エキサイト光 キャンペーン。 【光コラボ】光回線のインターネット料金が安い

BBエキサイトの申込

エキサイト光 キャンペーン

エキサイト光とは? エキサイト光とはプロバイダのエキサイトが運営するフレッツ光の光コラボで、最低利用期間や解約金がゼロという珍しい光コラボです。 また、最低利用期間や解約金がない事から、月額料金が最初から最後まで変わらないという点もわかりやすく、エキサイト光のメリットだと言えるでしょう。 この記事ではそんなエキサイト光の特徴や評判、キャッシュバックキャンペーンなどについて詳しく解説していきます。 エキサイト光の料金形態について エキサイト光の月額料金は、 マンションタイプで3,360円 戸建タイプで4,360円 となっています。 エキサイト光は当然プロバイダ料金も含まれていますのでこれ以上の料金がかかる事はありません。 シンプルでとてもわかりやすい料金形態ですし、ホームページもとても見やすい表示になっている事に好感が持てます。 初期費用は転用の場合は事務手数料が2,000円。 新規契約の場合は戸建タイプで19,000円(工事費込み)マンションタイプの場合は16,000円となっています。 エキサイト光の料金は他光コラボと比較して安い? エキサイト光の戸建タイプは月額コミコミで4,360円。 この料金は他の光コラボ製品と比較して安いのか高いのかを解説します。 同じフレッツ光回線を使用しているドコモ光とソフトバンク光と比較してみます。 戸建タイプの月額料金はそれぞれ、ドコモ光5,200円、ソフトバンク光が5,200円。 2社ともに最安のプロバイダを選択した場合の料金となっています。 この金額だけ見てみるとエキサイト光の方がオトクに見えるのですが、ドコモ光やソフトバンク光には「スマホセット割」なるものが存在しており、毎月1,000円前後の割引を受けられます。 上記にあげた以外にもauひかりもスマホセット割で毎月1,000円程度割引を受けられますので、キャリアのスマホを契約しいる人はエキサイト光よりも各社キャリアの光コラボを契約する方がオトクになっています。 エキサイト光のキャッシュバックキャンペーンについて 上記ではキャリアスマホを契約しているならエキサイト光よりも各キャリアに対応している光コラボを契約するのが一番オトクだと解説しました。 月額料金面ではもちろんそうなるのですが、実は申し込み時にもエキサイト光よりも各キャリアの光コラボの方が得をするケースがほとんどです。 差が出るのは「キャッシュバックキャンペーン」です。 この記事で詳しく触れていきますが、先に結論を書いてしまうと「エキサイト光はキャッシュバックキャンペーンが弱い」という事です。 この部分ではエキサイト光のキャンペーン内容やキャッシュバック金額について解説します。 エキサイト光はどこで申し込むのが一番オトク? エキサイト光を申し込む方法は 1. 公式サイト 2. エキサイト光代理店サイト の2種類あります。 公式サイトから申し込む場合、キャッシュバックキャンペーンは何もありません。 後から紹介するページに書いてありますが、他の光コラボは現金10,000円キャッシュバックなどのキャンペーンをよく見かけますが、エキサイト光にはありません。 あくまで月額料金の安さ、解約金0などのわかりやすいところで勝負するんだという意思を感じます。 しかしながら競争の激しい光コラボでシェア拡大のため、現在は初期工事費や手数料と1年間の月額料金の割引キャンペーンを実施しています。 com】のキャンペーンでした。 残念ながらマンションタイプにはキャンペーンはありませんが、戸建てタイプも含め毎月代わりでキャンペーンを催しているみたいなので、毎月価格コムのエキサイト光のページをチェックしてみる事をおすすめします。 今の所エキサイト光の戸建タイプを申し込むのであれば価格コム経由で申し込むのが一番おとくです。 また、上記で【他の光コラボのキャッシュバックキャンペーンがオトク】だと書きましたが、詳しいキャッシュバックキャンペーンの内容については以下の別ページを参考にしてください。 エキサイト光はもともとプロバイダのエキサイトが提供している事もあり、通信速度についての評判は比較的他の光コラボと比べて良好です。 もっとも、フレッツ光の同じ設備を使用しているので本来は他の光コラボと同じくらいの通信速度になるはずです。 フレッツ光回線系の光コラボの通信速度に差が出るのは主に「プロバイダが原因」である事が多く、その地域でそのプロバイダの契約者数が多かったりたまたま契約者が多かったりすると遅くなってしまう、という仕組みです。 つまりこればかりは一度契約してみないとわかりません。 フレッツ光やドコモ光など、プロバイダを選択できる光回線サービスなら「プロバイダの変更」をする事で通信速度を改善させる事ができますが、ソフトバンク光やエキサイト光のように【プロバイダ一体型】の光コラボの場合はプロバイダを変更する事ができないのに加えてフレッツ光や他の光コラボ製品に乗り換える事も不可能なため注意してください。 ですがエキサイトのプロバイダは2002年からインターネットサービスを提供してきた歴史がありますので、エキサイトで失敗してしまったら運が悪いと諦めるしかないでしょう。 どうしても通信速度が落ちるのが嫌な人は一度フレッツ光でプロバイダをエキサイトで契約して、問題ない事を確認してから転用する事をおすすめします。 料金面についての評判は、「キャッシュバックがあるなんて知らなかった!」「スマホのセット割なんて知らなかった!ドコモ光の方がオトクじゃん!」のように他の光回線の料金設定をあまり知らない人の悪い評判が多かったですね。 エキサイト光の評判を見ていると、この記事を読んでもらった人はわかっているような事ばかりなのでこの記事を見てエキサイト光に申し込んでもらった人はエキサイト光に対して悪い評判を感じる事はないのではないでしょうか。 エキサイト光総合まとめ この記事ではエキサイト光の料金やキャッシュバックキャンペーン、ネットでの評判についてまとめてきました。 エキサイト光はキャリアのスマホを契約していない人や、キャッシュバックの手続きが面倒な方、すぐに解約しそうな方や2年縛りが嫌いな人などにおすすめできる光コラボです。 特に解約金がナシ、2年縛りがナシ、というのはかなり特殊なポイントで、光回線の契約者の半数以上は2年契約のタイミングでうまく解約できず、解約金を支払っているようです。 結果的にキャッシュバックがなくても解約金がかからない事で得をするという事になるかもしれないので、一度検討する価値はあるのではないでしょうか。

