ブリトー 中身。 セブン

ブリトーとは一体何?ブリトーの意味やブリトーの具について紹介

ブリトー 中身

過去に同じ質問をした人がいました。 そのときのBAを引用します。 タコスとはメキシコ料理のタコの複数形で本当は『Taco』です。 上記の方の言うように、タコにはハードシェル(パリパリ)もありますし、ソフトタコもあります(というか、本場メキシコでは、ソフトタコのほうが主流です)。 ですから、実際には包むもの(シェル)の硬さではなく、その原料で決まります。 厳密には、タコのシェル(皮)はコーントルティヤでなければなりません。 サイズも小さめです。 反対にブリトーの皮は、フラワー(小麦粉)トルティヤで、サイズも大きく、普通のタコ具のほかに、ライスやビーンズも入れて巻くので、熱々になりますが、タコでも中に入れる肉類が時々まだ暖かいこともあります。 ブリトーは中身もサイズもボリュームたっぷりなので、それだけでお腹が膨れますが、タコの方は二つくらい食べないと、物足りない感じがしますよね。 ですから、日本ではいつも『タコス』と複数形で呼ばれているのかしら?(個人的には脚八本の『たこ』と間違えないようにわざと『タコス』と呼んでるのかなぁ、などと思っていましたが・・)。 タコの語源はアメリカンスパニッシュで、「詰め物」または「札束をふたつに折った様子」だそうです(そういえば似てますよね)。 ブリトーも同じくアメリカンスパニッシュで、「burro」(ロバ、動物の)からきています(なぜでしょう、きっとロバに担がせて運搬する荷物に形が似ているからかなぁ、とこれは私なりの推測ですが メキシコ人です。 厳密には質問に対する回答ではないかも知れませんが、他のお二方よりもmxsv12さんの回答が的を射ているので、ベストアンサー選定の一助になればと思いコメントさせて頂きます。 私はヌエボレオンの出身で、メキシコシティに長く暮らしていましたので、それ以外の地方のことはよく解りません。 もちろん地方によって事情が違う可能性はありますが、picochan69さんの仰るような、タコのシェルはコーントルティヤ(我々はトルティヤ・デ・マサと呼んでいます)でなければならないというのは有り得ないと思います。 小麦粉で作ったトルティヤを使ったものも、立派なtacoです。 ハードシェルのタコというものについては、アメリカならあり得るかも知れませんね。 あと、tacoの語源がアメリカンスパニッシュに端を発するという説は、違和感が大きいです。 どんな経験や調査結果に基づいた回答なのか判りませんが、その点是非補足して頂きたいです。 え~っと、メキシコに長く住んでいた者として発言させて頂くと、 メキシコの「taco」にハード・シェルは存在しません。 ハード・タコは あくまでテックス・メックスですね。 で、トルティーヤの材料ですけど、基本的にはタコス屋で出てくる トルティーヤはトウモロコシで出来ていますが、小麦粉のトルティーヤと 2種類出してくる店もあるので、「taco」の場合はトウモロコシ製限定では ありません。 一方、ブリトーの場合は、トウモロコシ製トルティーヤを 使っているのを見たことがありません。 100%小麦粉製です。 ここは違いますね。 また、タコの場合は、食べる人自身がサルサを足したり、玉ねぎやシラントロを 足したりしやすいように、具をトルティーヤに乗せただけ、もしくは2つ折にした 形でサーブされます。 一方、ブリトーは(後からサルサをかけたり、付けたりは しますが)具材を巻いた形でサーブされます。 ここも違います。 あとは、トルティーヤの大きさも違ってきますね。 お店によっては、タコ用の トルティーヤ(小さめ(普通のトルティーヤが指を含めた手全体位の大きさですが、 手の平位の大きさ)、トウモロコシ製)を使います。 ブリトーでこのサイズの トルティーヤは絶対に使いません(そもそも巻けませんしね)。 最後に、タコはメキシコ全土具材は変われどもどこでも食べられていますが、 ブリトーは基本的には北部の料理です(チワワとかヌエボ・レオンとかの州)。 今はメキシコ・シティでも食べられていますけど、南部の州(チアパスとか)でも 一般的かと言ったら、そうではありません。 南部の人はやっぱりトウモロコシの トルティーヤを好む傾向が強いですから。 中の具の話まで広げると、タコだと日本人が思っていても実は「カルニータ」と 区別されているとか色々違うので、ざくっとはこんな感じです。 ご参考まで。 タコスとはメキシコ料理のタコの複数形で本当は『Taco』です。 タコにはハードシェル(パリパリ)もありますし、ソフトタコもあります(というか、本場メキシコでは、ソフトタコのほうが主流です)。 ですから、実際には包むもの(シェル)の硬さではなく、その原料で決まります。 厳密には、タコのシェル(皮)はコーントルティヤでなければなりません。 サイズも小さめです。 反対にブリトーの皮は、フラワー(小麦粉)トルティヤで、サイズも大きく、普通のタコ具のほかに、ライスやビーンズも入れて巻くので、熱々になりますが、タコでも中に入れる肉類が時々まだ暖かいこともあります。 ブリトーは中身もサイズもボリュームたっぷりなので、それだけでお腹が膨れますが、タコの方は二つくらい食べないと、物足りない感じがしますよね。 ですから、日本ではいつも『タコス』と複数形で呼ばれているのかしら?(個人的には脚八本の『たこ』と間違えないようにわざと『タコス』と呼んでるのかなぁ、などと思っていましたが・・)。 タコの語源はアメリカンスパニッシュで、「詰め物」または「札束をふたつに折った様子」だそうです(そういえば似てますよね)。 ブリトーも同じくアメリカンスパニッシュで、「burro」(ロバ、動物の)からきています(なぜでしょう、きっとロバに担がせて運搬する荷物に形が似ているからかかな。

