オランダ豆 由来。 【オランダ料理とは?】食べ応えバツグン!おうちで作れる簡単レシピ厳選20

ヨーロッパの国名の由来まとめ

オランダ豆 由来

えんどう豆の特徴は?• えんどう豆の名前の由来は?語源はある?• えんどう豆の種類はある?• えんどう豆を選ぶポイントは? となっています。 それでは発送開始! 広告 えんどう豆の特徴は? そもそもえんどう豆とはどんなものなのでしょうか? 見たことも食べたこともあるけど詳しいことは知らないという人はかなりいるのではないかと思います。 えんどう豆とは名前の通りマメ科に分類されている植物で1・2年草です。 もちろん食用であり広い地域で栽培されています。 一般的にはエンドウマメと呼ばれますが別名にはノラマメ、グリンピースというものがあります。 ちなみに日本でよく栽培されている品種としては、• ウスイエンドウ• キヌサヤエンドウ• オランダエンドウ というものがあるそうです。 えんどう豆の栄養成分 えんどう豆に含まれる主な栄養成分には、• カリウム• ビタミンC• ビタミンB群• 食物繊維 といったようなものがあります。 またこれらから期待される効果としては、• 風邪予防• 美肌効果 アンチエイジング• 動脈硬化の予防• むくみ予防• 疲労回復• 便秘解消 が期待されるそうです。 結構色々な効能がありますよね。 これらの効能を求めているという人にはエンドウ豆はとても有効な食品であるといえるでしょう。 広告 えんどう豆の名前の由来は?語源はある? エンドウ豆の名前は原産地のフェルガナから来ています。 フェルガナというのは現在のウズベキスタンにあたる地域。 世界史を勉強していた人はその名前を聞いたことがあるという人もいるかと思います。 それでそのフェルガナの中国名が大宛国。 ちなみにこのえんどう豆の原産地はフェルガナですが栽培化されたのは古代オリエント・地中海地方なのだとか。 エンドウ豆の名前の由来にこんな歴史があっただなんて思わなかったですよね。 えんどう豆は成長過程で名前が変わる? えんどう豆というのは成長過程によって名前の呼び方が違っているそうです。 どういうことかと言うと例えばまだ豆のさやが未熟で幼いさやってありますよね。 この時期のえんどう豆は 「さやえんどう」と呼びます。 また、豆が若くその豆の部分だけを食べるのが 「グリーンピース」。 そして、熟したものは 「青えんどう」と呼ばれるみたいです。 それで、実もさやも食べられるものを 「スナップエンドウ」と呼ぶのだとか。 まさか成長の具合によって名前が変わっていたなんて考えもしませんでしたよね。 というよりかはこれらが全く違う植物だと思っている人もいたのではないでしょうか。 僕も完全にこれらは別の種類だとばかり思っていました。 えんどう豆の種類はある? 先ほどえんどう豆の種類について軽く触れましたが、ここでは他の種類のものと合わせてまとめておこうと思います。 広告 サヤエンドウ 基本的にはさやの大きさで• 「絹さや」• 「大さや」 の2つに分けられます。 またこの例外として 「スナップ」があります。 スナップは先程も書いたように実もさやも食べられるもののことです。 まず絹さやの代表的な品種には、• ニムラ赤花きぬさや2号• 成駒三十日 大さやの代表的な品種には• 仏国大さや• ニムラ大さやオランダ スナップの代表的な品種には、• スナック• ホルンスナップ• グルメ といったようなものが挙げられます。 実エンドウ この実エンドウは成分によって区別されます。 青実に糖質が多ければ、「糖質型」• 糖質とでんぷん質の中間は「中間型」• でんぷんが多ければ「でんぷん質型」 このようになっています。 まず糖質型の代表的な品種は、• 南海緑• 久留米豊 中間型の代表的な品種は、• ウスイ• 白竜 でんぷん質型の代表的な品種は、• 滋賀改良白花1号 といったようなものが挙げられます。 えんどう豆を選ぶポイントは? よくテレビなんかで野菜や果物魚などの、• 鮮度がいいもの• 中身が詰まっているもの といったようなものの見分け方が紹介されていたりしますよね。 そういったようなものがえんどう豆にもあるのか。 そしてあるのならどんなものを選べばいいかというポイントを調べてみました。 とりあえずは変色してないものを選べばいいのではないかと思っている人もこれを読んで良いものを見つけられるようにしてください。 まずこのように書いているので見分け方は確かにあります。 しかも、それが結構きちんとしていてわかりやすいものなのでぜひ参考にしてみてください。 広告 チェックするポイントとしては、• 緑色がどれだけ鮮やかであるか• さやがふっくらしているか• 端っこについている白い根っこはピンとしているか といったようなポイントです。 これらのポイントに当てはまるものは鮮度が高く品質が良いものが多いです。 それとは逆に、• 変色している• 根っこが乾燥している• 干からびている というようなものは時間が経っている可能性が高いと言えます。 なので出来るだけ避けるようにしてください。 このようにとても簡単な見分け方なのでぜひ実践してみて下さい。 えんどう豆を使ったオススメ料理 えんどう豆を使った料理は探せば無数に出てくると思います。 なんせ色々な料理に合いますからね。 お吸い物• おひたし• ちらし寿司• 肉じゃが• 筑前煮 などが挙げられます。 えんどう豆はくせが強いわけではないのでこのような色々な料理に使うことが出来ます。 また、色味を出したい時に少し使ってあげるだけでもグッと美味しそうにみえるようになるかと思います。 色々な料理サイトやレシピをみたりよくある料理を自己流にアレンジしたりして新しいものを生み出してみるのも楽しいのではないでしょうか。 まとめ 今回はえんどう豆について色々とまとめてみました。 初めて知ったことが結構あったりしたのではないでしょうか? 特にエンドウ豆の区別の仕方などは知らなかった人も多いのではないかと思います。 ぜひ、周りの友達と情報を共有してみてくださいね。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

【オランダ料理とは?】食べ応えバツグン!おうちで作れる簡単レシピ厳選20

オランダ豆 由来

アイルランド 正式名称 アイルランド語:Eire(エァラ、若しくはエール)、英語:Republic of Ireland(リパブリック・オブ・アイルランド) 日本語表記 アイルランド共和国 略号 愛 他国語表記 - 国名由来 「ire(アイル)」はゲルマン語で「西側の」という意味。 英国本土やヨーロッパから見て、西側にあるため。 アイルランド語では定冠詞が付いて「Eire(エール)」となる。 また、「Eire」の古形「Eriu」が、「日没(つまり「西の果て」)」という意味の古代アッシリア語「Ereb」を語源としてるとも言われる。 その他、アイルランド神話やケルト伝説に登場する、「Eriu(エリュー)」という女神の名前が起源となったという説もある。 古代ローマ時代には、「Hibernia(ヒベルニア)」と呼ばれていたらしく、この語はラテン語で「冬のような」という意味の「hibernus」が語源となっている。 北欧はさぞかし寒いのだろう。 日本語名由来 英語の「Ireland(アイルランド)」より。 備考 - イギリス 正式名称 英語:United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(ユナイテッド・キングダム・オブ・グレート・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド) 日本語表記 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 略号 英 他国語表記 - 国名由来 「イングランド」という名は、ゲルマン人の一派であるアングル人がそこに住んだことから、「アングル人の土地」を意味する。 