次の

エキサイト光に乗り換えレポ!料金、工事費、キャンペーン評判

エキサイト光 キャンペーン

まずエキサイト光とは インターネットプロバイダー「BBエキサイト」が光回線とプロバイダーをまとめて提供している光インターネットです。 NTTの光回線の卸し(光コラボレーションモデルという)を使っているので、回線自体の品質はフレッツ光と同じなんです。 このエキサイト光の特長としては月額料金が低価格と言うことにつきます。 他と比べて、ほぼ最安値級ですね。 comでエキサイトを実際につかっているユーザーの評判を見にいってみました。 いくらベストエフォート(回線速度の保証はされなくて、その時によって違いますよ。 というタイプ)といってもこれじゃああまりにもヒドイですね。 twitterにも同じような口コミがありました。 excite光を解約しようとしたら、ネットで解約はできず電話受付のみで、全然つながらない、つながったと思ったら解約は後日担当から折り返しだって。 こういう無駄な引き止めは企業としてよくないよね。 — matazoness matazoness 「サポート窓口が電話だけなのに、なかなかつながらない」というのは急を要するときに不便ですし、口コミにもあるように辞めたいのに電話がつながらないのは、なんとかしてほしいものです。 月をまたいでしまうと次の月の料金がかかってしまうので… 唯一、解約金がないことが救いかもしれません。 解約の時まできちんとサポートをしてもらえると、ユーザーとしても気持ちがいいですし、また何かのときに「前に使ってた時、良かったからまた使おうかな。 」と戻ってくる可能性もあるのではないでしょうか(通信速度が問題ない前提ですが…) 価格を下げるためだと思いますが、サポート窓口がナビダイヤルのみでユーザーに通話料負担がかかるのも突っ込まれていますね…せめて、会員向けの問い合わせフォームがあればユーザーさんも24時間いつでも問い合わせができて、満足度もあがるように思います。 ここからは僕の憶測の域をでませんが、基本的にインターネットプロバイダーはユーザーをインターネットにつなぐための設備を持っているか、更に大きなところから借りていたりします。 そしてその設備は、都道府県ごとにあります。 エキサイトが持っているユーザー数に比べて、その県ごとの設備の回線の帯域(道路で言うと、車が走る車線の数)が狭いのではないでしょうか。 そのため、ゴールデンタイム(インターネットが混み合う時間帯)が極端に通信速度が落ちるといった感じです。 これは、どのプロバイダーにも当てはまることですが、それがヒドイ状態にあると言えます。 満足している人は別にネットに書き込みをあまりしない、というだけです。 あなたの地域ではどうかはわかりませんが、インターネット回線選びの参考にしてくださいね。

