消毒 用 エタノール 詰め替え。 手の消毒用のエタノールを持って行くのは、飛行機でスーツケースの方だった...

健栄製薬

消毒 用 エタノール 詰め替え

洗わずにそのまま使ってます。 〇〇製とか100均のものは、なんか不安なので洗ってから使います。 洗うと乾くまで時間がかかるので、消毒してから使ってます。 意外にも(?)最初は洗ってから使う、という方も少なくない! ちなみに我が家では、ボディソープボトル、ハンドソープボトルで元々の商品とは異なる詰め替えボトルを使用していますが、洗わずにそのまま使ってます。 ボディソープのボトルは100均のものですが、日本製だし、私は固形石鹸を使っているので夫しか使わないし。 (そこ?笑) ハンドソープボトルはちょっと奮発して買った日本製のものだったし、乾くまで時間がかかりそうだったし。 ハンドソープだからいいか、みたいな。 詰め替えボトルを洗う場合、洗剤を使う?洗い方は? 新品のボトルでも、中がきれいとは思えないし、洗ってから使わないと嫌、という方も少なくないようです。 確かに、詰め替えボトルで「消毒済」の表示が記載されている商品を見たことはありませんが、 菌が苦手とする、乾燥している状態がずっと続いているわけなので、よほどでなければ雑菌がうようよ繁殖している状態にはならないかと思います。 それでも汚れやほこりなどの混入などが気になる時は、水道水でそのまま洗ってもいいのでしょうか…? 洗剤は使う?洗い方の注意点 新品の詰め替えボトルを洗う場合に気をつけたいのが、洗った後はしっかり乾燥させるということ。 水道水は、人体に影響がない程度に塩素処理されていますが、そのまま放置すれば菌が繁殖していきます。 そのため、詰め替えボトルを水道水で洗う場合は、洗ったあとに水分をしっかり乾燥させる必要があるのだとか。 だからそこが 「気になる人は」って話なの。 私も赤ちゃん用なら気にするけど、自分用ならそこまで気にしないかな。 更には、シャンプー類などのポンプ式のボトルの場合、ポンプ内も水道水で洗うと、空押しして水がでなくなったとしても、ポンプ内部の水分が乾燥するまでには数日かかります。 洗いたいけど水道水を使うのに抵抗がある場合は、精製水を利用するっていうのも一つの方法。 アレルギー体質や肌が弱いのであれば、洗剤を使っての洗浄はおすすめしません。 詰め替えボトルを消毒して使うには? 特に化粧品などを詰め替え用ボトルに入れ替えて使う場合、細菌の混入などは気になるところ。 かといってメーカーのように無菌状態での詰め替えは難しいですよね。 そして、市販の詰め替えボトルのほとんどは、プラスチック製で耐熱ではありませんので、熱湯での煮沸消毒はできません。 自宅でボトル内の消毒をしたい場合は、エタノールを使って消毒します。 無水エタノールと消毒用エタノールの違い エタノールは薬局で購入できますが、無水エタノールと消毒用エタノールがあり、どっちを使っていいのか迷いますよね。 水を含まないエタノールは揮発スピードが速いので、消毒や殺菌能力が弱くなります。 (殺菌効果を発揮する前に揮発してしまう) ですが洗浄能力は高いので、水濡れ厳禁の場所(パソコンなどの精密機械)についた汚れを落とすのに活躍します。 一方、消毒用エタノールは純度を80%ほどに希釈したもので、注射など医療用消毒剤として使われていて、強力な殺菌効果があります。 ボトルにスプレーで吹き付けるか、コットンなどに含ませてボトル内を拭くか、あるいはある程度のエタノールを入れてボトルをシャカシャカ振り洗いします。 いずれもしっかりエタノールを揮発させてから使用します。 (無水エタノールを精製水で希釈しての代用も可能) 無水エタノールは引火しやすい性質のため、絶対に火気厳禁、また、肌にも良くないので直接触れないように注意しましょう。 また、臭いも強烈なので吸い込まないように十分注意し、換気した状態で使用するのが鉄則です。 除菌スプレーで消毒はできないの? 我が家では、キッチンや洗面所などでジェームズマーティンやパストリーゼといった除菌スプレーを使っています。 詰め替えボトルを洗わないで使っているくらいなら、除菌スプレーでも十分に思えます。 おわりに 化粧品などを詰め替えて使う場合は、確かに一度中をすすぎたい気持ちにはなるかもしれません。 ただし、洗って使う場合はしっかり乾燥させないと、逆に菌が増殖する可能性もでてきますので注意しましょう。 購入した最初は洗ってない我が家のボディソープボトルですが、なんとなく詰め替えの際だけは一度洗って乾かしてから使っています(笑).