「ブリテン」という名は、ギリシャ時代に、現在のブリテン諸島を指す言葉として「ブリトニ」という呼び名が生まれ、次第にその中の最大の島をラテン語で「ブリタンニア(Britannia)」と呼んだことから、島名が「ブリテン」、そこに住む人が「ブリトン人」となった。 別に、トロイのブルトゥスがこの地の巨人を征服したという話もあるが、伝説の域を出ない。 「アイルランド」という名は、ブリテン島との対比で西側に位置することから、アイルランド語で「西側」を意味する「アイル」と、「土地」を意味する英語の「ランド」を合わせて出来た。 「スコットランド」という名は、アイルランドから渡って来たスコット人(ケルト人系)が、この地を統一したことに由来する。 「ウェールズ」という名は、この地に侵攻してきたアングロ・サクソン人が、南西部に追い詰めたブリトン人を「よそ者」という意味の「ウェアルフ(Wealh)」と呼んだことから。 実際には、アングロ・サクソン人の方がよそ者なのだが…。 日本語名由来 イギリスに関する名称はだいたい、イギリスを構成する四つの国の一つ「イングランド」が起源となっている。 「イングランド」をあらわすポルトガル語の「Inglez」、オランダ語「Engelsch」などが語源だと辞書には書いてある。 因みに、オランダ語表記では「イングランド」は「Engeland」、「英語」は「Engels」、ポルトガル語表記では「イングランド」は「Inglaterra」、「英語」は「Ingles」である。 若干辞書との違いがある(恐らく古語なのだろう)にせよ、ここから「エゲレス」「イングレス」「アングリア」などの日本語表記が生まれ、現在の「イギリス」となった。 備考 「イギリス」=「イングランド」のことなので、イングランド以外の、つまりスコットランド、ウェールズ、アイルランドを呼ぶ場合、またそれを含めた連合王国を指して呼ぶ場合に、「イギリス」とか「イングリッシュ」などの語を使うのは、間違いであり、政治的にも問題であり、呼ばれた人は憤慨することが多いという。 しかし、日本では一般に使われている。 イタリア 正式名称 イタリア語:Repubblica Italiana (レプッブリカ・イタリアーナ) 日本語表記 イタリア共和国 略号 伊 他国語表記 英語:Italian Republic(イタリアン・リパブリック) 国名由来 古ラテン語の「vitulus(ウィトゥルス:雄の子牛)」から転じたものというのが有力な説である。 日本語名由来 イタリア語の通称の「Italia(イタリア)」より。 備考 - オーストリア 正式名称 ドイツ語:Republik Osterreich(レプブリーク・エースターライヒ) 日本語表記 オーストリア共和国 略号 墺 他国語表記 英語:Republic of Austria(リパプリック・オブ・オーストリア) 国名由来 ドイツ語で「東の国」という意味。 日本語名由来 英語に由来。 「オウストリ」と表記された時代もあった。 「エスターライヒ」「エステルライヒ」等が用いられることもあるが稀。 備考 よく間違う国名として「オーストラリア」が挙げられるが、こちらはラテン語で「南の地」という意味があり、語源的にも無関係である。 2005年の愛知万博では、混同を避けるため、オーストリアブースでにて、「オース鳥ア」「オース虎リア」と覚えるようにと呼びかけられた。 普通名詞に由来するため、基本的に定冠詞をつける必要がある。 日本語名由来 「オランダ」は、戦国時代にポルトガル人宣教師によってもたらされ、当時もっとも有力だった「ホラント州(Holland)」のポルトガル語「オランダ(Holanda)」が、「ネーデルランド」をあらわす語として定着した。 現在では、日本語訳でも「ネーデルランド」が用いられることもある。 備考 「オランダ」において、「Nederlanden(複数形)」と「Nederland(単数形)」の用法に違いがあり、複数形の方は海外領土を含んだ場合の呼び名として正式なものとされる。 発音は、英語の「ザ・ネザーランズ」、ドイツ語の「ディ・ニーダーランデ」、フランス語の「レ・ペイ・バ」、スペイン語の「ロス・パイセス・バッホス」と様々で、ゲルマン系言語とラテン系言語の違いが顕著にあらわれている国名といえる。 英語の「Hellenic(ヘレニック)」も同様の語根で、ギリシャ神話に登場する民族の父祖ヘッレーンに由来するとされる。 英語の通称「Greece(グリース)」は、ラテン語の「Graecia(グラエキア)」のポルトガル語「Grecia(グレスィア)」に由来する。 これは、ギリシャ神話の主神ゼウスとパンドーラーの息子の一人で、ギリシャ人の始祖となったグライコスに由来するとされる。 英語でも通称は「Greece(グリース)」 が用いられる。 中東あたりでは、アラビア語「アル=ユーナーン」、ヘブライ語「イェヴァン」、トルコ語「ユナニスタン」などと発音し、これらは、全てイオニア(古代ギリシア人の一派が入植した地域)に由来する。 日本語名由来 英語の通称と同様、ラテン語の「Graecia(グラエキア)」のポルトガル語「Grecia(グレスィア)」が宣教師によって日本にもたらされたことによる。 この時、中心的役割を果たしたシュヴィーツ州が国名の由来。 「アイトグノッセシャフト」は「誓約者同盟」という意味で、通常の「連邦(Bund)」とは若干意味が異なる。 ラテン語名は、古代ローマの支配が及ぶ前からベルン周辺に住んでいたガリア人の一部族ヘルウェティイ族に由来する。 日本語名由来 英語の「Swiss(スイス)」より。 備考 公用語は4つ(スイスドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語)で、基本的に4種が常に併記されるが、スペースに限りがある場合、ラテン語が用いられる。 スウェーデン 正式名称 スウェーデン語:Konungariket Sverige(コゥーネゥンガリケト・スヴェリエ) 日本語表記 スウェーデン王国 略号 瑞(瑞典) 他国語表記 英語:Kingdom of Sweden 国名由来 国名の由来は、北方ゲルマン人の一派であるスヴェーア人がそこに住んだことから。 「Sverige スヴェリエ 」は、「Svea(スヴェーア):我々の同胞」と、「Rike(リケ):の国」が結合して転訛して出来た語。 日本語名由来 英語の「Sweden(スウェーデン)」より。 備考 略号は、スイスと同じなので、略さないで書くことが多い。 スペイン 正式名称 無し、憲法で定められておらず、正式名称は存在しない。 国内で使用される文書等もEspana(エスパーニャ)、Estado Espanol(エスタード・エスパニョール)、Reino de Espana(レイノ・デ・エスパーニャ)等様々。 日本語表記 スペイン、スペイン国、スペイン王国 略号 西 他国語表記 英語:Spain、Kingdom of Spain 国名由来 ローマ帝国時代にイベリア半島が属州ヒスパニア(Hispania:ラテン語)と呼ばれていたことから。 日本語名由来 日本語の表記は、英語の「スペイン」に由来するが、スペイン一般に用いられているのと同様に、数種類存在する。 江戸時代以前の日本においては、スペイン語の発音に近い「イスパニア」が用いられていた。 備考 いくつかの呼び名が存在するが、基本的には国王を元首とする王国である。 