細胞小器官 覚え方。 【生理学】リボソームとリソソームがわかりくい!細胞小器官まとめ|もぬけ@国試対策 鍼・柔・あ|note

【生理学】リボソームとリソソームがわかりくい!細胞小器官まとめ|もぬけ@国試対策 鍼・柔・あ|note

細胞小器官 覚え方

細胞の中を泳いでみるの 生物はすべて細胞からできている 最初に細胞を発見したのは、イギリスの物理学者であり生物学者でもあったロバート・フック(RobertHooke、1635~1703)です。 彼はある日、コルクがなぜ水に浮くのかを調べるため、顕微鏡を使ってコルクの断面を調べていました。 すると、その中に無数の隙間を見つけます。 1665年のことでした。 このときフックが見たものは、死んだ植物細胞の細胞壁に囲まれてできた空間でした。 しかし、それが単なる隙間ではなく生命の基本単位だとわかったのは、フックの発見からずっと後、19世紀に入ってからのことです。 これを最初に唱えたのは、ドイツの生物学者マティアス・ヤコブ・シュライデン(MatthlasJakobSchlelden、1804~1881)とテオドール・シュワン(TheodorSchwann、1810~1882)でした。 1838年、植物の発生過程を研究していたシュライデンがまず、「植物の基本単位は細胞である」と発表。 翌年、シュワンがシュライデンの説は動物にも当てはまることを確認しました。 図1細胞を発見したフック 1個の細胞が分裂を繰り返しながら増殖し、その集合体が個体を作り出しているという考え方は、現在では高校の教科書にも載っている基本中の基本です。 シュライデンとシュワンが発見したこの考え方を世界に広めたのは、ドイツの医学者ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョウ(RudolfLudwigKarlVirchow、1821~1902)でした。 ウィルヒョウは「すべての細胞は細胞から生まれる」という有名な言葉を残しています。 図2生物の基本単位を唱えた偉人たち そんなに! ユニークな細胞 身体を構成する細胞はおよそ200種類。 2mm)までと、大きさも形も、さまざまです()。 図3細胞の種類 大きさや形はまちまちでも、基本構造は同じ。 どれも、遺伝子をもった 核と 細胞質、 細胞膜からできています(、)。 ただし、の細胞は例外で、を持っていません。 もともと核がないわけではなく、脱核といって、細胞が成熟していく過程で核を失ってしまうのです。 先端に核を含み、後ろにはするための鞭毛(べんもう)が付いているのは精子細胞。 運動機能をもった珍しい細胞です。 平滑筋細胞は、左右の端が尖って細く伸びた格好で、いかにも伸び縮みしやすそう。 貯蔵庫のような働きをする脂肪細胞は、核が端のほうに追いやられ、なんだか窮屈そうです。

次の

【生理学】リボソームとリソソームがわかりくい!細胞小器官まとめ|もぬけ@国試対策 鍼・柔・あ|note

細胞小器官 覚え方

細胞核、小胞体、ゴルジ体、ミトコンドリア、葉緑体など 細胞小器官 2017. 07 真核生物の細胞内には膜に包まれた細胞核の他に、小胞体、ゴルジ体、ミトコンドリア、葉緑体など様々な細胞小器官(オルガネラ)が存在する。 これら細胞小器官はそれぞれ独自の機能を持つ、たんぱく質の合成や代謝などを果たしている。 細胞質基質(サイトゾル) 細胞質基質は細胞内で細胞小器官以外の空間を埋める部分である。 細胞質基質では水が溶媒となり、様々な可溶性タンパク質や糖、脂肪酸、アミノ酸、核酸などが溶け込んでいる。 また、細胞骨格とよばれる繊維が細胞質基質に張り巡らせ、原形質流動などにより各種の物質の運搬などを担っている。 細胞核 細胞核は核膜によって覆われ、内部にはクロマチン(DNA とタンパク質の複合体))が含まれ遺伝情報の保存や転写などを行っている。 核膜には核膜孔とよばれる穴が多数存在し、細胞核の内側と外側で物質交換や情報伝達の通路となっている。 また、細胞核の中には少数の核小体とよばれる領域が存在し、rRNA の合成がさかんに行われている。 小胞体 小胞体は形態的に粗面小胞体と滑面小胞体の 2 種類に分けることができる。 粗面小胞体は核膜の近くに多く存在し、核膜と粗面小胞体の膜が繋がっている部分もある。 また、その表面には多くのリボソームが付着し、膜タンパク質や分泌タンパク質などの合成が行われている。 滑面小胞体はゴルジ体のシス側に多く分布し、脂質の合成やカルシウムイオンの貯蔵などを担う。 ゴルジ体 ゴルジ体は扁平な袋状の膜構造がが密に重なった構造を持つオルガネラである。 ゴルジ体は核膜に近い方からシスゴルジネットワーク、シス嚢、中間嚢、トランス嚢、トンランスネットワークと 5 つの層に分けることができる。 それぞれの層がそれぞれ独自の修飾をタンパク質に施している。 修飾は糖鎖の付加、脂質の付加、リン酸化など多岐にわたる。 リソソーム 老朽化した細部成分や、オートファジーやエンドサイトーシスにより細胞外から取り込まれた物質を分解する働きを持つ。 リソソームの内部は酸性を示し、様々な加水分解酵素を含み、核酸、タンパク質、多糖、脂質などを分解することができる。 ペルオキシソーム ペルオキシソームは主に脂肪酸の酸化、コレステロールや胆汁酸の合成、アミノ酸やプリンの代謝など機能を持つ。 これらの反応はオキシダーゼの触媒により行われ、反応の副産物として過酸化水素が生じる。 これらの過酸化水素はペルオキシソームの内腔にあるカタラーゼによって分解される。 ミトコンドリア 二重膜(内膜と外膜)をもち、自己複製能をもつ細胞小器官である。 内膜は何重にも折り重なってクリステと呼ばれる構造を形成する。 内膜に存在する電子伝達系は NADH を利用して ATP を合成している。 液胞 植物細胞に存在する液胞は動物細胞のリソソームに類似し、細胞内成分を分解する働きを持つ。 液胞内は酸性に保たれ、多様な加水分解酵素を持つ。 一方、成熟中の種子に含まれる液胞は貯蔵タンパク質を多量に含む。 色素体(プラスチド) 植物に存在し、光合成、物質の貯蔵、化合物の合成などを行うオルガネラである。 葉緑体や白色体などに分類されるが、再分化により白色体が葉緑体またはその逆に変化することがある。 ミクロボディ 直径が 1. 7-2. グリオキシソームとペルオキシソームなどが確認されている。 細胞壁 植物細胞は、細胞膜の外側にセルロースからなる厚い細胞壁で覆われている。

