アルバハhl攻略。 【グラブル】「神撃、究極の竜HL」ことアルバハHLのソロ攻略を水属性ヴァルナ編成でしたので、編成や内容を見ていきます。称号「神撃を超越せし孤高の翼」の為に1度はソロ討伐をしておきたい。

【グラブル】アルバハHL攻略|行動表と属性別おすすめキャラ【グランブルーファンタジー】

アルバハhl攻略

共闘部屋 自発か募集している部屋に入って、トール宣言しましょう。 最近はPTの申告はせずにトール宣言だけすることが多いです。 70とか30とか。 トールは70%、30%、10%が揃うことが理想ですが、ある程度火力のある(レベルの高い)メンバーなら10%は飛ばしてしまえばいいので不要です。 6連戦の場合は出来るだけ70%、30%、10%を揃えて出発しましょう。 自発のみで募集するなら自分よりも高ランクを募集することは問題ないと思います。 ただし連戦であまりランクの離れている募集をかけるのはあまり推奨できません。 連戦の場合は自分のランクと同じか、少し上くらいの募集で集めましょう。 その他準備 アルバハHLで使うスタンプは「ハイ」スタンプだけで大丈夫です。 使いやすい場所に置いておきましょう。 あとは定型文の「ファランクスお願いします」と「クリアオールお願いします」ですね。 こちらは場所を覚えておきましょう。 欲しい時は遠慮なく要求していって大丈夫です。 最初は緊張してなかなか殴れなかったり、HPが一気に減って焦りからファランクスなしでトリガーに突っ込んでしまったりということもありますが、落ち着いて行動表等を見ながらやるといいです。 最初は誰でもそうですし、アルバハは半分慣れですので、少しずつ慣れていきましょう。 もしトール役をしている時に主人公が落ちてしまったら、チャットで落ちたことといくつのトール役だったかをきちんと伝えましょう。 フォローしてもらえる事も多いです。 (特に高ランクになるほど顕著) そこで、急いで70トールを打つ場合の流れを説明します。 光属性の場合トールを打つのに6回攻撃する必要があり、急ぐ場合はリロ殴りも必須です。 現環境では光属性以外で70トールを間に合わせるのは難しいです。 急がない場合でも流れは一緒ですので、その場合はアビポチしながら慎重に進めましょう。 ここのダメージは痛くないので、アビを一切使わず素殴りでもOKです。 2回殴れそうならターゲッティングがないことを確認orクリアオールして2回殴ってもOK。 序盤のアルバハの通常攻撃時にターゲッティングを付与される場合があるのですが、ターゲッティングを付与されたまま通常攻撃をされると、「レギンレイブ」という大ダメージ技を食らい、素受けすると壊滅状態になります。 HPトリガーがあればそちらが優先されるので、クリアオールするかHPトリガーまで待ちましょう。 風属性全体約1万ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 ハイスタンプ。 ここもそれほど痛くないので、すぐに殴ってしまいましょう。 ターゲッティングには注意。 火属性多段ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 80%以下でCTが貯まっていなければそのまま攻撃。 この場合CTMAXになるだけで攻撃して来ませんので、1ターン稼げます。 アビポチするとCTMAXになってしまうので素殴りで。 土属性単体大ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 幻影で回避も可能。 バスコンを受けると主人公以外がサブと入れ替わるので、4人編成以外の場合はここで無属性シリウスを受けるキャラを引っ張り出します。 ただしソーンを入れているとバスコンでいなくなる場合もあるので、その際は麻痺が打てなくなります。 光属性全体約1万ダメージ。 ここはファランクスを受けて必ず攻撃。 ハイスタンプ。 ここで攻撃してからトールを打つ必要があるので、ファランクスが来ない場合でも強引に殴りましょう。 麻痺が打てればついでに麻痺も。 ハイスタンプ出さない人もいるので、ちょっと待って出てこなければさっさとトール打っちゃいましょう。 稼げるところでターンを稼ぎましょう。 ファランクスの記載のところは飛んで来なければ自分でファランクス、それもなければHPと相談してゴリ押ししちゃって下さい。 最悪主人公が残っていればOKです。 以上で光の仕事は終わりです。 というのも少々無責任なので、以降の区間も見ていきます。 70%以降 70〜55% 麻痺が入っていればひたすらリロ殴り。 麻痺がなくてもトールが入っているのでそれほど気にせずに、アビポチや召喚しつつ殴っていきましょう。 55% キルフレア。 火属性多段ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 50%〜30% この区間はHPトリガー以外の通常攻撃はありませんので、トリガーのみに注意して殴っていきましょう。 この区間でCTがMAXになった状態で攻撃すると、全員が強制的に敗北となる超越を打ってきますので、CTMAXになったらテュポーンを使うか、他の参戦者に任せましょう。 ただし、参戦者全員の火力が相当低くない限り、CTMAXまで行くことはありませんので、それほど気にしなくても大丈夫です。 50% 無属性シリウスが飛んできます。 スルー不可。 ファランクス無効。 サブなしの場合は一人が4回全て受けることはほぼないので、主人公のHPを90%以上に回復して攻撃。 誰かが落ちたらリヴァイブで復活+キュアポーションで回復。 フュンフがいれば主人公に3アビを入れておくことで事故を回避できます。 サブでかばう役を入れている場合はアビリティを使って落ちてもらいましょう。 ファランクスを受けて攻撃 40% 2度目の無属性シリウス。 スルー可能。 HPに余裕がなければ35%までアビポチしてやり過ごすのが無難です。 トリガー技で滅びの刻。 味方バフ全消去。 以降HP10%以下で強制的に戦闘不能。 また、30%以降のオーバードライブ時のCTMAX技は全て破局になるので注意が必要です。 ここでは攻撃せずにトールが飛んで来るのを待ちつつ、アビポチでやり過ごしましょう。 30%トール役の場合は30%になったのを確認したらすぐにトールを打ってしまってOKです。 HPが厳しければファランクスを待って攻撃するようにしましょう。 水属性全体大ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 100%カットなしで受けるとフロントが全滅します。 ファランクス+カット石で100%カット状態にして攻撃。 また、破局を受けると以降召喚不可になります。 10%トール役の場合は破局前の17%辺りから待機しましょう。 10% ビックバン。 全属性多段ダメージ。 ファランクスを受けて攻撃。 ハイスタンプ。 10%トール役の場合はハイスタンプを確認してからトールを打ちましょう。 アビリティは打っても大丈夫です。 闇属性多段攻撃。 ファランクスを受けて攻撃。 全属性多段攻撃。 ここまでくれば撃破は目前なので、ダメアビが余っていれば使ってしまい、攻撃。 順位赤箱からヒヒは出ません。 ヒヒイロカネを集めるなら、毎日アルバハHLの自発をするのが一番可能性が高いです。 他のめぼしいものでは銀天が全体で20%前後、磁性粒子が10%程度です。 銀天やダマスカス骸晶不足の場合は毎日アルバハHLの6連をすることで解消できます。 主が弱くても強い人が倒してくれますし、仮に失敗しても自発トリガーがなくなるくらいです。 どんどん自発していきましょう! 編成についてはで解説していますので、ご参考ください。 この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。 ランキング参加しています。 応援よろしくお願いします。