ドイツ 正式名称 ドイツ語:Bundesrepublik Deutschland(ブンデスレプブリーク・ドイチュラント) 日本語表記 ドイツ連邦共和国 略号 独or獨 他国語表記 英語:Federal Republic of Germany、ポルトガル語:Republica Federal da Alemanha 国名由来 ドイツはドイツ語で「ドイチュラント」、英語では「ジャーマニー」、ポルトガル語では「アレマーニャ」となる。 ドイツ語での呼び名は、フランク王国時代にゲルマン系言語を用いるゲルマン系人を「大衆」という意味の「ドイチュ」と読んだことから。 英語での呼び名は、「ゲルマン」の英語読みから。 ポルトガル語(フランス語・スペイン語も似ている)での呼び名は、ゲルマン人の一派であるアレマン人に由来する。 日本語名由来 ドイツ語の「Deutsch(ドイチュ)」より。 備考 「ドイチュ」といっても、幼児語ではない。 ドイツ語の「フランクライヒ」は、直訳すれば「フランク王国」という意味になる。 ギリシャ語の「ガリア」は、古代ローマ帝国時代に現在のフランスの領域が属していた行政区画の名である。 日本語名由来 英語の通称「France(フランス)」より。 備考 - ベルギー 正式名称 オランダ語:Koninkrijk Belgie(コーニンクレイク・ベルヒエ)、フランス語:Royaume de Belgique(ロワイヨーム・ドゥ・ベルジック)、ドイツ語: Konigreich Belgien(ケーニヒライヒ・ベルギエン) 日本語表記 ベルギー王国 略号 白 他国語表記 英語:Kingdom of Belgium 国名由来 発音は、ラテン語の「Belgium(ベルギウム)」からで、ローマ帝国時代にガリアに住んでいたベルガエ人に由来する。 日本語名由来 「ベルギウム」より。 備考 - ポルトガル 正式名称 ポルトガル語:Republica Portuguesa(レプーブリカ・ポルトゥゲザ) 日本語表記 ポルトガル共和国 略号 葡 他国語表記 英語:Portuguese Republic 国名由来 ポルトガル北部に、首都リスボンに次ぐ第二の都市ポルトがある。 ポルトの創設は5世紀より以前にさかのぼり、ローマ帝国時代からの港町で、この町の古い呼び名を「Portus Cale(ポルトゥス・カレ:ラテン語=「カレの港」の意)」といった。 ポルトガルの名は、この古い呼び名に由来する。 日本語名由来 英語の通称「Portugal(ポルトガル)」より。 備考 - モナコ 正式名称 フランス語:Principaute de Monaco(プランシポテ・ドゥ・モナコ) 日本語表記 モナコ公国 略号 (摩?) 他国語表記 英語:Principality of Monaco 国名由来 ギリシャ神話でヘラクレスがこの地を通りかかり、土地の神々を退散させたことに因んで立てられた一つの神殿が「一軒家」という意味の「Monoikos(モノイコス)」と呼ばれたことから。 日本語名由来 国名「Monaco(モナコ)」より。 アルデンヌ家の分家としてルクセンブルク家となり、伯領・公領を経て大公領へと昇格した。 日本語名由来 ドイツ語の「Luxemburg(ルクセンブルク)」より。 フランス語の「Luxembourg(リュクサンブール)」、英語の「Luxembourg(ラクセンバーグ)」も時々用いられる。 スペルは同じで、発音の違いによるカタカナ表記の違い。 この名は時代を経て受け継がれていったが、モスクワ大公国が徐々に発展していくにつれ、ヨーロッパの一員として認められるためにギリシャ語風の発音「ロシア」を国号として採用した。 日本語名由来 日本では、「ロシア」「ロシヤ」が一般に用いられるが、平成3年に内閣から告示された「外来語の表記」の「撥音,促音,長音その他に関するもの」の中で「イ列・エ列の音の次のアの音に当たるものは、原則として「ア」と書く」とあり、「ロシア」が正解。 因みに、「魯=鈍いこと」「露=日(日本)が昇ると消える」の意味があることから、当時の日本のロシアに対する感情が汲み取れ、ロシア側から抗議を受けたこともあるらしい。 備考 -.

次の

オランダ煮とは?! 気になる由来やレシピをご紹介

オランダ豆 由来

詳細は「 ()」を参照 国名および通称はオランダ語で Nederland(ネーデルラント)。 これは「低地の国」「低地地方」を意味するに由来するため、基本的にをつける必要がある。 通称の " Nederland" は、オランダ王国のにおける国土を意味するためで、正式名称に使われている「 de Nederlanden」は、海外領土を含めた概念のためである。 いずれも複数形であるのは、伝統的に現在の三国のある低地地域一帯の領邦群の歴史的総称を受け継いでいるからである(「」の項も参照)。 なお、複数形ではあるものの、英語やスペイン語など言語によっては、しばしばあるいは「王国」を略したものとして単数扱いされる。 俗称の「 Holland(ホラント)」もよく使われるが、これはの支配に対して起こしたで重要な役割を果たした(現在は南北2州に分かれる)の名に由来し、であるためが付かない。 公式の表記は、 the Netherlands(ザ・ネザーランズ)。 形容詞および名詞形の Dutch()は、元来(Duitsch)を指し、同国の支配から脱した以降オランダ(人、語)を意味するものに変わっていった。 ただし、歴史的に英蘭間で貿易や海外進出を巡って激しい競争と対立が発生したことから、軽蔑のニュアンスが強く 、「Netherlander」や「Hollander」が用いられることもある。 の表記は オランダ。 は、 和蘭、 和蘭陀、 阿蘭陀、 荷蘭陀 、 荷蘭、 尼徳蘭(ネーデルラントの音訳)と表記され、 蘭と略される。 由来はにおける「ホラント」の表記「 Holanda 」が、に来航したによってもたらされたことによる。 オランダ政府は、をもって、国名としての「ホラント」の使用を廃止し、外務省も諸外国にこの通称から変更するよう呼びかけている。 なお、日本のオランダという呼称については、両国の長い友好関係を考慮して、変更は求めないとしている。 歴史 [ ] 古代 58-476 中世 481-950 962-1648 1384-1482 1477-1556 1482-1581 1581-1795 近代 1795-1806 1806-1810 1810-1815 1815-1830 現代 1830-現在 詳細は「」および「」を参照 カルヴァン帝国 [ ] 元来、現在の地方はの領域の一部で、毛織物産業や海上貿易により栄えていた。 にが・との間にをつくった。 15世紀末からを本拠とするの領土(家領)となった。 スペインによる重税政策に対する反発とともに、主に現在のオランダ地域を中心とするネーデルランド北部地方のは利潤追求を求めるが多数を占めていたため、を強制する宗主国スペインとの間で1568年にが勃発した。 しかし、戦争の長期化により、カトリック教徒の多かった南部10州(現在のと)は、独立戦争から脱落した。 このの結果、1648年ので独立を承認された。 17世紀初頭以来、はを侵略してから香料貿易を奪い、を築いて黄金時代を迎えた。 に重なってがおこり、本土へ災禍をもたらした。 しかし総督時代に、の出したが中産を共和国へ大挙させた。 彼らの力により、独立戦争からすでに卓越していた繊維・染料産業がさらに進歩した。 くわえの陶器とアムステルダムの加工も世界に知られた。 なかんずくザーネ川の造船場は1697年にが滞在し、の前線たるの建設につなげ著名となった。 