンドルをひねって玉を打ち出す• 玉がへそに入る• その台の大当たり確立にそって抽選する• 液晶の演出もボタンプッシュも役物も一切大当たりには関係ありません。 パチンコ台とはこの確率通りに大当たりの抽選を行っている機械です。 信頼度80%の演出ではずれてくやしい!だとか、 赤保留、金保留ではずれたありえない!なんて話をよく聞きますが ただ単にはずれの演出としてそれが選ばれただけです。 0円 等価交換 と2. 5円では 4回転近くの差が生まれます。 北斗無双のボーダーはかなり甘い?! ちなみに北斗無双ですがボーダーが甘いと言われています。 これって本当なのでしょうか? 同様のミドルスペックである 『慶次~雲のかなたに~』のボーダーと他の機種と比べてみましょう! 慶次の交換率によるボーダー 交換率 ボーダー 2. 5円 24回転 3. 03円 22回転 3. 3円 21回転 3. 5円 21回転 4. 0円 19. これが パチンコで勝てるか勝てないかの決定的な違いになりますね。 こんなことしてませんよね? 交換率3. ボーダーを知っていれば…この場合ボーダー理論を知っていたら直ぐに北斗無双に戻ることができたのに 戻ってもボーダーギリギリですが くまさんはマイナスボーダーの台をよく回ると喜んで打ってしまっています。 これでは やっぱりパチ屋の養分ですね。 ボーダーより回ったのに負けた!嘘つくな! よくパチンコのボーダー理論を勘違いしている方がいますが プラスボーダーの台を打ってても大はまりして負けてしまうことはあります。 逆にマイナスボーダーの台を打って勝つこともあります。 パチンコボーダー理論というのは 何回も何回も試行回数を重ねて勝ちへと収束させていく理論打法です。 一時的には負けてしまうかもしれませんが、 長い目で見ると必ず勝てるのがボーダー理論なのです。 これから先ずっとパチンコを打ち続けていくのなら マイナスボーダーの台を打ち続けていては必ず負けへと収束していきます。 楽しくパチンコを打っていきたいのなら 必ずプラスボーダーの台を打ちましょうね。 パチンコのボーダーと期待値のお話 もうお分かりかと思いますが、パチンコで勝つための方法は ひたすらボーダーよりプラスの台を打つたったのこれだけです。 パチンコの期待値ってなに? 先ほどの説明したボーダーですが 1回転あたりにどれぐらいの価値があるのかを表すのに期待値という言葉を使います。 ちなみに北斗無双の場合はこんな感じになります。 北斗無双の1回転あたりの期待値 回転率 等価交換 3. 57円交換 16回 -2. 25円 -4. 69円 17回 1. 42円 -1. 41円 18回 4. 69円 1. 50円 18. 5回 6. 19円 2. 84円 19回 7. 62円 4. 11円 19. 5回 8. 97円 5. 32円 20回 10. 24円 6. 46円 21回 12. 63円 8. 59円 回せば回すほどお金になる?! 例えば 交換率3. 注意 1ヶ月程度ではこんなうまい具合に期待値は収束しません。 1年くらいの トータルでみると1ヶ月当り2,3万円勝っているなっていうイメージになります。 期待値は必ず収束します! 1ヶ月間に10万負ける時もありますが、その分どこかで20万勝つ月が出てくるはずです。 なので 一回の大負けでもクヨクヨする必要は全くないです。 もちろん プラスボーダーを打っているのであればですがね。 まとめ パチンコで勝てる方法をボーダー理論と期待値を使って簡単に説明してきましたが、そもそも今のパチンコ屋に そうそうプラスボーダーの台って落ちてないんですよ。 なので 旧イベント日だったり、新装開店を狙ったりしないと絶対に見つけることはできません。 パチンコで勝つためには お店の特徴を掴むことの方が重要だったりもする訳です。

