数珠 浄土真宗本願寺派。 Amazon|浄土真宗 西本願寺派 数珠袋|数珠袋 オンライン通販

浄土真宗本願寺派は浄土真宗の最大派閥って知ってた?

数珠 浄土真宗本願寺派

宗祖 親鸞聖人 本尊 浄土真宗では派を問わず全て阿弥陀如来を本尊としておまつりします。 仏像の他、絵像や名号を本尊としておまつりすることもあります。 大本山 西本願寺(京都府下京区) 経典 浄土三部経・・・浄土真宗でよりどころとする三つの経典 仏説無量寿経(大経) 仏説観無量寿経(観経) 仏説阿弥陀経 (小経)• 11:• 13:• 15:• 17:• 19:• 21:マッチ消し• 23:• 25:• 27:• 29:• 6:木蝋(もくろう)• 10:• 12:• 14:土香炉• 16:• 18:• 20:• 22:線香差• 24:金襴輪• 26:• 28:• 30:• 仏壇の選び方 大谷派の伝統的なお仏壇は、漆塗に金装飾が施された絢爛豪華な金仏壇です。 最近では小型の金仏壇も作られていますので住宅事情に合わせてお選び下さい。 また、必ずしも金仏壇でないといけないということはございませんので、モダン仏壇などを選択されるのもいいでしょう。 本尊(仏像)の選び方 浄土真宗の本尊は阿弥陀如来立像です。 正式なものには光背に梵字の入った雲が浮かびます。 予算が許すのであれば掛軸よりも木彫の仏像をおまつりいただくのがおすすめです。 柘植(つげ)や白檀などの高級木材で作られた仏像は高価ですが、桧木(ひのき)で作られた仏像は価格もお手頃です。 掛軸の選び方 本尊の両脇には十字名号と九字名号をおまつりします。 これを脇掛(わきがけ)といいます。 十字名号とは「帰命尽十方無碍光如来」、九字名号とは「南無不可思議光如来」です。 また、本尊についても仏像の代わりに掛軸を本尊としておまつりすることもできます。 その場合も本尊は阿弥陀如来の絵像をおまつりします。 位牌の選び方 浄土真宗では基本的に位牌を使用しません、・・・ですが最近ではご先祖様供養のためにお位牌をご用意される家庭も増えてきています。 本来はご先祖の名前は過去帳に記し、おまつりの対象とはしません。 仏具の選び方 普段のお飾りでは三具足を揃えておくとよいでしょう。 三具足とは香炉、花立、火立を指します。 また、年忌法要やお盆、正月などの特別な時には五具足のお飾りにするのがよいとされています。 これに加え、御文書箱、和讃箱なども用意できるとよいでしょう。 数珠(念珠)の選び方 なるべく浄土真宗の本式念珠を選びます。 男性には黒檀や虎目石が、女性には水晶が人気ですが、珠の素材に決まりはありませんので、ご自分の好きな天然石や天然木の珠を選ぶとよいでしょう。 深い赤色が魅力の本格仏壇 深い赤色が魅力の上置仏壇です。 棚の上などに設置できる小さいタイプのお仏壇ですが、細部までしっかりと作りこまれています。 最下段には扉付きの収納が用意されていますので、個人に関係する大切な品を収納して下さい。 また、膳引き(引出しトレー)も備わっていますのでお供え物もたくさん置いていただけます。 二枚扉の本格仕様。 木彫の装飾パーツは取り外すことが出来ます。 仏壇 掛軸 具足 リン.

次の

数珠の選び方・房の種類は男女で違う?浄土真宗用おすすめは?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

