おおよそ 類語。 「およそ」と「おおよそ」の意味の違いと使い分け

「凡そ」の類義語や言い換え

おおよそ 類語

「おおよそ」の意味とは? 「おおよそ」の意味は「だいたいの量」 「おおよそ」は、話の中で物事の量や大きさなどを表現する時に用いる言葉で、「はっきりとはしないが確かであろう」「だいたいこのくらいである」という意味です。 「約」という意味もあり、時間や距離などの数値を述べるときに、その数値がはっきりとはしないが、だいたいこのくらいですと伝える場合にも使用します。 また、話の最初に使用する「そもそも」といった意味や、「全然」や「まったく」といった意味もありますが、一般的に使用されるのは先に紹介した「だいたいこのくらいの量である」という意味が多いでしょう。 「おおよそ」は漢字で「大凡」と書く 「おおよそ」を漢字で書く場合は「大凡」と書きます。 凡は「ボン」や「ハン」と読み、「すべて」や「ふつうの」という意味の他に、「およそ」という意味も持っています。 また、「大」も「おおきい」や「おおい」といった意味の他に、「だいたい」や「およそ」といった意味を持つ漢字です。 そのため、「大凡」は、同じような意味の漢字を組み合わせた熟語のひとつと言えます。 「おおよそ」と「およそ」は同じ意味 「おおよそ」と似た言葉に「およそ」がありますが、その違いをご存知でしょうか? 「およそ」は「おおよそ」から音変化したもののため、実はどちらも同じ意味を持つ言葉です。 音変化とは、発音がしにくい音がある言葉を発音しやすくするための変化のこと。 「おおよそ」の重なる「お」を次第に発音しなくなり「およそ」という言葉に変化したとされています。 そのため、「おおよそ」は文語的表現として、主に文章にしたときやビジネスシーンなどの丁寧な言い回しとして使用されるのに対し、「およそ」は口語的表現のため、日常会話で使用されています。 「おおよそ」の使い方と例文 「おおよそ」は敬語ではないが丁寧な表現 「おおよそ」は敬語ではありませんが、ビジネスシーンや文章にする場合の丁寧な言い回しとして使用できます。 日常会話で使用すると堅苦しい雰囲気になってしまいますので、日常会話では「およそ」や「大体」を用いる方が良いでしょう。 「おおよその目安」「おおよその金額」と使う 「おおよその目安」「おおよその金額」など、その数値や大きさがはっきりとしないがだいたいそのくらいであるという場合に「おおよそ」を用います。 「お知らせしたスケジュールは、おおよその目安です」や「おおよその金額を算出いたしました」などビジネスのシーンでも使えます。 また、「約」という意味で用いる場合は、具体的な数字の前に付け、「駅から会社までは、おおよそ2km離れています」という使い方になります。 ビジネスで使える「おおよそで構いません」 「おおよそで構いません」とは、「だいたいで構いません」という意味で使える言い回しです。 たとえばビジネスメールなどで、はっきりとはしないがだいたいの時間や金額などを確認したいとき、「おおよそで構いません」を使うとスムーズです。 「おおよそで構いませんので、到着時間を教えてください」や「おおよそで構いませんので、修理にかかる金額を先に連絡ください」などと用います。 「おおよそ」を使った例文• おおよその時間を教えていただけますか?• 正式には後日連絡いたしますが、おおよそのスケジュールはこちらです。 先ほど会社を出発しましたので、おおよそ1時間後には到着します。 「おおよそ」の類語 「おおよそ」の類語は「大体」や「ほぼ」 「おおよそ」の類語は「大体」や「ほぼ」です。 「大体」は「物事の大まかな量」を表現する言葉。 「大体10分かかります」「大体の日程はこちらです」と使用した場合、「おおよそ」に置き換えることも可能です。 ビジネスシーンで「大体」を使用する場合、「おおよそ」に置き換える方がより丁寧な印象になります。 「ほぼ」は「ある事柄の全体に近い量である様子」を表し、「おおよそ」と同じ意味ではありますが、ニュアンスが少々違います。 「おおよそ」は「約」という意味合いが強いのに対し、「ほぼ」は「ほとんど」や「全体に近い量」という意味合いが強くなります。 「おおよそ1時間」よりも「ほぼ1時間」の方が、より1時間に近いイメージです。 「概ね」「ざっと」も「おおよそ」の類語 「概ね(おおむね)」には「物事の大部分である状態」という意味や「約」という意味があり、「おおよそ」とほとんど同じ意味です。 「概ね」も固い表現になるため、「おおよそ」と同じくビジネスなどフォーマルな場で使用できます。 「ざっと」には、「おおざっぱな様子」という意味の他に、「大まかな」や「大体」という意味があります。 「おおよそ」と同じ意味ですが、少しフランクな言い回しになります。 「おおよそ」の英語表現は? 「おおよそ」は英語で「roughly」や「about」 「おおよそ」を英語で表現するのに当てはまるのは「roughly」や「about」です。 どちらも同じ意味として使用できますが、「about」はカジュアルな表現となるため日常的に使うなら「roughly」でしょう。 また、「approximately」も同じ意味ですがより堅く丁寧な印象です。 まとめ 「おおよそ」とは、物事の量や大きさなどを「だいたいこのくらいである」と表現する時に用いる言葉。 丁寧な言い回しとなるため、ビジネスシーンでも使用できます。 「およそ」は、「おおよそ」からの音変化によるもの。 意味は同じですが、フォーマルな場や文章には「おおよそ」、日常会話なら「およそ」を用いる方が良いでしょう。

