横浜 ミライト。 2019年 ヨコハマミライトのイルミネーション満喫!みなとみらいから横浜駅までイルミ散歩

事業拠点

横浜 ミライト

ネイキッドが手がける今年の『ヨコハマミライト』は、昨年よりさらにイルミネーションエリアを拡大し、「横浜駅東口」から「さくら通り」まで、全長約1. 5km・過去最大級のエリアにて光の演出を行います。 ブルーやシャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトのLEDストリングライトを約50万球、ステージ照明にも使用するLEDパーライトを約60台駆使したイルミネーションで、色鮮やかに照らし上げ、横浜・みなとみらいの街並みを光で包み込みます。 メインエリアは横浜美術館とマークイズみなとみらいの間を繋ぐ「美術の広場」。 青く照らされた光の海の街道を抜けると暖かくロマンチックに彩られた広場があり、そこには光のアーチに囲まれたストリートピアノを設置。 ピアノに触れることで起こる、まるで木々が歌い出すかのような光のインタラクティブな演出は、誰でも参加することができる体験型イルミネーションです。 音を奏でるたびに様々に変化していく演出は、演奏者だけでなくその空間にいる人全員を魅了します。 今年新たに加わった「さくら通り」エリアでは、行き交う人々の心が温まるような色のイルミネーションで街路樹を装飾し、幻想的な世界へと誘います。 また「すずかけ通り階段」では、今年からネイキッドのグラフィックアートによる演出で、横浜の魅力の一つである開放的で華やかな公園空間をつくりあげます。 メインコンテンツの一つである、インタラクティブなイルミネーション演出が起こるストリートピアノを活かした、ショートミュージカル風点灯式となります。 『ヨコハマミライト』のテーマ「みらいを照らす、光のまち」を題材にしたオリジナルストーリーで、舞台キャストたちが横浜の未来を照らす光を点灯します。 さらに、物語の一翼を担ってもらうために市民参加代表として、横浜少年少女合唱団の皆様にもご出演いただき、点灯式を盛り上げます。 『ヨコハマミライト』の全長約1. 5kmにも及ぶ横浜最大級のイルミネーションには様々なフォトスポットがあり、自分らしくフォトジェニックに撮影した写真を応募いただけます。 応募方法は、ヨコハマミライトでの写真とハッシュタグ「 ヨコハマミライト」をつけて投稿するだけ。 第一弾:2019年11月14日(木)~12月25日(水) 第二弾:2020年1月1日(水)~2月5日(水) それぞれ10組20名様にネイキッドが企画・演出・制作するイベントのご優待チケットをプレゼントいたします。 詳細は公式サイト( )にて順次発表いたします。 ヨコハマミライトもパートナーシップ事業として参加し、新港地区とシンクロしながら横浜の夜を光で包みます。 ) 問い合わせ:info ymm21-illumination. 助成を行うことにより、みなとみらい21地区の振興と活性化を図り、活き活きと活動できる国際色あふれる街の創造に寄与することを目的とするものです。 SHARE•

