お時間を取らせてしまい ビジネス。 お手間を取らせてしまいの意味は?敬語や英語・ビジネスメールの例文も

相手に「時間」を使わせない心づかい

お時間を取らせてしまい ビジネス

誰かに対して労力や時間を使わせた場合、それに対して申し訳なく思ったり、感謝したりすることでしょう。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった形で使うことが多く、相手への敬意を示す言い回しでもあります。 目的を果たすためには多くの人の協力を得なければならないことが少なくありません。 そういった状況の中では「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった言い回しはよく使われます。 お手間という言葉は、相手のちょっとした手間に対しても使います。 手間は、大きなものも小さなものも意味するのです。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」という言い回しが多いのですが、相手に対して「お手間を取らせてしまい」と、感謝の気持ちやお詫びの気持ちを込めて言う使い方もできます。 ただし、このような使い方をすると相手に対して頼りなく、また失礼になることもありますので、このような使い方はある程度関係性が取れている相手に限るようにしましょう。 そもそも相手に何か思いがなければ「お手間を取らせてしまい」などという言い回しはしません。 こういった使い方も覚えておきましょう。 お手間を取らせてしまいという言葉は申し訳ございませんと添えるのが一般的 お手間を取らせてしまいという言葉は「申し訳ございません」と添えるのが一般的です。 また、お礼をしたい場合には「お手間をおかけしましたが、おかげ様でひと段落付きました。 この度はありがとうございました」といった形でお礼の言葉を添えます。 このような言い回しは、相手に好印象を与えます。 「お手間をおかけしましたが、まだまだやることは山積みで解決しておりません」といった形の報告で、この言い回しを使うことはありません。 「お手間を取らせる」と「お手間をかけさせることとなり」という表現は非常に似た表現ではありますが、使うシーンやその意味合いは異なります。 違いをしっかり認識しておきたい言い回しです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、自分や他の人のために手間をかけさせた場合に使う言葉になります。 「お手間を取らせる」という表現は目的のために手間を取らせた場合に使いますので、何のためにその手間が相手にかかったのかによって、どちらの言い回しを使うかが変わってくるのです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、「お手間を取らせる」という言い回し以上に、相手に対して迷惑がかかっているのが一般的です。 そういったニュアンスも意識しながら、使い分けるようにしましょう。 この表現は「お手間をかけさせることとなり」と同じ状況で使える表現ですが、特に労力を使わせたことを強調する場合に使われる言い回しです。 「お手数をおかけし申し訳ありませんでした。 おかげ様で期日内に提出することができました。 心より感謝申し上げます」といった形で相手にお詫びと感謝を伝えると、非常にビジネス感があり、好感を持たれることとなるでしょう。 この表現は「わざわざ来ていただいた」というニュアンスで使います。 お手間を取らせると似たような言い回しではあるものの、使うシーンは明確に異なります。 「この度はご足労いただきまして、誠にありがとうございます」といった形で使います。 相手に足を運んでいただいたことに対して、心を込めてお礼を言いたい時に使いたい表現です。 「来ていただいてありがとうございます」という言い方をするよりも、フォーマルな響きがある言い回しになります。 