ウーバー サジェスト。 SEOキーワード分析ツール「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」が無料で使わない理由がない

キーワードプランナーより簡単!無料キーワードツール、ウーバーサジェスト|Enazeal Engineer BLOG

ウーバー サジェスト

「SEO対策って何をすればいいの?」って思う方も多いのではないでしょうか? 『何をすればいいのか』の前に 知っておくべきポイントというのがいくつかあります! まずはそちらを解説します。 検索キーワードを知る 自分が どんなジャンルの記事を書くのかによりますが、ユーザーが どんなキーワードを使って検索しているかを知ることが大切です。 それを知ることで、その キーワードを使った記事のタイトルにしたり、記事の内容を キーワードに沿った内容にすることで上位に表示されやすく読まれやすくなるというわけです! 要は ユーザーが知りたいことを書いているかどうかによって検索順位が変わってくるということです。 検索数を知る 大体どのぐらいの検索数があるのかを知っておかなければなりません。 例えば、 「このキーワードで記事を書こう」と思っていても、あまり調べられていなければ記事を見てもらえないですよね・・・ 逆に、調べる人がたくさんいすぎると、 そのキーワードを使って記事を書くアフィリエイターも多いので見られにくくなります。 検索数を調べる方法は後ほど説明しますが、 月間の検索数が10,000前後がベストでしょう! かんたんSEO対策のやり方 上記で説明したように、 キーワードと検索数を調べていきます。 まず記事を書く前に行える かんたんなSEO対策ですのでしっかり抑えておきましょう! キーワードと検索数両方を調べることができる 『Ubersuggest ウーバーサジェスト 』というツールを使います! これはアフィリエイトを行う方なら結構利用しており、 Googleなどで検索すれば出てきます! ある程度書きたい記事のジャンルが決まれば、それに対して メインキーワードの検索数を調べます。 例えば ダイエットに関する記事を書きたいのなら、 メインキーワードは 『ダイエット』になるわけです。 ただ、 『ダイエット』だけだと情報に具体性がないので 「どんなダイエットをしたいのか?」が次のポイントです! そこで次に検索するのが サブキーワードです。 例えば サブキーワードは、 『ダイエット 運動』や 『ダイエット 食事』といった メインキーワードの次にくるものです! それでも検索数が多い場合はさらに絞って 『ダイエット 食事 レシピ』などにすると、自分の記事を見てほしい対象者が絞れてきます。 このように 『Ubersuggest ウーバーサジェスト 』を使えばかんたんに 書くべき記事のキーワードがでてきますので、それに対して自分のオリジナリティを加えた内容にすれば上位検索を狙えるでしょう!! 『Ubersuggest ウーバーサジェスト 』の使い方はこちらの動画をご覧下さい! この記事のまとめ.

