肌 イラスト。 【キャライラスト】肌の色の塗り方は?肌色のカラーパレットの作り方

【医師監修】肌くすみは5種類あった!?タイプ別の原因と対策

肌 イラスト

キャラクターの 肌色がなんだか黒くなってしまった…という経験はありませんか? 実は一口に 肌といっても様々な色があるんです! この講座では、イラスト制作における女性の肌の 塗り方について解説をしていきます。 肌の塗り方の種類 肌の色は様々な種類がありますが、今回は大まかに分けて5段階の色で表しました。 左から「色白な肌色」、「色白より少し黄色味を帯びた肌色」、「中間色の健康的な肌色」、「日焼けした肌色」、「褐色の肌色」の5つになります。 今回は、この中から中間色の「健康的な肌色」、「色白な肌色」、「日焼けした肌色」の3種類の肌色と影について解説していきます。 まずは「健康的な肌」です。 ベースとなる肌には元気な感じの肌色をイメージして「黄色味がかかった肌色」を選びました。 肌のハイライトもはっきりと見え、健康的に見えると思います。 影色はオレンジをベースにしたものを選びました。 影の色を選ぶ時は基本的に暗くなりすぎないよう気をつけて選びます。 カラーサークルでは、肌のベースの色より少し左下の色を選ぶと丁度良い影色ができると思います。 続いて「病弱な感じをイメージした肌」です。 健康的な肌よりもベースの肌色は「ややピンクよりの肌色」を選びました。 肌の色が白いと儚げな(はかなげ)イメージになりますので、ピンクよりの肌を選んだ後に、明度をあげるとイメージに近い肌色が作れると思います。 病弱な肌は色白なので、ハイライトは健康的な肌よりもはっきりとは見えません。 また病弱な肌であれば、ハイライトを入れない方がより儚げに見えると思います。 影色は「赤みがやや強い色」を選びました。 最後に「日焼けをした肌」です。 日焼けをした肌はベースに「オレンジ寄りの色」を使い、元気でエネルギッシュになるようにしました。 茶色くなりすぎると褐色の肌のイメージに近くなるので、茶色にオレンジがかかった位をイメージして色を選びましょう。 影色は「少し赤みのかかった明度の低い色」を選びました。 各パーツの肌の塗り方 ~顔・上半身・下半身~ 顔の塗り ここからは実際に体のパーツを塗っていき、パーツごとに肌の塗り方を解説していきます。 まずは実際に塗る前に、塗りに使うブラシを紹介します。 塗りには「水彩筆」と「のばし筆」の2種類を使います。 水彩筆は主に「肌の塗り」に、のばし筆は「ハイライトを塗るとき」と使い分けています。 では、実際に塗っていきます。 今回は冒頭に紹介した「健康的な肌色」を使って塗っていきます。 ベースの肌を塗ったレイヤーの上に影レイヤーをつくります。 新規レイヤーを作成し、モードを「乗算」にします。 色がはみ出ないように「下のレイヤーでクリッピング」にチェックをいれましょう。 まずは顔の塗りです。 ベースの肌レイヤーの上から一度、全体を水彩筆でまんべんなく影色を塗ります。 顔のパーツに影を乗せていきます。 影をつける場所は前髪がかかっている場所と耳に水彩ブラシで影をつけました。 次にのばし筆を使い鼻にハイライトを塗っていきます。 鼻の部分のハイライトを描画色から透明色に切り替え、水彩筆でなじませていきます。 透明色とは「描画色と二次色を切り替える間にある小さな四角」を選択することで色を透明色にできます。 透明色の効果としては、色が透明なので消しゴムとほぼ同じ効果ですが、描写しているツールと同じ設定で消しゴムを使えることができます。 例えば色を透明色にし、水彩筆にすることで水彩筆の設定のまま消しゴムとして利用できます。 ハイライトを塗るときは新しくハイライト用の色をのせるのではなく、ハイライトをいれたい部分の影色を消すことでハイライトの部分を作ります。 今回は影レイヤーの鼻のあたりを消しゴムで消し、明るい面をつくっています。 消しゴムで消したあとは、透明色を選択した水彩筆で鼻から輪郭にかけて伸ばし、顔の明るい面を徐々に作っていきます。 顔の部分は始め全体的に影色に覆われていましたが、顔は上を向いているので影色は透明色で影色を徐々に消すことで明るい面にしていきました。 さらに上に通常レイヤーを作り、水彩筆で前髪部分にほんの少しだけ青色をのせました。 最後に新規で乗算レイヤーを作成し、エアブラシで頬 ほほ の色をつけます。 目の横あたりに薄く塗りました。 これで顔の塗りは終了です。 上半身の肌の塗り 次に、上半身を塗ります。 首の下、鎖骨に水彩筆でしっかりと影色をおいていきます。 また、肩、胸、腰にも影色をのせますが、首や鎖骨ほど影色は強くのせず、柔らかさを意識しつつ塗っていきます。 体の明るい部分を塗ります。 手の甲も明るい部分ですがここは明るい色を新たに乗せるのではなく、影レイヤーの手の甲の部分の影を消しゴムでけし、その部分を透明色を選択した水彩筆でのばし、明るい形を作っていきます。 次に、水彩筆でハイライトのあたっている場所を塗ります。 オーバーレイでさらに明るい部分を塗ります。 明るい肌色で肩から腕にかけて、胸に水彩筆で柔らかいハイライトをいれていきます。 最初は薄く柔らかくハイライトをいれ、その後強くハイライトを入れたい部分をもう一度塗ります。 最後に通常レイヤーを作り、水彩筆で青色を薄く首の影にのせていきます。 これで上半身の塗りは終了です。 下半身の肌の塗り 太ももの明るい面、今回ですと太ももの上の面の影色を消しゴムでさっと消し、透明色を選択したのばし筆で足の付け根あたりから膝までなじませていきます。 太ももの立体感を意識して、段階をつけて徐々にハイライトがあたる部分を塗っていきます。 次にオーバーレイでさらに明るい部分をぬります。 明るい肌色で太ももの上の面を水彩筆で柔らかいハイライトをいれていきます。 太ももには柔らかい影をつけたいので新しく乗算レイヤーを作り、色は上半身や顔でつけた影色と同じ色でエアブラシで足の付け根、膝、奥にある足に影をもう一段階つけました。 最後に上から新規レイヤーを作成し、モードをオーバーレイにします。 そしてもう一段階明るいハイライトをいれていきます。 以上で「女性キャラクターの肌の塗り方講座」は終了です。 動画講座では、実際にイラストを描いていきながら解説を行っていますので、 記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

