いつか 私 は 君 を 裏切る。 いつか私は、君を裏切る : 百合道、始めます!

『いつか私は、君を裏切る』感想レビュー|百合×裏切りの青春ミステリ

いつか 私 は 君 を 裏切る

辛そうな人を見ると放っておけないのが昔からの性分で、誰かの力になることで自分が満たされるような、八方美人なお人好し。 そんな人があなたの周りにいないだろうか。 人に好かれたいからなのか、それとも人に嫌われたくないからなのか。 それともただ、自分が大好きなだけなんじゃないだろうか…。 お人好しな人をみて、私はこんなふうに思うことがあるのだ。 そして、あなたは「何で」そんなにもお人好しなんですか? と聞いてしまいそうになる。 だけどその言葉は相手を傷つけることもあるし、聞いてもあやふやな答えしか返ってこない。 彼女らは「何を」思い「何で」お人好しになってしまうのか。 何で人は好きな人でさえも裏切ってしまうのか。 『いつか私は、君を裏切る』は、恋から生まれる苦しさや寂しさと醜さを、深い笑顔で魅了させてくれる。 『いつか私は、君を裏切る』全3巻 桜井瑞希/まんがタイムきららフォワード 人が「何か」を行う時、それには必ず理由がある。 その「何で」を追い求める孤独な少女、ウイレンさんこと初恋初恋(ういれん・ういこ)。 そんな彼女に魅入られた「お人好しすぎる」と皆に言われる女教師、アイコ先生こと独善愛衣孤(ひとよし・あいこ)。 二人がいる学園では、わけのわからないメッセージカードが鞄に入れられてたり、柔道着がボロボロに悪戯されていたり、次々と人形が置かれる謎や事件が起こる。 アイコ先生は、誰にでも優しく誰とでも仲良くし自分よりも他人を優先するせいか、お人好しな先生として生徒に頼りにされている。 相談に来た生徒の悩みを聞いて、なんとか手助けしようとする。 そこでウイレンさんは、人が「何で」それを行い「何を」思い「何で」間違いを犯したのか、その「何で」を知るのが好きなので、その生徒やアイコ先生に協力することになるというあらすじ。 女子生徒が多いこの学園で起こる事件は、女の子同士の恋という百合の関係や友情、憧れ、自己愛、嫉妬などの感情がきっかけのよう。 人の悩みはいつだって人間関係だ。 だから人は簡単に人を裏切るのだけれども、とくに女性同士の人間関係は男性にはわけが分からないほど複雑に絡み合い、怖くなる。 なのに百合特有のかわいさと色っぽさにそそられてしまい惹きこまれていく。 第1巻の終盤から2巻のはじめにかけて、アイコ先生の過去とウイレンさんとのやり取りが重なり、お人好しであるアイコ先生の苦悩と葛藤がとくに秀逸だ。 あなたは「何で」そんなにもお人好しなんですか? 人に好かれたいからですか? 人に嫌われたくないからですか? それともただ…自分が大好きなだけですか? このようにウイレンさんは、アイコ先生に聞く。 そしてアイコ先生は昔同じようなことを友達に言われたことを思い出すのだ。 自分に責任がかからず、自分が本当に苦しむことのない範囲までしか、アナタは他人に踏み込んでこない。 踏み込んで自分が苦しむのが怖いから。 と言われたあの日。 それからアイコ先生は、誰にも必要とされないのが怖い。 いらないのは自分だけな気がして怖い。 誰にも愛されないのが怖い。 大人がこんな風に思うのは、間違っているのかな? と 自分の醜さを自覚しながら葛藤している。 罪悪感、後悔、嫌悪感、擁護、慰め、自愛とともに。 私はどちらかというと、お人好しからは程遠くウイレンさんのように「何で」を知りたがるタイプの性格で、同じようなことを人に聞いてしまったこともある。 たとえ相手がいい人とわかっていても自分が好きな人であろうとも、取り繕ったただの偽善者にみえてしまうことがある。 だから、そんな彼女らが「何を」思っていたのかをわかりたいと思っていた。 もちろん、本作を読めばあの人は「何で」お人好しなのかわかるとは言わないけれども、どんなことを思い、葛藤しているのかを想像することができると思う。 しかしどんなに人の気持ちを知ったとしても、わからないこともあるけれど…。 ねぇ、何で人は好きな人でさえも裏切ってしまうんでしょうね。 最終3巻発売中!.

