危険サイト診断。 Windows用 最新プログラムのダウンロード|カスペルスキー

あなたのテクニックは大丈夫? 今すぐできる運転レベル診断サイト5選

危険サイト診断

脅威を検知したときに実行される処理は、選択された保護モード(手動または自動)によって異なります。 保護モードを選択するには、[ 設定] - [ 全般] - [ 脅威の処理方法]の順に選択します。 手順 1 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のメイン画面で、歯車のアイコン をクリックします。 メイン画面を開くときに問題が発生した場合は、をご参照ください。 手順 2 [ 設定]で[ プロテクション]を選択し、[ ウェブ保護]を選択します。 手順 3 [ ウェブ保護の設定]で、セキュリティレベルを選択します。 手順 4 [ 脅威の検知時の処理]ドロップダウンリストで、希望する処理を選択します:• 自動処理 (脅威の処理方法が自動の場合): ウェブ保護 は、カスペルスキーが推奨する処理を実行します。 手動選択 (脅威の処理方法が手動の場合): ウェブ保護 は、疑わしい動作をブロックするか許可するかを選択できます。 ブロック :ウェブ保護は、感染に関する警告を表示してオブジェクトをブロックします。 許可 : ウェブ保護 は、オブジェクトへのアクセスを許可します。 ダウンロードされたオブジェクトは、そのあと ファイル保護 によりチェックされます。 手順 1 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のメイン画面で、歯車のアイコン をクリックします。 メイン画面を開く方法については、をご参照ください。 手順 2 [ 設定]で[ プロテクション]を選択し、[ ウェブ保護]を選択します。 手順 3 [ ウェブ保護の設定]で、[ 詳細設定]をクリックします。 手順 4 [ ウェブ保護の詳細設定]で、以下の設定ができます。 危険サイト診断で安全性をチェックするリンクの種類を設定します。 対象となるWebサイトのリンクをすべてチェックする: [ 危険サイト診断を有効にする ]の[ 特定の Web サイト以外をチェックする ]を選択します。 チェックの対象から例外として除外する Web サイトがある場合は、[ 除外リストの管理 ]をクリックします。 特定の Web サイトのリンクだけをチェックする: [ 危険サイト診断を有効にする ]の[ 特定の Web サイトのみをチェックする ]を選択します。 [ 特定の Web サイトの設定 ]をクリックして、具体的なチェック対象サイトを追加します。 [ 危険サイト診断の設定 ]では、チェックする対象のWebサイトなどを設定できます。 ウェブ保護のスキャン対象から外したい特定のサイトがある場合は、[ 信頼する Web サイトの設定]を選択します。 信頼するWebサイトのリストには、必ず安全だとわかっているWebサイトだけを追加してください。 Web サイトで検知する項目を選択します。 これは、コンピューターの動作速度に影響する項目です。

次の

リンク先URLの危険性を無料でチェックできるWebサービスまとめ

危険サイト診断

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2020. 13: リンク切れのチェック、wepawet、urlQuery の削除 2015. 22: 文末にサイト内の関連リンクを追加 2015. 17: コメント欄で頂いた情報を元にリンク追加しました。 2012. 04: 初出 閲覧したいWebページが安全なのか危険なのか・・・をチェックしてくれる無料のWebサービスを何点かまとめて紹介しています。 一部に登録ユーザーのみのサービスもあり 最近のウイルス関連の事件を考えると、以下のサービスに完全に信頼するのも危険だと思いますが、ある程度の目安にはできるのかな、と思います。 単体URLをチェックするサービス 日本語 Trend Micro Site Safety Center URLを入力する事で、そのサイトの安全性をチェック。 個別ページのURLに対応しています。 URLを入力し、安全性のチェックを行えます。 ファイルのアップロードとチェックも可能です。 個別ページのURLに対応しています。 Avast! 、AVG、Bitdeffender、ClamAV、Panda など、50種類以上のアンチウイルスソフトで分析してくれます。 分析システムにはシマンテック社の技術を採用している。 チェックできるのはトップドメインのみ。 これはあんまり信用できないかも。 検索エンジンの結果にチェックを入れてくれるサービス 検索結果に[安全][危険]等を表示してくれます。 search. ask. Topページに直接アクセスすると弾かれます。 ツールバー McAfee SiteAdvisor PCにインストールし、ツールバーとして利用するタイプ。 各種検索エンジンの表示結果、およびツールバー上で、サイトの安全を確認出来ます。 また、危険なサイトにジャンプしようとすると、未然に防いでくれます。 browserdefender. Symantecに統合されるそうです。 PCにインストールし、ツールバーとして利用するタイプです。 各種検索エンジンの表示結果とツールバー上で、サイトの安全を確認出来ます。 URLチェックと共にサイトプレビューもしてくれるサービス 個別ページ毎にチェック可能。 プレビューはかなり小さめで、文字を読むことは出来ません。 ・チェックにやや時間がかかります。 ・チェックしたURLのその先のリンクまでチェックする事が可能です。 フィッシング/ワンクリック/不正攻撃/ウイルス/不正改ざん/ワームなど、項目別に危険性を知らせてくれます。 悪意のあるコードが見つかった場合、有害判定される。 個別URL毎にチェック可能です。 サイトを安全にプレビューする事に重点を置いています。 殆どのJavascriptは作動しません。 URL内のリンクをクリックして、プレビュー上でブラウジングする事も可能です。 ウイルスチェックする場合は、画面右上の「Web調査」ボタンをクリックします。 ウイルスチェックエンジンは、カスペルスキーのものを利用しています。 リンクを右クリックすると「Dr. Webで検査」という項目が現れ、リンク先の安全性をチェックしてくれます。 前述の「aguse GateWay」をブラウザの右クリックメニューから呼び出せるツールも配布されています。 単体URLをチェックするサービス 英語 URLを入力して危険性をチェック サブドメインのTOPをチェックできます。 BrowserDefender/TrendMicro/AVGThreatLabs/Avira/BitDefender など28種類のウイルス検知エンジンを使用しています。 他にも、ドメイン年齢、前回チェック日時、他エンジンでの評価詳細、などを表示可能。 すごく高機能です。 ucsb. php Anubis と Wepawet の作成者は、サイトを閉鎖し Lastline、Inc. という会社を設立。 同社は、あらゆる規模の企業にマルウェアの分析と対策機能を提供。 ファイルスキャン、URLチェック、この2つのサービスが存在します。 リンク先はファイルスキャン Webサイトオーナー用ブログパーツは公開終了の模様。 元々がロシア圏のサービスだった筈なので、海外のアングラサイトを巡る場合には、これが重宝しそうです。 分析に非常に長い時間がかかるが、その分、恐ろしいくらいに詳しい情報が取得できる。 セキュリティチェックというより、サイトの分析向け。 あとがき このページを作成している過程で、フリーソフト100さんのを発見。 かなり似たような内容になってました。 ここで紹介したサービスは不要かな・・・? セカンドオピニオン的な使い方ならアリかな・・・?といった感じです。 サイト内関連ページ.