色白から日焼けまでカバー!女性キャラクターの肌の塗り方講座|お絵かき講座パルミー

肌 イラスト

前回のラフ工程から作業を進め線画が完成したら、いよいよ塗りの作業です。 ラフの段階である程度配色のイメージを固めているため、全体の塗り分けはせずに、パーツごとにじっくりと塗りの作業を進めていきます。 人物は、肌のやわらかさや丸みをイメージしながら塗り込んでいくのがポイントです。 線画の色を変更する どんな線を引いたか見やすくするために、黒で線画を描いていましたが、黒のままだとイラストに硬い雰囲気が出てしまうため、彩色前に赤ワイン色に変更します。 これにより、背景が透明の場合、線画のみ色を塗ることができるようになります。 [ペン]ツールの[Gペン]を選択し、[ブラシサイズ:2000]と大きく設定。 カラーを赤ワイン色に設定して、線画をなぞりながら色を塗り変えていきます。 [サブビュー]パレットにラフを読み込む 下塗りを施したラフ案を、[サブビュー]パレットに読み込み、線画の隣にウィンドウを表示させます。 [サブビュー]パレットからは[スポイト]ツールを使って色を抽出することができます。 今後各パーツごとに塗り分けを行っていくときは、このラフ案から色を拾い、ベースの色として置いていきます。 今回は、アニメ塗りのようなパキッとした塗り込みと、柔らかい雰囲気のある水彩塗りの中間のような塗り方を採用してみたいと思います。 彩色用のフォルダとレイヤーを準備する 彩色用にフォルダーを準備していきます。 まず、[人物線画]フォルダーの下に[人物 色]フォルダーを作成。 その中にさらにサブフォルダーとして[肌、髪、目]フォルダーを作成し、肌を塗る用のレイヤーとして、新規ラスターレイヤーを追加します。 また、一番下の階層に、塗り残し確認用の色レイヤーを用意します。 明るい色を塗る際の確認用には暗い色のレイヤーを、暗い色を塗る際の確認用には明るい色のレイヤーを使いますので、2種類用意しました。 肌の部分を色分けする 顔や足、手など、肌の部分を[塗りつぶし]ツールで色分けしていきます。 [サブビュー]パレットから[スポイト]を使って、下塗りラフの肌色を抽出したら、[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]を選択。 先ほど準備した肌レイヤーを選択した状態で、肌にあたる部分を塗っていきます。 塗り残し確認レイヤーを使って、はみ出た部分や塗り残し部分を確認しましょう。 手や太ももも同様に色分けしておきます。 肌に赤みを足して表情を付ける 肌の塗り分けが終わったら、ほっぺたや耳、鼻の先の部分などに赤みを足し、やわらかな質感を表現していきます。 肌レイヤーの上に新規ラスターレイヤーを作成し、[下のレイヤーでクリッピング]をオンにします。 これにより、肌のベース色からはみ出さずに赤みを付けていくことができます。 今後塗り込みを行っていくときは、このようにベースとなる塗り分けレイヤーの上に塗り込み用のレイヤーを作成し、クリッピング設定をオンにするレイヤー構成を基本とします。 カラーは薄い朱色に設定しました。 影を入れて奥行きを出す 赤みレイヤーの上に新規ラスターレイヤーを追加し、影を塗り込んでいきます。 カラーはピンク寄りの少し暗めな肌色に設定し、髪の毛がかかる部分やくぼみとなる部分、衣服の陰になる部分などを塗っていきます。 目の印象を強くするため、上まつ毛にも影色を塗りました。 