いよかん 旬。 「伊予柑(いよかん)」品種紹介|みかんのことなら「のま果樹園」

いよかん

いよかん 旬

スポンサードリンク いよかんの旬の時期と選び方・保存方法まとめ みかんよりもサイズが大きくて皮も厚めの 伊予柑。 「ちょっと皮が厚くて剥きにくい…」なんて声もありますが、皮は厚くて固くても、中の実はとっても柔らかいのです! 果汁たっぷりで甘酸っぱく、香りも最高と言われる伊予柑ですが、旬を迎えるのはいつごろでしょう?美味しい伊予柑の選び方も知りたいところです。 今回は、そんな伊予柑が旬を迎える時期や選び方、保存方法などについてご紹介していきます。 愛媛は伊予柑の生産の90%を占めているそうです! 愛媛の特産品ではありますが、生まれは山口なんだそう。 生まれは山口、育ちは愛媛、そんな感じでしょうか。 余談ですが、愛媛県のゆるキャラに 「みきゃん」というのがいるのですが、けっこう人気もあるみたいです。 なんだか気になってしまってみきゃんについて調べていたら、「ダークみきゃん」というのも居て、みきゃんとどういう関係なのかかなり気になりました…。 なんでもみきゃんの敵キャラなんですって、ピコピコハンマー持ってるんです。 かわいいです。 すみません話しを元に戻します。 そんな伊予柑ですが、寒い冬の季節に旬を迎えます。 早いところでは11月下旬から出回るところもあるようですが、基本的には1月~3月が旬で、最盛期は2月です。 ちなみに伊予柑の収穫は早くて11月から始まり、主に12月~1月にされています。 収穫と旬の時期に差がありますが、伊予柑は収穫してからしばらくの間、貯蔵して美味しさを引き出してからスーパーなどで出回ります。 貯蔵期間中に酸っぱさが減り、甘さが増していくんだそうです。 収穫の時期と旬の時期に差があるのはこのためです。 伊予柑は大きい方が酸味が少なく、水分が少ないそうです、酸味についてはわかりませんが、大きさが小さい方が水分が多くてジューシーなんだそうですよ。 また、重みのあるものの方が果汁をたっぷりと含んでいます。 そして保存方法ですが、伊予柑は常温で保存することができます。 あまり室温が高くならない風通しの良いところで保存しましょう。 玄関などがちょうどいいかもしれないですね。 ただ、氷点下になるような場所、暖房を聞かせる部屋での保存は避けた方が良いかもしれないです。 保存できそうな場所がない場合には、冷蔵庫で保存するといいですよ。 その時は、乾燥させないようにビニールに入れてから保存すると良いです。 いよかんの効果 伊予柑は、美味しいだけではなくて身体にも良いんです。 伊予柑にはビタミンCやクエン酸が含まれていて、食べると風邪予防、疲労回復への効果が期待できます。 旬が寒い時期になるので風邪予防の効果も有り難いです。 美味しくて身体にも良いことが分かった伊予柑。

次の

いよかんの収穫時期や旬の時期はいつなの?美味しい名産地はどこ?

