サラ番2 引き戻し。 【サラ番,絆2,モンキー4,エヴァAT777】この日は全勝です。たまにはこんな日があっても良いじゃない

押忍!サラリーマン番長2(サラ番2) スロット 新台 スペック 天井 ゾーン 設定 解析 評価

サラ番2 引き戻し

サラ番2の基本を軽く紹介 千円(50枚)ベースが約50ゲーム。 ベースが高いので、気付いたら大負けってことにはなりにくい。 それほどお金を掛けずに設定の高低ぐらいは当たりが付けれるので、ダメそうなら大ケガする前に退散出来ます。 ゲームフローは前のサラ番と一緒。 別に難しいことはないので、打ってみればスンナリ理解出来るはず。 ただ、今回は頂ラッシュが差枚数管理になっています。 だからといって、こちらに不都合があるわけではありませんが、一応。 基本的な流れが先に分かってないとイヤ。 って人は以下の動画なんかを参考にしてはどうでしょう? 設定ごとの1日打った場合の期待値 正確に計算したわけじゃないので、あくまでも目安として考えてください。 7000ゲーム打った場合で計算しています。 下を打っても負けにくい、 5・6に関してはしっかりと日当を狙えるレベル。 とは言え、後で書きますが設定5は荒れる仕様なので、あくまでも理論上って考えた方が無難でしょうね。 ホールでの扱いを推察 恐らくは多くのホールで設定2・3あたりがメインで使われるでしょう。 2をメインで使う店は、高設定で4を一台使う。 3をメインなら、5を一台使うといった具合です。 これは最低でもサラ番2が6台はある場合を仮定しているので、それ以下の台数の場合は当然この限りではありません。 1を使わず、2を使うのは設定示唆演出によって稼働を維持するためです。 ただ、設定1でも甘いので、稼働があれば躊躇なく1をメインで使う可能性も十分に考えられます。 この辺りはホールによって千差万別なので、あくまでも一つの参考意見にしてください。 設定ごとの特徴 これは歴代、特に最近の番長シリーズと同じです。 偶数の方が緩やかな出玉推移。 奇数の方が激しい出玉推移になりやすい。 サラ番2も設定5が一番激しい出玉推移を描きます。 絶頂ラッシュ当選率や通常時の青番長ボーナス当選率などが優遇されているようです。 これは番長3と一緒ですよね。 サラ番2の天井と恩恵 サラ番2の天井は「 通常時を最大799ゲーム消化」で到達です。 有利区間移行後なので、データ表示機によっては多少ズレる可能性もあるでしょう。 恩恵としては「番長ボーナス」に当選のみ。 番長ボーナス自体の出玉は70~100枚程度なので、安定した結果を残したいならかなり天井に近いゲーム数で拾う必要があります。 個人的には積極的に狙うなら500ゲームから。 出来れば550ゲームあると嬉しい。 モードBの天井が561なので、ここでの天井到達も考えて500ゲームを私的ボーダーラインとしたいと思います。 ゾーン狙い サラ番2もゾーンがあり、前回のサラ番と同様、ゲーム数で高確への移行をします。 多くの場合は通常A、ゲーム数200、400のところで高確に移行することが多いですが、必ずしもモードAに滞在しているとは限りませんし、高確で当たるとも限りません。 190や、380のように、すぐに高確移行が期待出来る、千円でケリが付く場合は打ってみても良いでしょう。