次の

privilegios.euro6000.comの業界最安値を解説!エキサイト光の危ないワナ|ヒカペンネット

エキサイト光 キャンペーン

目次 excite MEC光ではキャンペーンが提供されていない 通常、光ファイバーなどのインターネット回線ではキャッシュバックなどのキャンペーンが実施されています。 特に や では還元される金額が大きいことで有名でしょう。 しかし、excite MEC光では申し込みをしても キャンペーンは適用されません。 キャッシュバックを期待していた方には非常に残念ですが、excite MEC光はキャンペーン以外の部分で魅力があります。 IPv6に対応!excite MEC光の特徴 すでに解説した通り、MEC光に申し込みしてもキャッシュバックなどは提供されていません。 その代わりに、大手プロバイダでは非常に珍しく、 最低利用期間が定められていない光回線として人気を集めています。 excite MEC光の概要 最大速度 1Gbps 月額料金 戸建て:3,500円 マンション:円 IPv6対応 〇 契約期間 なし 解約金 なし 光電話 月額500円で提供 解約金なし!最低利用期間がないプロバイダ 一般的な光回線では必ずと言っていいほど2年間の最低利用期間があります。 2年以内に解約してしまうと、サービスによって 9,000~15,000円ほどの違約金がかかってしまうでしょう。 しかも、この縛りは自動更新になっているため、例え2年使ったとしても、次の2年間の間に解約すると違約金がかかります。 つまり、無料で解約できるチャンスは2年に一度だけ来る更新付きのみとなるのです。 しかし、excite MEC光では最低利用期間が定められていません。 そのため、 いつ解約しても、無料で解約することが可能です。 IPv6対応プロバイダ excite MEC光の特徴は IPv6による接続方法です。 通常インターネットへの接続はIPv4とIPv6の2通りあるのですが、一般的に IPv6の方が混雑ポイントを避けることが出来るので高速です。 ただ、IPv6に対応したプロバイダは今では特に珍しくはありません。 多くのサービスですでに対応済みなので、excite MEC光だけの特徴ではないでしょう。 しかし、IPv6に対応していることに加え、最低利用期間がないサービスとなると、非常に珍しいと言えます。 また、月額料金に関しても一般的な光回線の場合、戸建てで月額5,000円、マンションタイプでも3,800円ほどします。 excite MEC光の場合、戸建てタイプで月額 3,500円、マンションタイプでも 円で利用できるため、コスパも良い回線と言えるでしょう。 MEC光IPv6の接続イメージ MEC光ではルーターを自前で準備 通常、IPv6に対応しているプロバイダでインターネットに接続するためには、IPv6対応のルーターが必要です。 対応ルーターがなくても、一応インターネットに接続できますが、サイトによっては閲覧ができなくなる可能性があります。 そのため、何も支障なくインターネットに接続したい場合、IPv4 over IPv6よ呼ばれる技術に対応したルーターが必要になるのです。 一般的なプロバイダであれば、オプションなどでルーターをレンタルしていたり、場合によっては無料で提供していることもあります。 しかし、excite MEC光は月額料金がもともと安いため、無料では提供されていません。 その代わり、 月額100円でMEC光専用ルーターをレンタルすることができます。 申し込みの際に、選択できるので、選んでおきましょう。 excite MEC光 マンションタイプ excite MEC光はフレッツ光の設備を丸ごと使った光コラボ回線です。 そのため、フレッツ光が開通しているエリアであれば、申し込みできます。 マンションやアパートなどの集合住宅でも同じです。 通常、集合住宅の場合、お住いの物件が光回線に対応していないと利用できません。 フレッツ光が使いたければフレッツ光対応マンション、auひかりが使いたければauひかり対応マンションで利用できます。 excite MEC光はフレッツ光の設備が使われているため、フ レッツ光の対応マンションであれば申し込みできます。 