いよかん 旬

いよかん(伊予柑)は柑橘類の仲間です。 見た目はに似ていますが多少大きく皮が厚めです。 厚めといっても夏みかんほどではありませんから、十分手で剥くことはできます。 味は甘味と酸味のバランスがとれていますから美味です。 そのため温州みかんの次に食べられています。 山口県阿武郡東分村(萩市)のみかん園で発見され、現在の愛媛県である「伊予の国」が育ちの地であることで「伊予」の名が付いているそうです。 阿武郡東分村は「長門国(ながとこく)」に属していました。 長門は、古くは「穴門(あなと)」と呼ばれていました。 そのためか伊予柑は当初「穴門みかん」と呼ばれていたそうです。 いよかんの産地 現在でも愛媛県で主に生産されており全国の80%以上のシェアを持ちます。 それに次いで和歌山県、広島県、香川県、佐賀県、山口県等が挙げられます。 いよかんの品種 勝山伊予柑、宮内伊予柑、大谷伊予柑、沢田伊予柑、野本伊予柑、山田伊予柑といった品種があります。 生産量が最も多いのは「宮内伊予柑」です。 いよかんの選び方 丸みが十分で重みがあるものが良品です。 皮の色がきれいなオレンジ色をしており張りと艶があるものを選ぶようにしましょう。 傷があったり実がすかすかしているものは良いものとはいえません。 いよかんの食べ方・レシピ みかんより大きな実ですし皮が厚いのでナイフを使うのも便利です。 果肉はみかん同様袋と白い筋に覆われていますが、嫌いな人は白い筋をしっかり取り除き袋も出しましょう。 ただし、袋や筋には「ヘスペリジン」という有効成分が含まれています。 他の食べ方ではソースやジャム、ゼリー、シャーベット、ジュース、マーマレード等があります。 いよかんに含まれる栄養成分 可食部(食べられる部分)100gに含まれている成分の数値です。 スポンサーリンク いよかんの効能 カリウムには、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿への排泄を促す働きがあることから、血圧を下げる作用があるとされ、高血圧を予防する効果があると考えられています。 ビタミンCは免疫力を高める白血球の働きの強化や、抗ストレスビタミン、メラニン色素の生成の抑制、赤血球の合成などといった役割をしています。 又、強い抗酸化力により過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの予防効果もあります。 発ガン物質であるニトロソアミンの形成を抑える働きもあります。 果肉を包む袋や白い筋の「ヘスペリジン」は、血圧の上昇を抑える作用や、血中の中性脂肪を減少させる効果、などがあります。 いよかんの旬と保存方法• 食べると良い時期(旬)・・・冬(12~2月)• 理想的な保存方法・・・量が多い場合ダンボールにいれ直射日光が当たらず風通しが良い場所で保存する・数が少ないときはポリ袋に入れ冷気が直接あたらないようにして冷蔵庫で保存• 理想的な保存期間の目安(賞味期限)・・・1~2月のものは2週間以上・3月以降のものは1週間から10日 関連記事• 栄養は出来る限り自然な食材から取りたい できれば普段の栄養は サプリなどに頼らず、自然な食材から摂りたいものです。 しかし、現代人の生活において、必要な栄養素を全て自然な食材から過不足なく摂ることは現実的ではないことも否めません。 地方在住の方なら道の駅で地元産の新鮮かつ安全なおいしい野菜を手に入れることも容易ですが、都会暮らしでは難しいと言わざるを得ません。 みずみずしく美味しい旬の野菜を選ぶにも目利きが必要ですし、忙しい方は買い物に行くのも大変でしょう。 そこで一度、本当に新鮮でみずみずしい旬の野菜を食べてみて、ご自身の目利きの力を養ってみるのはいかがでしょうか? Oisix(オイシックス)では、 送料無料で様々な野菜がたっぷり入ったお試しセットを購入することができます。 おいしくなければ 全額返金対応です。 まずは一度、本当の野菜を知ってみることをおすすめします。 きっと今後の野菜選びに役に立ちます。 スポンサードリンク.

次の

はっさく、いよかん、夏みかんの違いと見分け方は?