次の

【横浜のクリスマスイルミネーション】最大級の光の道筋あらわる!「ヨコハマミライト」2020

横浜 ミライト

イルミネーションが行なわれるのが横浜駅東口~みなとみらいグランモール公園~さくら通り(横浜駅東口から横浜ランドマークタワー、ドックヤードガーデン、さくら通りをつなぐ各エリア)。 ブルーやシャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトのLEDストリングライトを50万球、ステージ照明にも使用するLEDパーライトを60台駆使した大迫力のイルミネーション。 メインエリアは横浜美術館とマークイズみなとみらいの間を繋ぐ「美術の広場」です。 「美術の広場」では、通常のイルミネーションに加え、光のアーチに囲まれたストリートピアノを使ったインタラクティブ(双方向)型のイルミネーションが行なわれます(音を奏でるたびに様々にイルミネーションが変化します)。 横浜ランドマークタワーでは、クリスマスシーズンに『横浜ランドマークタワー The Landmark Christmas』も開催されています。 日本三大峡谷(日本三大渓谷)と通称されるのは、黒部峡谷(富山県)、清津峡(新潟県)、そして関西では有名な大杉谷(三重県)。 長らく人跡未踏だった黒部峡谷(国の名勝)、柱状節理が見事な清津峡(国の特別名勝・特別天然記念物)... カテゴリ:• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 6月29日は、『荒城の月』の作曲家・滝廉太郎の忌日、南海鋼索線(高野山ケーブルカー)が開業した日、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの誕生日で「星の王子さまの日」、佃煮の日、岡山大空襲の日、ビートルズ初来日の「ビートル... カテゴリ:• 日光東照宮の神馬(しんめ)の厩舎(きゅうしゃ)である神厩舎の長押には、人間の人生を表す合計で16匹の猿が彫られています。 そのうち、もっとも有名な猿が「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿(さんえん・さんざる)です。 厩舎に... カテゴリ: , , ,• 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。 水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。 さらに加えて、湖上遊覧など観光スポット... カテゴリ:• 日本三大砂丘は、静岡県の御前崎から浜松まで続く南遠大砂丘、有名な鳥取砂丘、そして鹿児島県の吹上浜の3ヶ所を数えるのが一般的。 ただし、この日本三大砂丘は、誰が決めたのか定かでない「詠み人知らず」のため、九十九里浜を入れたり... カテゴリ: ,• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 古代のヤマト王権の大王や、地方の豪族が築いた古墳。 とくに前方後円墳は、墳丘長486mという大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を筆頭に巨大古墳の上位に君臨しています。 なんと巨大古墳は27位までが西日本に築かれていますが、ベスト10に... カテゴリ: , ,• 平成6年に竜神峡に架けられた歩行者専用の吊り橋「竜神大吊橋」は、12年の長きにわたって日本一の地位を守りました。 それに代わって1位となったのが九州・大分県の九重"夢"大吊橋。 平成18年10月30日に日本一を奪取し、多くの... カテゴリ: , , , , , , , , , ,.

次の

横浜みなとみらい21イルミネーション「ヨコハマミライト」徹底紹介!

横浜 ミライト

今年、ヨコハマミライトのイルミネーションに新たに仲間入りした「」のイルミネーションをスタート地点として、「横浜駅東口」まで徒歩でイルミネーションを見てきました。 さくら通りからすぐの「」ではイルミネーションが行われているので初めての方は、かつて造船所のドックであった独特の形状を活かしたイルミネーションは要チェックです。 ランドマークプラザとクイーンズスクエア横浜の間に位置するからマークイズみなとみらい方向に歩くとイルミネーションの並木道が先まで続く、続く。 マークイズみなとみらいと横浜美術館に向かう途中にかかっている橋もイルミネーションを展開。 マークイズみなとみらい前の並木道も彩られ、今年新たに設置されたストリートピアノは誰でも気軽に弾けるようになっていて(無料)、弾く音にあわせて光り方が変化します。 イルミネーションで彩られたロマンチックな空間を引き立てるピアノの音色に足を止める人も多く、演奏が終わると拍手が自然と沸く臨場感もまたその場にいて心地よかったです。 マークイズみなとみらい1階のクリスマスツリーも点灯しているのでお見逃しなく。 今年はツリーの中に入れ、ドームに入ると内部の色が変化し音がなる仕組み。 ツリー全体も時間帯によって灯りの色とパターンが変化します。 マークイズみなとみらいを出ると、青く輝くイルミネーションはグランモール公園からさらに横浜駅に向かって伸び、先はどうなっているのかと惹きつけられるようにお散歩を再開。 振り返ると横浜ランドマークタワーの夜景とヨコハマミライトのコラボ写真も撮れました。 横浜駅から歩いてイルミネーションを見ながら横浜ランドマークタワーに向かって歩くのも良さそうです。 足取りが自然と軽くなる美しさ。 アートに導かれて陸橋へ。 少し目線が高くなることで見える景色も変わり、陸橋までもライトアップし、日中の景色とは全く別の世界。 陸橋からビル群の街並みが見えて来ると横浜駅東口ももうすぐ。 普段ここまであまり足を運ばないという人もヨコハマミライトを通して新たな発見ができるのもこのイベントの面白いところです。 イルミネーションは「日産グローバル本社ギャラリー」の方まで続いており、陸橋を再びあがるとゴールは目前。 横浜駅東口のイルミネーションイベント「星降るテラス」は無数に輝く満天の空のようにイルミネーションを展開し、クリスマスツリーや月のオブジェがお出迎え。 みなとみらいから横浜駅までは約1. 5キロ。 普段お散歩コースとして歩くこともあるエリアをイルミネーションによっていつもとはまた違う景色として楽しめました。 歩いては止まって、写真を撮って楽しんで、距離を気にすることなく歩ける無料のイルミネーションイベントです。

次の