次の

【終了画面の設定示唆法則が判明!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

サラ番2 引き戻し

0枚 継続率 —• 差枚数上乗せタイプのAT。 消化中は差枚数上乗せ・ボーナス・特化ゾーンを抽選。 漢気ゾーン• リール左の限界突破メーターが赤いゲージに到達すればゾーンに突入。 ゾーン中は頂SRUSH突入のチャンス。 ハンコが10個たまると恩恵を抽選。 ハンコ獲得率は2倍になっている。 ハンコ10個時の抽選内容 高確移行 特命 差枚数上乗せ ボーナス 頂スラッシュ 限界突破• AT中に残り差枚数が300枚に到達すると限界突破。 その後のBARの停止形に応じて頂総決算ボーナス or 決算ボーナスに突入。 その後は上乗せ差枚分のボーナスを消化。 ボーナス中もベル・レア小役で差枚数上乗せを抽選。 消化後は決算ボーナスと同様に残り差枚数299枚からATがスタート。 超番長ボーナス 役割 プレミアムボーナス 純増 約3. 0枚 継続G数 50G• 超番長ボーナスは突入した時点で頂RUSHの複数セット確定。 レア小役で差枚数を上乗せ。 1度で最大300枚上乗せ。 毎ゲーム5〜300枚の差枚数を上乗せ。 リーチ目出現率が大幅にアップ 出現すれば大量上乗せ• 保証ゲーム数消化後は6択ベル不正解まで継続。 6択ベル不正解後も復活の可能性あり。