次の

ウーバーサジェスト(Ubersuggest)の検索順位追跡機能はハイスペック!?|ブログで稼ぐ【Blogrows】

ウーバー サジェスト

こんにちは、水城です。 SEO対策の無料の神ツールと崇められていたウーバーサジェスト(Ubersuggest)がとうとう有料になってしまいました。 ウーバーサジェストはキーワードプランナーとは違い、広告を出さなくても無料で正確な月間検索ボリュームやライバルサイトの情報を丸裸にできるツールとして人気でした。 まあちょっと前に、グーグルアカウントの登録をしないと関連ワードを一部しか閲覧できなくなっていたので、嫌な予感はしていたんですが、ついにその時が来てしまいましたね。 ウーバーサジェストのおじさん(ニール・パテル氏)も手間と費用をかけておられるし、そもそもいずれは有料にする前提で運営していたと考えられるので、マーケッターの立場からすればそうなるのも当然ですね。 さて、そんなウーバーサジェストですが、料金はいくらかかるのでしょうか? 目次• ウーバーサジェスト(Ubersuggest)は、料金はいくらかかる? ウーバーサジェストの料金は、月額2,990円です。 (当初は月額1000円だったのですが、2020年4月に入ってから値上げされたようです。 ) 7日間無料お試しをやっています。 ちなみに、キーワードプランナーでは広告を出すのに月200円程度かかります。 ウーバーサジェストはその 15倍の値段ですが、その価値はあるのでしょうか? ウーバーサジェストは有料になったが使う価値はあるのか? ウーバーサジェストは有料になりましたが、月2990円払ってでも使う価値はあるのでしょうか? 結論から言うと、その人次第だと思います。 そもそも基本的にウーバーサジェストを使う人というのは、アフィリエイターやWebマーケッターがほとんどでしょう。 その利用目的はキーワードの月間検索ボリュームや関連ワード、被リンク、SEO難易度等の調査であると考えられます。 では、アフィリエイターやWebマーケッターは全員お金を投じてでも使うべきなのか? 私はそうは思いません。 キーワードはあくまでもお客さんの悩みとアフィリエイターの記事を橋渡しするものに過ぎません。 大事なのはその悩みに答えられる記事を自分が書けるかどうか、価値を提供できるかどうかということです。 「いや、でも月間ボリュームの少ないキーワードとかライバルの弱いキーワードを見つけられるならそれに越したことはなくない?」 といった意見もあるでしょう。 もちろん私もそれには同意見です。 しかし、そういった「スキを狙う」ことばかり意識して「お宝キーワード」なるものを見つけることに躍起になってしまい、本来の記事を書く目的を忘れてしまっている人が多いのが実情です。 その結果、記事タイトルが3語を無理やり詰め込んだようないびつなものになっており、その記事の中身もとうていユーザーの悩みを解決すべく書かれたものとは言い難い内容になっているブログを結構見かけます。 とはいえ、偉そうに言っている私もお宝キーワードを探し出すことに躍起になっていた時期がありました。 月間検索ボリュームが1000程でSEO難易度が20~30程度といったキーワードを探すのに、一時間くらいかけていたことがあります(笑) 2,3語組み合わせたロングテールキーワードで、そういったお宝キーワードを見つけたときは歓喜したものです。 しかし、ようやく見つけ出したのは良いものの、3語の複合ワードを記事タイトルに自然に取り入れることができなかったり、そもそも記事タイトルに合った内容の記事を自分が本当に書けないことに気づいたりしたのです。 私の実力不足と言われればそれまでですが、やっていることの不自然さがぬぐい切れませんでした。 しかし、あるときキーワード選定にあまり労力を割かなかった記事が上位表示されたことがありました。 もちろんお客さんの悩みとして深いキーワードであり需要があることは分かっていましたが、月間検索ボリュームとかライバルの強さとかを意識せずに書いたのです。 順位は最初は検索結果の3ページくらいだったのが、2か月したら1ページ目の5位に来ていました。 おそらくその記事のおかげだと考えられますが、グーグルアナリティクスで確認すると滞在率が大きく上がっていました。 そのときから私はお宝キーワードを見つけることよりも、ユーザー目線の記事を書くことのほうがSEO的にも有利になるということに気づいたのです。 それからはキーワードツールにはあまり頼らなくなりました。 見るのはグーグルサジェストキーワードと関連キーワードくらいです。 これらはツールを使わずとも確認できます。 実際にこれでも十分にお客さんのアクセスを集めることができています。 ですので、私は有料のツールなんてのは必要ないと考えているわけです。 もっとも、あなたが実際にこれまでウーバーサジェストを使って成果を出しており、月2,990円の元が取れるのであればお金を払ってでも使用する価値はあるでしょう。 しかし、そもそも今までに(私も含め)ウーバーサジェスト等のSEO対策ツールを活用して結果を出したことのない人間が、 「ウーバーサジェスト有料になっちゃった・・・どうしよう?」 と嘆くのは冷静に見ればおかしいわけです。 最も効果的なSEO対策とは? じゃあ、SEO対策はどうすればよいのかという話ですが、私が意識しているのは、 ・見出しにキーワードを含める ・滞在率や巡回率を高めるべく最後まで読まれる記事を書く の2つだけです。 特に2つめの 「滞在率や巡回率を高めるべく最後まで読まれる記事を書く」 というのが重要になってきます。 なぜなら、滞在率や巡回率が高い記事はユーザーにとって役立つ記事であるとグーグルが評価して上位表示しようとするからです。 では、最後まで読まれるような記事を書くにはどうしたら良いのでしょうか? それを支えるスキルがあるのですが、それが何かお分かりでしょうか? ・・・ それはコピーライティングのスキルです。 コピーライティングの力を鍛えて記事を書くことによって、お客さんに最後まで読まれるだけでなく、他の記事も読んでみたいと思ってもらうことができるのです。 その結果、滞在率や巡回率も上がり、グーグルからも評価され記事が上位表示されるようになるのです。 「コピーライティングの力を使って自分の記事を最後まで読んでもらえるようになりたい!」と思われた方は以下の記事もご覧ください。

次の

一部有料だけどほぼ無料のUbersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方を紹介

ウーバー サジェスト

キーワード検索に1日あたりの回数上限が設けられた Googleアカウントにログインしていない時の検索回数も何らかの方法で記憶しているようです。 キーワード検索の仕様変更内容をまとめると Ubersuggestの無料版においてキーワード検索の仕様変更をまとめると以下の3点となります。 Ubersuggestの無料版においてキーワード検索回数に上限が設けられた。 Googleアカウントにログインしていない状態だと、3回まで検索可能で、4回目以降は不可。 Googleアカウントにログインしている状態では、1日の検索回数は3回まで、24時間後に上限がリセットされて再度検索可能になる。 上限回数については、私が個人的に試した限りの情報なので、人によっては異なる可能性もあります。 仕様変更の背景 Ubersuggestの無料版は、これまでも仕様変更が行われてきました。 一時は、無料版だとキーワード検索の結果が上位10個までしか表示されないようになりましたが、それも1ヶ月程度で元に戻すということがありました。 無料版の仕様変更の背景にあるのは、なんとかして、Ubersuggestの運用コストを回収することにあります。 Ubersuggestの運用には、サーバーコストを含め月々最低でも2000万円以上かかることが運営者によって明らかにされています。 無料版の利用者が増加すれば、それだけ運用コストも増加していきます。 有料版の利用者を増やすか、広告を導入するか、取得したデータを売るかなどの対策が必要となります。 今のところ、有料版の利用者を増やしたり、有料版の価格を引き上げることで対応しようとしていると推測されます。 Ubersuggestは、これまで無料とは思えない有益な機能を提供していきました。 それに慣らされた利用者は、無料版の機能が使えなくなると吐き捨てるように異常に低い評価を下したり、文句を言ったりします。 Ubersuggestのような機能は、本来広告や利用者のデータの売買無しに無料で提供できるはずが無いという思考にならないのでしょう。 Ubersuggestの代わりとなる無料キーワード検索ツールの本命を見つけた なにわともあれ、Ubersuggestは無料版では制限が厳しいため、代わりとなるツールは無いものかと思うかと思います。 無料で検索キーワードの検索回数(検索ボリューム)を調べるツールは、aramakijake. jp あらまきじゃけ など複数ありますが、いずれもデータが実態とかけ離れているケースが多く、個人的には正直使い物にならないと判断しています。 その中で最近見つけたのが「」というGoogle Chromeの拡張機能 アドオン です。 色んな検索キーワードでUbersuggestで表示される検索ボリュームの数字と比較してみたのですが、完全に一致していました。

次の