次の

【グラブル】アルティメットバハムートHLソロ攻略【アルバハHL】【風マグナ】

アルバハhl攻略

攻略サイトや騎空団の方に聞いてください。 訂正いたしました。 間違えた情報をアウトプットしてしまい申し訳ございませんでした。 (全員ハイスタンプ確認後に トール召喚。 召喚石 3凸黒麒麟などと合わせれば主人公のセンチュリオンIIだけで2キャラ救うことも可能です。 トール召喚について 最近野良募集では、コール無しで始まる場合も増えてきましたが、少しでも事故を防ぐために自分がどこでトール召喚するかを宣言すると良いでしょう! 1,70ト 最重要 全員、通過後トールを打ちます。 参加者のトールの枚数によっては打たないという選択肢も考えましょう。 なければないでも困りません。 3,30ト 誰か一人でも30%踏んだら担当の方は召喚してOKです。 参加者のトールの枚数によっては打たないという選択肢も考えましょう。 なければないでも困りません。 ハイスタンプで確認 ・5%切ったら殴り始めてOKです。 攻撃力と防御力を下げる効果がとても大きいからです。 もちろん弱体耐性ダウンで「麻痺」や「恐怖」が入りやすくするためでもありますが、それ以上に防御力と攻撃力を下げることがとても大きいです。

