サクラ エディタ タブ 置換。 【サクラエディタ】改行コードを置換・検索する方法

<サクラエディタ>改行(改行コード)、空白行などを置換・削除する方法<正規表現>

サクラ エディタ タブ 置換

こんなに使える!サクラエディタの便利な機能 サクラエディタ みなさんはテキストエディタは何を使っていますでしょうか? Wordpressによるサイト制作を専門にされている方であれば、もしかしたら専用のテキストエディタを使っていないという方(フリーランスなどに多いでしょうか)もいらっしゃるかも知れませんね。 普通はWEB系のお仕事をされているのであれば、テキストエディタは必須だと思います。 私はサクラエディタを使う事が多いのですが(他と併用ですね)、非常に便利なテキストエディタとして有名なフリーソフトです。 今回は日頃よりお世話になっている、このサクラエディタの正規表現を使った置換機能を一部ご紹介します。 以下に記載している機能だけでもサクラエディタが便利な事が伝わると思います。 あわせて読みたい関連記事 正規表現を使うための準備 正規表現とは 一括変更・一括置換の「対象範囲が広がる」表現 正規表現とは文字列の一部をあいまいにして、1つの文字列で複数の文字列を表す表現方法のことです。 この表現方法を使うと1つの検索条件で広い範囲を検索対象にすることができます。 例えば「admin01」「admin02」「admin03」「admin10」「admin0」の5つの文字の場合、admin部分は共通でその後ろに〇〇と付いている文字ばかりですよね。 この正規表現をうまく使って、エディタ内に記述してある文書を自在に一括変更・一括置換することができるのです。 正規表現とは表現方法全体のことを指しており、それに対しワイルドカードとは正規表現の一種である特殊文字のことを指しています。 UNIX系やWindows系ではワイルドカードにあたる文字は次の2つです。 」の場合はadminの後に1文字しかない文字が対象となるため、上の場合「admin0」だけが対象となります。 まずはその窓内で正規表現の欄にチェックを付けましょう。 置換画面:正規表現にチェックを入れます。 正規表現のチェックは付け外ししましょう ここで紹介する正規表現のチェックを付けると、それまでできていた置換ができなくなる場合があります。 ワイルドカードを使わずにできる置換の時はチェックを外しておきましょう。 改行を表す正規表現 CRLF Windowsで一般的に使用されている改行コード CR MacOS9以前のMacで使用されている改行コード LF UNIX(Linux)や、MacOSX以降で一般的に使用されている改行コード これらの改行コードを正規表現で表すと、次のようになります。 タブを表す正規表現 水平タブコード(TAB)は、次のように表すことができます。 以下に紹介する入力の仕方は全て、上の置換画面にある「置換前」および「置換後」それぞれのボックス内に入れる記号になります。 置換後は空欄のままにします。 ツールメニューの中にマクロがあります。 記録したマクロ(複数登録できます)を呼び出す事で、例えば 「置換画面表示」 「置換前への内容入力」 「置換後への内容入力」 「置換」 といった一連の作業を一発でやってくれるようになります。 実際にマクロ登録の練習をしてみましょう。 文面の前後をpタグで囲い、pタグ段落の間に空白行を入れる場合 例えば下記のような文章のみのテキストファイルで、改行されている文面の前後をpタグで囲い、pタグ段落の間に「空白行」を入れるような作業を常におこなっているとしましょう。 作業前の状態: 作業後の状態: 全ての文章にpタグがついて、間に一行間隔があります。 これをマクロ登録しておけば作業前の状態から一発で作業後の状態にできるのです。 大変便利ですよね。 マクロ登録の仕方 作業前の状態から3回にわたって置換作業をする事で、作業後の状態にする事ができます。 それをマクロに登録してみましょう。 空白行を置換で消す まずは画面上部メニューの「ツール」から「マクロ記録開始」をクリックします。 まずは作業前の状態で空白行を一旦すべて削除する置換をおこないます。 そして置換後は空欄のままにしましょう。 これで「置換」をクリックすると空白行だけが全て無くなります。 次は文章終わりの改行マークの部分にpタグを入れます。 これにより行末にが入り、一段空白行が入ってがその後に入ります。 文章の終わり 文章始まり …【繰り返し】 から一段落空いて次のまでが入る(次のpタグの始まりが段落ちしている事に注意) 開始pタグ後の改行を消す 最後は上の置換でできたの後にある改行部分のみを消します。 置換後にはを入力します。 これで置換をする事でタグの前の改行が消えてそのまま行頭が続くようになります。 マクロファイル保存の窓が開きますので、今回の3つの置換を実行するために任意の名前を付けて保存します。 マクロファイルの保存画面(拡張子は. macのままでOKです) これで終了です。 マクロ実行の仕方 では登録したマクロを実行してみましょう。 置換をする前の状態にするわけですね。 これでマクロを実行して一発で置換をしてみます。 キーマクロの読込 その上で「ツール」から「キーマクロの読込」をクリックします。 先ほど保存したマクロ名を選択して、「開く」をクリックましょう。 マクロ名は複数保存できるので、利用したいマクロ名を選択していつでも実行ができます。 マクロの実行が必要になります。 実行すると3つの置換が自動でされて、pタグが入った状態になっているはずです。 いかがでしたか?サクラエディタにはこういった正規表現による置換・マクロ機能以外にもいろいろな機能が搭載されていますので、是非一度使ってみられてはいかがでしょうか。