数珠 浄土真宗本願寺派

けやきの数珠 こういうものはストーリーがあっていいですよね。 数珠を選ぶポイント 石の数珠はきれいだけど紐が切れやすく、冬に手に持つと冷たいのでぼくは木の材質の数珠のほうが好きです。 木や木の実が材料のものは手触りがあたたかく、長年使っていくうちに色味が変化して味がでるので大事に使う甲斐があるところがいいですね。 木の「共仕立て」が紐も切れにくくて、手から滑り落ちにくいので個人的には好きです。 (ともじたて・クルミの数珠の写真がわかりやすいですが、赤い石が入っている部分、大きいところを親玉・小さいところを弟子玉といいます。 その部分も主に使われている素材を同じ素材で仕立てることです。 けやきの数珠は親玉が共仕立てです。 ) 数珠の持ち方や扱い方 合掌していない時は 左手に持ち、房が下に垂れるようにします。 合掌の時は必ず 両手にかけ、組紐・房が下に垂れるようにし、親指で軽く押さえます。 両手を入れて合掌しましょう 他宗派では「念仏の数を数えるため」「擦りならして煩悩を滅するため」などいろいろと数珠の使い方がありますが、真宗興正派「 ただ両手にかけて礼拝する。 」のが正式な使い方です。 じゃらじゃらと擦りあわせたり、つまぐる(念仏の数を数えて玉を指で動かす)ような事はしません。 お寺に参拝する時は数珠を忘れないようにしましょう。 蓮如上人は「念珠をせずに合掌することは仏を鷲掴みにするようなもの」と戒めておられます。 数珠は法具でありますので大切に扱い 畳や廊下などに直接置いてはいけないとされています。 バチが当たるとかそういうことではなくて、 大事で神聖な道具なので丁寧に扱いましょうということですね。 レンタルの数珠でもいいの? 葬儀会館で入り口に数珠を忘れた人用のレンタル数珠を置いていますね。 また、ご自身のものとレンタルと、別に数珠としての違いは何もありません。 しかし、仏前に参り尊敬の心・感謝の心こういうものを・礼拝という態度で示そうとするときに、簡易のレンタルのものを使って参るよりは、 ご自身の大事にしている数珠を持って参ろうかという心持ちが真摯に仏さまにむきあうことにつながるのではと思うのです。 まあでも人間ですから、そう思ってても持って行くのを忘れてしまうことはありますけどね。 数珠はいつから使われていたの? 数珠は仏教のはじまる時代(紀元前6世紀ごろ)以前に、インドではすでに存在していた形跡があるそうです。 もともとはバラモン教で使われていたもので、仏教教団特有の道具とか必須の法具というわけではなかったようですね。 ですから、インドから後にタイ、ベトナムなどの南方に伝わった仏教教団では僧侶も在家(一般の方)も基本的には数珠は使いません。 しかし中国、朝鮮、日本へと伝来した北方仏教では数珠を用いる作法に重きを置いたため、現在の日本の仏教教団では各宗派とも数珠を用いています。 使用方法やその意味については各派様々な違いがあります。 ちなみにインドで使われていた数珠の原型が西洋に伝わり、キリスト教のロザリオとなったという説もあるようですね。 全く違う土地で歴史を重ねたものがさかのぼれば同じ起源を持つとはなかなか興味深いものです。 数珠の形から学ぶ事 数珠の珠は中に紐が通っていなければバラバラになってしまいます。 中心の紐のおかげで綺麗に輪の形に整列しているんですよね。 その珠の1つを「自分自身」と見立ててみましょう。 例えば隣り合う珠は直接出会う人。 その隣は、少し関わりのある人。 反対側にある珠は会った事もないけれども縁のある人、などと言えるでしょう。 ご縁の糸を切る事は簡単ですが、 切れた縁をもう一度綺麗につなぎ直すことは大変難しいことです。 数珠も人の縁も大切にしたいものですね。 あわせてこんな記事もいかがですか?• 他にもした記事やなんかも人気です!よかったらそちらもどうぞお目通しください!

