アスカ 眼帯 なぜ。 エヴァンゲリオンの劇場版Qでなぜアスカは片目を隠しているんですか?...

【驚愕】アスカと綾波の人気の差ががとんでもない事になっている件wwwwww

アスカ 眼帯 なぜ

失明・・・・・とも取れますね。 この『Q』前作の『破』ではエヴァンゲリオン参号機の参号機とアスカを乗っ取った第9使徒をエヴァンゲリオン初号機が撃破しました。 しかしこれはシンジの力だけではなくゲンドウの卑劣な強制的な協力(ダミーシステム(綾波レイの力の機械化?))があって撃破してその事に激怒したシンジはネルフ本部を襲撃します。 (父さんは裏切った)と。 その後に初号機にバラバラに切断された参号機をネルフが回収します。 もちろん周辺住民には全員退避をしてもらい極秘の作業になっています。 この戦いでぶっ壊れた建物はゼーレが金出して直したものと思われます。 で、初号機が噛み砕いた使徒汚染エントリープラグも回収され、中からかつて(式波・アスカ・ラングレー)だった『物』を回収できました。 赤木リツコはこの『物』を(秘検体)とし、ネルフの研究材料に使われる事となりました。 で、質問の答えなんですがおそらく第9使徒によるエントリープラグ汚染時にアスカの体全部も使徒に乗っ取られたものと思われます。 そのせいかアスカのプラグスーツの一部に後遺症?のテープなどがくっついています。 左目がないのもおそらく使徒汚染による視力消失の可能性が高いと思われます。

