優柔 不断 な 僕 の せい で。 全員ネトラレ〜優柔不断な僕のせいで義母も同級生も…〜(フルカラー)(3) 電子書籍/水無月三日の本の詳細情報|mibon 未来屋書店の本の電子書籍サービス【ポイント貯まる】

優柔不断でなにが悪い!自分の性格と向き合った話|りゅうやん。ぶろぐ

優柔 不断 な 僕 の せい で

スピード感がない• 周囲をイライラさせる• 自信がないと思われる 上記の通り。 順番に解説します。 スピード感がない 慎重に検討をしてしまうので、決断を下すまでに時間がかかります。 そのため、 せっかくのチャンスも動きが遅いせいために逃す場合があります。 ビジネスの世界では、それが顕著。 例えばタピオカドリンクがブームになりそうというタイミングがあったとします。 もし新規参入してお店を開くかを慎重に数ヶ月かけて検討していたら、あっという間に競合店が増えてしまいます。 しかもブームもピークを超えてしまう頃に出店したら、赤字になる可能性もあるわけです。 丁寧に検討することが必ずしも正解とは限らず、 時にはスピードを優先して決断すべき時もあります。 周囲をイライラさせて迷惑をかける 何か共同で作業をしている場合や、一緒に行動を共にしている場合などでは優柔不断でいることで周囲に迷惑をかけるケースがあります。 これが 世間の持つ優柔不断に対する典型的なイメージですよね。 例えば、混雑しているファストフードなどで、レジに列が並んでいる状況の中、お客さんの一人がなかなかメニューを決められずいると周囲はイラつきます。 みんなの貴重な時間を奪っているようなものですよね。 ちなみに優柔不断な人は、予めメニューを決めた後にレジに並び始めれば注文する際もスムーズで周囲に迷惑をかけることもありません。 職場などで優柔不断な人がいて、ついイライラしてしまっている人はこちらを参考にしてください。 自信がないと思われる ぐずぐずして決断ができないのは、 自分に自信がない人と思われる場合があります。 でも、実はただ失敗することを恐れているだけであって、 優柔不断である事と自信の有無は関係ありません。 事実、自信があるから正しい決断ができるとは限りませんし、その逆も然りです。 でも、 なんだか世間はそのようなイメージを持ってしまうんですよね。 だから採用面接の時に短所で優柔不断あることを話す場合、きっちりと自信とは関係ないことを強調して説明しましょう。 自信がないと思われてしまっては、面接ではマイナス評価につながるので損しますから。 優柔不断のメリット(長所)は3つ よく人の短所で言われる優柔不断ですが、実は 長所と捉えることが可能です。 情報を収集する力がある• しっかりと考える(慎重になれる)• 人に流されない(自分のペースが持てる) 上記の通り。 1つ1つ解説していきます。 情報収集する力がある なかなか決断ができないということは、それだけ決断材料が集まっている証拠。 そのため、 情報収集能力が高いと言えます。 情報をたくさん集まると、情報をもとに物事を様々な角度で検討できるメリットがあります。 例えばビジネスの世界では情報から様々な仮説検証を行うことで、リスクを回避したり、成功の角度を高めることができます。 もし十分な情報を集められぬまま決断をしてしまうと、結構運任せな感じになるでしょう。 しっかりと考える(慎重になれる) すぐに答えを出さないということは、その分だけ慎重に考えている証拠だと言えます。 さすがに今日のランチに何を食べるのかといった内容をじっくりと考えてしまうのは無駄なこと。 でも、例えば転職をしたり、マイホームを購入するといった人生の一代イベントの際には即決はしないほうがよくて慎重に考えるべきこと。 後悔しないために、しっかりと考える上では決してマイナスなことではありません。 人に流されない(自分のペースが持てる) 自分の中でしっかりと考えた上で決断しようとするので、 周囲の声に流されにくいと言って良いでしょう。 周囲が出した答えにすぐ乗っかる人は、何も考えずに思考を停止させている感じです。 一方、 優柔不断な人は自分の頭で、どう決断すべきか考えることができるため、人に流されることはありません。 マイペースで時間がかかってはしまいますが、自分で納得して答えを出すことができます。 面接で優柔不断であることを伝えるコツ 大前提として、短所については自分をよく見せようとする必要はありません。 事実を淡々と話すのが良いです。 その際、自分の弱みに対して、どのような方法で克服しようとしているのかも合わせてエピソードに入れましょう。 なぜなら、面接官は本人が自分弱みを素直に認めた上で、改善しようとするマインドを持っているのかを重要視しているから。 また、優柔不断の見方を変えて、実は長所でもある点もセットにできると、物事を柔軟に捉えることができる視野の広さをアピールできます。 優柔不断は改善できる?(弱点をカバー) 優柔不断であることを伝える際に少しでも改善しようとしている姿勢を見せることも重要です。 僕も以前は相当な優柔不断でして、周囲を困らせてしまうようなことが多々ありました。 最初は生まれ持った性格なので改善するのは難しいと思い込んでいたのですが、ある程度は改善するのに成功しました。 具体的には、 普段からあまり失敗しても痛くない内容であれば、時間制限を設けて決断するトレーニングを繰り返し実施したこと。 例えば、レストランなどでメニューを注文する際には10秒以内で結論を出すと言った感じです。 面接官へのアピールとして、短所をただ自分の弱点のままにせず、弱点を克服しようと努力している姿を伝えることは誠実な印象を与えることができるでしょう。 ただし、自身満々に伝えると開き直っているように受け止められかねないので注意しましょう(あくまでも控えめに) 優柔不断のデメリットとメリット(まとめ) 本記事では、優柔不断が短所と言われる理由について触れつつ、実は長所にも捉えることができる点も合わせて紹介しました。 つい人って自分の弱さ(欠点)ばかりに目を向けてしまいがち。 でも見方を変えることで実は強みにもなる場合があることを理解いただけたら嬉しいです。 よろしければこちらの記事も参考にどうぞ。