次の

『いつか私は、君を裏切る』感想レビュー|百合×裏切りの青春ミステリ

いつか 私 は 君 を 裏切る

「何故?」を解き明かすのが好きだという、可愛い女の子が学校生活でのちょっとした謎を解いていくというお話。 今のところドギツイやつ(殺人とか)はない。 全体の雰囲気はサスペンス・ホラー寄りで、百合っぽい描写あり。 まず絵。 登場人物は女の子が殆どであり可愛い。 表紙を見てイイと感じれば合うでしょう。 (カタナガタリっぽい?) しかし、顔がほぼみんな一緒なので髪型とか服装で判断するしか無い。 登場人物の名前は個性的だが、人によっては姓で呼んだり名で呼んだり、あだ名で呼んだりするため 前述した「同じ顔」と相まって、やや混乱する。 次に「謎解き」だが、1巻ではそこまで難解な謎は出てこない。 例えば「手」に「x印」がついた人形と「ワテタシテノテセンセイヘテ」というメッセージ。 次に「腕」に「x印」の人形と「ウワタデシニウキヅイテクダデサイ」というメッセージ。 これに対して登場人物は「どういう意味?」と頭を悩ませているが、多くの読者にはすぐ分かるのではなかろうか? IQ系のクイズ番組とかに出てきそうな感じです。 雰囲気などは好きだが、あっと驚く内容とは言えず、全体の感想としては「まぁまぁ」。 積極的なオススメもしないが、つまらないってわけでもない。 ただし、あくまで「今のところ」である。 ところどころ含みのあるシーンがあるため、2巻以降で話が動き出したら評価は変わるかもしれない。

次の

いつか私は、君を裏切る(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

いつか 私 は 君 を 裏切る

辛そうな人を見ると放っておけないのが昔からの性分で、誰かの力になることで自分が満たされるような、八方美人なお人好し。 そんな人があなたの周りにいないだろうか。 人に好かれたいからなのか、それとも人に嫌われたくないからなのか。 それともただ、自分が大好きなだけなんじゃないだろうか…。 お人好しな人をみて、私はこんなふうに思うことがあるのだ。 そして、あなたは「何で」そんなにもお人好しなんですか? と聞いてしまいそうになる。 だけどその言葉は相手を傷つけることもあるし、聞いてもあやふやな答えしか返ってこない。 彼女らは「何を」思い「何で」お人好しになってしまうのか。 何で人は好きな人でさえも裏切ってしまうのか。 『いつか私は、君を裏切る』は、恋から生まれる苦しさや寂しさと醜さを、深い笑顔で魅了させてくれる。 『いつか私は、君を裏切る』全3巻 桜井瑞希/まんがタイムきららフォワード 人が「何か」を行う時、それには必ず理由がある。 その「何で」を追い求める孤独な少女、ウイレンさんこと初恋初恋(ういれん・ういこ)。 そんな彼女に魅入られた「お人好しすぎる」と皆に言われる女教師、アイコ先生こと独善愛衣孤(ひとよし・あいこ)。 二人がいる学園では、わけのわからないメッセージカードが鞄に入れられてたり、柔道着がボロボロに悪戯されていたり、次々と人形が置かれる謎や事件が起こる。 アイコ先生は、誰にでも優しく誰とでも仲良くし自分よりも他人を優先するせいか、お人好しな先生として生徒に頼りにされている。 相談に来た生徒の悩みを聞いて、なんとか手助けしようとする。 そこでウイレンさんは、人が「何で」それを行い「何を」思い「何で」間違いを犯したのか、その「何で」を知るのが好きなので、その生徒やアイコ先生に協力することになるというあらすじ。 女子生徒が多いこの学園で起こる事件は、女の子同士の恋という百合の関係や友情、憧れ、自己愛、嫉妬などの感情がきっかけのよう。 人の悩みはいつだって人間関係だ。 だから人は簡単に人を裏切るのだけれども、とくに女性同士の人間関係は男性にはわけが分からないほど複雑に絡み合い、怖くなる。 なのに百合特有のかわいさと色っぽさにそそられてしまい惹きこまれていく。 第1巻の終盤から2巻のはじめにかけて、アイコ先生の過去とウイレンさんとのやり取りが重なり、お人好しであるアイコ先生の苦悩と葛藤がとくに秀逸だ。 あなたは「何で」そんなにもお人好しなんですか? 人に好かれたいからですか? 人に嫌われたくないからですか? それともただ…自分が大好きなだけですか? このようにウイレンさんは、アイコ先生に聞く。 そしてアイコ先生は昔同じようなことを友達に言われたことを思い出すのだ。 自分に責任がかからず、自分が本当に苦しむことのない範囲までしか、アナタは他人に踏み込んでこない。 踏み込んで自分が苦しむのが怖いから。 と言われたあの日。 それからアイコ先生は、誰にも必要とされないのが怖い。 いらないのは自分だけな気がして怖い。 誰にも愛されないのが怖い。 大人がこんな風に思うのは、間違っているのかな? と 自分の醜さを自覚しながら葛藤している。 罪悪感、後悔、嫌悪感、擁護、慰め、自愛とともに。 私はどちらかというと、お人好しからは程遠くウイレンさんのように「何で」を知りたがるタイプの性格で、同じようなことを人に聞いてしまったこともある。 たとえ相手がいい人とわかっていても自分が好きな人であろうとも、取り繕ったただの偽善者にみえてしまうことがある。 だから、そんな彼女らが「何を」思っていたのかをわかりたいと思っていた。 もちろん、本作を読めばあの人は「何で」お人好しなのかわかるとは言わないけれども、どんなことを思い、葛藤しているのかを想像することができると思う。 しかしどんなに人の気持ちを知ったとしても、わからないこともあるけれど…。 ねぇ、何で人は好きな人でさえも裏切ってしまうんでしょうね。 最終3巻発売中!.

次の