まれに、知識の無い不動産業者などに「この物件はフレッツ光しか対応していないので他の光は無理ですね~」と言われることもあります。 基本的にフレッツ光さえ使えるマンションであれば、利用できるのでこのような案内をされた際は注意しましょう。 excite MEC光の評判は悪い? MEC光のツイッター上の評判を集めてみました。 どんなに口コミが良い回線でも、何かしらの悪い評判は付いてしまいます。 しかし、MEC光は比較的、良い評判が多いようです。 自宅の光回線をIpv6に変えたら速度が安定しました。 Ipv4は回線混雑時の速度低下が酷かった。 — Daiki🍀 daikiseiko エキサイトユーザーは月々数百円あがるだけで通信環境が大きく変わりそうだから、考えるまでもなくこっちにするべきか…。 IPoE方式でネットの混雑を回避、「excite MEC光」本格提供開始、DS-Liteを採用 - INTERNET Watch 2018年2月15日 15:28 — Totsugeki Taiin TotsugekiTaiin 遅い遅いと散々罵られてきたエキサイトだけど、ipv6のMEC光タイプDで完全に安い早い手軽と神の領域に達しているの、覚醒がヤバくてもう笑うしかない 笑 家の固定回線はフレッツ光でプロバイダーがMEC光タイプD、スマホのSIMはBIGLOBEモバイルでエンタメフリーオプション。 また、最低利用期間もないため、一見デメリットが無いように思えます。 しかし、MEC光にも欠点と言えるようなポイントがあります。 それは 新規申し込みで請求される初期工事費です。 一般的にどこの光回線に申し込みをしても、必ず初期工事が必要になります。 ただ、プロバイダによってはこの工事費を月額料金から割引するので、実質的に工事費を無料にしているのです。 例えば、KDDIが提供しているauひかりでは934円の初期工事費がかかります。 しかし、毎月1,250円を月額料金から割引を行い、30ヶ月間割引が続くので、この工事費は実質無料になるのです。 詳しくは、で解説しています。 しかし、excite MEC光の場合、以下の工事費がかかってしまいます。 戸建て:18,000円• マンション:15,000円 転用は工事なし!工事費は請求されない excite MEC光はNTTのフレッツ光を丸ごと使ったサービスです。 そのため、今現在フレッツ光を使っている方は、工事なしでそのまま転用することができます。 工事が無いので当然工事費は発生しません。 フレッツ光は回線の利用料金が高いサービスです。 月額料金を下げたい方は、転用をおすすめします。 転用についてはで詳しく解説しています。 ドコモ光とexcite MEC光の比較 ドコモ光もexcite MEC光もフレッツ光の回線を使った光コラボです。 現在、フレッツ光を使っている方は、そのまま転用ができるので、どちらにしようか迷っている方もいるでしょう。 どちらもIPv6に対応していますが、料金面などで大きな違いがあります。 excite エキサイト MEC光とドコモ光の比較 excite MEC光 ドコモ光 最大速度 1Gbps 1Gbps 月額料金 戸建て:3,500円 マンション:円 戸建て:5,200円 マンション:13,000円 IPv6 対応 対応 工事費 戸建て:18,000円 マンション:15,000円 戸建て:18,000円 マンション:15,000円 最低利用期間 なし 2年間 違約金 なし 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 スマホセット割 なし ドコモスマホ キャンペーン なし 0円キャッシュバック ( ) excite MEC光とドコモ光ではまず月額料金が違います。 ドコモ光が戸建てで5,200円、マンションで13,000円なのに対し、excite MEC光は戸建てで3,500円、マンションでは円で使えます。 excite MEC光は料金以外にも最低利用期間が無く違約金が掛からない点などで、金銭面で大きく節約できるでしょう。 一方、ドコモ光は月額料金が高い上に、2年間の最低利用期間が設けられています。 