次の

今すぐ「優柔不断」を改善して「決断力」をつける12の方法

優柔 不断 な 僕 の せい で

こんばんは。 今日は父の日だったらしい、中年デュマです。 実家にある ブドウの木が、 なんと 樹齢70年以上、ということを初めて知りました。 父親の記念樹らしいので、そうなります。 物心ついた時からあるので、当たりまえすぎて、 まったく気にしていませんでした。 完全に景色の一部でしたし。 いやはや、植物ってすごいな…。 人生の大先輩、です。 他にも樹齢ウン十年の木が、2本あります。 それぞれ記念樹だそうです。 そうそう、他にも 八重桜の木がありました。 こちらは 区からの要請に従って、 塀を改修するにあたり、 伐採しました。 この桜の木のせいもあって、家の塀が傾き始めていました。 もし崩れてけが人出たら大変ですし…。 その塀を直すために、どうしても伐採しなければならなかったようです。 とはいえ、目の前に 線路があり、 貨物が往来していた立地でもあります。 東京都23区なのに 都市ガスもないような場所です。 いつも貨物が通るたびに、 かと思うような揺れがありました。 家も傾いてましたし、塀が傾いたのも、桜のせいじゃなかったのでは… とも思うのですが。 今となっては、分かりません。 うちのシンボルだったのですが、残念でした。 * * * 先日は() オーダースーツというのを作りにいってきました。 いやはや、 店員さんが女性の方だったのですが… 服脱いで、あんなとこやこんな所を採寸されちゃうの!? とドキドキでしたが…そんな展開は、ありませんでしたねw オーダースーツとやら、 生地だけでなく 裏地や ボタンなど、 吊るしを買う時には、ほとんど意識していなかった選択肢が。 生地選びからスタイルの確定まで、 2時間くらいかかりました。 なにしろ日ごろ、スーツを着る機会もないですし…。 店員さんにお付き合いしてもらいながら、じっくり決めました。 お金があれば、もう一着欲しかったけど、それはまた今度。 最近では 大手も、 オーダーを積極的にやっているようで。 パターンから起こすフルオーダーのと違って、 ある程度絞られた規格がすでにあって、 それをベースに、体型にあわせた修正をしていく仕組みのようです。 なので、補正には限界があるし、ぴったり合う、というわけでもなさそうです。 細かく採寸して型紙起こして…という工程が無い分、安く作れるのだとか。 ZOZOスーツ、なんていう 採寸用の仕組みもありましたね。 今回、生地の残りが少ないため、予備のパンツは作れない、とのことでした。 あるにこしたことはないですが、予備の必要はないかと…。 なにしろ、今持っているスーツ、 10年前とか15年前に買ったもの。 破けたところもありませんし、 現役で使っています。 これが 中年になってからもまだ着られるとか、ありがたいことです。 見た目の体型はあまり変化なしですが。 体脂肪だけは、 確実に増えています。 ちなみに私の母親、大学に行って 考古学者になる夢をあきらめて、 仕方なく 洋裁学校に行っていたそうです。 あくまで本人談。 まぁそのおかげで、 海外にも色々行けたそうですが…w 私が小さい頃、 型紙から起こして服をつくってもらった記憶があります。 確か自分の 結婚式(披露宴)のドレスも自分で作ったとか…。 かつて寝室に飾ってあった、 ド派手な、 赤のドレスの写真を覚えています。 うーん、いつかは フルオーダーのスーツ、欲しいですね。 そして、そんな スーツの似合う中年になりたいwww それまでに、この ぽっこりお腹をなんとかせねばww それでは、おやすみなさい。 dhuma.