ユグノーに留守を任せたウィレム3世はでイギリスへ渡り、第二回に共和国はのから資本を引き上げ再輸出した。 が勃発すると、革命軍が侵入しが成立した。 バタヴィアは1796年にへ市民権を与えた。 バタヴィアは1806年、の弟を国王とするに変えられた。 さらに1810年フランスの直轄領として併合された。 ユグノー資本はに投下され、物量戦によりナポレオン体制を打破した。 とで利払いが行われた国債の残高は1800年に1千万ドルに達した。 償還は1809年に終了した。 旧教徒の百年一揆 [ ] 後のではこれまで領であった(現在のベルギー・ルクセンブルク)を含むネーデルラント王国が成立し、が王位に就いた。 オランダ全土の労働者人口と南ネーデルラント農民の大部分はカトリック信者であった。 南ネーデルラントを統合しようとするとき、王に対しカトリックの聖職者はと憲法に反対した。 彼が大規模な振興事業を始めたので、ユグノーが大いに潤い海上覇権をイギリスで握った。 オランダは残された東インド植民地(、今日の)で過酷な搾取を行った。 1830年、カトリックとによるが起きて、1839年オランダはベルギーの独立を承認した。 するとフランスがを担ぎ出して、オランダにおける商業活動の主導権を握り牽制した。 1847年、オランダは単一を採用した。 1874年に本位銀貨の鋳造を永久停止した。 銀本位制の採用から停止までにが三度を務めた。 また、彼と交代した首相の多くがの関係者だった。 の上にが成ると、北ドイツの工業力と南ドイツの金融力がしてきて再び栄えた。 1873年(明治6年)にはがオランダを訪問しており、当時の・・などの様子が『』に、一部イラスト付きで詳しく記されている。 使節団はカトリックの再興を目の当たりにした。 からイギリスを駆逐せんとするドイツは、英仏からオランダを会計上分離してしまった(を参照)。 二度ので、オランダ勢はドイツの下支えによって最初の攻撃を防ぎ、しかし英仏のを使った追撃に倒れた。 カトリック派の首相は1903年に鉄道・ドックのストライキに遭い、やがて新旧各宗派のに交代した。 としてのが迫っていた。 19世紀後半から20世紀初頭のオランダ社会は、政治的にはカトリック・・・という4つの柱で組み立てられていった。 オランダは第一次世界大戦で中立を維持したが、そのときから1960年代まで存在していたオランダの社会システムは「柱状化 verzuiling」社会と呼ばれた。 を中心として、企業・・農民・大学・・マスメディアその他にわたり、徹底的に4つの柱で住み分けと縦割りがなされた。 たとえばは旧教で、とが新教勢力である。 1921年、ハーグにが設置された。 、オランダのがの合理化景気を一部支えた。 ドイツの羊毛業ノルトヴォレは1927年から資本金を倍増、さらにアムステルダムの子会社を通じて秘密裏に外資を調達した。 原毛投機などに失敗して、1931年に破綻しメインバンクのを巻き込んだ。 第二次世界大戦とその後 [ ] では中立を宣言するも1940年5月に奇襲され、1週間余りの戦いで敗北し王族はイギリスにした。 その後に中立を破棄しに宣戦布告するが、はまもなくに占領されている。 オランダ本国はドイツによる軍政が敷かれた。 この時期に、「」で有名となるフランク一家など多くのユダヤ人がに遭い、へ送られている。 オランダ本土については、9月にがを実施しておよびその周辺地域を解放するが、アムステルダムを含めた多くの地域の解放は、春にドイツが降伏してからである。 東インド植民地は夏に日本軍が撤退し、その後は再びに侵攻してを戦った。 インドネシアでは戦後国力が低下していた上に、これまでの過酷なに憤慨した独立勢力を抑えることは出来なかった。 国際の支持も得られず、アメリカやの圧力もあってをせざるを得なくなり、結果として国際的地位の低下を招いた。 の終盤、が首相を務めていた。 1952年10月、ベネルクス閣僚理事会は、目下オランダの経済力が突出しており経済同盟は格差を解消してから結ぶと宣言した。 この年からオランダの国際収支が改善され、ベネルクス内部で非関税障壁が除去されていった。 そのとき、一部のベルギー工業がオランダから輸出攻勢を受けて危機に陥った。 ・紙・皮革・陶器・等の分野が被害を受けた。 ベルギー政府は同年の議定書でセーフガードに訴えたが救いきれず、オランダに対しベルギー工業連盟が団体交渉に臨んだ。 オランダからの輸出は、戦前主に英国向けであったのが、戦後ベルギー・ルクセンブルク経済同盟(1949年10月発足)に出荷先の比重がシフトした。 この傾向はができた1957年も変わっていなかった。 1960年から水路問題が段階的に解決された。 1964年、王女イレーネがと結婚し、王位継承権を放棄した。 2年後、がと結婚し、国民から怒りを買った。 1967年、が運河でライン川と結ばれた。 1973年からの連立政権において新旧両宗派が支持を失い、1980年に大合同してとなった。 市場が隆盛する中、1986年を原因とするが終結した。 1992年、ベネルクス3国としての創設メンバーとなり、に発展させた。 オランダとアジア植民地 [ ] の最大版図。 オランダは現在もに海外領土を保有する上、インドネシア政府から長年のに対しての謝罪要求が来るものの、これを無視し続けている。 オランダは早くから世界進出し、とも関わりが深い。 オランダによるを中心とする支配においては、1825-30年におきた民衆反乱をしたのち、「」をに実施した。 これは、ジャワ農民に対し、土地の一定割合で稲作など食用の栽培を禁止し、やといったヨーロッパ輸出用のの栽培を強制する制度で、ナポレオン戦争後のオランダ本国がおかれた経済的苦境を、打破するためのものであった。 この制度により、ジャワから強制栽培品を安く買い上げ転売したオランダは経済が好転、鉄道建設をはじめ、産業革命と近代化のための資本蓄積に成功した。 厳罰によって実施されたこの制度で、ジャワ農民は稲や麦という自給食料を失い、1843-48年にはに苦しみ多数の餓死者を出したと言われている。 強制栽培制度は中断を伴い形を変えて20世紀まで続けられ、中のとその撤退後も解決されず、インドネシアとオランダとの独立戦争の終戦まで続いた。 オランダはインドネシアに賠償をするどころか、インドネシアの独立を認めるに際しては、オランダによって建設され管理されたインドネシア内のインフラ設備の譲渡料の名目で60億ドルの補償金をインドネシアに要求している。 インドネシア側はこうした被支配の歴史に対し、これまでオランダ女王のインドネシア訪問、のの訪蘭などで謝罪を要求した。 しかしのインドネシアにインドネシアを訪問したオランダ外相は、わずかに以降の植民地支配と独立戦争についてしか謝罪していない。 政治 [ ] の国会議事堂 はで、はに即位した。 議会であるはで、150名、75名から構成され、を採る。 2010年2月20日、、と同盟の3党連立から労働党が離脱したことで第4次が崩壊した。 これを受けて同年6月9日に第二院の総選挙が実施され、率いるが31議席を得て第1党となった。 しかしながら複数の政党との間で協議が難航し、連立の枠組みがなかなか定まらなかった。 最終的には21議席を得たキリスト教民主アピールと組み、同年10月14日にルッテを首班として、少数によるを発足させることとなった。 この連立政権は24議席を持つ政党ののを受けた。 その後、2012年に再度総選挙が行われ、第1党を維持した自由民主国民党と第2党となった労働党との連立による第2次ルッテ内閣が成立した。 後、オランダは寛容なを築きあげたが、1970年代のの後はと呼ばれた不況と財政の悪化に苦しんだ。 