次の

【グラブル】アルバハHL・初心者光マグナでの攻略編成立ち回り

アルバハhl攻略

実施日 2020年4月7日 火 内容 ・自発箱のヒヒイロカネ率 UP ・金箱のヒヒイロカネ率 DOWN 4月7日 火 のアップデートにてアルバハHLの「ヒヒイロカネ」ドロップ率調整予定。 発見者報酬 自発赤箱 のドロップ率引き上げが行われ、代わりに 通常報酬 金箱 のドロップ率引き下げが行われる。 3月24日に「天破の祈り」実装 実装日 3月24日 火 3月24日より、アルバハHLに『天破の祈り』機能が実装。 称号を獲得すると、報酬として至極の指輪が入手可能。 団内等で安定して討伐できる場合はその限りではありませんが、やはり他マルチと比べて戦力的なハードルは高め。 初挑戦はシュヴァ剣の揃った光、もしくはダメカや回復を用意しやすい水などがおすすめですね。 ターゲッティングを付与されたらクリアかカットで対処。 弱体をしっかり入れてHPを高く保ちながら動きたい。 特殊技を受けると参戦者全員が全滅するので一度も受けてはいけない。 参戦者の火力次第では恐怖やテュポーンでの対策が必要。 属性防御や累積防御DOWNは効くので、入れておくと楽になる。 エッセル4アビを回すために開幕から奥義OFFでターン回しが重要。 こちらはイクサバの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 後半一気に削るときのフルチェイン用に 4凸テュポーンや水着マキュラなど奥義ゲージを増やせる召喚石があれば採用しましょう。 こちらはブルースフィアの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 オクトー奥義やギルガメッシュ召喚の土属性攻撃力UPを強化できるブローディアのサポアビが優秀。 また、 PTの奥義回転率が高く、カイン2アビの強化効果や奥義の追撃付与が途切れにくいのも強み。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA ニオ2アビやアンチラ3アビ、グリム2アビなど火力支援が豊富な編成例。 通常攻撃中心でターンを回して、 火のエッセル砲などに合わせてニオ4アビやグリム2アビの2回発動できる状態にしておきたいですね。 こちらはキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 与ダメや連撃率UPを持つクビラとTA確定や全体かばう持ちのヴィーラを入れた編成例。 こちらはエデンの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 討伐速度重視の編成例 ライターA 闇クラリスと闇フェリを入れた闇渾身編成例。 10T経過してから強化されるアビが多いため、 バレクラ3アビで一度に複数ターンを進めるのが重要ですが、敵のCTも早く溜まる点には注意。 こちらはフォールン・ソードの本数やキャラを用意できる上級者向けの編成となります。 ファランクスなど 50%以上のダメカと合わせて敵の多段攻撃を100%カットできるため、非常に動きやすくなる。 リヴァイヴ 主人公以外が倒された場合に立て直せるので、安定度を上げることができる。 参戦者内にエウロペを用意できなければ候補。 ディスペル 95%特殊の高揚など、敵の厄介な効果を消去する手段。 フュンフ、ブローディア、アンチラ、カトルといった ディスペル持ちキャラが参戦者内に居なければEXアビ採用も選択肢。 討伐速度次第だが、HP70%時は必須のため1枚以上は必ず用意したい。 また、10%でトールを召喚した後に攻撃すると弱体効果が解除されてしまうので、 召喚後は更に5%まで待機という流れになります。 HP75%時の『バース・コントロール』を受ける場合は、ソーンを控えに編成するか、メインに編成して控えを0人にするのが得策。 参戦者の火力次第では テュポーン又はアビリティの恐怖を使って切り抜ける必要がある。 全員が超えたことをしっかり確認しよう。 無視でも構わないが、PTごとの個別効果なので各自で対応する必要がある。 麻痺中でも発動するので注意。 特殊技を誰か1人でも受けると全体が壊滅するというポイント。 3:恐怖を入れる場合はトールを入れる選択肢も 恐怖を利用してCT増加を防ぐ場合は、トールを使用すると命中率を上げられる。 属性防御DOWNを入れて味方の火力を上げ、敵の攻撃に対してはカット、回復を駆使して戦っていこう。 万全を期すならトールで連続攻撃DOWNを入れておこう。 直前で特殊技を受け、カットを無駄にするといったことはないようにしよう。 4:敵の「TA確率UP」をディスペルで消去 特殊技『ゴッドブレス』で敵に付与されるTA確率UPは放置しておくと事故につながるのでしっかりディスペルで消去しよう。 自動復活なども消去されてしまうので注意。 なおビッグバンには弱体消去がついているので、 しっかり全員が通過したことを確認するように。

次の