次の

【驚愕】アスカと綾波の人気の差ががとんでもない事になっている件wwwwww

アスカ 眼帯 なぜ

2007年からはじまった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの第3作目にして、2019年時点での最新作でもある『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』。 あらたな人物やキーワードも登場し、エヴァの壮大な世界へと観客を引きずり込んだ本作は、観客動員数が382万人を突破し、興行収入は52億円を超えるヒット作となりました。 2012年の年間興行ランキングのなかでも、第4位という成績を収めています。 しかし、前作の『破』から14年という月日が経過している時点からはじまる 難解なストーリーは、ファンの間で今でも賛否両論の意見があるとともに、物語のさまざまな考察が展開されています。 謎が多く散りばめられた「エヴァQ」の緻密な世界を、考察も交えて徹底的に解説してみたいと思います! エヴァンゲリオン新劇場版とは? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、 1995年から1996年にかけてテレビアニメとして放送されていた『新世紀エヴァンゲリオン』を、あらたに作り直す「リブート企画」として立ち上がりました。 2007年に第1作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、2009年には第2作目となる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が劇場公開され、第3作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、2012年に公開となりました。 前作の『破』や、前々作の『序』では、TV版で描いていた物語に沿った展開がベースとなっていました。 しかし、 今作からは今まで描かれたことのないあらたな展開へと突入し、その内容も非常に難解なうえに、『破』の公開時点で描かれていた次回予告とは一切異なる内容であったことからも、ファンの間では多くの賛否を巻き起こすものとなりました。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』複雑なあらすじをショート解説 『Q』の物語は、 前作『破』の時点から14年の月日が経過した世界が舞台です。 『破』のエンディングから14年後、「式波・アスカ・ラングレー」と「真希波・マリ・イラストリアス」の手によって、封印されていた「エヴァ初号機」が宇宙空間から回収され、「碇シンジ」が14年の眠りから覚めるところからはじまります。 シンジが目覚めた場所は、「ネルフ」ではなく新たに作られた組織「ヴィレ」の艦隊「AAAヴンダー」のなかでした。 初号機から助け出したはずの綾波レイの姿もなく、十分な説明もないまま翻弄するシンジのもとに、零号機によく似たエヴァが現れ、そこから聞こえてくるレイの声に誘われるようにヴィレを脱出しネルフ本部へと向かいます。 辿り着いたのは変わり果てたネルフ本部。 シンジは、父である碇ゲンドウに再会し、そこで「渚カヲル」と出会います。 ゲンドウは、あらたに製造された「エヴァ13号機」にカヲルとともに搭乗することをシンジに命令しますが、シンジはエヴァに乗ることを拒みます。 しかしシンジは、カヲルとピアノを通じて親交を深め、次第に打ち解けていきます。 そしてついに シンジは、カヲルとともにエヴァに乗ることを決意します。 しかし、物語は思わぬ方向へと動き出してしまいます。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』でミサトらが所属する「ヴィレ」とは? その目的は? 葛城ミサトを中心とした旧ネルフ職員は、新組織「ヴィレ」を立ち上げています。 ヴィレには赤木リツコらを含めたかつてのネルフ職員に加えて、あらたなメンバーによって構成されています。 ヴィレは、ネルフのエヴァをすべて倒し、ネルフ壊滅のために作られた組織であることが物語のなかで語られていますが、ヴィレがネルフと対立することになった理由については、一切明らかになっていません。 ちなみに「ヴィレ」という名称は、ドイツ語で「意志」を意味する言葉です。 エヴァに登場する組織などの名前は、すべてドイツ語が由来になっています。 「ゼーレ」は「魂」を意味し、「ネルフ」は「神経」を意味する言葉です。 ヴィレの艦隊「ヴンダー」も、ドイツ語が由来となっており「奇跡」を意味する言葉が用いられています。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』での変わり果てた世界の真実と明かされる過去 物語の中盤で、シンジは支給されたYシャツに書かれた、「鈴原トウジ」の名に気づいたことで、外の世界に目を向けるようになります。 そこでカヲルはシンジを外へと連れ出し、14年が経過した本当の世界の姿を明かします。 そこにあったのは荒廃した世界。 赤く染まった大地。 眼前には月にも見える不気味な天体が浮かんでいました。 そしてカヲルは、シンジに衝撃の真実を告げます。 「君が初号機と同化している間に起こった、サードインパクトの結果だよ」 「すべてのきっかけは、君なんだよ」 真実にショックを受けたシンジに対し、さらに追い打ちをかけるように、冬月コウゾウからシンジの母親「ユイ」の知られざる過去を告白されます。 母親のユイはエヴァ初号機のコアへのダイレクトエントリーの被験者となり消滅し、現在は初号機の制御システムになっているという事実を知ることになります。 さらに、シンジが知っている 綾波レイは、ユイの情報をコピーして作られた複製体であることも明かされます。 『エヴァンゲリオン 破』のラストに起きていたこと=ニアサードインパクトとは? 『破』のクライマックスで、シンジはエヴァ初号機から綾波レイを救出したと思われていました。 しかし、その行為によってエヴァ初号機は「神に近い存在」となってしまい「サードインパクト」を発動させてしまいます。 しかし、 月から飛来した渚カヲルが、カシウスの槍を初号機のコアへ打ち込み、サードインパクトを未然に防いだのでした。 この事件のことを、劇中では「ニアサードインパクト」と呼んでいます。 この「ニアサードインパクト」を引き起こした代償として、シンジはヴィレによって「DSSチョーカー」という首輪を装着されてしまいます。 「DSSチョーカー」とは、エヴァに搭乗して覚醒状態になった場合に、 自動的に作動し装着者の命を絶たせる装置です。 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』でなぜアスカは年を取っていないのか? 『Q』の世界は、『破』から14年が経過しています。 しかし、 アスカの見た目が14年前とほとんど変わっていません。 アスカは「人間」ではなくなってしまったのでしょうか? この疑問についてアスカは、劇中で「エヴァの呪縛」という言葉を口にしますが、この言葉の意味に関しては、残念ながら一切語られていません。 しかし、物語のなかに意味をひも解くキーワードとなるセリフが出てきます。 それは物語のラスト、シンジを迎えに来たアスカのセリフにあります。 「ここじゃエル(L)結界密度が強すぎて助けに来れないわ」 「リリンが近づけるところまで移動するわよ」 エヴァの世界で「リリン」とは「人間」を指す言葉です。 つまり、アスカたちは、そのとき人間では近づけない場所にいることになります。 なぜアスカたちは「人間では近づけないところ」で生きていられるのでしょうか? これは、アスカたちは「リリン(人間)以外の何か」になっていることを裏づけています。 さらにアスカは、 今作から左目を眼帯で隠した状態で登場しています。 眼帯をつけている理由について劇中で説明はされていませんが、映画本編では眼帯が青く光るシーンがあり、そのカットをよく見てみると 「使徒封印用呪詛文様」が刻まれていることがわかります。 「使徒封印用呪詛文様」とは、使徒の力を封印、あるいは抑制する力があると考えられています。 そのため、 アスカが眼帯をつけている理由は「使徒を封印するため」だと捉えることができます。 これらのことから、「エヴァの呪縛」によって人ではなくなったことで、アスカは歳を取らなくなっているのではないかと考えられています。 その発表とともに、最新の予告映像も公開されましたが、物語の全貌はまだ明かされておらず、どんなストーリーが待ち受けているのか、ファンの間では早くも議論が展開されています。 次回作は、はたしてハッピーエンドとなるのか、バッドエンドとなってしまうのか。 今後のあらたな発表に目が離せません! 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』まとめ 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじに触れながら、劇中に散りばめられた「疑問」や「謎」について踏み込んでみました。 難解なストーリーだからこそ、観るたびにあらたな発見や、観た人なりの解釈が生まれる稀有な作品なのかもしれません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の

新・劇場版ヱヴァンゲリヲン・Qを観た感想(だだもれ~)