その対策として1982年にが結ばれ、の確保に努めながら企業の国際競争力の向上を図ったことで、1990年代にはと率の低下が実現し、「オランダ・モデル」として注目を集めた。 しかし、に端を発したを受けて、さらなる財政の緊縮が求められている。 軍事 [ ] 詳細は「」を参照 オランダは、の下で欧州諸国で唯一外交関係を維持した国である。 当時オランダを通じてもたらされた学問・技術はと呼ばれた。 1844年7月29日(天保15年)、オランダは、オランダ国王の親書を軍艦で江戸幕府に届ける旨を予め商船船長のヒイトル・アオヘルト・ヒツキから江戸幕府に通知させたうえ、8月15日、軍艦の船長ハーエス・コープスからそれを届けさせた。 親書は江戸幕府がを解くよう、またオランダ船やその船員、日本人に対する待遇を改善するよう求めたもので、美術品や地図、植物図鑑、天文学書などが付されていた。 また、1852年9月11日には(ジャカルタ)の裁判官で(の後身)のの館長が、老中の許可を得た長崎奉行に、国王の命によるバタヴィア提督からの親書を届けた。 親書はが蒸気船軍艦で訪日し日本に通商を求めるらしいという風説を伝えたうえ、戦争を避けるように希望するもので 、開国・に向けての下地が準備、形成されることになった。 1873年(明治6年)には上述のとおり、がオランダを訪問した。 時、日本はオランダの植民地であった(現在の)を攻略し占領した。 このことが、第二次世界大戦後、インドネシア独立の大きな要因となって、オランダは重要なを失い、またのなどの影響もあって、戦後はが強かった。 オランダ法廷はに対し、法廷・法廷を上回る236人に死刑判決を下した。 これはによる対日で最多の数となった。 オランダはを締結し、その際に賠償請求権も放棄したが、のち賠償請求を続け、1956年には「オランダとの私的請求権解決に関する議定書(日蘭議定書)」において、ジャワで拘留された元捕虜や同国民間人に与えた損害(民間人の 私的請求権)について日本から補償(見舞金36億円)を受けた。 詳細は「」を参照 その後も反日感情は残存し、のオランダ歴訪の際には、在位中のはオランダ人にとってため市民からや魔法瓶を投げつけられるなどした。 またがに日本訪問の計画をした際には、議会との反発で中止した。 昭和天皇崩御後の10月、ベアトリクス女王は歴代オランダ元首として初めて日本を公式訪問。 が主催した晩餐会のスピーチでは第二次世界大戦時のインドネシアにおける自国民の犠牲について言及する一方、翌年3月に開業を控えていたのテーマパーク「」にも言及し、蘭日関係の親善を強調した(女王は自らの居所であるの忠実な再現及び同名の使用を許可)。 1990年代より従軍慰安婦問題が世界レベルで議論された際には、オランダも再度請求を開始、は、により総額2億5500万円の医療福祉支援を個人に対して実施した(・償い事業1)。 その後にはオランダはとら一家の長期静養を受け入れるなど日蘭関係の友好面を見せたが、2007年7月にが採択されると、に続いて、11月20日にが採択。 2008年8月、オランダ駐日大使のフィリップ・ヘルは内集会において「強制があったかどうかということなど問題ではない」と述べ、「日本政府が謝罪をするべきだ」と述べた。 詳細は「」を参照 オランダは対日貿易では赤字であり、の貿易額は、日本からオランダへの輸出が1兆5,076億円、オランダから日本への輸入が2,439億円。 の直接は、日本からオランダが7,764億円、オランダから日本が3,164億円で、いずれも加盟国中第1位となっている。 のの調査では、日本に拠点を置くオランダ企業の数は193社であり、アメリカ、、中国各国企業に次ぎ、として4番目の企業数となっている。 また、オランダではEU域外の者が働く場合、様々な労働許可の手続きが必要となるが、オランダ政府はに締結されたの最恵国待遇条項を根拠に、を持つ者には「に労働が可能な居住許可」を交付する事となった。 これにより、日本国籍の持ち主はオランダにおいて住民登録と、口座を開設すれば、労働許可を申請しなくても働くことが可能となっている。 ただし、、前述の最恵国待遇条項の根拠となったオランダ・二国間条約()の解釈も見直され、以降の労働に当たってはでも通常の労働許可を得なければならないこととなった。 地方行政区分 [ ] 詳細は「 ()」を参照 オランダは下流の低湿地帯に位置し、国土の多くをポルダーと呼ばれる地が占める。 における最高地点はのアーヘンに近い南端の(Vaals)にある(Vaalserberg)における322. 5メートル。 ドイツ、との点(Drielandenpunt)に近い公園内に最高地点を示す小さな塔が築かれている。 2010年10月10日の憲法改正によってがオランダの特別自治体となったため、オランダ全域における最高地点はサバ島に存在する(877メートル)である。 最低地点はロッテルダム北東のマイナス6. 7メートルである。 オランダの国土は海側から海岸沿いの砂丘部、ポルダー、東部の高地である。 砂丘部は北海の高潮から国土を守る大切な働きをしている。 干拓を行うと地面が低下していく。 この現象は今(2010年代)も起きている。 過去数世紀にわたり、一世紀当たり15〜20センチメートルも低下していると考えられている。 そして現在は海面水位が上昇するという温暖化の影響を受けている。 詳細は「 ()」を参照 今日オランダの観光資源の一つとなっているは、15世紀以降、産業革命の影響によりその役目を終えるまで、主に干拓地の排水を目的に建てられていた。 その後、2月1日の満潮の日に980ヘクトパスカルの低気圧がオランダ南西部(主に)を覆った。 5メートル以上の高潮が発生し、破壊されたダムの長さは延長500kmに及び、1835人の犠牲者、家を破壊されたもの20万人というオランダ史上最大の洪水被害が生じた。 オランダ政府は再発を防ぐため、1958年デルタ法を制定し、、、河口部全域に防潮堤防・水門・可動堰等を設けるを明らかにし、に工事を完遂した。 なお、堤防・水門・堰・水路などの施設の運営や干拓地の管理水位の決定は、州や基礎自治体から独立した行政機関であるによって行われている。 気候 オランダの気候は暖流のの影響を受け、高緯度ながら温暖な Cfb が広がる。 季節による降水量の偏りはあまりなく、50mmから80mmの降水が毎月見られる。 曇天が基調となる。 北海からの風が強く、オランダはこの風を風力として長らく利用してきた。 夏季は概して短く、冬季は年によって寒暖の差が激しく、や氷点下10度以下の寒さになることも珍しくない。 首都アムステルダムの年平均気温は9. 7度、平均降水量は798. 9mm。 1月の平均気温は2. 3度、7月は16. 5度である。 経済 [ ] 詳細は「」を参照 のオランダのは約8807億ドルである。 世界17位の経済規模であり、EU加盟国では5位である。 また、同年の一人当たりのGDPは52,225ドルであり、世界的にも上位に位置する。 オランダ経済は、1980年代以降に政府が取った政策により国際貿易を中心として発展してきた。 アムステルダムにはの取引所である(AEX)が置かれている。 また、ライン川の河口にある(ユーロポート)は欧州最大の港である。 事業を手がける場合には、各オプションについて賛否両論を比較検討し、メリットが上回れば、感情論は置いて決断する。 こうした決断はオランダに限らずの系の国々に見られるが徹底されている。 その中でもオランダは、感情を超えて判断する以外にも禁止事項を避けることで、秩序を保つことに成功していると言えるだろう。 成長の原動力となってきたのは、問題などはの推進という欧米流の路線を貫いてきたからだと言われている。 エネルギー・資源産業では、オランダはの大生産地であり輸出国でもある。 