フェイクポルノ 動画。 日本人アイドルも被害に。96%がポルノ動画の「ディープフェイク」政治的な悪用も

フェラクレス

フェイクポルノ 動画

NPO法人「」(FIJ)が12月5日、インターネット上のフェイクをめぐるセミナーを東京都内で開いた。 セミナーでは世界中で問題視されている「ディープフェイク」がひとつのテーマとして取り上げられ、桜美林大学教授の平和博さんがその現状を語った。 平さんによると、そもそも「ディープフェイク」はハンドルネーム「deepfakes」が、2017年の秋口にAIを使った動画を掲示板「Reddit」にアップしていたことが発端とされている。 エマ・ワトソンさんや、メイジー・ウィリアムズさんなどの有名女優の顔だけを、既存のポルノ動画に貼り付けたものを作成。 共有していた。 さらに2018年に入ると別のユーザーが「FakeApp」というツールを「Reddit」で公開。 こうしたツールを用いたフェイク動画がポルノ動画サイトを通じ、一気に拡散したという。 日本人女優やアイドルも被害に その後、オープンソースのサービスを経由し、「ディープフェイク」のツール自体もはネット上に広がったという。 オンライン上の有料サービスも出現。 1時間あたり2ドルほどの利用料で、「顔を丸ごと交換するのに4時間」で済むようなサイトも存在する。 「お手軽に顔交換ができるようになっている」(平さん)のが現状だ。 実際、日本人女優やアイドルが被害に遭っているケースもポルノ動画のサイトでは散見される。 BuzzFeed Newsが確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもある。 サイバーセキュリティ会社「」の調査(2019年10月)によると、過去7か月で1万4678のディープフェイク動画が確認された。 1年で倍増しているといい、その96%がポルノ動画だった。 ディープフェイクに特化した上位4つのポルノサイトでは、数百人の女性有名人のフェイク動画が、計1億3400万回以上も再生されているという。 平さんは「一部では一般人へのリベンジポルノの手法としても使われている。 ディープフェイクは、女性に対する人権侵害の問題になっている」と語る。 政治的利用への懸念も しかし、すでに「実際に攻撃も起きている」と平さんは言う。 インドでは政権に対して批判的な女性ジャーナリストがフェイクのポルノ動画を拡散された。 アメリカでは、ナンシー・ペロシ下院議員議長の話している動画の再生速度を落とし、酔っ払っているように見せて拡散させるというケースもあった。 また、アフリカのでは「ディープフェイク疑惑」がクーデター未遂につながり、でも閣僚の「セックス動画」をめぐる同様の疑惑が政治的混乱を生み出しているという指摘もある。 法規制をめぐる議論もある。 アメリカ・バージニア州ではディープフェイクによるリベンジポルノがで禁じられた。 カリフォルニア州でもポルノに関する規制のほか、選挙期間における政治的なディープフェイクの作成などを違法とするができたばかりだ。 一方で、こうした法規制が「表現の自由」を脅かすのではないか、という指摘も上がっている。 平さんは「情報の秩序がなくなっているなかで、メディアがもう一度信頼を取り戻し、その秩序を作り直すという取り組みが非常に重要なのではないかと思っています」と語った。

次の

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

フェイクポルノ 動画

ここではディープフェイク アイコラ動画 の作り方が簡単で怖すぎる件についてわたしの感想をご紹介します。 AI 人工知能 でフェイク動画がこんなにも簡単に作れるとは、、、日本ではイジメやフェイクポルノ リベンジポルノ に使われる危険性が大です。 警戒レベルがマックスな ディープフェイク DeepFake が怖すぎます。 あなたは ディープフェイク アイコラ動画 が気になっているんですね。 わたしもです。 AI の進化によりフェイク動画が、あなたにもわたしにも簡単に作れる世の中になってしまいました。 この記事を読むと以下の疑問が解決します。 ディープフェイク アイコラ動画 とは?• ディープフェイク アイコラ動画 の作り方• ディープフェイク アイコラ動画 の使い方• フェイク動画は犯罪になる?• それでは見ていきましょう。 ディープフェイク アイコラ動画 とは? ディープフェイクとは、ディープラーニング 機械学習 とフェイクを組み合わせた造語ですが、簡単に説明すると、 首のすげ替えをしているアイコラ画像の動画バージョンです。 正確に言うと、顔のすげ替えなので、髪型や顔の輪郭まではすげ替えしません。 そのため、輪郭や髪型や肌の色が合わないと、上手く合成できません。 今のところ、AI が偽物であるフェイク動画を見分けることができるのですが、最近のフェイク動画は人間の目では見分けがつかなくなってきているようです。 faceswap は Python 製のツールであり、tensorflow などパッケージをインストールする必要があります。 中国の顔交換iOSアプリ「Zao」 日本ではダウンロードできません。 iPhoneで作るディープフェイク動画アプリ「Xpression」 日本企業が開発した、iPhone(iOS)スマホで簡単にディープフェイク動画が作れるアプリです。 普通にダウンロードができます。 ディープフェイク アイコラ動画 の使い方 よく結婚式に出てくる 2人の生い立ちや、 記念の日をまとめた動画があります。 愛を語り合う映画に出てくる有名人たちの動画に、新郎新婦を当てはめて笑いを誘うなんていいと思います。 友人、知人や家族、親戚の笑いを誘うこと間違いなしです。 自分の顔を動画に当てはめて 身内で楽しむ分には誰も文句は言わないでしょう。 フェイク動画は犯罪になる? アメリカのバージニア州は合意に反したディープフェイクの画像や映像の配布に対して刑事罰を科します。 犯罪です。 違反者には最高12カ月の懲役と2500ドルの罰金が科せられます。 マツコ・デラックスを当てはめたフェイク動画がありました。 本人が見たら、気分悪くなるでしょうね。 もし自分がされてたらと思うと、かなり嫌な気分です。 それも自分の知らないところで、勝手に作られてるんです。 ホント最悪です。 Twitter にはフェイク動画に収まらず、フェイクポルノを作っているひともいました。 アンケート機能を使ってみます。 しかし、もし自分の身に起こったと思うと身の毛がよだちます。 決して、イジメやリベンジポルノなどに悪用しないでください。 その悪事、 相手も簡単にできるんですから、いつか ブーメランみたいにあなたにも返って来ますよ? コラ動画やフェイク動画は怖いから、31日間無料で映画もドラマも、何なら雑誌まで見放題、 ムフフな動画も 31日間無料視聴可能な にしておきましょう。 ムフフ動画のために登録が面倒な人はこちらをどうぞ。 SEOアクセス解析• 無料 順位チェックツール• 無料・有料 キーワード考案• 無料・有料• 無料 被リンク分析• 7日間無料・有料• 無料 順位変動チェック• 無料 ページ速度調査• 無料 モバイルフレンドリー調査• 無料 サイト状態調査• 無料 リダイレクト検証• 無料 ヒートマップ• ABテストツール• インハウスSEO• 有料 インバウンドマーケティング・マーケティングオートメーション• 有料 ツールの評判調査•

次の

AIで進化する「フェイク動画」と、それに対抗するAIの闘いが始まった(動画あり)

フェイクポルノ 動画

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の