この表現は、何かに対して親身にしてもらったり、時間をかけて丁寧に対応してもらった場合に使う言い回しです。 最大限の感謝を示す言い回しで、ここぞという時に使いたい表現です。 この表現は時間を割いてもらったことを強調する場合に使う表現であり、「お手数をおかけすることとなり」と使い分けたい表現になります。 「お時間を取らせることとなり」「お手数をおかけすることとなり」という表現は、目的のため、あるいは自分や他人のため、両方のパターンで使用することが可能です。 目上の人に使う場合には、正しい敬語の使い方を意識するともに、「お手間を取らせてしまい」「お手間をかけさせることとなり」の使い分けを意識することが大切になってきます。 例えば「この度はお手数を取らせることとなり申し訳ございませんでした。 おかげ様で我が社の売り上げ目標の達成を叶えることができました」「先日はお手数をおかけしました。 おかげ様で発表は好評を博しましたが、これも一重に〇〇様のお陰でございます。 心より感謝申し上げます」といった形で使い分けます。 お詫びの表現については「すみませんでした」、お礼の表現については「ありがとうございました」では軽く感じることも少なくありません。 ビジネス独特の改まった言い回しもできるように、ここで紹介した例文は押さえておくようにしましょう。 取引先相手の場合は、そんなに大した手間を取らせていないような場合でも、社交辞令として「お手間を取らせることとなり」という表現を使います。 たとえ些細なことでも、何かしてもらったら使うようにしましょう。 例えば「先日の会議ではご説明いただきましてありがとうございました。 ご多忙のところお手間を取らせてしまい申し訳なく思っておりましたが、おかげ様で会議がうまくまとまりました。 〇〇様に対しては感謝の気持ちで一杯でございます」といった形で使います。 たとえここで紹介している説明がほんの些細な1~2分の説明であっても、このような形でお詫びやお礼を言われたら悪い気はしないですし、そのような気遣いができるのだなと、一目置かれるようになることでしょう。 深く謝罪する場合にはしっかり説明しつつ、丁寧な言い回しと心がけると、相手に対して気遣いが伝わるのでその点をしっかり意識しましょう。 例えば「研修会におきまして多大なるお手間を取らせることとなり、大変申し訳ありませんでした。 私たちの準備不足で、〇〇様のお時間を予想以上に取らせてしまう結果となってしまいました。 しかしながら研修会は大盛況で、業界の反響が非常に大きくなっております。 これもひとえに〇〇様のお陰です」といった形です。 このような形で状況を説明し貢献していただいたことをしっかり伝えた上で、「深くお詫び申し上げますとともに、感謝の念に堪えません」といった弁を付け足すと、フォーマルかつ心のこもったお詫びとお礼の言葉となります。 この英単語は「不便」という意味です。 「コンビニエンス」が便利という意味なので、その逆を想定すれば非常に覚えやすいと言えます。 例文のような形でつかいましょう。 ちなみに、ビジネスでよく使われる言葉の英語表現は、定例文をしっかり覚えておくことがおすすめです。 下記の関連記事はビジネスでよく使われる言葉とその英語表現を説明しているおすすめの内容です。 Cooperationという表現は、英語においてスピーチでもビジネスメールでもよく使われる表現で、単独では「協力」を意味する英単語です。 一見「お手間」とは逆の意味合いに見えます。 cooperationは下記の例文のような形で使います。 下記の例文はお礼を表しているのですが、英語では下記のような表現が適切です。 「お手間を取らせることとなり」という表現は、日本ではお詫びとともに使われることが多いのですが、英語ではこのようにお礼で使わわることが多いのです。 ちなみにcooperationという言葉は「hope」という言葉と一緒に使うと「よろしくお願いします」という意味合いを伝えることもできます。 ビジネスメールやスピーチにおいて相手との距離を縮める表現ですので、覚えておきましょう。