産業も重要であり、代表企業としてが国内だけでなく、として世界中でエネルギー資源開発を行っている。 では、やなどに代表される・家庭用品産業、に代表される電器産業、に代表される化学産業が代表的な産業である。 や、等ので有名な分野は、非常に近代化されているが、国内経済に占める規模は21世紀の現在では数パーセントに過ぎない。 2014年には、取引やなどのサービスもGNPに算入するようになったが、これらのサービスは0. 貿易に関しては、が輸出入ともに最大の相手国である。 、、、などがそれに続いているが、近年は輸入相手国の第二位にが入っている。 税制では実効法人税率 が周辺諸国より低い約25. 経済動向 [ ] 1970年代に、北海において天然ガスの資源開発が進んだ結果、オランダは増価(ギルダー高)し、国内産業は輸出競争力を大きく喪失した。 一方で、潤沢な歳入を背景に政府支出は増大した。 その後の資源価格低迷で、オランダには壊滅した産業と、莫大な財政赤字が残された()。 そのため、1980年代前半には労働需給が急速に悪化。 1983年、によりが普及し始めてからは、失業率は次第に低下し、ほぼ状態となった。 物価に関しては、オランダは従来より低物価政策を採っているため [ ]、比較的良好である。 しかし、統一通貨であるを導入してからは、同じユーロ通貨圏であるフランスや、特にドイツに対しては、若干高物価である。 貿易面では資源を大幅に輸入し、高度な工業製品を輸出する形態をとっており、ドイツが最大の貿易相手国である。 漁業 [ ] 、、などの遠洋漁業が昔から盛んであったが、20世紀に入り漁法の近代化が遅れて衰退した。 沿岸漁業は、、およびが中心である。 農業 [ ] オランダの農地 農業は重要産業の一つであり、オランダはアメリカ合衆国に次ぎ世界第2位の農産物輸出国である。 高度な集約化・機械化により農業の生産性は諸国の中でも高く、農民の生活は総じて豊かである。 オランダ農業の発展は、土壌本来の肥沃さよりも創意と労力に負うところが大きく、土地はむしろやせている。 主な農業地域はゼーラント州からフローニンゲン州に至る海岸地帯のポルダーで、海成重からなる西南部と、フリースラント、フローニンゲン両州海岸部のポルダーでは良質のと類を産する。 第二の新しい農業地域は干拓されたアイセル湖のポルダーで、多様な生産が行われている。 南部は市場向け園芸農業が主であり、フリースラント州のポルダーはノールトホラント、ゾイトホラント両州に匹敵する畜産地域である。 オランダ南部や東部の砂礫地は肥沃とはいえない土壌であるが、土地改良により1950年頃まで耕地が大きく拡張されてきた。 リンブルフ州南部は他の地域とまったく異なり肥沃なで、とが半々になっており、工業の発達に促されてと市場向けが盛んである。 粘土地域の保有面積は平均40であるが、100ヘクタール以上の農場も多い。 旧地帯の経営面積は平均28ヘクタールである。 は用、用共に特に北部と南西部で作られている。 加工農産物には北東部の旧泥炭地帯を中心とするボール紙があり、重要な輸出品となっている。 1960年代の市場向け園芸農場面積は約14万ヘクタールで、特にノールトホラント州とゾイトホラント州に多い。 またアルクマール北部地域は、ホールンとエンクホイゼンのアイではとの種子が専門である。 また、をはじめとしての生産がとても盛んである。 オランダは世界の花市場の6割強を占めており、中でも世界最大規模の花卉卸売市場であるは4割もの占有率がある。 果樹栽培は全国的に盛んであるが、リンブルフ州南部とヘルデルラント州およびユトレヒト州西部の河成粘土地域は牧場か果樹園が一番多い。 牧畜はとその製品が主目的であるが、の飼育と輸出も多い。 最も古い酪農中心地はとおよび西部である。 には2種あり、国内向けにはオランダ用豚が、輸出用には、用豚が飼育されている。 オランダの代表的なチーズには、がある。 かつて政府が担っていた農家への普及指導業務は1990年代に民営化され、現在ではほとんどの農家が民間コンサルティング会社を利用している。 最大手のデルフィー社は日本を含めて約50カ国に進出している。 エネルギー [ ] オランダは天然ガスの世界第9位の産出国であり輸出国でもある。 一方、石油やは輸入している。 2005年の推計では50〜60兆立方フィートの埋蔵量があると言われており、世界全体の埋蔵量の0. この輸出量は世界第5位である。 天然ガスの殆どはで産出され、一部は北海ガス田で産出されている。 フローニンゲンのガス田の権益はとが保有しており、この権益保有企業と国策企業のとEBNが採掘を行っている。 石油はで産出されているが国内需要量には届かないため、輸入が行われている。 石炭は需要量のほぼ全量が輸入されている。 石油小売のガソリンスタンドは、ロイヤル・ダッチ・シェル、、、などが国内寡占状態である。 電力は主にとにより賄われている。 年間の総発電量は93. 1兆kWhが原子力発電(Borsseleに出力485MWeのPWR型発電所が1基ある。 1973年建造)によるものである。 火力発電は、主に天然ガスと石炭により行われている。 近年、海上に大規模な施設が建設されるなど、の利用も広く行われるようになってきているが、総発電量に占める割合は2. 電力小売の分野では、1998年から段階的に始まったが2007年で完了した。 現在、一般家庭においても電力会社を選択することが出来る。 配電電力会社の大手は、、などであり、これらの企業は同時に水道、ガス、スチームの供給も行っているため、一般家庭において自由自在に契約会社を変えるという状況が実際には起こってはいない。 工業 [ ] オランダの工業化は天然資源の欠乏のために遅れはしたが、19世紀半ば以後は成長を続けた。 オランダは民間資本が豊富で、はじめは既存工業の技術向上に力点を置き、乳製品、、、ボール紙など農産物利用の工業を主としたが、その後電気器具、ラジオ、合成繊維、機械部品の様な、原料をほとんど必要としない工業に資本と研究を注ぐようになった。 製造、からまで発達するにいたったのである。 その一方では、人口の急増が目に見えており、戦後復興のためにはまず第一に工業化を一層進めることが必要になった。 オランダは鉱物資源が乏しいにもかかわらず、20世紀に入って金属工業を確立した。 すず、、のも行われている。 60年代の半ばには従業員50人以上の造船所の数は約100であったが、近年は船舶の建造より有利な石油化学工場の建設工事に切り替える傾向にある。 機械工業の中心地はアイントホーヘンとナイメーヘンである。 化学工業は最初はとに基礎を置いていたが、現在ではロッテルダム地区、ヘレーン、テルノーゼンを中心とする石油化学工業が最も重要になっている。 代表的な製造業としては製鉄、機械、電気機器、造船、航空機などの金属工業が第一に挙げられ、これについで食品加工業、化学工業があげられる。 産業では社が小規模ながら健在で、短中距離用民間航空機フレンドシップ機を製造し、新機種の開発も進めている。 オランダの製造業はこれまで、、AKUレーヨン、、などの大会社のほかは、多数のがあるという状態であった。 政府のによる新工業化に最も寄与したのは社で、約20の都市に新工場を建設した。 食品工業は、近年停滞気味の輸出の牽引力として有力視されている。 国際的食品加工企業の、で有名な、に使用されるやの製造メーカーとして知られるやの本拠地はオランダである。 交通 [ ] オランダはヨーロッパの交通の要衝に当たっており、運輸・通信部門は早い時期から近代化されている。 欧州連合の海の玄関口ともいわれる港が、の河口()にある。 