さ 意味。 意味論

中国語辞書

さ 意味

comドメインとは、インターネット上のコンピュータやネットワークを識別するの種類の一つで、企業や商用サービスのために用意されたもの。 ドメイン名は「. 登録資格の要件や審査などはなく、実用上は非商用も含め様々な目的で取得・利用されている。 米(VeriSign)社が登録データベースの管理を行う(registry)事業者となっており、日本を含む世界各国のインターネット関連企業が(registrar)事業者としてドメイン名の登録申請を受け付けている。 歴史 comドメインは1985年のドメイン名の運用開始当初に創設され、ネットワークを表す「. net」や非営利団体を表す「」と並んで最も古くから存在するgTLDである。 1990年代後半のインターネット商用利用開放後は数あるTLDの中でも最も登録ドメイン数が多いTLDとなった。 2000年代前半にはインターネット関連の事業を手がける新興企業がこぞってcomドメインを取得し、米(Amazon. com)社のようにそのまま社名やサービス名などに利用した。 そのような企業群はインターネットによって生まれた新たな事業や経済を象徴する意味合いで「. comカンパニー」「ドットコム企業」などと呼ばれた。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

fromの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

さ 意味

感謝を込めて「いただきます」• 1つめは、食事に携わってくれた方々への感謝 料理を作ってくれた方、配膳をしてくれた方、野菜を作ってくれた方、魚を獲ってくれた方など、その食事に携わってくれた方々へ感謝のこころを表しています。 食事を始める時の「いただきます」には2つの意味があります。 先日、私の尊敬する日本文化の先生がこの話をされたとき、聞き手の背筋が伸びたのがとても印象的でした。 おなじみの言葉でも、その背景を知ることで心持ちが変わってくるのでしょう。 その先生のお宅では、お孫さんが「にんじんの命を私の命にさせていただきます」と言ってはパクッ、「卵の命を私の命にさせていただきます」と言ってはパクッ、と食べているそうです。 そこで思い出したのが、給食費を払っているのだから「いただきます」を言う必要はないと学校に申し入れた親がいる、という話です。 もう何年も前のことですが、世間の話題になった際、世知辛い世の中になったものだと嘆く方が多かったのを覚えています。 また、お金を払っているのだからお店で「いただきます」を言う必要はないと考える人が少なからずいるそう。 いずれもお金が中心で、「いただきます」の6文字に、生きる姿勢が垣間見えます。 「ごちそうさま」の語源と意味 「ごちそうさま」を漢字で書くと「御馳走様」。 昔は今のように冷蔵庫もスーパーマーケットもありませんから、食材を揃えるのは大変なことでした。 「馳走」は走りまわるという意味で、食事を出してもてなすために奔走する様子をあらわしています。 様々な力を経て食事に至ります やがて、丁寧語の「御」をつけた「御馳走」にもてなすという意味が含まれるようになり、贅沢な料理をさすようにもなりました。 そして、いろいろと大変な思いをして食事を準備してくれた方への感謝を込めて「様」がつき、食事のあとに「御馳走様」「御馳走様でした」と挨拶するようになったのです。 日常の挨拶がこころの栄養に ほかの国では、食事の際に宗教的な儀式はみられますが、「いただきます」「ごちそうさま」のような挨拶をしない国もあります。 「いただきます」「ごちそうさま」には、日本人の考え方や食文化が色濃く反映されているのです。 人と人との関わりや食への関心が高まる今、「いただきます」「ごちそうさま」に教えられることは多いでしょう。 子育て中の方はなおさらです。 何気ない挨拶ですが、意味を知って使うことで、こころの栄養につながるのではないでしょうか。 【関連記事】•