2年以内に解約した場合、戸建てで13,000円、マンションでは8,000円の違約金が掛かるのです。 ただ、ドコモ光の場合、 ドコモのスマホとのセット割が適用されます。 スマホ1台につき、月額500~1,000円の割引が適用され、家族などとシェアパックに入っている場合、最大で3,500円が割引されます。 そのため、ドコモのスマホを使っている方はドコモ光の方がトータルで考えると安く使えることが多いでしょう。 スマホのセット割に拘らない方はexcite MEC光がおすすめです。 ドコモ光はキャンペーンも充実 すでに解説した通り、excite MEC光はキャッシュバックなどのキャンペーンが適用されません。 しかし、ドコモ光では多くの窓口でキャンペーンが実施されています。 中でも特におススメなのがSONYグループのプロバイダである So-net ドコモ光です。 一般的なプロバイダの場合、キャッシュバックを受け取るために、オプション申し込みが必要となります。 例えば、ドコモ光のプロバイダとして人気の高いGMOとくとくBBではDAZNと呼ばれる映像サービスに申し込みしないとキャッシュバックが貰えません。 しかし、DTIの公式ページからドコモ光に申し込みすると無条件で 0円のキャッシュバックが受け取れます。 また、キャッシュバックだけでなく、ドコモが提供しているdポイントが0pt付与されるため、合わせて0円分の特典を受け取ることができます。 料金重視の方はエキサイト光 IPv6に対応することで高速通信ができるexcite MEC光ですが、中には「そんなに速くなくてもいいから安くしてほしい!」って方もいるでしょう。 元々、MEC光を提供しているBB exciteは格安プロバイダとして知られており、安いことが売りのサービスでした。 もし、 IPv6などのサービスが必要ない場合、エキサイト光がおススメです。 エキサイト光とexcite MEC光の違いは、IPv6に対応しているかどうかです。 IPv6対応かどうかで、月額料金が大きく変わってきます。 エキサイト光とMEC光の料金比較 月額料金 エキサイト光 戸建て:4,360円 マンション:3,360円 excite MEC光 戸建て:3,500円 マンション:円 excite MEC光では戸建てで3,500円、マンションだと円の月額料金がかかります。 一方、エキサイト光では戸建てで 4,360円、マンションでは 3,360円で利用可能です。 エキサイト光はIPv6に対応はしていませんが、最大1Gbpsの回線であることに違いはありません。 そのため、そこまで速度に拘りがなく、料金を安くしたい方におすすめです。 接続プラン type-dがおすすめ出来ない理由 bb. exciteでは、excite MEC光とは別に、と呼ばれるコースが別に用意されています。 月額700円で利用できるので、一見経済的で魅力的に見えるでしょう。 しかし、この月額700円はあくまでプロバイダ料金のみの金額です。 インターネットに接続するためには、このtype-dとは別に、 フレッツ光などの回線と契約する必要があります。 フレッツ光は戸建てでも月額5,000円程度、マンションでも3,500~4,000円ほどの回線利用料が発生します。 そのため、月額700円のtype-dの料金と合わせると、 excite MEC光よりも月額1,000円近く料金が上がってしまうのです。 しかも、料金が高いだけで、スペックやサービス内容などはexcite MEC光と何も違いがありません。 そのため、MEC光 接続プラン type-dを使うよりも、excite MEC光に申し込みした方が、間違いなく料金を安くできます。 エキサイト光で光電話は使える? 光回線などの固定インターネットを検討している方の中には、固定電話をお持ちの方も多いでしょう。 一般的に固定電話はNTTの加入電話を利用する必要があり、月額1,700円ほどの基本料がかかります。 エキサイト光やexcite MEC光、ともに月額500円で光電話の提供も行っています。 このような電話関連のオプションは他の光コラボと何ら違いはありません。

次の