次の

about, around, approximately

おおよそ 類語

>>about, around, approximately about, around, approximately「おおよそ」違いは 英単語で「おおよそ」を意味する同意語はいくつもありますが、よく使うのは次の3つだと思います。 それに対して around は時折り使いますが、 about とのニュアンスの違いについては、あと少しはっきりしていませんでした。 また、 approximately もいろいろな記事によく出てくるのですが、その使い分けが不明確でした。 いずれもよく出てくる単語なので、何としても理解しておく必要があると考え、意味の違いと使い方について調べてみました。 いずれも交換可能ですが、意味ではわずかなニュアンスの違いがあります。 ・ about 「何かの周辺に」(漠然とその近く。 目標値に近い付近) ・ around 「何かの周囲に」(一回りする感覚。 数字なら+もあるし-もある) という感覚の違いです。 295円 かも知れないし、312円 かも知れない。 よく聞く高々 300円 前後の商品だ・・といった感じです。 ずれてもまあ 300円 から大きくズレることはない・・といった感覚。 従って、 about の方がよりその値に近いイメージとなります。 しかし・・です。 わずかなニュアンスの違いなので、初・中級の日本人が日常会話で使うレベルならば、細かくこだわるところまでは考えなくても良いでしょう。 about よりもさらにその数値への近さをニュアンスの中に含んでいる語となっています。 従って、小数点を使い細かく表しているような数値の場合は、 about ではなく approximately を使った方が良いでしょう。 例文 : She is approximately sixty. 彼女は、だいたい60歳です。 The bridge is approximately a mile long. その橋の長さは約1マイルである。 How much, approximately, did you receive? いくらくらい受け取ったの? The area is approximately 100 square yards. 面積はおおよそ 100 平方ヤードある.

次の

おおよその類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

おおよそ 類語

公開日: 2018. 08 更新日: 2018. 08 「およそ」と「おおよそ」の意味の違いと使い分け 「およそ」と「おおよそ」という言葉をご存知でしょうか。 「およそ見当がついている」「おおよそ理解している」などと使います。 では、「およそ」と「おおよそ」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 「およそ」と「おおよそ」は日常会話で使うこともあります。 よく使う言葉ではあるものの、意外と意味を知らなかったり、どのような場面で使えば良いか分からないことが多いと思います。 適切に使うためには、意味について正しく理解する必要があります。 そこで今回は「およそ」と「おおよそ」の使い分けについて解説していきます。 正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「およそ」の意味と使い方 「およそ」の意味は、 1. 物事の大体の内容、話の概要 2. 断定することはできないものの、大まかに 3. 話し始める際に用いる、そもそも 4. 少しも、全然、いささかも です。 明確ではないものの、だいたいの予想を立てる場合に「およそ」を使います。 物事を細かくではなく、大まかに表しています。 例えば、34kmを大まかに場合に「およそ40km」とします。 「およそ」は実の数値よりも、大きくなる際に使います。 「30km」と表したいときは、「およそ」ではなく「約」を用います。 「およそ、企画のリーダーに選ばれたからには」といったように、話し始める際に用いることもできます。 「およそ」は漢字では「 凡そ」と表します。 例文 「大体の内容」という意味 ・企画の内容はおよそは分かっているものの、詳細についてはよく理解していません。 ・早めにおよその旅行の計画を立てておかないと、当日に余裕がなくなってしまうよ。 「大まかに」という意味 ・私の家から学校までは歩く場合はおよそ30分はかかりますが、自転車だとすぐに着く。 ・お気に入りのお店で洋服を10着買ったら、およそ何円ぐらいになるだろうか。 「そもそも」という意味 ・およそ、警察が捜査をおろそかにしたせいで、このような事態になってしまったのだ。 ・およそ、内容についてよく話し合わなかったため、今回の計画は上手くいかなかったのだ。 「少しも」という意味 ・ヒットしている映画を観にいったけれど、およそ面白くなかった。 ・お肉やお魚はよく食べますが、野菜はおよそ好きではありません。 「おおよそ」の意味と使い方 「おおよそ」の意味は、 1. 物事の大体の内容、話の概要 2. 断定することはできないものの、大まかに 3. 話し始める際に用いる、そもそも 4. 少しも、全然、いささかも です。 ひととおり物事の全体に目を通して、だいたいの予想を立てる場合に「おおよそ」を使います。 じっくり見て細かいことまで見当をつけるのではなく、ざっと目を通してだいたいを予想することを表します。 例えば、「彼の話はおおよそ理解した」と言った場合は「彼の話をざっと聞いて、だいたのことは理解したが、詳しいことは分かっていない」という意味になります。 「おおよそ」は漢字で表すと「 大凡」となります。 例文 「大体の内容」という意味 ・その事件の犯人のおおよそは分かっているものの、決定的な証拠がない。 ・彼のことについてはおおよそ聞いたが、まだまだ知らないこともたくさんある。 「大まかに」という意味 ・さっさと見て帰る予定だったが、意外と買い物が楽しくておおよそ3時間はその店にいた。 ・女性を狙った悪質な結婚詐欺では、およそ500万円の被害が出ているという。 「そもそも」という意味 ・おおよそ、知らない場所で迷子になってしまったのは、彼がいい加減なことを言っていたからだ。 ・おおよそ、彼は何に関しても人に頼ってしまうので、そのことについて責めても意味がない。 「少しも」という意味 ・私は家でゲームや読書をするのが好きなので、おおよそ出掛けません。 ・だらだらと過ごしていたせいで、おおよそ宿題が終わっていない。

次の