形状を意識しながら、奥まる部分には強く影を入れ、やわらかな質感を維持したいところには薄く影を入れるようにすると、より立体的な質感の演出ができます。 顔周りが塗り終わったら、手や太ももなどにも同様に赤みと影を入れます。 塗り重ねて肌に立体感を出す 少しの変化ではあるのですが、より肌に立体感を出すため、肌色を塗り重ねていきます。 カラーはベースの肌色と同じものを使用します。 最後に全体を微調整して肌を仕上げる 最後にハイライト用のレイヤーと、肌の色味調整用のレイヤーを追加して、それぞれ仕上げていきます。 ほっぺたの赤みも、最後に少しだけ強くしています。 肌色もさらに塗り重ねるなどして、立体的になるよう調整しました。 髪の毛の地色を塗る 肌が塗り終わったら、髪の着彩に移ります。 肌レイヤーの下に、髪を塗る用の新規ラスターレイヤーを作成します。 [スポイト]ツールでラフ案から髪の色を拾い、[塗りつぶし]ツールの[他レイヤーを参照]を選択した状態で髪の地色を塗ります。 隣り合わせの色レイヤー(この場合は肌レイヤー)と線画の境界で塗り残しが出ないよう、境界部分からはみ出すように、[ペン]ツールの[Gペン]で塗り足しておきます。 肌の着彩時同様、塗り残し確認レイヤーを使って塗り忘れやはみ出しがないか確認し、[Gペン]や[消しゴム]ツールで調整します。 肌付近の髪の毛の色を明るくする おでこや顔まわりの髪に肌色を薄く重ね、自然にほんの少し明るく見えるようにします。 [下のレイヤーでクリッピング]をオンにしておきます。 影を付け、髪の毛のしなやかな質感を表現 さらに新規ラスターレイヤーを上に重ね、髪の描き込みを行っていきます。 髪の質感を表現するため、影色は筆を叩き付けるようにして塗っています。 奥まる部分は暗くなるよう塗り重ね、髪の毛が流れる部分はぼかして、しなやかな艶を表現しました。 髪の毛にハイライトをプラスする 前髪の中央にハイライトを入れます。 新規ラスターレイヤーを作成し、[合成モード:覆い焼き(発光)]に設定。 髪の流れに沿って描き入れた後、上部を[消しゴム]ツールでカーブを描くようになぞり、消しています。 [透明ピクセルをロック]をオンにしたら、白の上に灰色がかったトーンの黄色や紫を塗り重ね、光具合を調整していきます。 女の子の銀髪にハイライトを入れたときに、白からピンクに変わる色を演出できるような色を選んで塗っていきました。 [合成モード:覆い焼き(発光)]だと、 ハイライトが白からピンクに変わる色味になります 13. さらに髪の毛の影を描き込む 新規ラスターレイヤーを[合成モード:乗算]に設定し、遠近を付けるために髪の毛の奥まっている部分を青緑色で塗り足します。 次に同じく新規レイヤーを[合成モード:乗算]で追加し、帽子の影となる部分を髪の毛より濃い色で描きます。 髪の影よりも強めに大きく塗っていきました。 さらに、顔周りがもっと目立つように、前髪ともみあげ部分に少しだけ暗めの色を重ねました。 こちらも新規レイヤーを[合成モード:乗算]で作成して塗っています。 それぞれ、不透明度を調整して見え方を確認します。 全体の見え方を確認して仕上げる 暗い色を重ねたことで髪の印象が重たくなってしまったので、工程12で作成した髪のハイライトのレイヤーを複製し、一番上に重ねます。 漫画的な表現ではありますが、これできれいなハイライトが出来ます。 髪の毛はひとまずこれで完成です。 目の土台をざっくりと塗っていく 人物の魅力を決める目を塗っていきます。 