次の

「タコス」と、「ブリトー」の違いを教えて下さい。「トルティーヤ」を折るか...

ブリトー 中身

概要 [ ] メキシコ北部と隣接するでは、単品の具を細く巻くのが一般的である。 アメリカ合衆国の他の地域では、、、、、、、、などをたっぷりと入れて巻いた、一つで十分食事になるぐらい大きなブリトーが一般的である。 具を巻く前に小麦粉のトルティーヤを柔らかくするため、軽く火であぶったり蒸したりすることもある。 「ブリトー」はスペイン語で「小さな」を意味する。 理由は細く巻いたトルティーヤがロバの耳に似ているからとも、ロバがよく背中に積んでいた毛布や荷物に似ているからともいわれている。 メキシコのブリトー [ ] ブリトーはの伝統的な軽食で、レストランや屋台で買って食べることができる。 シウダー・フアレスには開店以来数十年になるブリトーの老舗がいくつかある。 ブリトーは朝昼晩いつでも食べられる。 よく用いられる具には、(じっくりと焼いたのバーベキュー)、、ウィニース(winnys、を刻んでトマトとのソースで煮たもの)、とチーズ、デシェブラダ(deshebrada、の脇腹の肉をじっくりと焼いてほぐしたもの)、 ()(チレにチーズなどを詰め、衣をつけて揚げたもの)などがある。 デシェブラダのブリトーには、甘口から中辛の「チレ・コロラド」(chile colorado)風味と激辛の風味がある。 西部や南部のブリトーもこれと同様で、ブリトーを専門とする飲食店で食べられる他、ほとんどので手作りのブリトーを売っている。 ブリトーはメキシコ中央部と南部では タコ・デ・アリナ(taco de harina、「小麦粉のタコ」の意)、北部風レストランでは女性形の「 ブリータ」(burrita、「小さな雌ロバ」)もしくは「 ブーラ」(burra、「雌ロバ」)と呼ばれている。 とその周辺には、ブリトーを油で揚げたという料理がある。 ブリトーはメキシコ北部以南ではあまり知られていなかったが、アメリカ合衆国やカナダからの観光客の流入や、アングロアメリカから帰還したメキシコ人が増えたため、あまり伝統に固執しない飲食店では食べられるようになってきている。 アメリカ合衆国のブリトー [ ] アメリカ合衆国で最も有名なブリトーは具が多い大型のブリトーで、メキシコではなく米国で生まれたと考えられている。 よくみられるブリトーのバリエーションのひとつに、ブリトーに風のソースをかけ、とろけるチーズをおろしてかけたウェット・ブリトーがあり、ではという商品名で売られている。 メキシコ料理店やテクス・メクス料理店では、とろけたチーズに覆われたブリトーを特に ブリート・スイソ(burrito suizo)と呼ぶ。 スペイン語の「スイソ」とは「スイスの」という意味の形容詞で、料理用語ではチーズやをかけた料理のことを指す。 タコベルのブリトーは形はメキシコのものに近いが、中身は米国風である。 油で揚げたブリトーを米国ではと呼ぶ。 アメリカ合衆国には、独特のブリトーで有名な都市がいくつかある。 中でも有名なものが風ブリトーである。 サンフランシスコ風ブリトー [ ] サンフランシスコ風ブリトー サンフランシスコ風ブリトーの起源は、の ()の(料理店)にあるとされるが、の農業労働者の食事から始まったという説やに鉱夫の食事から始まったという説もある。 サンフランシスコ風ブリトーのスタイルはからにかけて確立され、後にサンドイッチの具を小麦粉のトルティーヤで包んだ ()を生んだ。 サンフランシスコ風ブリトーは具の種類が多いため流れ作業で作られるのが特徴で、大きなトルティーヤでメキシコ風ライス、フリホレス、主要な具材(主に肉だが、用の野菜の具のこともある)、甘口または辛口のサルサをたっぷりと包んでからでくるんで客に渡される。 全米に展開するチェーンレストランのや ()がサンフランシスコ風ブリトーを主力商品にしている。 ブレックファスト・ブリトー [ ] 、、などの定番の朝食のおかずを直径15(約38. 1cm)のトルティーヤで包んでのサルサを添えたブレックファスト・ブリトーは、南西部料理(特にニューメキシコ風料理)の流行に従って全米に広まった。 典型的な南西部風ブレックファスト・ブリトーにはスクランブルエッグ、炒めた、、、(煮込み料理)、ベーコンなどの具が用いられる。 