次の

浄土真宗本願寺派と真宗大谷派の仏壇を解説!飾り方と価格

数珠 浄土真宗本願寺派

浄土真宗 お数珠の選び方と 持ち方と豆知識 お数珠は、お葬式や法事、 お墓参りの時に手にする 最も身近な仏具でございます。 常にお数珠を持って仏様・ご先祖様に手を合わせれば、人間が持つ108個の煩悩が消滅し、有難い功徳を得られるといわれています。 お数珠は合掌する手に掛け、仏様・ご先祖様と心と心を通い合わせる大切な法具で、日本人にとって忘れてはならない必需品でございます。 日本の仏教には様々な宗派があり、それそれ異なるご本尊や教えがあり、お数珠も宗派によって違いがあります。 ご自身の宗派がある場合は、ご先祖さまから受け継がれた宗派の信仰を尊重し、ご自身の宗派の「本式数珠」を持たれる方が多くいらっしゃいます。 こちらでは、浄土真宗のお数珠の持ち方や選び方など、浄土真宗のお数珠の豆知識についてご紹介いたします。 沢山の種類があり、迷われるかもしれませんが、お数珠の選び方に特に決まりはございませんので、お客様のお好みで、素材・ご予算・色・玉サイズなどから、ご自由にお選び下さい。 男性の方は主に「22玉」「20玉」「18玉」「みかん玉」、女性の方は「8寸サイズ」からお選びいただく方が多いです。 「これいいな。 」と思ったお数珠や「この素材が気になる・・・」というお客様の直感を大切にお選びされることをおすすめしております。 お数珠は何度も買い替えるものではなく、一度買えば、房や中糸を修理することで、何十年ももちます。 気に入ったお数珠をお選び頂き、永く大切にご愛用頂くことが良いと考えております。 気になる素材でご用意がない場合、お作りできる素材もございますので、お気軽にお問い合わせください。 浄土真宗のお数珠の素材 浄土真宗のお数珠の素材には、天然木を使用した木製のお数珠と、艶やかな輝きが美しい天然石を使用したお数珠があります。 天然木・木製素材の浄土真宗のお数珠 木製素材は、使えば使うほどに玉の表面に艶が出来たり、趣のある色合いに変わったり、素材の風合いの移り変わりをお楽しみいただくことが出来ます。 主な素材としては、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、正梅(しょううめ)、栴檀(せんだん)、菩提樹(ぼだいじゅ)などがあります。 香木には、白檀があり、香りには心身をリラックスさせる効果があると言われています。 木製素材のお数珠の中でも有名なのは、菩提樹でございます。 お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開かれたことから、有名になりました。 その為、菩提樹の数珠は他の素材に比べ尊ばれ、経典にも「無量の福、最勝の益」を得ると説かれています。 菩提樹の種類としましては、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、天竺菩提樹(てんじくぼだいじゅ)などの種類がございます。 天然石・貴石素材の浄土真宗のお数珠 天然石素材のお数珠は、艶やかな表面の輝きと、様々な色合いの素材が魅力的でございます。 天然石には、それぞれの石の持つ効力・意味があり、意味合いからお数珠を探される方も数多くいらっしゃいます。 男性には、仕事運や勝負運アップで有名な虎目石・青虎目石が人気の素材で、女性には、女性らしい色合いのローズクォーツや藤雲石などが人気の素材でございます。 その他にも、本水晶・オニキスは、定番素材として、男性、女性共に人気がございます。 天然木と天然石が入った浄土真宗のお数珠 お数珠に使用されている素材が、全て天然木、全て天然石のものもございますが、天然木と天然石の両方が入ったお数珠もございます。 どちらの素材の良い部分を併せ持ており、また、天然石がアクセントとなり、大変人気がございます。 浄土真宗のお数珠の品質 お数珠の品質は、「素材の品質」、「加工の品質」、「仕立ての品質」により異なります。 この3つの品質が全て揃ったとき、とても素晴らしいお数珠になります。 「加工の品質」は、通し穴加工と研磨加工です。 通し穴は、素材の真ん中に真っ直ぐに通っており、通した糸が切れにくい仕上げになっていることなどが品質の良い加工です。 さらに、研磨技術が優れており、美しい磨き加工で有名な、山梨県甲府で磨き上げられた玉は、海外加工のものとは違い、本当に美しい光沢と輝きがございます。 「仕立の品質」は、数珠の本場、京都で認められた職人が作る本物の京念珠であることかどうかで左右されます。 当店のお数珠は本物の「京念珠」でございます。 仕立ての丁寧さ、中糸の切れにくさ、なによりもお数珠の作りが海外製品のものや、京念珠ではないものと全く違う美しさがございます。 その為、品質の高いお数珠になってきますと、価格も上がってまいります。 浄土真宗のお数珠の値段 お数珠の素材が汚れたり、くすんできたな、と感じられましたら、眼鏡ふきなどの柔らかい布を使って優しく吹いてください。 女性用のお数珠の頭付房に万が一、房に癖がついてしまいましたら、お鍋にお湯を沸かし、湯気が出てきたらその蒸気にあて、房が真っ直ぐになるように整えるように房を撫でていただくと綺麗に戻ります。 また、お数珠をお持ち歩き頂くときは、素材に傷がつかないように、お数珠袋に入れて頂くことをおすすめしております。 ただし、お数珠をお数珠袋に入れたまま保管いたしますと、 房に癖がつきやすくなります。 お数珠をご自宅で保管される際には、専用の箱に入れ、形を綺麗に整えた状態で保管して頂くか、お数珠掛けにかけていただくことをおすすめします。 浄土真宗のお数珠の修理・メンテナンス.

次の