次の

サラ番3 AT引き戻し解析!!偶・奇に差がある

サラ番2 引き戻し

消化中に継続率を上げて継続ジャッジ。 継続ジャッジ3回クリアでAT。 レア役・ボーナス・頂SRUSHにいれて 差枚数上乗せさせて限界突破を目指す。 AT残り差枚数が300枚になると限界突破。 ボーナス終了後は残り差枚数299枚の頂SRUSHに復帰。 すぐに差枚数上乗せして300枚に行けば 再度限界突破してボーナスに突入する。 400G手前or400Gのゾーン抜け後から狙えそうです。 狙えるのは 天国のゾーンor200のゾーンの2つ。 500G以降は天井まで打った方がいいと思われますし、 その他のゾーンは期待度が低いので。 200のゾーンで煽りが来なかった場合は、 通常Bの可能性が高くなるので、 当たるまで追ってみてもいいと思います。 基本的にボーナス・AT終了画面後の、 シャッターパターンを見て、 ロゴ無しor白黒ロゴなら即やめ推奨。 奇遇推測には使えるが設定の高低はわかりづらい。 モード移行率 設定 通常A 通常B 天国 1 76. 偶数かつ高設定ほど移行しやすい。 レア役による高確A移行率 設定 弱チェリー 弁当 1 4. 高確中の弱チェリー直撃当選率 設定 高確A 高確B 超高確 1 8. 押忍弁当からの特命当選率 実戦値 設定 当選率 実質確率 1 16. 複数回出現すれば高設定に期待。 5>4>2>6>1>3の順に出現率が高い。 番長ボーナスの青7比率 実戦値 設定 青7 1 7. 設定5が一番突入しやすい。 頂クロスラッシュ突入率 頂クロスラッシュ突入率に設定差あり。 設定5・設定3は突入しやすい。 AT中の上乗せ枚数 AT中の上乗せ枚数で設定示唆あり。 ゾロ目が出現したら注目。 高設定濃厚パターンも存在。 当選契機によって振り分けが異なる。 設定5は複数セット振り分けが高い。 複数セットが選択されていた場合も 引き戻しゾーンを経由するため、 そこでレア役を引くと判別が困難になるので注意。 設定5は別格に2セット以上比率が高い。 ATセット数振り分け メインルート 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 TOTAL 1 92. どの設定でも2セット以上。 メインルートに比べると、 設定差はかなり少ないので、 設定推測をする際には無視していいでしょう。 ATセット数振り分け ボナ中の青7揃いor超番 設定 2セット 3セット 1 95. 3セット継続すれば設定5に期待。 ATセット数振り分け 直撃当選 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 TOTAL 1 71. 通常は白文字だが黄文字で表示された場合、 その企業の種類で設定示唆。 決算ボーナス中の文字 黄色で表示された文字 設定示唆 肉のマサムネ 設定2以上濃厚 秘密結社ミサイル段 設定3以上濃厚 スタジオサボハニ 設定4以上濃厚 風呂屋剛衛門 設定5以上濃厚 青山モータース 設定6濃厚 通常時 通常時の抽選 通常時は ・マップによる毎ゲーム抽選 ・レア役成立時の抽選 ・ハンコ10個たまった後の抽選 ・CZ「特命」での抽選 などでボーナス抽選を行う。 モード 通常時のモードは3種類存在。 モードに応じて規定ゲーム数消化の高確移行や、 毎ゲームのマップ抽選に影響する。 奇遇推測には使えるが設定の高低はわかりづらい。 モード移行率 設定 通常A 通常B 天国 1 76. ボイスの内容で前兆期待度・モード示唆を行う。 調子はどう?に対する切りかえし パターン 示唆 部長「今日はA定食かなぁ」 モードB以上のチャンス 部長「今日はB定食だ」 モードB以上濃厚 林子「オラ幸せがもすね」 天国のチャンス 林子「オラ幸せだぁ」 天国濃厚 エリカ「もうすぐ晴れそうね」 ブルーレジェンドのチャンス エリカ「素晴らしい青空よ」 ブルーレジェンド濃厚 美佑「怪しいな」 前兆中濃厚 美佑「悪くないかも」 前兆中濃厚 内部状態 内部状態は通常、高確A・B、超高確の4種類存在。 レア役・規定ゲーム数消化時に移行抽選を行う。 高確Aは弱チェリー・弁当契機で移行。 高確Bは規定ゲーム数消化で移行。 高確Aと高確Bが複合すると超高確へ移行。 するのがメインの流れ。 偶数かつ高設定ほど移行しやすい。 レア役による高確A移行率 設定 弱チェリー 弁当 1 4. 高確AorB移行時は雫ステージに移行することが多い。 高確中の弱チェリー直撃当選率 設定 高確A 高確B 超高確 1 8. 剛天ステージに行けば大チャンス。 通常時のステージ パターン 示唆 轟ステージ 基本ステージ 鏡ステージ 基本ステージ 雫ステージ 小役で移行 高確A示唆 雫ステージ ゲーム数で移行 高確B示唆 剛天ステージ 超高確示唆 ハンコ 通常時は押し順中段ベル成立時にハンコを獲得。 リール下のノルマ枠にハンコがたまっていく。 