次の

危険なサイトはすぐ見抜ける!簡単な判別法と万が一の対処法

危険サイト診断

Webサイトの安全性のチェック カスペルスキー インターネット セキュリティでは、リンクをクリックしてWebサイトを表示させる前に、そのページの安全性を確認できます。 Webサイトは 危険サイト診断を使用してチェックされます。 危険サイト診断は、ChromiumベースのMicrosoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxで開かれるWebページのリンクをチェックします。 チェックされたリンク先には、次のいずれかのアイコンが表示されます: — リンク先のWebページはカスペルスキーによって安全と判断されました — リンク先のWebページの安全性に関する情報がありません — リンク先のWebページは、カスペルスキーによって、犯罪者がコンピューターや個人情報に損害を与えるために使用する可能性があると判断されました — リンク先のWebページはカスペルスキーによって危険と判断されました リンクについての詳細を示すポップアップウィンドウを表示するには、該当するアイコンにカーソルを合わせてください。 既定では、検索結果のリンク先のみチェックされます。 リンク先のチェックは、Webサイトごとに有効にできます。 Webサイトごとにリンク先のチェックを有効にするには:• メインウィンドウを表示します。 ウィンドウの下部にある をクリックします。 [ 設定]ウィンドウが表示されます。 [ プロテクション]セクションの[ ウェブ保護]サブセクションを選択します。 ウェブ保護を設定するウィンドウが表示されます。 ウィンドウ下部の[ 詳細設定]をクリックします。 [ウェブ保護の詳細設定]ウィンドウが表示されます。 [ 危険サイト診断]セクションの[ 危険サイト診断を有効にする]をオンにします。 すべてのWebサイトのコンテンツをスキャンするには、[ 特定のWebサイト以外をチェックする]をオンにします。 必要に応じて、[ 除外リスト]ウィンドウで、信頼するWebサイトを指定します。 このウィンドウを開くには、[ 除外リストの管理]をクリックします。 指定したWebサイトのコンテンツはスキャンされません。 特定のWebサイトのコンテンツのみチェックするには:• [ 特定のWebサイトのみをチェックする]をオンにします。 [ 特定のWebサイトの設定]をクリックして[ 特定のWebサイト]ウィンドウを表示します。 [ 追加]をクリックします。 コンテンツをスキャンするWebページのURLを入力します。 Webサイトのコンテンツをチェックするかどうかを選択します(ステータスが[ 有効]の場合、カスペルスキー インターネット セキュリティによりWebサイトのコンテンツがチェックされます)。 [ 追加]をクリックします。 指定したWebサイトが[ 特定のWebサイト]ウィンドウのリストに表示されます。 カスペルスキー インターネット セキュリティは、このWebサイト上のURLをチェックします。 URLチェックの詳細設定を設定するには、[ ウェブ保護の詳細設定]ウィンドウの[ 危険サイト診断]セクションで[ 危険サイト診断の設定]をクリックし、[ 危険サイト診断]ウィンドウを開きます。 すべてのWebページでリンク先の安全性についての通知を受け取るには、[ チェック対象のWebサイト]セクションの[ すべてのWebサイト]をオンにします。 URLのWebサイトのコンテンツが特定のカテゴリ( 過激な表現、わいせつな表現など)に属するかどうかを表示するには:• [ Webサイトのコンテンツのカテゴリに関する情報を表示する]をオンにします。 コメントに情報を表示するWebサイトのカテゴリの横のチェックボックスをオンにします。 カスペルスキー インターネット セキュリティは、指定されたWebサイト上のURLをチェックし、選択された設定に従ってURLのカテゴリに関する情報を表示します。

次の