次の

サクラエディタの便利そうな機能

サクラ エディタ タブ 置換

準備(サクラエディタのインストール) 今回紹介する手順では、サクラエディタを使用しますので、下記手順に沿って事前にインストールをお願いします。 インストールは非常に簡単なのでご安心を。 サクラエディタで改行(改行コード)を置換・削除 それでは実際に改行置換の手順を紹介します。 基本的な操作はTab置換のときと同じです。 (似たような機能にExcelの行列変換があります。 どちらの機能を使うべきかは状況によって変わってきます。 それぞれの機能を把握して、使い分けがスムーズに出来るようになるといいですね。 ただし、今回はExcelの話はしません。 気になる方は「Excelの行列変換」などでググってくださいませ。 ) まずは、 改行置換したいデータをサクラエディタに貼り付けます。 1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。 2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。 3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。 (正確には若干ウソだけどスルー) 5.「置換」または、「すべて置換」ボタンを押して置換する。 過去の履歴も残っているので、複雑な置換条件などを再処理したい場合などに非常に便利です。 以上の手順で、改行がカンマ , に置換されたことが確認出来ます。 例1)Tabを改行に置換したい場合 1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。 2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。 3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。 例2)空白行(改行)を削除したい場合 1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。 2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。 3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。 行頭が改行=空白行 例3)特定文字を含む行を削除したい場合 1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。 2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。 3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。 4.置換前に「. 例4)特定文字で始まる行を削除したい場合 1.検索タブの置換(CTRL+R)から置換機能を起動する。 2.正規表現を使用するので、「正規表現」にチェックをいれる。 3.ほかのチェック項目は記載されている通りなので必要に応じて。 改行コードについて(興味なければスルーを) Wikipedia先生の言わんとすることがおそらく正しいことなんだろうけど、それだとなかなか理解に苦しむので、分かりやすい記載をしてくれている下記サイトから「改行コード(CRLF)とは」の記述を引用させていただきました。 CRLFはWindows系のOSで採用されている改行コードです。 文字入力中にべちっ!と改行すると、見えないところでCRLFが設定されます。 またプログラミングをしていると文字列を出力するときがあると思います。 ついでにおまけで「CRLF」は慣習的な呼び方です。 「CRLF」な制御コードがあるわけではありません。 あくまで「CR」+「LF」のセットを「CRLF」と呼称しているだけなのでご注意くださいね。 <引用元> 以上、「【サクラエディタ】改行(改行コード)、空白行などを置換・削除する方法<正規表現>」でした。 おまけ(そのほかの置換処理一覧はこちら) スポンサーリンク webzarashi.

次の

サクラエディタの便利そうな機能

サクラ エディタ タブ 置換

またアルファベット文字と組み合わせて特殊な意味を持たせたりします。 選択子 パターンの論理和... 式集合(グループ) パターンをグループ化。 ] 文字集合(文字クラス) キャラクタクラス。 文字集合 キャラクタクラス [... ] の中に以下のものが指定可能です。 [ABC]はAかBかCのどれかにマッチします。 x- y 範囲 [A-Z]は、「A」から「Z」までの文字のどれか1つとマッチします。 ] 鬼 文字集合内文字集合.. PROC とします。 dllのみ 文字種. dllのみ 拡張式集合? 注釈 式 捕獲式集合? : 式 非捕獲式集合 (グループ化のみ)? ' name' 式 鬼 名前付き捕獲式集合? 式 否定先読み? 式 鬼 原子的式集合? imsx 孤立オプション i: 大文字小文字照合 m: 複数行(サクラエディタではデフォルトでon) s: 単一行 (. imsx-imsx 鬼 孤立オプション(bregonig. dllではオプションの否定が可能) imsx-imsx: 式 鬼 式オプション 鬼 はbregonig. dll のみ 置換で使える参照 「置換後」に指定して使います。 dllのみ bregonig. dllへの変更による違い• [ ] の中に [ を書くときは必ずエスケープが必要。 Bregexp. (Perl の仕様と異なるため、変更される可能性があります。 Perl の動作に近づけてあります。 Unicode版は i オプションの動作が異なる。 大文字小文字を区別しないの動作が ASCII 範囲外にも影響します。 Unicode版サクラエディタの通常検索・置換も ASCII 範囲外の大文字小文字の考慮をしますが、2つが同じかどうかは未チェックです。 追加情報 検索、置換、Grepでは、正規表現ライブラリに渡す文字列を以下のようにしています。 [DELIMITER]は、0xffのバイナリ表記とします。 検索時のオプションは「m[DELIMITER]Pattern[DELIMITER]km」です。 置換時のオプションは「s[DELIMITER]PatternBefore[DELIMITER]PatternAfter[DELIMITER]km」です。 デリミタ相当の文字を検索・置換するにはエスケープが必要です。 また大文字小文字を区別しない場合は最後に「i」が付加されます。 すべて置換で「すべて置換は置換の繰返し」がOFFの場合は「g」が付加されます。 mオプションが付いていますが、改行をまたいだ検索はできません。

次の