アスカ 眼帯 なぜ

勝手な予想とか並べても仕方ないので、先ずは事実だけを追います。 よく間違えられるのは『破』において第9使徒による浸食痕ではないか。 と言われてますが、その後、リツコ曰く「細胞組織の浸食後は消えた」と言う事なので浸食痕の可能性は消えます。 次に、初号機との交戦時に怪我をしたのではないか。 とも言われますが、『Q』の後半、コードビースト使用時にアスカの眼は光ってます。 この事より、怪我の可能性も低くなります。 (但し、眼の周りを隠してるだけとも断定は出来ないのでゼロでは無いです) そして、ビースト時の光は眼帯を通して『青』という事は、内部の光は青か黄色、右目は赤だったので、同じ色だとは想像出来ません。 恐らくは、この14年間に何か在ったのでしょう。 まだ、劇中では答えに結びつく事は何一つ語られていないのが現状なので、次回。 答えが出るのを期待しましょう。 まず破での三号機暴走時のリツコの言葉を思い出してください。 「引き留めて!このままでは搭乗員が人でなくなってしまう。 」 その後三号機爆発。 つまり、搭乗員を引き戻すことができなかった。 ということは人でなくなってしまった。 では、何になったのか? アスカがエヴァ側へ引き込まれる際、青い世界へと引き込まれました。 そして、第9の使徒の色は青色ですね。 つまり、アスカは人ではなく、使徒であるといえます。 その証拠にQでは、ミサトのセリフに 「機体は捨てても目標物を離さないで」 つまり、宇宙空間でも生きていられるということになり、人の域を超えてしまっています。 使徒である可能性が高いと言えます。 ではなぜ左目に眼帯をして第9の使徒のように青く光るのか? ここからは推測でしか話せません。 もう一度、破の第9の使徒戦にもどります。 初号機にダミーシステムが解放され三号機を投げ飛ばした後からよく見てみましょう。 まず初号機の左腕で三号機の右目をグリグリ。 前のカットから考えるとあの位置にはおそらく三号機の左目があるはずです。 つまり、左目を投げた可能性があります。 だとすると、アスカの左目がなくなっしまっている可能性が非常にたかいです。 そして、アスカと融合を果たした第9の使徒は居場所を左目に選びます。 なぜ左目なのか? 漫画版のゲンドウの手に移植されたアダムをおもいだしてください。 ゲンドウはこういっています。 つまり、使徒は人から見えずらいところを好みます。 なので眼帯をしている左目を選んだのではないでしょうか。 このアニメは人気が長すぎて、もう、政府が飽きて、人気を落として新しいアニメに期待したいのだろう。 だから、最も、存在感がある、惣流アスカ何とかに眼帯をさせたのだろう。 *作品を劣化させることは、企業が製品で、よくやる方法で、他にもマスメディアのテレビ番組、ドラマ、芸人でも、使われる。 1.人気が長すぎて、次の新しいアニメに代えたかったから。 *この作品自体、テーマソングの初めと、終わりの歌は良かった。 それと、お色気に人気があった。 作品自体の色彩が鮮やかでなく、ストーリーも少し雑で古い時代のアニメといえるから。 *ロボットを使うことは幼稚ぽいが、アニメが社会で、はやりすぎてもしょうがないので、ロボットでもいいのだろう。 *ストーリーは少し雑な作りで、もっと内容を明確にする余地があった。 これも、その時代の情報操作なのか、いいかげんな社会にしたかった影響か、アニメを社会でそんなにはやらせたくなかったのだろう。 *今のネットのアニメビデオは英語字幕、英語の音声がついていて世界標準語の英語の勉強にもなるが、当時の日本の社会では、当然、ネットのアニメのビデオ自体なく、また、アニメとは、子供が見るもので子供っぽくなり、この手の作品は、青少年の主に性の興味を持たせるぐらいしか利用価値がなかったので、社会で政府がアニメをはやらしても意味がなかった。 作品の劣化のために、このアニメで存在感、人気を支えているキャラクターを利用した。 *このアスカというアニメキャラは、すぐ怒るので、家庭的でなく、子供を産んだら、夫と喧嘩して離婚しそうなまずい、テレビの情報操作としての影響を全大衆に与えるので損するのだろう。 *また、そのアスカは、よく、ドイツ人みたいなので、特に、日本の白人の子孫、アメリカ人の子孫に影響を与える可能性がある。 *アスカの眼帯だけでなく髪止めも、鬼の角みたいで、何なのかわからない、もっと、かわいいものが付けられたはず、これも、この作品に負荷をかけたまた、人種への情報操作だ。 眼帯をしている理由はすでに回答があるように、破にて使徒に侵食された後遺症である可能性が高い。 第9の使徒(3号機)の体組織と同じ色に発光する描写がありますから。 「あんたには関係ない」というセリフは、「初号機の攻撃で付いた傷では無い、もしくは、ダミープラグのせいであってシンジのせいではないから、あんたが気にする必要はない」というシンジへの気遣いである可能性もあります。 ただの悪態であって他意は無い可能性もありますが。 メタな理由として、何故左目なのか、というのは、旧劇場版にて惣流アスカが量産型の攻撃で左目を負傷する描写があるため、これを意識しているものと推測されます。 同じ個所に傷があるという理由で、Qに登場するのは「式波」ではなく「惣流」だ!という噂が公開前には流れていましたが、それも含めて制作側の意図通りだったのでしょう。

次の