髪レイヤーの下に、目を塗る用の新規ラスターレイヤーを作成します。 [ペン]ツールの[Gペン]を使い、白で目の周りをざっくりとはみ出させながら塗ります。 次に目レイヤーの上に新規ラスターレイヤーを作成し、瞳を塗ります。 [下のレイヤーでクリッピング]を設定し、ラフ案で決めていた瞳の色と同じように、灰色と黄色の組み合わせで塗りました。 さらに新規レイヤーを[合成モード:乗算]で作成し、[スポイト]ツールで肌の影の色を拾って、まつ毛の影となる部分を書き込みます。 光など細部を描き込む 新規レイヤーを作成し、[合成モード:オーバーレイ]に設定。 [スポイト]ツールで瞳の色を拾いながら、目の中を描き込みます。 瞳を描き込むときは、灰色と黄色などのように配色の境界部分や、目のハイライト付近に強い色を置くと、目の印象が引き立ちます。 若干目の色が薄いように感じたので、[合成モード:乗算]の新規レイヤーを追加し、瞳の上半分に丸く濃い茶色を置きました。 さらに[合成モード:オーバーレイ]の新規レイヤーを作成し、オレンジ色を瞳の上部にプラス。 [合成モード:加算(発光)]の新規レイヤーをもう1つ追加し、瞳の中央と下の部分に点々とハイライトを描き足すことで目に輝きを加えています。 最後に通常の新規レイヤーを追加し、瞳の下部に黄色で三日月の形を描きました。 目の線画の色を調整する 瞳の部分をある程度描き込んだら、目の線画の色味を変更します。 [人物線画]フォルダー内の目のレイヤーを選択し、[透明ピクセルをロック]をオンにします。 上まつ毛の中心部分には黒を置き、目尻や目頭に向かうにつれ赤や肌色に塗り替えています。 下まつ毛は薄い赤色にしました。 さらに目元に合わせ、口元や眉毛などの線画も柔らかい印象の赤ワイン色に変更しています。 このように線画の色を変える工程は、顔の印象に変化を与えるために非常に重要な作業だと考えています。 線画の上から描き込みをする 瞳にさらに細かい描き込みをしていくために、[人物線画]フォルダー内の一番上に、描き込み用のフォルダーとレイヤーを作成します。 目だけでなく、衣装や顔などで描き込みをしたいときにもこの[描き込み]フォルダーのなかにレイヤーを追加して描き込んでいくようにします。 さまざまな箇所の最終調整をこのフォルダー内で行っていくため、この中に作成したレイヤーには、[下のレイヤーでクリッピング]は適用しないことに注意してください。 目の描き込みレイヤーには、白いハイライトや明るい黄色を描き足し、瞳のキラキラ感を高めました。 自分の気に入る目になるまで、試行錯誤の連続です。 線画の下では埋もれてしまう部分も、線画の上から描き込むことで、さらにクオリティが上がったり、表情が豊かになることがあります。 線画に捕らわれることなく大胆に塗り込みができ、イラストの印象をガラッと変えることもできるため、「微細な最終調整ができる」フォルダーと考えるとよいかもしれません。 肌や目の印象に合わせて、顔のパーツも最終調整する 肌や目を塗ることでようやく女の子の顔の印象が見えてきたので、合わせて目以外のパーツも調整していきます。 工程18で作成した[描き込み]フォルダー内に新規レイヤーを追加します。 目の印象に比べて鼻が小さく感じたため、白いハイライトを大きくし、線画のときに描いた鼻の線を少し潰しました。 また[ペン]ツールの[Gペン]でほっぺたにも斜線を追加して、強調的な表現にしてみました。