のメキシコ風カフェ「ティア・ソフィアズ」(Tia Sophia's)が、にベーコンと炒めたジャガイモをトルティーヤで包んでサルサとチーズをかけたウェット式の元祖ブレックファスト・ブリトーを発明したと主張している。 1980年代にはマクドナルドが小型のブレックファスト・ブリトーをメニューに加え、1990年代にはタコベルやといったも後に続いた。 その他のブリトー [ ] カリフォルニア州は、 ()、、を包んだブリトーで有名である。 サンディエゴで一般的なブレックファスト・ブリトー(卵、アボカド、チーズ、ベーコン) オレゴン・ブリトーはサンディエゴ風ブリトーによく似ているが、フライドポテトの代わりに炒めたジャガイモが入る点が異なる。 とに展開しているファストフードチェーンの「ムチャス・グラシアス」(Muchas Gracias)で食べることができ、に暮らす高校生や大学生の間で人気がある。 チポトレ・メキシカン・グリルでは、ブリトーの具だけをに盛ったブリトー・ボル(Burrito Bol)を注文することができる。 これは摂取するカロリーに気をつかっている客層、特に炭水化物を極力摂らないことで減量を図るを実践している客層を対象にした商品である。 日本のブリトー [ ] 日本において、ブリトーはメキシコ料理店やアメリカ料理店などで供されるのみで、一般にほとんど知られていない料理であったが、が「ブリトー」と称する商品をレギュラーメニューに加えて(1983年 )以降、その名前だけは全国的に知られるようになった。 しかし、日本のセブン-イレブンの「ブリトー」は、小麦粉のトルティーヤを用いてはいるものの( ()に近いとの意見もある )、メキシコのブリトーはもとより、オリジナル商品であったため、本格的なブリトーは現在も知名度が低い。 なお、「ブリトー」はのである(1983年出願)。 家庭ではトルティーヤの代わりに市販のの皮を用いる例も見られる。 ブリトーの研究 [ ] の研究員アン・アルバーティン(Anne Albertine)は、ブリトーの持ち運びやすさを改良する方法を研究し、大きなブリトーの中身がこぼれないようにトルティーヤを最後にグリルして密閉性をよくする調理法を考案した。 サンフランシスコのタケリーアにも、類似の調理法を採用しているところがある。 蛋白質が豊富で飽和脂肪酸の少ない低カロリーの具を包んだブリトーは健康的な食事となる。 肉の代わりにインゲンマメをブリトーの主な具にすれば、とを多く摂取できる。 法律 [ ] では、ブリトーは法律上とは別の料理であるとする判例がある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 () 参考文献 [ ]• Duggan, Tara. Apr. 29, 2001. Bayless, Rick and Deann Groen Bayless. 1987. Authentic Mexican: Regional Cooking from the Heart of Mexico. Morrow Cookbooks. 142. Cheek, Lawrence. Oct, 2001. Anderson, Judith. May 24, 1998. セブン-イレブン・ジャパン 2014年1月10日. 2019年11月4日閲覧。 GetNavi web. 2017年7月31日. 2019年11月4日閲覧。 2019年11月4日閲覧。 クックパッドニュース. 2014年3月19日. 2019年11月4日閲覧。 Crosby, Olivia. Fall, 2002. 2007年12月26日, at the.. Occupational Outlook Quarterly. Vol. 46, Num. The University of Pennsylvania Health System. Adapted from the Cancer Nutrition Information, LLC. (英語版記事の参考文献)• Thomsen, David. Wilson, Derek. 1998. Burritos! Hot on the Trail of the Little Burro. Gibbs Smith Publishers.

