トリトン デッキ。 トリトンチャレンジってどんなデッキが勝ちやすいの? インフェで取りに行っても、トリトンが手に入るだけって効果薄い気がして

【デッキ紹介】早速来た! ライキ選手がオススメするペッカトリトンデッキ! 【クラロワ】: ZeroClash

トリトン デッキ

ロイジャイトリトンデッキの3つの使い方のポイント 以下の3つのポイントを意識して戦ってみてください。 序盤はロイジャイを出さずに、高回転でオーブンを溜める(延命する)• トリトンの使い方を習得する• ユニットが溜まれば、ロイジャイを出す 序盤はロイジャイを出さずに、高回転でオーブンを溜める(延命する) ロイジャイトリトンデッキは、ロイジャイを序盤に出してしまい、防衛されカウンターで負けてしまうことがあります。 序盤は、オーブンを溜めて、アドバンテージを取りましょう。 オーブンの延命も大切です。 ローリングウッドやスケルトンなど、エリクサーを多く使っていいので、オーブンに攻撃が入らないようにしましょう。 ライトニングも、相手ユニットが溜まっていれば防衛に有効です。 (相手ユニットのエリクサーコストを覚えていれば、ライトニングを使ってもいいかわかる) オーブンを溜めながら、相手のデッキ把握をするとなお良いです。 目安として、オーブンが2つ溜まる・エリクサー2倍タイムまでロイジャイを出さないでおきましょう。 トリトンの使い方を習得する このデッキは「トリトンの使い方(活躍)」で勝負が決まります。 トリトンの使い方をまとめましたので、を見てマスターしましょう。 オーブン・ユニットが溜まれば、ロイジャイを出す オーブン・防衛ユニットが溜まれば、橋前ロイジャイを追加しましょう。 エリクサー2倍タイムになれば、ライトニングも攻撃で使えます。 ロイジャイを橋前に出して、防衛ユニット・施設にライトニングを使いましょう。 ライトニングを構えておくと、すぐに対応できます。 ライトニングを構えておきましょう さらに、上手になりたい人は… さらに、上手になりたい人は以下の点を参考にしてください。 陸ユニットで攻められて「危ない」と思ったら、トリトンをキングタワー前に出す 緊急回避の技ですが、陸ユニット(ゴーレムやメガナイト)でガンガン攻められて「危ない・負けた」と思ったときは、トリトンをキングタワーの前に出しましょう。 さらに、後衛ユニットに対して、ユニットを当てやすくなるので、処理も簡単になります。 危ない場面を作らないのが一番ですが、もしもの時のために覚えておきましょう。 トリトン対決は、ロイジャイに対するトリトンのターゲットとりをする 現在、クラチャレグラチャレと、トリトンが流行っています。 トリトンはロイジャイを逆サイドに引き寄せることができるので、なかなかダメージを与えることができません。 トリトンのターゲットをスケルトンやトリトンで取るようにしましょう。 逆サイドの川前(相手のトリトンの近く)に、ユニットを出すだけです。

次の

【デッキ紹介】早速来た! ライキ選手がオススメするペッカトリトンデッキ! 【クラロワ】: ZeroClash

トリトン デッキ

うっす! CLaSHです! トリトンチャレンジからすでに数日が経ちますが、最近グラチャレでトリトンをよく見かけるようになりました。 そこで私は気づきました。 ということで今回は! 早速 ライキジョーンズ選手がやってくれました! ライキ選手が自身のYouTubeチャンネルで紹介した ペッカトリトンデッキを勝手ながら紹介したいと思います! 3 見た目は変、中身はメチャ強いとライキ選手らしいデッキです。 このデッキは、ペッカラムのテンプレをトリトンに合わせるために若干崩したデッキですので、ペッカラムを得意としているプレイヤーにはもってこいのデッキですね! ペッカトリトンデッキの立ち回り方 基本的にラムライダーがこのデッキのダメージソースなので、ラムを通すことを考えましょう ラムを切ったあとのカウンターに対して、ペッカ+トリトンの形を作ります。 トリトンがユニット 陸 を引き寄せて、ペッカが殴る流れを作ることで防衛が楽に! ホグやゴーレムが来たら、トリトンでキング起動しておきましょう。 ユニットが来た逆サイドのキング前にトリトンを配置するとノーダメでキング起動が出来ます! 対空カードが少ないので、空ユニットを割いた後のバルーンやラヴァはある程度許容しましょう エレウィズとベビドラは、主に防衛で使います。 無駄にこの二つのカードを切らなければ、大抵の攻撃に対しては防衛をすることが出来ます ポイズンとザップでラムの攻撃を援護して、ダメージを敵タワーに与えていけば勝利はあなたの手中! ペッカトリトンデッキの強み このデッキが強い理由、それはトリトンの引き寄せ効果とペッカの高火力が非常にマッチしているからです。 防衛の際のペッカ+トリトンで、陸の重量級デッキに対して高い防衛力を発揮します。 この形を作ったままラムライダーを出せば、相手の防衛ユニットをトリトンで引き寄せてペッカで処理することにより、攻撃をより通しやすくすることが出来るのです。 ペッカトリトンデッキの弱点 ご存知の通り、このデッキの主軸であるペッカもトリトンも、対空ユニットではありません。 元々のペッカラムも同じ枚数の対空ユニットがいましたが、バルーンなどのメタカードである雪玉が入っていたため、相手が空ユニットで攻めてくるデッキにも簡単に勝てることが出来ました。 このペッカトリトンデッキは対空がラムライダーを含めると三枚しかありません。 ザップやポイズンは陸空どちらのユニットに対してもダメージを与えることが出来ますが、あくまでも小ユニットにのみ有効なカードです。 よって相手が空の重量級、主にラヴァデッキだった場合、勝つことが困難になるでしょう。 ペッカとトリトン、二つの主軸カードが全く生きないので対空を回して戦う他、選択肢がありません。 しかし逆に言えば、 「空に弱い」、それだけがこのデッキの弱点だと言えます。 陸がメインのデッキに対しては、高い防衛力と攻撃力を発揮します。 いかがでしょうか。 今回はライキ選手が教えるペッカトリトンデッキについて、筆者なりに使い方を書いてみました。 良ければ是非使ってみてください!

次の

【デッキ紹介】早速来た! ライキ選手がオススメするペッカトリトンデッキ! 【クラロワ】: ZeroClash

トリトン デッキ

青 インスタント クリーチャーを最大2体まで対象とする。 それらのクリーチャーをアンタップする。 このターンの次の戦闘終了時に、このターンにそれらのクリーチャーの少なくとも1体によってブロックされた各クリーチャーをタップする。 それらはそれらのコントローラーの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。 ののサポートとのの妨害を同時に行う。 基本的には奇襲的なを行うための呪文。 とによっての不意をつくことができ、さらにをした上にアンタップ制限をかけるためが取れる。 持ちのアタッカーを封じ込めることもできる。 タフネス強化のだけに着目してからを保護するのに使ったり、アンタップ効果を利用してクリーチャーのを再利用したり、をさせたりすることもできる。 1と、応用性が高い。 タフネスを参照するタップ能力を付与すると強烈なを形成する。 対象になるクリーチャーがを持っていたりすると1マナとは思えない働きをしてくれるだろう。 [] 関連カード [] サイクル の最大2体までのをに取るの。 いずれも。 を一度に2つさせられるように作られている。 [] 参考•

次の