コロナ 中国 感染 者 数。 新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年

新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年

コロナ 中国 感染 者 数

中国の感染者数は当局発表の約8倍の64万人以上に達する可能性があることが分かった。 米外交専門誌『フォーリン・ポリシー』が中国湖南省長沙市にある国防科学技術大学がまとめた感染者数をもとに発表した。 中国の感染者数については、米情報機関が「中国当局が発表する新型コロナウイルスの死者数と感染者数は虚偽で過小に報告されている」との機密報告書をまとめたと伝えられており、かねてから、その信ぴょう性に疑問を持たれていた。 5月13日付のフォーリン・ポリシー誌によると、同大は中国共産党中央軍事委員会の管轄下にあり、中国全土から党中央に寄せられた極秘情報が毎日集計されているという。 同大のホームページには「戦疫復工大数据(感染症と戦い、生産の再開に関するビッグデータ)」とのタイトルのウェブ・マップ・サービス・サイトが掲載されており、感染者数も中国の地図上に示されている。 このデータは最近までインターネット上で公開されていたが、一部台湾メディアが報道したことから15日以降、アクセスできなくなっている。 同大のデータによると、感染者数は中国230都市の64万人以上で、それぞれ感染が発生した場所の位置情報、感染確認件数、日付などが表示され、調査機関は2月初旬から4月下旬のほぼ2カ月半だった。 中国全土の感染者数は5月19日現在、8万4063人で、この時点でも同大がまとめた感染者数のほぼ8分の1となっている。 中国当局発表の感染者数や死者数について、英紙『メール・オン・サンデー』は3月末、英国の科学者が中国の感染者数について、中国当局の公表の「15〜40倍」にのぼる可能性が高いと英政府に警告したと伝えている。 米国の報道機関「ブルームバーグ通信」も、米当局者の話として、中国が発表する新型コロナウイルスの死者数と感染者数は虚偽で過小に報告されているとの機密報告書を米情報機関がまとめたと報じている。 この米当局者は「中国は初期段階で新型コロナウイルスの感染実態を適切に報告しておらず、米国内で感染が拡大した要因の1つとなった」と中国を批判したという。 外部サイト.

次の

新型コロナウイルスの感染者数は?【中国サイトほぼリアルタイム】

コロナ 中国 感染 者 数

ついにSARS超え!中国当局発表の感染者数及び死者数の推移 中国当局の発表 中国の衛生当局によると、新型肺炎による中国本土の死者は132人に増え、感染者は5974人に達した。 うち重症者1239人が重症。 2002年から2003年に流行した重症急性呼吸器症候群=SARSの感染者は中国本土で5327人だったため、新型肺炎の感染者数はSARSを上回ったことになる。 中国の国家衛生健康委員会(National Health Commission)は29日、の感染者が5974人になったと発表した。 2002~03年に流行した()の中国での感染者数(5327人)を上回った。 国家衛生健康委員会は同日の発表で、1400人以上の新規患者が確認され、死者は132人になったことも明らかにした。 02~03年のSARSでは世界で770人以上(うち中国では349人)が死亡した。 これに先立ち、流行の中心地となっている中国中部・湖北(Hubei)省の保健当局は同日、同ウイルスによるこれまでの死者数が、前回発表から25人増えて131人になり、新たに840人の感染者が確認されたと発表していた。 専門家の間では、今回の中国政府の対応はSARS流行の時よりも素早く、オープンだと評価する声もある一方、今月に入って感染が拡大し始めた時期に地方当局者がウイルスへの対応よりも社会の安定の維持を重視していたという批判もある。 ここ5日間の推移 新型コロナウイス 25日 感染者1287人 死者41 26日 感染者1975人 死者56 27日 感染者2744人 死者80 28日 感染者4515人 死者106 29日 感染者5974人 死者132 で「致死率はSARSの時より低い」って言われてるけど当時の記事見てみると、感染者 1600人超死者58人であまり変わらないのでは…と思ってしまった — 平沢 OBFUB 新型コロナウイルス 中国当局 発表 25 土 感染者 1287人 死者41人 26 日 感染者 1975人 死者56人 27 月 感染者 2744人 死者80人 28 火 感染者 4515人 死者106人 29 水 感染者 5974人 死亡132人 SARSの感染者は中国本土で5327人。 この短い期間で新型肺炎の感染者数はSARSを上回ったのか。 — 臨死のうみちゃん umiuminemui 医師や中国人ユーチューバーが暴露「感染者は既に10万人超え」 中国事情に詳しいノンフィクション作家、河添恵子さんが緊急寄稿。 ・感染者は既に10万人以上 ・病院として建築中の建物はただの感染者隔離施設 ・人感染の事実を隠蔽していた武漢市長が逮捕されている。 ・治療方法がない。 感染力が非常に早い。 最初の2人は10万人と言っています。 信頼性は非常に高い。 さらに医師は、1人が14人に感染させる可能性があると。 しかし中国疾病管理予防センターは1月22日に感染症者の増加はないと述べた。 — 布路川梶太 P6AX3Er3HqoQynY およほ10万人を超えつつあるようです… — フロッグログロック FROGLOGROCK 現地の看護師が暴露 武漢市での感染者は9万人 病院は人で溢れ返っていて、ベッドどころか待機場所すら足りない。 医療器具も足りない。 使うのが勿体ない。 1人の感染者がいたらあっという間に周りの14人に感染者。 院内は患者も医者もパニック状態。 もうどうしていいかわからない。 そもそも、今回なぜ?この中国政府はコロナウイルスの情報を隠蔽するのか? 疑問に思いますよね。 これについてですが、 実は感染源が中国の武漢にあるウイルス研究所から漏れてしまったこと。 これが原因であり、だからこそ この失態を隠すために隠蔽している。 という説が上がっています。 感染源は武漢市のウイルス研究所から流出か? 実は、あまり知られていませんが武漢には中国科学院武漢ウイルス研究所微生物菌毒種保存センター、通称BSL-4と呼ばれる最高レベル実験室が存在します。 SARS問題のあと、2015年に中国政府が武漢政府と共同で最新のウイルス研究施設を作っていました。 〈BSL〉とはバイオセーフティーレベルの略であり、このレベル4とは病原体の危険性に応じて4段階の リスクグループの最も高いグループ。 エボラウイルス・マールブルグウイルス・天然痘ウイルスなど多数存在する病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスのウイルスを扱う非常に危険なグループです。 この施設は何も極秘の施設ではなく、このことは中国の日本大使館のHPでも発表されるほど、大々的にアピールされていました。 そして、今回のコロナウイルスはここで中国人民解放軍が開発していたウイルス兵器の事故、つまり「バイオハザード」だったというもの。 ネット上の声 中国の看護師は本当は10万人規模で拡散しているが、国がパニックにさせないように隠していると証言している。 まじで、治療法無いんだよ?SFじゃないんだよ。 全員読んだほうが良いまじで。 その時は、東京の都市機構は麻痺する。 もちろん経済もガタガタになる。 はっきり言って日本は終わるね。 それがわかっている大臣や国会議員がいないのが、私たちの不幸。 — 百田尚樹 hyakutanaoki コロナウイルス🦠10万人以上だって… 早く空港閉鎖したらいいのに…. こっちから行く人もあっちからくる人も拒否するべき しかも日本の感染者奈良でしょ?近っ….. やだなあ…. — ほーた Hoota307Hoota もし10万人感染したら、 2,200人死ぬことになる。 動けなくなって、 経済活動ができなくなる人たちは、 10万人の一体何倍になるんだろう? 期間はどれくらいになるんだろう? — mushoku2006 mushoku2006 病院にて感染確認済みの人だけであの数なんですよね。 英国と米国の研究者達では10万人越え推定もされてるらしいです。 ヤバイヤバイ。 — Yotaro Kaneshima y4kaneshima.

