妊婦 頭痛 対処。 妊娠時の痛み: 腹痛や頭痛など妊娠時の不快症状の原因と対処法

【助産師監修】妊娠中の頭痛-原因と対処法-

妊婦 頭痛 対処

初めまして、トピを開いて下さってありがとうございます。 ただ今36歳、第2子妊娠中の妊婦です。 6年ぶりの妊娠なのですが、出産まで問題なく過ごした最初の子と違って、出血に高熱、激しいツワリ…いささかしんどい日々を送っています。 ですが、頭痛が取れません。 痛みの強さは日中でも酷い時と、まぁ我慢できる程度の時とあるのですが、どちらにしても消えるものではなく、ツワリもあり、職場で迷惑をかけそうなので本日上司に申し出て午前のみのパート勤務にしていただくことになりました。 風邪の間、婦人科で処方してもらった薬の中には解熱鎮痛剤もありましたが、服用中も頭痛が消える事はありませんでした。 妊娠以前に片頭痛持ちだったこともありません。 今日は頭どころか歯まで痛いです。 婦人科に電話してきいてみましたが「ツワリで頭痛が出る人もいるからねぇ。 ま、もう少し様子を見て」と。 次の受診日まで2週間あります。 同じような体験をされたかた、「こうしたら楽になったよ」と言うような何かがあれば教えて戴けませんか?とりあえず今はおでこに冷えピタを貼っています。 あまり効いたようにはないんですけども…。 どうか宜しくお願いします。 ユーザーID: 2441453058 1日の間にレスをいただけるとは思ってもいなかったので、とても嬉しいです。 まとめてのお返事、どうかお許しください。 経験者のかた、同じく妊娠中のかた、時間をさいて書きこんで下さったことにとても感謝しております。 一人目があまりに楽だったことで、不勉強といいますか、つわりがこんなにも辛い事、対処法も色々あることを知りませんでした。 現在過疎地に住んでおり近所に妊婦さんもおらず、職場も年配の方ばかり、母も妹もツワリはほぼ無かったとのことで心細く思っていましたが、皆さんのアドバイスに本当に緊張が解ける思いです。 コーヒーや保冷パック、はっか油(ミント好きなのです)も早速試してみます!そして薬のこと、もっと強気で婦人科の先生に聞いてみようと思います。 なにせ病院まで遠いもので(船とバスを乗り継がないといけないので)行くだけで疲れるのと、先生の雰囲気に圧倒されてしまっているのですが、このままだとあまりに辛いので頑張らないといけないですよね。 今日も帰宅後さっきまで横になっていました。 皆さま、心より感謝しています!同じく妊婦のかた、ご無事の出産をお祈りしております。 ユーザーID: 2441453058• 薬飲んでいます 妊娠前から偏頭痛と普通の頭痛のダブルパンチ、その上肩こり。 妊娠中は薬も気軽には飲めないと言うので、頭痛薬を日ごろから飲んでいた私は悩みました。 以下は私の個人的なことですが参考までに。 医師に、頭痛薬を貰っても効果の無いときは 1.サロンパスを肩、首、こめかみ(小さく切って)貼る。 (妊娠中でも大丈夫とメーカーに聞きました。 ただし、肌荒れは気をつけて) 2.カフェインを取る(偏頭痛の場合、部屋を暗くしたりカフェインを取るとマシになります。 ) 3.どなたかおっしゃってたハッカ油みたいなのをつけました。 (オリジンズのやつ。 ) 私も気持ちめっちゃわかります!試してみてくださいね。 ユーザーID: 2375420302• コーヒー 私も、普段の妊娠していないときは頭痛はしない方なのですが、妊娠初期にひどい頭痛になりました。 胎盤を作るためにお腹に血が行ってしまって血流が悪くなっていること、鉄分が不足していることが原因ではないかと思って、プルーンやほうれん草など鉄分の多いものを食べるように気をつけました。 あとは、即効性があったのは蕎麦茶でした。 会社で頭が痛くなったときに、蕎麦茶を買って飲んだところ、一気に軽くなりました。 蕎麦茶には、血管を拡張させる作用があります。 何度かつらいときにはこれで乗り切りました。 水分を沢山取ることは大事だと思います。 ユーザーID: 8105247374• 食事の管理 とまではいかないけど を薦められました トピ主さん、体調はいかがですか。 第2子妊娠、おめでとうございます。 私は元々頭痛持ちで、妊娠中期以降悩まされました。 神経内科で、妊娠中の頭痛は普段より軽く 実感していいます 、妊婦でも処方できる薬があるが、できれば口にするものを気にしてはどうかという事を言われました。 具体的には 妊娠に関係なく 、 -軟水より硬水の方が良い -チーズ、赤ワインは取らないようにする -ハムなどの加工品、安い中華料理を取らないようにする 添加物が良くない -質の良い睡眠をとる -目を疲れさせない -ストレスをためない 他にもあったのですが、しばらく前のことでメモが見つかりません ごめんなさい。 ただし、自分の体に合う合わないがあるので、頭痛日記 一日の頭痛の時間や程度と、食べた物を記録する をつけるよう言われました。 それで何が合う合わないかが少しでもわかれば、その食べ物を除去できると。 全て守れたわけではなく、それでも波はありましたけどね。 今は、妊娠中の頭痛の方が軽く、懐かしく感じることもあります。 少しでも軽減しますように… お大事になさってくださいね。 ユーザーID: 7822388384• ヨコですが、ハッカ油 頭痛とはもう長い付き合いなので仕方がないと諦めていますが・・・ 本当に辛いですよね(泣) トピ主さんはもともと偏頭痛持ちではなかったとのことなので、 もしかすると冷やすより身体を温めた方が良いかもしれません。 妊娠すると血行が悪くなって頭痛を引き起こす場合があるそうです。 ツワリでお辛いでしょうが、もし無理でなければお風呂に入るなどして 身体全体を温める方法も試してみてください。 あと、これは医学的根拠とかは全く無くてすみません、私の経験上の持論ですが 『吐き方』を誤ると頭痛が悪化する時があります。 頭痛からくる吐き気の場合、内臓が吐くことを促しているわけではないので 胃から吐くものが無くなっても「えずき」だけが治まらないんです。 その「えずき」だけを繰り返していると、どんどん頭痛がひどくなります。 なので、私はとりあえず水を飲んだりして『吐く』行為そのものを和らげたりしていました。 根拠がない話で本当に申し訳ないですが、あくまでご参考までに。 つわりも重なり本当にお辛いでしょうが、頑張ってくださいね! 私も頑張ります! ユーザーID: 4717801803• サロンパス.