次の

意味

さ 意味

Webとは、インターネット上で標準的に用いられている文書の公開・閲覧システム。 文字や図表、画像、動画などを組み合わせた文書を配布することができる。 文書内の要素に別の文書を指し示す参照情報()を埋め込むことができる「」(hypertext)と呼ばれるシステムの一種である。 WebサーバとWebブラウザ Webで情報を提供するコンピュータやソフトウェアを「」(web server)、利用者の操作によりサーバから情報を受信して表示や処理を行うコンピュータやソフトウェアを「」(web client)という。 Webクライアントのうち、受信したページの内容を整形して画面に表示し、人間が閲覧するために用いるものを特に「Webブラウザ」(web browser)という。 サーバとクライアントの間の通信には「」(Hypertext Transfer Protocol)と呼ばれる通信規約(プロトコル)が標準的に用いられる。 Webサーバを表す()と、Webサーバ上での資源の位置を指し示す(階層的な名とファイル名の組み合わせ)を繋げた形式になっている。 HTMLは記述された文字情報の中にソフトウェアへの制御情報を埋め込むことができると呼ばれる言語で、文字情報のこの部分が見出しで、本文はここからここまでで、段落の区切りはここである、といった指示を文書中に埋め込む形で記述することができる。 Webブラウザはこの制御情報に基づいて、見出しを太い大きな文字で表示したり、段落の間に空白を差し込むなどの整形を行い、閲覧者が文書の構造を把握しやすいように表示してくれる。 ページ内には文章だけでなく箇条書きや表、図形、画像、動画、入力要素()などを掲載することができる。 画像や動画など文字で書き表せない要素は外部のファイルをURLで指定して埋め込むことができる。 要素のページ内での配置や大きさ、枠線や罫線、文字の字形()や色といった具体的な見栄えに関する指定項目(という)は、当初はHTMLで構造とともに記述していたが、CSSという専用の言語で構造とは別に指定する方式が主流となっている。 ページ内の要素には外部の他の資源(多くの場合は他のWebページ)のURLを指し示すリンクを設定することができ、画面に表示されたリンクを指定して開くよう指示(やなど)すると、表示がリンク中のURLで指定されたページに切り替わる。 簡単な操作でリンクをたどって次々に文書から文書へ表示を切り替えていくことができる。 サイト内のページからは外部のサイトのページへリンクを張ることもでき、Web全体がリンクを介して連結された巨大な地球単位の文書データベースとなっている。 Webアプリケーション・Webサービス Webサーバにはなファイルの送信だけでなく、ブラウザからの要求に基づいてにコンピュータプログラムを実行して何らかのデータ処理を行うこともできる。 また、Webブラウザにはページ上に記述された簡易なプログラム(という)を実行し、サーバと任意のタイミングで通信したり、利用者の操作に応じて表示内容を変化させたりすることができる。 このような動的な仕組みを組み合わせ、サーバとブラウザが連携して利用者がに操作することができるアプリケーションソフトを構築することができ、これを「」あるいは「Webサービス」という。 著名な応用例として、ブラウザで買い物ができる(ECサイト)や、利用者同士がコミュニケーションできるなどのネットサービスがある。 歴史と名称 Webはインターネットがまだ学術機関を中心に利用されていた頃、1989年に欧州核物理学研究所(CERN)のティム・バーナーズ・リー(Tim Berners-Lee)氏が所内の論文公開・閲覧システムとして考案したものが基礎となっている。 1990年代にインターネットが一般に開放され普及していく過程で、などと共にネットの代表的な応用システムとして広く利用されるようになった。 2000年代中頃には主に日本を含む先進国で欠かすことのできない重要な情報の一つに成長している。 日本では当初「」の名称で紹介され、現在も初心者向けの説明などで多用されるが、「ウェブ」「Web」の呼称が浸透しつつある。 さくいん この分野のランキング 1位 【script】 2位 【Uniform Resource Identifier】 3位 【ソーシャルネットワーキングサービス】 4位 【ウェブ】 5位 【HyperText Transfer Protocol】 6位 【Transport Layer Security】 7位 【Secure Sockets Layer】 8位 【ユニフォームリソースロケータ】 9位 【Proxy】 10位 【Microsoft Internet Information Services】 11位 【. htmlファイル】 12位 【Simple Object Access Protocol】 13位 【thread】 14位 【REST API】 15位 【Representational State Transfer】 (姉妹サイト).

次の