次の

【中国隠蔽】コロナウイルス、感染者数10万人超、現地医者らが暴露

コロナ 中国 感染 者 数

全2483文字 中国の華東地域にある浙江省の3月29日までの新型コロナウイルスの累計感染確認者数は1255人で、中国の省の中で4番目に多い。 感染が急拡大していた2月12日には日本政府が浙江省からの入国禁止を発表しており、現在もその措置は解かれていない。 だが、その情報だけで浙江省における新型コロナウイルス感染症の治療結果を知ると驚くかもしれない。 死亡者はわずか1人にとどまっているからだ。 日本国内で3月30日正午までに確認された感染者数はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」を除き1896人、死亡者数は57人にのぼる。 日本では医療崩壊が起きておらず、重症者には最高水準の治療が行われているであろうことを考えると、浙江省のデータは驚異的だ。 中国のデータは信頼できるのか ただし、この議論をする上では、中国が発表するデータの信頼性をどう見るかが重要になる。 湖北省武漢市で流行が始まった2019年末から20年1月中旬ごろにかけて、中国は新型コロナウイルスの感染実態を正確に発表していなかった。 だが、感染者や死亡者が増えて現実に国民が厳しい移動や外出の制限を課され、初期に警鐘を鳴らした医師が死亡するに至って国内でも不満が抑えきれなくなった。 ネット上では政府に批判的な記事や書き込みがシェアされ、当局の削除が追いつかないケースも見られるようになった。 中国政府は新型コロナウイルス関連の情報隠蔽について副作用の大きさをすでに学習している。 国際的にも厳しい目が注がれている中で今さら、死亡者数のような隠すことが困難な情報をごまかす必要性は低いだろう。 母数となる感染者数については単純比較が難しい。 日本は検査数を拡大するのではなくクラスターを発見して重点検査し、実質的に感染拡大を抑え込む施策を取っている。 中国では発熱などの症状があれば、最初にどの病院を受診しても例外なく新型コロナウイルスの専門外来(発熱外来)に回されて診察と検査を受ける体制をとっているため、感染が判明する人の数は多くなる。 ただし感染者との濃厚接触者に検査を実施した中から判明した無症状感染者については「隔離している」との理由で、WHO(世界保健機関)の基準に反して計上していない(日本は計上している)。 以上のような事情を踏まえる必要はあるが、浙江省が感染者急増の局面を乗り切って、新型コロナの感染による死亡を抑えることに成功しているのは間違いなさそうだ。 なぜこのようなことができたのか。 同省で重症患者を中心に受け入れてきたのが、浙江大学医学院付属第一医院である。 約50日間で重症・危篤患者78人を含む104人の感染者治療にあたってきた。 その中で「医療スタッフの感染」「感染患者の診断見落とし」「危篤患者死亡」を全てゼロに抑え込んだという。 安倍晋三首相は28日、緊急会見を開き医療崩壊は「対岸の火事ではない」と訴えた。 その日本の状況を考えると今、浙江大学医学院付属第一医院の成果の中で最も注目すべきは「医療スタッフの感染」をゼロにしたことだろう。 医療従事者が感染すれば病院の能力は大きく損なわれ、その地域で感染爆発が起きた場合に医療インフラが耐えられる可能性が低くなる。

次の