次の

妊婦の頭痛の原因を確認!頭痛の種類や妊娠期毎に理由がある

妊婦 頭痛 対処

妊娠中に頭痛が起こると、市販の頭痛薬が飲めず困った経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 妊娠中は頭痛が起こりやすく、赤ちゃんへの影響を考えて薬も我慢してしまうので長引いてしまう人が多いです。 さらに病気のサインである頭痛もあるので、妊婦さんに起こりやすい頭痛の原因と対処法を知っておくようにしましょう。 つわりや仕事へのストレスなどから自律神経が乱れ、頭痛を引き起こしてしまうのです。 そうすると肩や首周りの筋肉が硬くなり血流が悪くなると頭痛を起こすことがあります。 特徴は締め付けられるような痛みで、家事や仕事が終わる夕方頃になると疲れが溜まって頭痛が起こることが多いです。 血液内の酸素が欠乏すると頭痛やめまい、耳鳴り、動悸などの症状が出ることがあります。 妊娠後期に入ると貧血が強くなる傾向がありますが、元々貧血気味の方は妊娠中期頃から貧血症状が出る方もいます。 高血圧が続き血管が拡張するとズキズキと感じる頭痛や、目の前がチカチカすることがあります。 また、胃痛や吐き気、体のだるさなどを感じる方もいます。 急に浮腫みがひどくなってきたり、頭痛が続いたりする場合はすぐに病院を受診する必要があります。 ゆっくり肩や首を回す運動をしてみましょう。 またご主人に肩や首周りのマッサージをしてもらうのもよいでしょう。 を塗りながらマッサージを行うと保湿と保温効果でポカポカ体が温まり、血行がよくなってさらに効果的です。 首のマッサージはうなじから鎖骨に向かってさするように、肩のマッサージは手のひらで円を描くようにします。 うまくストレスを発散させて自律神経のバランスを整えるようにしましょう。 ゆっくり湯船につかったり、フットバスをしたりするのもよいでしょう。 このとき好きな音楽を聴いたり、アロマの心地よい匂いをかいだりして五感からリラックスすると効果的です。 はレモンなど柑橘系の匂いをかぐとリフレッシュできます。 症状が強い場合や長引く場合は自分で判断せず病院を受診しましょう。 妊娠中でも飲める薬を処方してもらいましょう。 貧血の治療は食生活の改善だけでなく鉄剤の内服をおこない、時間をかけて改善する必要があります。 また妊娠高血圧症候群の場合は、降圧剤の内服や入院の必要があることもあります。 赤ちゃんや母体のためにも早期発見、早期治療が重要です。 頭痛を感じたらまずはゆっくり体を休めて回復を促しましょう。 妊娠中だからと頭痛を我慢する必要はないので、辛いときは病院を受診して対処してもらいましょう。 その他の妊娠中のマイナートラブルについてはこちらの記事もご参考にされてみてくださいね。