次の

パチンコの回転数ごとのハマリ確率と当選確率を表にまとめたよ|まずは三年続けるべき

パチンコ ハマり 計算

パチンコで勝つためには、この「パチンコで勝つ方法をマスター!! 」のコーナーで扱っているを正しく理解・実行することがものすごく重要です。 正しい知識とちょっとした技術さえあれば、年寄りでも年間収支で勝てるのがパチンコです。 1日1ページで結構です。 ぜひご覧下さい。 まず、分子は300-1で299になります。 996…となります。 996…を600乗します。 134…となります。 4%です。 大きすぎる乗数の計算は、iPhoneですと横長状態で電卓を起動し、x yという、xのy乗を求めるボタンで求められます。 996…」「x y」「600」とボタンを押します。 Windowsでも標準電卓を「表示」から関数電卓モードに切り替えれば、同じx yというボタンがありました。 計算が面倒な人のために目安を掲載します。 ただし、通常時当たりにくい確率ほど、省略してある小数点以下も踏まえるとハマる確率は少しずつ高くなっています。 なお、100からこの数字を引いた数字が、その回転以内に当たる確率という意味になります。 一方で、確率の5倍 ハマりの可能性もわずかながらあります。 確率というのは奥が深いものです。 正しい知識を身につけましょう。 1.ハマりに関して、確率の5倍程度までは日常的に起こると言われています。 ここまでハマる確率は約0. 分かりやすく言えば、150台に1台が5倍ハマりする可能性がある、ということです。 2.確率内で当たらないのが5回以上連続することも考えられます。 3.開店から閉店まで打って、大当たり確率の分母が半分程度の数字で当たりを引けたことになる場合があります。 起こる確率が0. 3%くらいしかありません。 1回転ごとに0. 3%の当たりの可能性に期待して打っていると考えれば、約2倍以上ある0. 7%という数字は結構ありえると思いませんか? 確率にまつわる不思議現象があります。 確率の不思議• 2000回転当たりなし• 17回連続確変を引けない• 一日中打って、大当たり回数60回• 確変中に400回転ハマり しかし、これらは実際は「不思議」なのではなく「珍しい」だけです。 といっても、珍しい現象が日常茶飯事であればそのパチンコ店やパチンコ台に不正があるかもしれません。 しかし、実際は何度か珍しいことに遭遇しただけで「裏基盤だ」「遠隔操作だ」と騒ぐ人もいます。 このように、正しい確率の知識をもっていないと何でも怪しく思えてしまうものです。 そして 疑心暗鬼にハマっていくと打ち方もどんどん間違った方向に流されていきます。 まずは目の前の台が不正のない台として、行ったパチンコ店が健全なホールと仮定して、正しい知識と立ち回りで行動しましょう。 正しい知識・立ち回りは、パチマガスロマガのようなプロの集まりが提供する媒体から得ることができます。 確率の収束 確率というのは、信じられないような偏りを見せることがあるのです。 そう言うと、確率=アテにならないものとか、確率=何でもアリ、という印象を抱くかもしれません。 しかし、長い目で見れば結局は確率通りになってしまうところが確率の確率たるゆえんです。 データを大量に収集すれば、大きな変動を繰り返しながらも結果的に確率は 収束、元通りになります。 1000回ハマったとしても、その後に調子よく当たることもあるし、ごく普通に当たることもあります。 しかし、全てを平均すると、結局はだいたい確率どおりになります。 では、確率が確率どおりになるにはどのくらいのデータが必要でしょうか? 目安としては、確率の100倍と考えてください。 台に調子なんてない以上、日を改めたり、台を途中で変えてみたり、打つ人が変わったりしても同じことです。 つまり、パチンコが上手い人が打っても、下手な人が打っても、長い目で見れば確率どおりになります。 確率が同じならたくさん回せ! 上手い人が打っても下手な人が打っても変わらない確率。 では、収支の差はどこでつくのでしょうか? 勝っている人は、「確率どおりに大当たりしたとき収支がプラスになる台」を探して打っているだけです。 逆に負けている人は、「確率どおりに大当たりしなければ負ける台」ばかり打っているのです。 あろうことか、「確率通りに大当たりしても負ける台」に座る人もいます。 簡単な話、釘が良くて回る台なら、確率どおりに大当たりしたときに収支がプラスになるのです。 これがボーダーライン理論と呼ばれるものです。 確率がなかなか収束しない場合もときにはありますが、まずは余計なことは考えないで基本通りに理解して行動したほうが得でしょう。 ボーダーラインに関しては、今ではネットで無料でいくらでも情報収集できます。 しかし大半のサイトは、大手サイトから情報収集しているだけに過ぎません。 彼らの情報源…。 そのひとつに、パチンコ情報誌の大手パチマガスロマガがあります。 パチマガスロマガからの引用情報を目にするくらいなら、ダイレクトにパチマガスロマガから情報収集するのもいいのではないでしょうか。 確率の誤解 確率に関して勘違いのないように、誤解の事例を挙げて説明します。 確率は収束するのだから、ハマった後はその後確率以上に大当たりする 1000回ハマったとしたら、どこかでハマったお返しがないと確率は収束しません。 しかし、「ハマったら出る」と思うのは勘違いです。 ハマったお返しがすぐに来ることもありますし、1年後かもしれません。 1回転目だろうと1000回転目だろうと、大当たりの確率は変わりません。 いつだってチャンスはあるし、ハマるリスクがあります。 確率以上に出た台はその後ハマる 確率以上に当たったとしても、大当たり確率は常に一定です。 出たあとにハマることがありますが、出なくてもハマることがあります。 連チャンすれば勝てるから確率なんか関係ない 確率が収束するにしても、パチンコは確変が引けなければ勝てません。 ボーダーラインを超えていて理論上は勝てるはずなのに、大当たりは確率通りに引けたのに確変が引けず負けるケースはあるでしょう。 逆に、ボーダーラインを下回っていても、少ない投資で運良く確変ばかり引ければ勝てます。 つまり、「結局、勝負は確変のヒキ、運で決まる」…? …というのが誤解です。 確変だって結局は確率により抽選されています。 そして、確変突入率・継続率ともにいずれは確率どおりになります。 いずれ連チャンしなくなるし、いつか連チャンします。 そう考えたときに、基本的な立ち回りが重要なことが理解できると思います。 運が悪い人は勝てない 宝くじで一等が当たる人は純粋に運が良いです。 ではパチンコで年間200万勝つ人は運で勝っているでしょうか? 違います。 運だけで年間で200万も勝てるほどパチンコは甘くありません。 1日単位・1ヶ月単位で勝つことは誰にでもできますが、長期的に勝っている人には勝っている理由が必ずあり、運だけで勝っているわけではありません。 宝くじの一等が当たる確率が250万分の1としたとき、毎年100枚買ったとしても2万5千年に1回しか当たらない計算になります。 しかも一日打てば2000回転以上の抽選回数があります。 これだけ抽選回数が多ければ、どんな人でも数百時間も打てばおおむね確率どおりになってしまいます。 したがって、パチンコ程度の確率において運の良い・悪いは関係ありません。 パチンコの確率が信じられない 釘が良くて回るのに勝てないことがあります。 そんなときは確率を信じられなくなってオカルトに逃げてしまいがちです。 そうなる前に確率の甘い機種を打って、確率が収束することを少しでも実感するというのはどうでしょうか? 確率の甘い機種で回る台をつかみ、粘りましょう。 そうして何度か大当たりを引いていくうちに、「回れば勝てる」ことを再認識できれば、確率の収束も確認することができます。 そうして精神的に余裕がもてるようになり、「投資の上限や止め時を判断する際に正しい判断を下せるようになる」でしょう。 ミドル・マックススペックの荒さに参ってしまったときや、調子が上がらないとき、気分転換も兼ねて実行してみてはいかがでしょうか? パチンコを打つときに精神的に余裕をもつことは重要なことです。