次の

[会員全巻無料] 全員ネトラレ~優柔不断な僕のせいで義母も同級生も…~(フルカラー)(4)

優柔 不断 な 僕 の せい で

優柔不断の意味を調べると… ゆうじゅう-ふだん【優柔不断】 ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと。 また、そのさま。 出典:goo辞書 冒頭で挙げたいくつかが、そのままの意味ですよね。 何かを選ぶとき、すぐに決まられずに何分も何十分も何時間も悩んで考えたこともあります。 ときどき、これは病気なんじゃないかと疑うこともしばしば…。 (汗) りゅうやん。 食べたいものを決めって行っても、メニューを見てアレもコレもと選んでると、決められずまわりに迷惑をかけます。 決まってないときに行くと、余計に決められません…。 2.女の子とイイ感じになったのに、もう一歩進んだ関係に踏み出せなかったこと デートに何回も行ったり、 女の子と食事に行って、イイ雰囲気になりながら夜景を見ていたり…、 うすぐらーい部屋で2人きりでいたり、 振り返ると、いろいろな場面がありました。 あのときに…! 手をつないでいれば… 好きと言えてれば… 抱きしめられたら… 関係性はもっと違うものになってたかもしれません。 でも、どうしてできなかったのか…? 「これをしたら嫌われるんじゃないか?」 「相手はそう思ってないかもしれない」 そんなことが頭をめぐって、決断できなかったのでした。 あまりにも迷いすぎて、チャンスを逃してしまった典型的な例ですね…。 3.仕事をつらい。 つらいならやめるの?でも、理由をつけてやめないと決める。 でも、やっぱり…(無限ループ) 「仕事に行きたくないなー」 「仕事がつらいなー」 …と思うことがあります。 でも、 「今やめたら、根性なしと言われる」 「経済的に苦しいから、やめるべきでない」 「何度も休職と復職を認めてくれたから良い会社だろう。 ちゃんと行かなきゃ」 などと、あらゆる理由をつけて思いとどまっています。 なんでしょうかね? 情緒不安定ですね。 挙げだすとキリがないし、精神衛生上もよろしくないので、エピソードはこのへんで…。 優柔不断と聞くと、すぐに デメリットを思い浮かべてしまう! これはなぜなんでしょうかね? ふしぎです…。 デメリットは冒頭でいくつか挙げましたが、一番は 意思決定が遅いということですね。 それによって、他人を待たせて迷惑をかけたり、つかめそうなチャンスを逃したり…。 あぁー、最悪ですね…。 優柔不断の メリットを考えてみた! デメリットはすぐに思いつくのに、メリットが出てきません…。 なかには拡大解釈みたいなのもありますが…。 (汗) 考えすぎて意思決定に時間がかかってしまうが、 慎重に考えて吟味することで、最善な決定をする。 というふうにまとめておきましょうかね。 優柔不断だけど、パッと決断できたエピソード! デメリットとかなんだとか、くらーい気持ちで終わりたくないですよね? そこで病的に優柔不断なりゅうやん。 でも、ちゃんと決断できたエピソードをご紹介! 1.自分を変えたくて、音楽の道に飛び込んだこと! 優柔不断だけでなく、コミュ症だったり、引っ込み思案だったりのいやーな性格を変えたくて、音楽を始めたのです。 高校入学をきっかけに軽音楽部に入り、文化祭ライブまで葛藤や迷いもありましたが、一皮むけることができました! 2.好きな女の子に告白できたこと! これは 「音楽の道に飛び込んだこと!」の後日談ですね。 文化祭ライブで成功をおさめ、自信をつけることができました。 そうすると、自分の行動や決断にも自信がつき、ついには告白し、お付き合いすることができたのです! 残念だったのことは、自信は一過性にすぎなかったことです…。 3.ブログを始めたこと! 一番はこれではないでしょうか!(笑) 将来的な不安だったり、会社での働き方、難病を患ったこと… 今後の生き方や働き方を考えたとき、新しいことを始めるきっかけとして、ブログを始めました! まとめ 優柔不断な性格のせいで、他人から文句を言われたり損をしたりしてきました。 でも、優柔不断だったことで、よーくよーく考えた結果最善の決定ができたこともあるので、あまり短所と思わずにいきたいものです。

次の