ロッテルダム港には石油精製コンビナートがあり、港に運び込まれるはを通過し、で周辺諸国に輸送されている。 主要空港であり物流拠点でもあるは、2005年には91か国の260都市へ直行便を持っている。 また格安航空は南部のを主な発着拠点としている。 はの高規格道路によりドイツ、ベルギーなどの隣接国と直結しており、フランス北部からドイツ北部を経由して方面への主要輸送ルートの一部ともなっている。 鉄道はが都市間輸送や貨物輸送を担っており、貨物輸送ではからドイツのルール地方へのが2007年に完成している(ドイツ側は依然工事中)。 国内の都市間鉄道網は欧州でも随一の利便性を誇り、ややなどの主要都市間では10〜20分毎のパターンダイヤとなっている。 都市内や郊外を結んでいるメトロ、トラム、バスはオランダ国内でを採用しており、公営・民営を問わず同じ回数券やICカードが利用できる。 自転車交通も重要な手段の一つで、都市内外を問わず、ほぼ全ての幹線道路に自転車専用レーンが設置されており、と小型のが走行する。 自転車道が無い場合も自転車でを走行する事は禁止されている。 自転車道の総延長はおよそ15000Kmで、人口と自転車の台数がほぼ等しく、自転車保有率は世界一。 なお、により周辺国との国境では国境審査や税関検査などは通常行われていないため、国境通過による時間的ロスは存在しない。 国内殆ど全ての地域でとのが利用でき、高速接続の普及率は31. DSLとケーブルインターネットのシェア割合は60:40であり、の普及率はそれほど高くなく、国内最大のプロバイダはである。 都市部ではによるインターネット接続サービスも行われている。 また、のオペレーションセンターを抱えている。 他方、によりその安全性が問題となった過去を持つ。 は国内全ての地域で網(接続含む)が、大都市及びその近郊で網が利用できる。 日本のと、の携帯電話は、オランダ国内で接続を利用することが可能である(GSM網は対応した携帯電話端末のみ)。 最大の通信事業者はKPN Mobileであり、そのほか、が国内でサービスを行っている。 地上波テレビ放送は2006年にが完了している。 はあまり行われておらず、がほとんどを占めている。 放送方式は欧州共通の方式で、日本の独自仕様である方式とは互換性が無い。 また、も普及しており、オランダ向けの放送だけでなく、・・旧・の放送も視聴可能である(日本のや民放を再送信しているJSTVを、衛星放送の一つであるを通じて視聴することも出来る)。 オランダ人以外としては、、、あるいは旧植民地(、、など)からの移民などがいる。 人口は東京都と栃木県を足したくらいで、その人口が、関東平野全体に広がったイメージである。 CBS, Centraal Bureau voor de Statistiek が1999年に発表した資料 によると、オランダの全居住者の平均身長は173. 5cmであり、男性平均180cm、女性平均は男性よりも13cm低いとある。 言語 [ ] 詳細は「 ()」を参照 は。 では(実際には一方言の)も公用語として認められている。 のほか、やなどを話す人が多い。 人名 [ ] オランダでは前置詞 「」(ファン)を含んだ姓 Achternaam が多く見られる。 van は英語 of あるいは from の意味を持ち、出身地を示すが、現代ではもとの意味はほとんど失われている。 で見られるようなミドルネームは持たない。 複数の個人名 Voornaam を持つこともあるが、日常的に用いるのはそのうちの1つだけであり、ほとんどの場合はファーストネームを使う。 そのため大部分の人はファーストネーム・姓の組み合わせで広く知られることになるが、フルネームで最も良く認識されている場合もある。 貴族の家系では Huyssen van Kattendijke などのを持つこともあり、この場合 Huyssen はファーストネームではない。 に対応する称号としては ridder が知られる。 ファーストネームが複雑な場合には省略した通称で呼ばれることもあり、例えば Hieronymusch が通称 Jeroen などとなる。 大きな契約や結婚、IDカードなど以外には通称を用いるのが普通である。 複数の個人名を持っている場合、通称も複数個からなるものを用いることがある。 宗教 [ ] オランダ文化の象徴とアイコン オランダは古くより他国で思想・信条を理由としてされた人々を受け入れることで繁栄してきたという自負があるため、何ごとに対しても寛容であることが最大の特徴といえる。 とりわけにとっては、による政策に際し、の布教活動禁止という条件に欧州諸国で唯一応じ、長崎の出島を介した貿易を通じて欧州の近代文明をという形で日本にもたらし、後の急速な近代化を推し進める礎となった。 また、が統治したカトリック国として近年からの独立を果たしたとは異なり、によるインドネシア統治に際してもキリスト教ではなくの普及をむしろ領地拡大のテコとして利用した程である。 現在 [ ]でも他の欧州諸国に比して実に多くのが、その暮し易さのために、合法・非合法を問わず在住している。 合法的に入国を果たしたEU域外からの移民については、オランダ語講習、社会化講習、就職相談をセットにした、いわゆる「市民化講習」の実施を他のヨーロッパ諸国に先駆けて行うなど、一定の移民対策も講じている。 しかし、イスラム系住民の中ではが力を伸ばし、著名な映画監督などの暗殺事件やの焼き討ち事件などが頻繁に起こるようになっている。 このためイスラム系住民に対する反感が増大して、イスラム移民の排斥を掲げる政党が勢力を伸ばし、自由党がする現政府もイスラム系移民の規制やの衣装であるの禁止などの政策を採用するようになった。 のでの否決にも、このような感情が反映されているとされる。 等の販売・所持・使用、積極的がいくつかの欧州諸国とともに合法化されている。 もっとも、ソフトドラッグに関しては当局により設けられた規則に従い厳格な管理・監視がなされており(と呼ばれる店でのみ認められている)、政権の時代は一部見直しも検討していた。 また、安楽死についても依然として見直しの議論が続いている。 1991年には刑法が改正され、16歳以上で出演、性行為が適法とされる。 国の許可を得れば管理も合法である。 売春を国の管理の下で合法化したことで、衛生状態の向上が図られ、感染率が低下し、また税収増加、売春に従事する女性達の保護の充実などが実現したとも言われている。 このようなことから世界有数の性の解放区として知られているものの、性犯罪をすれば容赦なくされることには他国となんら変わりがない。 またこれらの行為に関わることはそれなりにリスクも大きいので、自由な一方で自己責任で行動しなくてはならない国だとも言える。 オランダの価値体系 [ ] は1970年代は「男は仕事、女は家庭」だったが、その後変化し女性も労働市場に参加するようになっている。 なお2001年よりが認められている。 結婚の際には、夫も妻も、そのままの姓で結婚すること()も、配偶者の姓に変更すること(同姓)も、配偶者の姓の後に自己の姓を後置すること(複合性)も可能である。 子供はどちらの姓でも構わないが、同じ両親の子の名はいずれも同じ姓としなければならない。 なお、移民受け入れで有名なオランダだが、オランダ人もまた他国へ移住することが多い。 特に言語、文化などで共通点が多く、税金などがオランダに比べて安い隣国に移住することが多い。 同じEUということもあり、ドイツへの移住は気軽に行われている。 芸術 [ ] 詳細は「」を参照 オランダ国内には、のリストに登録されたが9件、が1件存在する。 祝祭日 [ ] 祝祭日 日付 日本語表記 オランダ語表記 備考 Nieuwjaar か Pasen 変動あり、復活祭のと翌日のの2日間にわたって祝う 王の日 Koningsdag 国王の。 