次の

ブリート

ブリトー 中身

ビーンブリトーですよね、ブリトーでもいろんな種類があるうちの豆バージョン。 私は逆にあのペースト状の豆が苦手で、ハードタコスかファヒータが好きなのですが。 タコベルのものなら具材はそのくらいだと思います。 でももう少しこってり、TEXMEX風ならばペースト状のアボカドがあってもいいかも知れません。 ステーキ注文してもついてくるくらいですから。 これにサワークリーム、、、、なんてハイカロリーでしょう、でもたまに食べる分には体にもそれほど負担ではないでしょう。 チーズはチェダーチーズ。 アメリカで日本食をはじめ、地元アメリカンレシピを材料から紹介しているサイトがあります。 個人でされています。 タコスのレシピがあるので、参考にされてはいかがでしょう? こんなサイトもありました refried beansのレシピもすぐ見つかるはずです。 pinto beansなのでいんげん豆でしょうか。 乾燥のものなり缶詰めがはたしてどの程度日本の市場にあるのか。 日本では小豆や大豆など一般的な豆以外の豆類は非常に値段も高いですし、トルティーヤも高いですよねーー。 トルティーヤ(皮)くらはもう自分で作っちゃいましょう。 また英語サイトで探せば色々詳しいものが見つかりますよ。 広尾のナショナル麻布ならrefried beansの缶があるかも知れません。 電話で尋ねても丁寧に対応してくれるはずですよ。 他に豆類も高いですが、ひと通り揃っています。 でも豆類に関しては近年 日本で自然食など流行っているので、乾物物やさんなど場所によっては増えていたり、自然食販売店などで扱いが色んな種類の扱いがあるようです。 ハラペーニョの代わりには、韓国料理でも使われる辛い青とおがらしでもいいと思います。 多分今の日本だとこっちの方が入手しやすいのではないでしょうかね、新大久保をはじめとして韓国食材が豊富になってきていますから。 むかーし、日本にタコベルかどうかわかりませんがその手のファーストフードが進出して大失敗したようですが、ファーストフードではなくってTEXMEXのレストランスタイルなら日本人受けするとも思うのですがね。 サルサですが、以前 隣に住んでいたメキシコ系の人に教えてもらったレシピでは 湯むきしたトマト、ハラペーニョ、オニオン、ガーリックをすべてミキサーに入れて作るものでした。 それぞれの分量は辛さなど好みによるようですが、簡単ですよね。

次の