次の

解剖学 語呂合わせ集

細胞小器官 覚え方

細胞核、小胞体、ゴルジ体、ミトコンドリア、葉緑体など 細胞小器官 2017. 07 真核生物の細胞内には膜に包まれた細胞核の他に、小胞体、ゴルジ体、ミトコンドリア、葉緑体など様々な細胞小器官(オルガネラ)が存在する。 これら細胞小器官はそれぞれ独自の機能を持つ、たんぱく質の合成や代謝などを果たしている。 細胞質基質(サイトゾル) 細胞質基質は細胞内で細胞小器官以外の空間を埋める部分である。 細胞質基質では水が溶媒となり、様々な可溶性タンパク質や糖、脂肪酸、アミノ酸、核酸などが溶け込んでいる。 また、細胞骨格とよばれる繊維が細胞質基質に張り巡らせ、原形質流動などにより各種の物質の運搬などを担っている。 細胞核 細胞核は核膜によって覆われ、内部にはクロマチン(DNA とタンパク質の複合体))が含まれ遺伝情報の保存や転写などを行っている。 核膜には核膜孔とよばれる穴が多数存在し、細胞核の内側と外側で物質交換や情報伝達の通路となっている。 また、細胞核の中には少数の核小体とよばれる領域が存在し、rRNA の合成がさかんに行われている。 小胞体 小胞体は形態的に粗面小胞体と滑面小胞体の 2 種類に分けることができる。 粗面小胞体は核膜の近くに多く存在し、核膜と粗面小胞体の膜が繋がっている部分もある。 また、その表面には多くのリボソームが付着し、膜タンパク質や分泌タンパク質などの合成が行われている。 滑面小胞体はゴルジ体のシス側に多く分布し、脂質の合成やカルシウムイオンの貯蔵などを担う。 ゴルジ体 ゴルジ体は扁平な袋状の膜構造がが密に重なった構造を持つオルガネラである。 ゴルジ体は核膜に近い方からシスゴルジネットワーク、シス嚢、中間嚢、トランス嚢、トンランスネットワークと 5 つの層に分けることができる。 それぞれの層がそれぞれ独自の修飾をタンパク質に施している。 修飾は糖鎖の付加、脂質の付加、リン酸化など多岐にわたる。 リソソーム 老朽化した細部成分や、オートファジーやエンドサイトーシスにより細胞外から取り込まれた物質を分解する働きを持つ。 リソソームの内部は酸性を示し、様々な加水分解酵素を含み、核酸、タンパク質、多糖、脂質などを分解することができる。 ペルオキシソーム ペルオキシソームは主に脂肪酸の酸化、コレステロールや胆汁酸の合成、アミノ酸やプリンの代謝など機能を持つ。 これらの反応はオキシダーゼの触媒により行われ、反応の副産物として過酸化水素が生じる。 これらの過酸化水素はペルオキシソームの内腔にあるカタラーゼによって分解される。 ミトコンドリア 二重膜(内膜と外膜)をもち、自己複製能をもつ細胞小器官である。 内膜は何重にも折り重なってクリステと呼ばれる構造を形成する。 内膜に存在する電子伝達系は NADH を利用して ATP を合成している。 液胞 植物細胞に存在する液胞は動物細胞のリソソームに類似し、細胞内成分を分解する働きを持つ。 液胞内は酸性に保たれ、多様な加水分解酵素を持つ。 一方、成熟中の種子に含まれる液胞は貯蔵タンパク質を多量に含む。 色素体(プラスチド) 植物に存在し、光合成、物質の貯蔵、化合物の合成などを行うオルガネラである。 葉緑体や白色体などに分類されるが、再分化により白色体が葉緑体またはその逆に変化することがある。 ミクロボディ 直径が 1. 7-2. グリオキシソームとペルオキシソームなどが確認されている。 細胞壁 植物細胞は、細胞膜の外側にセルロースからなる厚い細胞壁で覆われている。

次の