次の

知っておきたいパチンコの確率!大当たりまでの回転数や投資金額は?

パチンコ ハマり 計算

比較的単純ではあるのですが、 何度も計算するのは面倒なので、自分がほしいと思い作りました。 「MAX」「フルスペック」 「ライトミドル」というグループがあったり、遊パチではなく 「甘デジ」「デジハネ」「ライト」という言葉を使ったり、境目が異なったりと定義は 人・店・雑誌によってそれぞれですが、このページでは上記のように定めました。 当然ではありますが、回転数が増えれば増えるほどハマり続ける確率は0に近づきます。 9の台で1000回転だと0. 日本のパチンコ設置台数は約300万台です。 9の機種で1000回転ハマる台は、全国で毎日10. 7台・年間なら3900台で発生している程度の確率ということになります。 「遊パチで1000回以上のハマリ」は「珍しい」ともいえますが、 とはいえ十分に発生しうる確率だということです。 長くハマっている台があると「遠隔操作説」を唱える人がまれにいますが、現実にはそんなことはないでしょう 遠隔操作の存在を否定するわけではありませんが、実施すると高い確率で摘発され営業停止になるため、 現在でも行っている店は存在しないか極めて稀でしょう。 遠隔操作が出来るのだったら1000回転も当たらせず「当たらない」という印象を与えるより むしろ、出玉の少ない当りをちょくちょく発生させて、ある程度当たっているように見せたほうがいいですから。 関連・参考リンク•

次の