次の

ビジネスにおけるメールでの謝罪のやり方 お詫びメールの例文を解説

お時間を取らせてしまい ビジネス

ビジネスにおけるメールでの謝罪のやり方 お詫びメールの例文を解説• 2019年3月10日• 2019年3月8日• , , , , , ,• 仕事をしていれば、皆一度はミスをすることがあるでしょう。 ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 この記事では謝罪に関してメールでの対処法について、以下のような点を解説いたします。 ・お詫びのメールをするタイミング ・誠意あるお詫びのメール ・お詫びメールの例文 基本的にお詫びをメールだけで済ませるのは良くありません。 しかし、直接お客様と会えない場合やより丁寧に謝罪するためにメールで送る場合も多々あります。 メールでのお詫びの方法を身につけて、ビジネススキルを磨きましょう。 後にお詫びのメールを送る スケジュールの変更は仕事をそれぞれ持っている人にとっては迷惑な話です。 気づいた時点でスピーディーに対応することが大切です。 自分のミスであることを潔く認め、お詫びしましょう。 自分は軽く考えていても相手を起こらせてしまうこともあるので、コミュニケーションをしっかり適切にとることが大切です。 誠意のあるお詫びメールをする際のポイント 問題の経緯を説明する どうして問題が起こったのか、その経緯を説明することで相手の気持ちを落ち着かせます。 このとき、相手に多少の落ち度があったとしても、そのことには触れず、自分が謝罪する体勢を保つことが大切です。 相手の気持ちを逆なでするような言い回しや誤解を与える文章は避けます。 端的に問題の経緯と対策を明記することが大切です。 お詫びメールで言い訳をしない お詫びのメールでやりがちなのが、自分のミスではあるけれども不可抗力によるところもあり、100%自分だけのミスではないと主張することです。 その気持ちは分かりますし、それが真実かもしれません。 しかし、相手は怒っているのです。 そのときに色々な言い訳を言われても耳には入りません。 それどころか火を注ぐ結果となってしまう可能性も考えられます。 自分の気持ちは納得していなくても、 お詫びのメールは言い訳をせず、潔く謝る姿勢を見せましょう。 謝罪の際、反省と改善策を添える ただ謝るだけでは相手は納得しないかもしれません。 重要なのは、ミスをした本人が本当に反省しているのか、そして今回起こったことに対して、今後どう対応していくのか、ということです。 ここがきちんとできているとビジネスマンとして信頼を持続できます。 自分が悪かったことをしっかりと文面でも分かるように反省の意を述べ、今後同じミスを繰り返さないための改善策や心がけを最後に明記します。 そして、改めて「今回は迷惑をかけて申し訳なかった」という気持ちを綴りメールの締めくくりとします。 当方の手違いが原因でご迷惑をおかけしております。 遅くなり申し訳ございませんが、本日、ご注文の品を発送いたしました。 今後はこのような事態が起こらぬよう、社内でも納期管理を徹底してまいります。 何卒、今後ともお付き合いいただければ嬉しく存じます。 この度はまことに申し訳ございませんでした。 心よりお詫び申し上げます。 早速、代わりの良品を発送させていただきます。 お手元にございます商品につきましては、お手数ですがご返送をお願いいたします。 着払いにて商品をご返送いただきたいと存じます。 不良品を送付してしまい、ご迷惑をおかけした上に、お手数をおかけして 大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 この度はまことに申し訳ございませんでした。 先日、お見積もりいただいた商品Aにつきまして 当方で確認いたしましたところ、私どものミスで正式に発注手続きが できておりませんでした。 大変申し訳ございません。 先ほど、正式な発注手続きを行いましたのでお詫びと共に ご報告させていただきます。 この度はこちらの不手際で、今しばらくお待ちいただくことになり、 ご迷惑をおかけします。 何卒よろしくお願いいたします。

次の

お手間を取らせてしまいの意味は?敬語や英語・ビジネスメールの例文も

お時間を取らせてしまい ビジネス

日常的に見聞きすることが多い「お手間を取らせてしまい」という言葉。 ビジネスシーンだけでなく、日ごろからよく耳にすることが多く、だいたいは相手に迷惑をかけてしまった場合の謝罪の言葉として用いられることが多いです。 しかし、この言葉の正しい意味はこれで合っているのでしょうか? 言葉の感じから想像できるのは「手を煩わせる」や「迷惑をかけた」などですが、いざ正しい意味となると調べたりせず使っていることも多くあります。 今回はこの「お手を取らせてしまい」という言葉の意味と使い方についてみていきましょう。 まずは「お手を取らせてしまい」の意味を紹介します。 「お手を取らせてしまい」:相手の時間や労力を使わせてしまう 上記では「手間を取らせてしまい」は、相手の労力や時間を割いてもらった場合に使う謝罪やお願いをするに用いる言葉であるということがわかりました。 しかし、この言葉と似たような言葉で誤用されることが多い言葉に「手間をかける」という言葉があります。 この言葉で使われている「かける」を手間という言葉に合わせることは間違っています。 ここで正しい表現をするならば「手数」という言葉になります。 手数とは「とらせる」ものではなく、「かける」ものです。 似た言葉で混合しがちですが、「手間をかける」と「お手間を取らせてしまい」という言葉は別々の言葉であることを理解しましょう。 また、意味も似ていますが微妙な違いがあります。 「かける」と「とらせる」の違い 「かける」とは、手数に使う言葉であり、手間に使うならば「とらせる」が正しい使い方であるということがわかりました。 しかしこの2つは何が違うのでしょうか。 この2つの違いは、「誰のために」労力をかけているかの違いにあります。 「手間」というものは上記でも説明した通り、目的のために労力や時間を割くことです。 そして「手数」とは、自身や相手が第三者の誰かのために労力や時間を割いた場合に使う言葉です。 つまり、「目的」か「誰か(第三者)」かの違いになります。 ですので、目的のために相手に労力や時間を割いてもらった場合は「お手間を取らせてしまい」になり、自身や誰かのために労力や時間を割いてもらった場合は「お手数をかけてしまい」という表現になりますので注意しましょう。

次の