2013年までは「女王の日」( Koninginnedag)で。 もともとはの誕生日を祝う日であったが、になっても引き継がれた。 2013年、男性のが即位したため「王の日」になり日付も変更。 4月27日が日曜の場合は26日をとする 戦没者記念日 Dodenherdenking 祝日ではない 以来の戦没者・戦争犠牲者を想う 解放記念日 Bevrijdingsdag 1945年にの占領から解放されたことを祝う 復活祭から40日後 Hemelvaartsdag 復活祭に伴って変動 復活祭から7週間後 Pinksteren 復活祭に伴って変動。 日曜と翌日の月曜の2日間にわたって祝う 祭 Sinterklaas 祝日ではない。 の基で、子供達にプレゼントをあげる。 、 Kerstmis 2日間にわたって祝う 著名な出身者 [ ] 「」、「」、および「」も参照• 哲学者• クラシック音楽• ポピュラー音楽• アントワーヌ・ボイガー• (画家でもある)• (海外で最も成功をしたオランダのロック・バンド)• (フォーカスのリーダー、キーボード奏者、フルート奏者、ボーカリスト)• (フォーカスのギタリスト)• (ヒット曲を海外でも出したオランダのロック・バンド)• (ショッキング・ブルーのボーカリスト)• (オランダの・バンド、およびを率いていたキーボード奏者)• (オランダのプログレッシブ・ロック・バンド)• (オランダのプログレッシブ・ロック・バンド)• (オランダのロック・バンド)• (オランダのロック・バンド)• (オランダのロック・ミュージシャン)• (オランダのロック・ミュージシャン)• オランダのミュージシャン)• オランダのDJ• オランダのDJグループ)• 建築家• その他• - 解剖学者、1891年、インドネシアので「」を発見• ヘンリ・ルイス・ビショフスハイム - 銀行家。 、、すべての創設に関わった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• では()も。 Up one place from previous rankings. 湿原の水を風車で汲み上げて抜き、水路を造って水を流すなど、年間農牧業が成り立つように干拓地をつくってきた。 このように干拓地は埋め立てて造られたものではない。 オランダの最高峰は、321メートルで、ドリランデンプント(オランダとベルギーとドイツの国境の交点)のところである。 海面から最も低い地点は、南ホタント州のニューヴェルク・アーン・デ・アイセルの海抜マイナス6. 7メートル地帯である。 ベルギーの地域でも、同様の名前が見られる(例:の創業者であるBernard van Hool)。 出典 [ ] []• 2015年2月13日閲覧。 2015年10月. 2016年2月17日閲覧。 正確には「独立宣言」ではない• Rsf. org 2017年2月1日. 2017年2月1日時点のよりアーカイブ。 2017年2月閲覧。 2013年5月10日時点のよりアーカイブ。 2013年5月10日閲覧。 heritage. org. Helliwell, John; Layard, Richard; Sachs, Jeffrey 20 March 2017. 2017年6月18日閲覧。 Worldhappiness. report. 2017年8月3日閲覧。 2019年10月. 2020年1月1日閲覧。 New York:. 2019. 304—307. 2020年2月23日閲覧。 『新英和中辞典 第7版』、2003年。 編『米欧回覧実記・3』校注、〈〉、1996年、218頁。 Rodriguez, Cecilia; 遠藤宗生 2020年1月17日. リンクタイズ株式会社. 2020年1月17日閲覧。 富田俊基 『国債の歴史 金利に凝縮された過去と未来』 東洋経済新報社 2006年 p. 120. 久米邦武編『米欧回覧実記・3』田中彰校注、岩波書店〈岩波文庫〉、1996年、218-264頁。 Zanden, J. van, and Arthur van Riel, The Strictures of inheritance: the Dutch economy in the nineteenth century, The Princeton economic history of the Western world. Princeton, N. : Princeton University Press, 2004, p. 242. 共同通信 2010年10月14日. 2010年10月14日閲覧。 Reuter 2012年10月30日. 2014年7月30日閲覧。 [ ]• 2013年9月18日. の2013年9月18日時点におけるアーカイブ。 2013年9月18日閲覧。 『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』、2009年3月。 [ ]• アメリカ遣日大使ペリーは1852年11月24日にヴァージニア州を出航し、翌年1853年7月8日には浦賀へのを果たした。 長のが「」を提出したのは1852年(5年6月5日)という説もある(を参照)。 [「慰安婦」問題解決へ 8. 7院内集会 開かれる• 経済産業省. 2020年5月3日閲覧。 オランダ経済省. 2016年9月15日閲覧。 , pp. 71-72. ロイター ロイター通信社. 2014年6月26日. 2014年7月27日閲覧。 2008年10月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月4日閲覧。 ・(2019年10月03日)2019年11月11日閲覧• 【業界フロンティア】農業コンサル デルフィージャパン アード・ファン・デン・ベルグ代表「技術、経営 農家に助言」『』2019年11月4日• 2008年12月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月10日閲覧。 healthpowerhouse. com. 2016年8月26日閲覧。 (PDF) - 岸政継(前アムステルダム日本人学校教)• - 太田和敬• 『わがまま歩き32「ベルギー・オランダ・ルクセンブルク」ブルーガイド』、2016年、342頁。 『世界経済の潮流 世界に学ぶ-日本経済が直面する課題への教訓』(内閣府)• 、オランダ政府観光局(日本語)、2013年5月5日閲覧。 Turtle Bunbury. 2009年4月20日閲覧。 参考文献 [ ]• 多田好問『』、1906年 - ウィキソース• 『オランダを知るための60章』〈エリア・スタディーズ 62〉、2007年4月。 『反転する福祉国家 オランダモデルの光と影』、2012年7月。 『スイス・ベネルクス史』編、〈新版 世界各国史 14〉、1998年4月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 オランダに関連する および があります。 本国政府• (オランダ語)• - (オランダ語)• khtweets - (オランダ語)• - チャンネル (オランダ語)• (オランダ語) (英語)• Rijksoverheid - (オランダ語)• (英語)• - (日本語)• NLinJapan - (日本語) 日本政府内• (日本語)• (日本語) 観光• (日本語)• - (日本語)• hollandflanders - (日本語)• - (英語) その他• (日本語).

次の