いよかん 旬

いよかんってどんな果物? いよかんは漢字では「伊予柑」と書きます。 「伊予柑」という漢字の由来は、いよかんが広く栽培されている伊予国(愛媛県のこと)にちなんで付けられた名前です。 最初のころは穴門みかん(あなどみかん)や紅みかんという名前で呼ばれていました。 いよかんの味は、ばんぺいゆやグレープフルーツなどにある特有の苦味がなく、 甘みが強いのが特徴で、非常にジューシーな果物として人気があります。 いよかんは、人工的な交配種ではなく、明治時代に偶然発見されたものです。 ミカンとオレンジ、あるいはミカンと文旦の交雑種(人工的ではないということ)ではないかという説が強いようです。 いよかんの旬と栄養 いよかんの旬の時期は1月から3月ごろです。 旬の時期のいよかんには ビタミンCがたっぷりと含まれています。 旬になれば、スーパーや八百屋でも売られていますし、安価で入手できますので、風邪予防の意味も含めてたくさん食べたい果物ですね。 また、 クエン酸も豊富なので、仕事で疲れている時などは疲労回復に効果を発揮します。 さまざまなブランドが出回っているのもいよかんの特徴なので、旬の時期にオンラインショッピングでいろいろと注文して食べ比べをしてみるのも楽しいですね。 ここでは いよかんの上手な皮のむき方を紹介していきます。 いよかんの外皮は手で簡単にむける まず、外皮はヘタのない側からむいていくのが上手な皮のむき方です。 いよかんの外皮は薄いので、包丁は使わずに手でむいた方が簡単です。 あの大きさから、皮が固くてむくのが大変だと思うかもしれませんが、いよかんの外皮は手でむけてしまうんです。 いよかんの薄皮をむくのが面倒なら いよかんの果実には他の柑橘類と同様に、薄皮がついています。 が、薄皮はそれほど厚くないので、 いよかんの薄皮ごと食べてもOKなんです。 柑橘類が好きな人はこのまま食べてしまうことも多いんですよ。 実際、私もいよかんを食べる時、薄皮ごと食べることがあります。 気分しだいです。 簡単なむき方というより、面倒に感じるならば薄皮はそのまま食べてしまえ!っていうのが一番楽です(笑) いよかんの薄皮には整腸作用があるので、便秘を改善したい人は薄皮をむかずに食べる方が良いですね。 薄皮のむき方 子どもやお年寄りなどで薄皮が食べにくい場合には、外皮をむいた果実をまず半分に割ります。 そして 中心部(種のある部分)をV字にカットします。 こうすると 実を広げるだけで薄皮を簡単にむくことができます。 いよかんの房をひとつずつに分けた後、背中の部分に包丁で切れ目を入れ、開いて中の果実の部分を食べるという皮のむき方もあります。 Sponsored Links いよかんの食べ方は生食だけじゃない! いよかんは生でそのまま食べるのが一般的な食べ方ですが、この他にもいろいろな食べ方があります。 たとえば、 いよかんジャムもひとつの食べ方。 旬の時期にいよかんが安く手に入ったら、ぜひジャムを手作りしてみましょう。 オレンジで作ったマーマレードとは違って 苦味の少ない、マイルドなジャムができあがりますよ。 まずいよかん2個を4つ割りか8つ割にし、外皮と中身に分けてヘタを取り除きます。 外皮は2~3回茹でこぼして、苦味を取り除いておきます。 身の方は種と薄皮を取り除いてください。 お鍋に細く切った外皮と身、砂糖200gと水400ccを入れ、柔らかくなったところでレモンの汁と種1個分を加え、とろみが出るまで煮詰めます。 火を止めたらレモンの種を取り除き、煮沸して消毒しておいたガラスの器に移してください。 レモンの種を加えることによって、ジャムに適度なとろみが出ます。 ぜひ試してみて下さいね。 冬の季節の風邪予防として、ビタミンCを補給するのにみかんを食べるという人もいますが、「連日のみかんは飽きた」って時には、いよかんが良いですね。 もちろん、いよかんがみかんの代わりという扱いだと言っているのではないですよ、念のため。 (私自身、いよかんもみかんも大好きです) 冬の季節に、いよかんでビタミンCを摂って風邪予防というのも良いと思います。 そして、いよかんはスーパーなどで手軽に、安価に入手できるのもうれしいですね。 皮をむくのが面倒と思っていた人も、ぜひ今回の記事を参考に、いよかんを食べてみて下さい。

次の