ソ イングク bebe。 ソ・イングク

BeBe ソ・イングク カタカナ表記 日本語訳 歌ってみたい!

ソ イングク bebe

TVXQ. TEENTOP. BtoB. ソイングク. Bap. nu'est. vixx. spica. BOA. A-JAX. Ailee. missA. EXID. B1A4. SNSD. わかる。 10ビュー• 10ビュー• 9ビュー• 8ビュー• 7ビュー• 6ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 5ビュー 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

【ソ・イングク】おすすめドラマや歌はこちら!彼の魅力と兵役後の現在は? │ おもろいドラマBLOG♡

ソ イングク bebe

ソ・イングクが新曲「BeBe」を紹介した。 ソ・イングクは27日午後、NAVER「V」アプリを通じて生放送された「ソ・イングクの年末プレゼント-BeBeカウントダウン」で「秘密恋愛をする内容が描かれる」と明かした。 彼は、この日「BeBe」について「『君という季節』以来、久しぶりに僕が作詞・作曲した楽曲だ。 予告映像の雰囲気は夢幻的だが、カラフルでセクシーな雰囲気を持っている」とし「歌の雰囲気もそういう風にしたいと思った。 少し秘密恋愛の感じが強く、ミュージックビデオでも秘密恋愛をコンセプトにした」と説明した。 続けて「秘密恋愛がどんな感じかと言えば、初めて会って恋に落ち、熱烈な恋をすることになったが、その恋を密かに始めるという感じだろうか」とし、「少しセクシーな感じだ」と話した。 自身の経験かという質問に「僕の経験というよりは状況っていうものがあるじゃないか。 会って間もない、1週間も経ってないカップルが周りの人々に話すのが恥ずかしいという感じもあるが、それよりもっと深い感じだ。 歌詞に刺激的な感じがある」と伝えた。 また「僕の経験というよりは想像が入った歌詞だ。 僕は作詞する時、経験を入れるよりは経験しなかったことを想像して書くのが好きだ」とし「そうした方が詩的な感じが出てくるので経験は入れない方だと思う。 映画やドラマの影響で想像しながら作詞する方だ」と付け加えた。 外部サイト.

次の

歌手兼俳優ソ・イングク 6thシングル「BeBe」熱い人気を証明

ソ イングク bebe

ソ・イングクの6thシングル「BeBe」が28日、各種音源配信サイトを通じて公開されたと同時に、主要チャートで1位及び上位にランクインし、熱い人気を証明した。 ソ・イングクが作詞・作曲はもちろん、プロデューシングにまで直接参加したため、より特別なものとなった。 ソ・イングクの新曲「BeBe」はフューチャーR%Bジャンルの曲という点で、音楽的な変身が際立った。 ソ・イングクが作詞を手掛け、ソ・イングクを中心に実力派ミュージシャンたちが共同で作曲に参加した。 ヒットメーカープロデュースチームであるMELODESIGNを皮切りに、ラッパーBewhYとTalib Kweliのコラボプロジェクト「International Wave」をプロデューシングしたKeeproots、少女時代のテティソの「Dear Santa」、SHINeeの「Romance」などヒット曲を手掛けたスウェーデンのプロデューサーアンドレアス・オベルグ Andreas Oberg などがメロディ作業に参加した。 強烈なトラップビートと、曲全体を包む夢幻的なシンセサウンドが特徴的である。 作詞・作曲に参加したソ・イングクは官能的な歌詞とセクシーな雰囲気を漂わせるメロディを作り、リスナーの耳を捉えた。 中毒性のあるリフレーン 繰り返し の「Don't worry babe」という歌詞は、ロングランヒットを予告している。 また秘密恋愛をテーマにした大胆なミュージックビデオも公開された。 強烈な色感と刺激的なシーンで構成された今回のミュージックビデオでソ・イングクは、男女のスリル溢れるロマンスを演じ、信頼できる俳優として圧倒的な魅力をアピールした。 ソ・イングクのセクシーな眼差しと表情演技は、曲と映像に官能美を加え、女心を刺激している。 ソ・イングクは今年3月、作詞、作曲、プロデューシングに参加した5thシングル「君という季節」を発表した直後、音源サイトで1位を記録し、ミュージシャンとしての力量を発揮したことがある。 今回のシングルではソ・イングクの新しい音楽の色を表し、アーティストとして成長した姿を披露している。 2016年、歌手と俳優両方に全力を尽くしたソ・イングクは、年末まで忙しいスケジュールを続けていく。 30日には「ショッピング王ルイ」の主演俳優として「2016 MBC演技大賞」に出席し、31日にはソウル広津 クァンジン 区Yes24ライブホールで3年ぶりの単独コンサート「MINT CHOCOLATE」を開催し、新年を迎える予定だ。 元記事配信日時 : 2016年12月28日08時20分 記者 : チョン・ウォン.

次の