10個たまると ・高確移行 ・CZ「特命」 ・番長ボーナス などの恩恵が受けられる。 ボーナス当選時に余った分は継続率に加算される。 特命中ならボーナorATor超番当選率が大幅にアップ。 ハンコ10個獲得時の移行先 移行先 特命中 その他 何もなし 44. 消化中は轟と鏡がそれぞれ予算を獲得していき、 予算が多い方の連続演出に発展する。 予算が同数の場合は期待度の高い共闘演出に発展する。 ゲーム数によっては本前兆濃厚パターンもあり。 【マップ抽選】 マップ抽選時は31Gを超えると本前兆濃厚。 ハンコからの前兆ゲーム数 ゲーム数 フェイク 本前兆 4G — 6. 高確B以外でのレア役での前兆ゲーム数 ゲーム数 弱チェリー 押忍 弁当 フェイク 本前兆 フェイク 本前兆 3G以下 85. AT直撃当選時の前兆ゲーム数 ゲーム数 振り分け 11G 6. 4G継続すると青7以上。 5G継続すればAT直撃以上。 ブルーレジェンド 大当たり後の出玉性能が上がる上位状態。 有利区間移行時の一部で突入。 モードはA<B<天国の順に移行しやすい。 設定は5が一番移行しやすい。 押忍弁当からの特命当選率 実戦値 設定 当選率 実質確率 1 16. 消化中の成立役で継続率を上げて継続ジャッジ。 継続ジャッジを3回突破して 完走できれば頂RUSH濃厚。 頂RUSH中・頂RUSH濃厚後は 継続するごとに差枚数上乗せ。 5>4>2>6>1>3の順に出現率が高い。 番長ボーナスの青7比率 実戦値 設定 青7 1 7. 継続ジャッジ前のゲーム数でのレバオン時に継続抽選、 継続失敗予定時はジャッジ中のレア役で継続書き換え抽選 を行う。 強チェリー・チャンス目成立時は継続濃厚。 消化中は7揃い確率が大幅アップし、 レア役での差枚数上乗せにも期待できる。 剛天カットインなら大チャンス。 弁当は乗りにくいが乗れば50枚以上。 AT中の差枚数上乗せ抽選 成立役 当選率 弁当 12. AT中は通常時の2倍の速さでハンコがたまる。 ハンコが10個たまるとハンコルーレットで ・高確移行 ・特命 ・差枚数上乗せ ・番長ボーナス ・頂SRUSH のいずれかの恩恵が受けられる。 ATの残り差枚数を表示。 残り差枚数が特定値に到達すると 頂SRUSH高確率状態に移行する。 残り差枚数が300枚になると限界突破。 轟AT 轟選択時はステージで前兆期待度を示唆。 当選時は主に対決演出で告知。 ステージでボーナス・頂RUSH期待度を示唆。 基本的に稲妻煽り・リールロック後に発生するが、 煽りなしで発生した場合は成功濃厚。 鏡AT中はバスバチャレンジ発生時点で成功濃厚。 赤背景は激アツ。 青背景なら頂クロスラッシュ突入濃厚。 鏡AT中の演出法則 パターン 示唆 BGM変化:ダレダレダレDA! ATセットストック1個以上 BGM変化:ジャジャスゴージャス ATセットストック2個以上 下パネル点滅 50枚以上の上乗せ濃厚 漢気演出で鉄板 or次回予告 頂クロスラッシュ or絶頂ラッシュ濃厚 引き戻しゾーン AT規定枚数消化後に突入。 3G継続し、レア役でAT引き戻しのチャンス。 雫のカットインが発生しても引き戻し濃厚。 当該役成立時に差枚数上乗せ抽選を2回を行い、 レア役なら1回目の抽選は当選濃厚、 2回目は強レア役なら当選濃厚。 抽選当選時の数値の合計が上乗せされる。 2回当選した場合でも液晶上では、 片方にしか表示されない場合もある。 【ベルでの上乗せ抽選】 頂スラッシュ中は内部的に、 スラッシュレベルなるものが存在し、 レベルに応じて上乗せ期待度が変わる。 頂スラッシュ中の上乗せ抽選 スラッシュレベル 当選率 1 1. レア役同様ハンコによる上乗せも2回行われる。 2分割された画面で轟と鏡が共闘して上乗せする。 ハズレを含む全役で差枚数上乗せ抽選を行う。 消化中は漢気目確率が大幅にアップしていて、 漢気目が成立すれば大量上乗せに期待できる。 一度の上乗せは5枚~300枚。 終了後は番長ボーナスへ移行。 限界突破 AT中の限界突破メーターが300枚に到達すると発生。 発生時はフリーズが発生しBARの停止形に応じて その先の展開が変わる。 すぐに上乗せして差枚数が再度300枚に行けば 限界突破が発生する、という流れで出玉増を目指す。 毎ゲーム差枚数上乗せ。 7揃いすればゲーム数が加算。 出現するキャラで上乗せ枚数を示唆。 消化中のレア役の一部・押し順ベルコンプリート時に、 差枚数上乗せ抽選を行う。 決算ボーナス 決算ボーナス 突入契機 限界突破後BAR中段揃い 獲得枚数 50枚 総決算ボーナスの業務報告がないバージョン。 消化中のレア役の一部・押し順ベルコンプリート時に上乗せ。 規定枚数獲得したら終了。 対決演出 対決演出は全6種類。 登場するキャラによって期待度が変わる。 ボイスの内容で前兆期待度・モード示唆を行う。 タッチしてボイスが発生すれば何かしらの恩恵があり。 頂 クロ スラッシュ濃厚となるパターンも存在。

次の