次の

妊娠時の痛み: 腹痛や頭痛など妊娠時の不快症状の原因と対処法

妊婦 頭痛 対処

関連記事 患部を冷やす 頭や首筋、こめかみなど痛む場所を冷たいタオルで冷やしたり、おでこを冷却シートなどを貼って冷やすと、広がっている頭の血管が収縮するために痛みが治まります。 ただし、氷のように極端に冷たすぎるもので直接冷やしてしまうと、逆に頭痛を引き起こしてしまうことがありますので気を付けてください。 刺激を取り込まない 脳の活動を安静にするため、光や音などの刺激を避けて、暗く静かな部屋で目を閉じて横になると頭痛が収まりやすくなります。 アイマスクや耳栓を装着して物理的な刺激を遮るのもおすすめです。 テレビやスマホ、パソコンなど電子機器の長時間使用を避ける 長時間のテレビやスマホの使用は、視覚や聴覚を刺激します。 特に暗い場所で液晶を見ることはブルーライトの影響もあって刺激が大きく、偏頭痛が起こりやすくなります。 電子機器の使用時にはこまめに休憩をし、暗い場所では使用を控えて明るい所で使用するようにしましょう。 長風呂しない 血管の拡張によって痛みが生じているため、お風呂でゆっくり湯船に浸かりすぎると頭痛が現れることがあります。 ただし妊娠中は足腰を冷やさない方が良いですので、半身浴にしたり、長時間湯船に浸かるのを避けるなどして、あまり温めすぎないように気をつけましょう。 また、脱水症状になると頭痛になる事もありますので、入浴後の水分補給を忘れず行うようにしてください。 緊張型頭痛の原因は、主に血行不良や貧血です。 そのため、偏頭痛とは逆に血管を広げて血流をよくすることで改善が望めます。 具体的に出来る方法は以下の通りです。 痛むところを温める 頭痛を自覚したら安静にして、後頭部や首、肩などの痛みを感じた部分に、温かい蒸しタオルを当てましょう。 いきなりカイロなど熱すぎるもので直接温めてしまうとやけどの原因となりますので、蒸しタオルやタオルで巻いた湯たんぽなどが理想的です。 マッサージや軽い運動をする 妊娠後期に入るとお腹がだいぶ大きくなるため、肩や首への負担も大きくなります。 首や肩、腕など頭痛が起きやすい部分の周囲の筋肉を動かすだけでも血行が改善し、頭痛が緩和されることがあります。 マッサージも効果的ですので、肩や首、腕をゆっくり回したり、頭頂部を痛くならない程度の力で揉むと良いでしょう。 また、運動やマッサージの後には必ず水分補給を行うように気をつけましょう。 尚、ツボ押しや針灸は妊娠中に刺激しない方が良いツボもありますので、必ず専門家に相談して行うようにしてください。 鉄分を多く摂取する 妊娠すると鉄欠乏性貧血になりやすいため、脳が酸欠状態になって頭痛を引き起こすことも少なくありませんので、日頃から鉄分の多い食品を取り入れ、貧血に備えておくことが大切です。 貧血が酷い場合にはかかりつけの産婦人科に相談することで、鉄材の処方を受けることが出来ます。 長時間同じ姿勢をしない デスクワークを続けている妊婦さんに多く見られるのが、長時間に渡り同じ姿勢をしていることで血流が悪化し、頭痛を引き起こしてしまっている症状です。

次の