避妊パッチ evra エブラ。 避妊パッチ エブラ−女性の医薬品の個人輸入なら任せて安心アイドラッグマート

避妊パッチ エブラ−女性の医薬品の個人輸入なら任せて安心アイドラッグマート

避妊パッチ evra エブラ

避妊パッチ EVRA エブラ一般的注意• 一度貼った避妊パッチ エブラをはがして位置を変えることはしないで下さい。 また避妊パッチがはがれてしまった場合、24時間以内の場合、すぐに新しい避妊パッチを貼って下さい。 24時間を超えてしまった場合、最初の1枚目からやり直し、3週間避妊パッチを使用し直します。 肌の敏感な部分(乳房など)には避妊パッチは貼らないで下さい。 皮膚の弱い方は、かぶれにご注意ください。 体重が90kg以上の女性の場合、薬の投与量が避妊に必要な量に達しない場合があります。 肝臓疾患をお持ちの方、腎臓疾患をお持ちの方、糖尿病の方、激しい高血圧の方、狭心症の方(胸の痛みをお持ちの方) 、子宮、頚部あるいは乳房などのガンの方、あるいは疑いのある方は避妊パッチ エブラを使用しないで下さい。 ご使用時まで小袋を開けないで保管してください。• 子供の手の届かない所に保管してください。

次の

エブラ(パッチ型避妊薬)を業界最安値で個人輸入代行します。注文はこちら

避妊パッチ evra エブラ

これらの避妊方法の実施から得られる利点は、とりわけ、順応性の向上、および両ホルモンの初回通過肝代謝を有意に減少させることができ、それによりバイオアベイラビリティーの有意な減少を可能にする薬物動態学的特性に関連する。 その結果、この薬の避妊活動は以下を通して行われます。 視床下部 - 下垂体軸に対する負のフィードバックによって媒介される排卵抑制。 内因性ゴナドトロピン分泌を抑制するために必要である。 女性の生殖管に沿った精子の上昇をより困難にするような、子宮頸管粘液の化学的 - 物理的変動の誘発。 結論として、避妊薬としての経皮パッチの使用は、摂取をより容易にし(1週間適用)、使用者間の服薬遵守を改善し、薬物動態学的特性を標準化し、副次的影響なしに避妊を急速に停止させそして発生率を減少させる。 非常に低いアンドロゲン活性を持つプロゲストゲンの存在のおかげでいくつかの有害反応の。 実施した研究と臨床効果 経皮避妊薬および血栓塞栓症 Dore DD、Norman H、Loughlin J、Seeger JD。 この落胆性の研究は、経皮避妊薬の使用が一般集団と比較して塞栓性血栓イベントを発症するリスクを2倍にするという以前の指摘を裏付けています。 青少年のエブラの成功 週に1回の投与頻度とEVRAの簡単な投与は、特にこの年齢層での不要な妊娠の数を減らすことで、青年の間で特に成功しています。 経皮パッチおよび急性心血管疾患 若い患者の間で経皮避妊パッチを使用することは、梗塞や急性心筋虚血イベントの発生率の増加とは決して関連付けることができないことを示す研究。 使用方法と投与量 6mgのノルエルゲストロミンおよび600mcgのエチニルエストラジオールを含有する EVRA(登録商標) 20cm四方の経皮パッチ。 経皮パッチ剤の処方は、他の経口ホルモン避妊薬に典型的な薬理学的複雑性を有意に軽減する。 最初のパッチ、月経の初日の適用を開始して、私たちは翌週から同じ日に(それゆえ私たちは周期の8日目になります)そして翌週にまた同じ日に(それゆえ私たちは15日目になります)サイクル)。 周期の22日目、すなわち4週目に、摂取は7日間中断され、その間月経と同様の中断出血が起こるはずです。 週が終わったら、それは前に説明されたアプリケーション計画で再開します。 パッチは清潔で毛羽立ちのない肌にそのまま、できれば乳房を避けて臀部、腹部、腕の外側上部、または胴体上部に貼付する必要があります。 発赤、炎症または皮膚疾患の存在下での適用を避け、そしてパッチのごく一部でさえも皮膚から剥がれた場合にはそれを繰り返すことが必要であるが、最初の適用計画を維持する。 物忘れや分離が警告されていない場合は、避妊方法による補償を受けながら、主治医に相談するのが便利でしょう。 より正確には、喫煙などの危険因子の存在。 糖尿病; 太りすぎ。 高血圧; 心臓弁の欠陥またはいくつかの心調律障害。 表在性静脈炎(静脈炎)、静脈瘤。 片頭痛; うつ病; てんかん; 近親者であっても、現在または過去の血中に高レベルのコレステロールおよびトリグリセリド。 しこり 前の、次の家族の中で、乳がんの 肝臓または胆嚢疾患。 クローン病または潰瘍性大腸炎(慢性炎症性腸疾患)。 全身性エリテマトーデス(全身の皮膚に影響を及ぼす病理)。 溶血性尿毒症症候群(腎不全を引き起こす血液凝固障害)。 鎌状赤血球症。 ポルフィリン症; 現在または以前のクロアズマは、血栓塞栓症、心血管系および腫瘍性の事象などの深刻な副作用を発症するリスクを著しく増大させる可能性があります。 さらに、エチニルエストラジオールおよびノルエルゲストロミンの存在は母乳の物理化学的特性に影響を与えると思われ、この禁忌をその後の母乳育児期間にも拡大する。 これに関して、プリミドン、フェニトイン、バルビツレート、カルバマゼピン(てんかんの治療に使用される)、リファンピシン(結核の治療に使用される)のような前述の酵素の誘発活性成分の同時摂取量を覚えておくことは有用である。 )、アンピシリン、テトラサイクリン、グリセオフルビン(感染症の治療に使用される抗生物質)、リトナビル、モダフィニル、そして時々セントジョンズワート(オトギリソウ)は、避妊作用を著しく低下させる可能性があります。 そのため、避妊方法で網羅することもありますので、必ず医師に相談してください。 この薬に含まれているエストロゲンとプロゲストゲンは、肝臓、甲状腺、副腎および腎臓の機能に関連するいくつかの検査値の著しい変化をもたらす可能性があります。 望ましくない影響 - 副作用 局所投薬と組み合わされた非常にささやかなアンドロゲン活性を有するプロゲストゲンの存在は、経口避妊薬に特徴的ないくつかの有害反応を発症するリスクを有意に減少させる。 気分の変化、接触性皮膚炎および紅斑、体重増加および水を基にした滞留は、局所避妊薬中に最も頻繁に説明された他の副作用であり、それは塞栓性血栓イベント、血糖変化およびそれを伴わない頻度も少なかった。 代謝状態、心血管イベント、胆嚢結石症、膵炎および腫瘍性の病状。 一般的な人口のそれと比較して適度に増加した発生率で観察されたこれらの問題が主に素因のある個人で起こるように思われることを覚えておくことは有用です。

