新型 コロナ ウイルス 愛媛 県。 【まとめ】新型コロナウイルス感染症に関する情報

39県の緊急事態宣言解除を承認 愛媛「条件付き解除」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 愛媛 県

新型コロナウイルスの経済対策として一律10万円を支給する国の特別定額給付金の給付率が、愛媛県内で9割を超えている。 大きく上回るスピードだ。 5月に受け付けが始まり、事務処理は各市町に任されているが、県庁にも4月下旬に特別定額給付金事業対策チームが設置され、市町と情報を共有して体制づくりを支援している。 ただ、県として目標を定めたり、給付を急ぐよう号令をかけたりしているわけではないという。 予想以上の給付率に、担当者は「連休中も市町は備えていたと思う。 そういう頑張りと、やっぱり『まじめえひめ』の県民性なんじゃないでしょうか」と話す。 県内で最も多くの事務処理を担う松山市。 職員が「こんなに働いたのは初めて」とこぼす激務に追われた。 給付の早さの理由を聞くと、「先が見えない中、日々何とかこなしてきて、気がついたら早くなっていた」「人海戦術としか……」といった答えが返ってくる。 これまでに届いた申請は約24万件。 申請書の発送や処理は基本的に県内の業者に委託しているが、返送されたもののうち、不備のある書類や代理申請など複雑なものについては、市特別定額給付金室の約30人が処理する。 ピーク時の5月下旬には1日計300件ほどの対応が必要になり、各部署から土日と夜間に応援職員が入った。 受け付け開始前の4月中から早くも「振り込んで」という問い合わせが来るようになり、スピード感を求められていると感じてきた。 特に給付金室の職員は、5月の連休前から休日を返上し、残業を重ねる生活が続いた。 6月に入ってからは申請件数が落ち着き始め、担当職員も今週末はようやく休みがとれる。 「壮絶な1カ月でした」。 自身の給付金は、ピークが過ぎたのを見計らって申請したという。 (足立菜摘).

次の

愛媛県庁/新型コロナウイルス感染症対策新ビジネス展開協力金のご案内

新型 コロナ ウイルス 愛媛 県

愛媛県新居浜市立小学校が長距離トラック運転手の子供に登校を認めず謝罪 愛媛県新居浜市立小学校が、新型コロナウイルスの感染を防ぐという目的で、親が長距離トラック運転手の2世帯に子供を登校させないように求めていました。 それに対し、高橋良光教育長は「市教育委員会で感染防止への統一した考えが共有できていなかった。 子どもたちやご家族、関係者にご迷惑をかけた」と謝罪しました。 愛媛県新居浜市教育委員会は、新学期開始前に、市内全児童の家庭に家族や児童が感染拡大地域を 入学式・始業式を欠席 子どもの体調に問題なし 登校させないように求められた長距離トラック運転手2世帯の子ども3人は体調に問題はなかった。 子ども3人のうち新一年生が含まれていたが、8日の入学式と始業式を欠席しました。 なぜ小学校は登校を認めなかったのか 市教委が新学期開始前に全児童の家庭に、家族や児童が感染拡大地域を訪れたかどうかアンケートを取り、長距離トラック運転手の家庭が、運送会社勤務で仕事で行ったが、該当するか」と学校に問い合わせたところ、校長から子どもたちに学校に登校しないように求められたそうです。 職業差別との声 高橋良光教育長は辞任する? 勤務先の運送会社の関係者から「運輸業界の社員の家族は感染リスクが高いとする職業差別になるのではないか」という指摘を受けて、今回の謝罪に至りました。 これに対して、子どもに症状が出ていないのに、登校を認めなかったことは明らかに差別である。 教育長は辞任すべきとの声も上がっています。 愛媛県新居浜市立小学校が学校ぐるみで 差別をしたんだな — 鈴木或兎 71zrp0QpXRgXlj6 ほいだら校長先生、子ども登校させなかったら自分のモノ自分で運んでくれますか案件。 根拠のない差別。 トラック運転手に校長「子供を登校させないで」 市教委が謝罪 — 橋本愛喜 AikiHashimoto 愛媛県の学校では親が長距離トラックの運転手で新型コロナに感染している可能性が考えられるという科学的根拠のない理由で、その親の子どもの入学式や始業式への参加を認めない事例があったようです。 こんな差別的な対応で子どもを傷つけるなんて…同じ学校教育に関わる者として申し訳ない気持ちです。 — Childish Teacher TeacherChildish 職業差別によって、子どものいじめのきっかけを生んでしまうことも考えられますし、職業差別で感染予防をするのではなく、休校にするなど、他の対策があったとの意見もありました。 もしもトラックが止まったら 岩手県トラック協会の動画.

次の

県内で新たに1人死亡、2人の感染確認|愛媛新聞ONLINE

新型 コロナ ウイルス 愛媛 県

1 対象者 県内に事業所を有する中小企業者であること 【対象業種】• 飲食店• 食料品、医薬品、衛生用品を扱う小売店 【対象外】• 公的な資金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第121号)第2条により定める営業内容、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に規定する暴力団又は暴力団員と関係がある場合等)• 県税に未納があるもの• 売り場面積が1,000平方メートルを超える小売店• 全国チェーンの 直営店舗• 2 対象要件 申請時点で営業の実態がある事業者が、県が緊急事態宣言の回避行動を呼びかけた令和2年4月13日から 6月 18日の間に、3密を避ける下記取組みを実施し、申請時点において継続していること。 フィルム・間仕切りによる飛沫防止• ソーシャルディスタンスサインの導入• 座席間引に伴うレイアウト変更• 店舗・駐車場等への入場制限• セルフレジの導入・キャッシュレス化• (3)申請書等 以下の書類を提出していただきます。 (4)審査 事務局による審査の結果、協力金を支給する旨を決定したときは、後日、支給に関する通知を発送のうえ、指定の口座へ振り込みします。 7 その他• 協力金支給決定後、申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、協力金の支給決定を取り消し、協力金を返還いただきます。 提出された書類は返却いたしませんので、コピー等を手元に保管ください• 当該事業の実施に際し、事業に必要な許認可等を取得のうえ実施していただくようお願いします。 (本協力金の支給決定が、その営業等を許可するものにはなりません。 申請により得られた情報は、当協力金支給業務以外に使用することはありません。 8 申請書類• 9 問い合わせ先 新型コロナウイルス感染症対策企業電話相談窓口 TEL:089-909-3842.

次の