次の

肌の塗りは1影を極めろ! 肌の塗り方講座

肌 イラスト

銀座スキンクリニック 坪内利江子さん フランスのサンルイ病院皮膚科で臨床研修。 日本医科大学医 生活習慣の積み重ねが様々なタイプのくすみを生む! 坪内さん曰く、一言で「くすみ」と言っても、その種類や原因には様々なタイプがあるのだとか。 そのため厳密な定義はありません。 ただ、くすみの中でも肌色が茶色っぽくなる、黄みがかる、青暗くなる…など、何が背景なのかにより、タイプが違ってきます」(坪内利江子先生・以下同) では、その原因はどんなことなのでしょう? 「体質的なものもありますが、紫外線を浴びる量や洗顔の方法、睡眠状態など、生活習慣によるものも大。 それらが重なることで、各タイプの原因になります。 」 くすみの種類にあったケアを。 セルフチェックで原因を探って くすみの改善には自分のタイプから原因を知ることが大切です。 「メラニンくすみの人が糖化くすみのケアをしても悪いことはないですが、結果は期待薄。 ただ自分の肌がどんな生活習慣のためにくすんでいるのかは、意外とわかりづらいもの。 下のチェックポイントで客観的に判断するのは、良いと思います」 エステなどでプロにカウンセリングしてもらう場合も、セルフチェックの結果を伝えるのは良い判断の材料に。 早速自分のくすみタイプをチェックして、改善策を見つけましょう! 知ってた?くすみ肌の種類はこんなにある! 【くすみタイプ1】乾燥によるくすみ 湿度の低下や洗顔のしすぎで肌が乾燥し、キメの乱れやハリの低下からできた影によりくすんで見えるタイプ。 乾燥で外的刺激が肌に入りやすく、バリア機能が低いのも特徴。

次の