次の

避妊パッチエブラ通販なら個人輸入のココが最安値でした!

避妊パッチ evra エブラ

1箱 3枚入り ノルエルゲストロミン Norelgestromin 150mcg エチニールエストラディオール Ethinylestradiol 20mcg 24時間あたり 内容量 1箱 3枚入り エブラ Evra 避妊パッチ 3枚で1か月分 低用量ピルと同様、低量のエストロゲンとプロゲスチンを体内に継続放出して排卵を妨害します。 1週間に1度、連続3週間貼るだけで避妊が可能なので、ピルのように飲み忘れたり手間がかかったりしません。 避妊パッチのエブラは身体に貼ることで低用量ピルと同様の効果を得ることができるパッチタイプの避妊薬になります。 毎日決まった時間に飲み続ける手間が省け、飲み忘れなどの心配もいりません。 パッチも肌の色に近く、薄型となっているため目立つ心配もなく、入浴時などで水に濡れても剥がれにくい設計となっています。 ご利用方法 ・生理が始まってから24時間以内に1枚目のパッチを貼り、1週間そのまま貼り続けて下さい。 ・貼る箇所は、乳房など肌の敏感な部分には貼らずに、下腹部、お尻、上半身のいずれかに貼って下さい。 ・1週間経ったら新しい避妊パッチに貼り変えて下さい。 ・パッチを3週間 3枚 使用し終えたら、1週間の休薬日を過ごします。 ・肌荒れ防止のために、毎週貼る場所を変えて下さい。 ・貼り始めの1週間は他の避妊法の併用を行って下さい。 【注意事項について】 ・一度貼ったパッチをはがして位置を変えることはしないで下さい。 ・またパッチがはがれてしまった場合、24時間以内の場合、すぐに新しいパッチを貼って下さい。 24時間を超えてしまった場合、最初の1枚目からやり直し、3週間パッチを使用して下さい。 ・体重が90kg以上の場合、薬の投与量が避妊に必要な量に達しない場合があります。 ・肝臓疾患をお持ちの方、腎臓疾患をお持ちの方、糖尿病の方、激しい高血圧の方、狭心症の方 胸の痛みをお持ちの方 、子宮、頚部あるいは乳房などのガンの方、あるいは疑いのある方は使用しないで下さい。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 【副作用について】 頭痛、吐き気、乳房の痛み、血栓症、心臓発作、脳卒中など。 煙草を吸う女性は特に、血栓症、心臓発作、脳卒中などの危険性が高くなるという報告もあります。 海外からの無料配送なため、お届けは日時は指定できません。 無料配送の場合、発送後、5~10日間にお届けいたします。

次の