次の

【通販モノタロウ】

消毒 用 エタノール 詰め替え

洗わずにそのまま使ってます。 〇〇製とか100均のものは、なんか不安なので洗ってから使います。 洗うと乾くまで時間がかかるので、消毒してから使ってます。 意外にも(?)最初は洗ってから使う、という方も少なくない! ちなみに我が家では、ボディソープボトル、ハンドソープボトルで元々の商品とは異なる詰め替えボトルを使用していますが、洗わずにそのまま使ってます。 ボディソープのボトルは100均のものですが、日本製だし、私は固形石鹸を使っているので夫しか使わないし。 (そこ?笑) ハンドソープボトルはちょっと奮発して買った日本製のものだったし、乾くまで時間がかかりそうだったし。 ハンドソープだからいいか、みたいな。 詰め替えボトルを洗う場合、洗剤を使う?洗い方は? 新品のボトルでも、中がきれいとは思えないし、洗ってから使わないと嫌、という方も少なくないようです。 確かに、詰め替えボトルで「消毒済」の表示が記載されている商品を見たことはありませんが、 菌が苦手とする、乾燥している状態がずっと続いているわけなので、よほどでなければ雑菌がうようよ繁殖している状態にはならないかと思います。 それでも汚れやほこりなどの混入などが気になる時は、水道水でそのまま洗ってもいいのでしょうか…? 洗剤は使う?洗い方の注意点 新品の詰め替えボトルを洗う場合に気をつけたいのが、洗った後はしっかり乾燥させるということ。 水道水は、人体に影響がない程度に塩素処理されていますが、そのまま放置すれば菌が繁殖していきます。 そのため、詰め替えボトルを水道水で洗う場合は、洗ったあとに水分をしっかり乾燥させる必要があるのだとか。 だからそこが 「気になる人は」って話なの。 私も赤ちゃん用なら気にするけど、自分用ならそこまで気にしないかな。 更には、シャンプー類などのポンプ式のボトルの場合、ポンプ内も水道水で洗うと、空押しして水がでなくなったとしても、ポンプ内部の水分が乾燥するまでには数日かかります。 洗いたいけど水道水を使うのに抵抗がある場合は、精製水を利用するっていうのも一つの方法。 アレルギー体質や肌が弱いのであれば、洗剤を使っての洗浄はおすすめしません。 詰め替えボトルを消毒して使うには? 特に化粧品などを詰め替え用ボトルに入れ替えて使う場合、細菌の混入などは気になるところ。 かといってメーカーのように無菌状態での詰め替えは難しいですよね。 そして、市販の詰め替えボトルのほとんどは、プラスチック製で耐熱ではありませんので、熱湯での煮沸消毒はできません。 自宅でボトル内の消毒をしたい場合は、エタノールを使って消毒します。 無水エタノールと消毒用エタノールの違い エタノールは薬局で購入できますが、無水エタノールと消毒用エタノールがあり、どっちを使っていいのか迷いますよね。 水を含まないエタノールは揮発スピードが速いので、消毒や殺菌能力が弱くなります。 (殺菌効果を発揮する前に揮発してしまう) ですが洗浄能力は高いので、水濡れ厳禁の場所(パソコンなどの精密機械)についた汚れを落とすのに活躍します。 一方、消毒用エタノールは純度を80%ほどに希釈したもので、注射など医療用消毒剤として使われていて、強力な殺菌効果があります。 ボトルにスプレーで吹き付けるか、コットンなどに含ませてボトル内を拭くか、あるいはある程度のエタノールを入れてボトルをシャカシャカ振り洗いします。 いずれもしっかりエタノールを揮発させてから使用します。 (無水エタノールを精製水で希釈しての代用も可能) 無水エタノールは引火しやすい性質のため、絶対に火気厳禁、また、肌にも良くないので直接触れないように注意しましょう。 また、臭いも強烈なので吸い込まないように十分注意し、換気した状態で使用するのが鉄則です。 除菌スプレーで消毒はできないの? 我が家では、キッチンや洗面所などでジェームズマーティンやパストリーゼといった除菌スプレーを使っています。 詰め替えボトルを洗わないで使っているくらいなら、除菌スプレーでも十分に思えます。 おわりに 化粧品などを詰め替えて使う場合は、確かに一度中をすすぎたい気持ちにはなるかもしれません。 ただし、洗って使う場合はしっかり乾燥させないと、逆に菌が増殖する可能性もでてきますので注意しましょう。 購入した最初は洗ってない我が家のボディソープボトルですが、なんとなく詰め替えの際だけは一度洗って乾かしてから使っています(笑).

次の

【消毒用エタノール】使い方やIPとの違いは何?手ピカジェルの代わりにおススメ!

消毒 用 エタノール 詰め替え

アルコールといっても種類があります。 濃度の違いも、、、 人体に使うならエタノールでしょうか? ちなみに買ってきたアルコールはガラス瓶に入っていましたか? まさか自分で作ったとか? 薬局やドラッグストアなどに行ってよく見れば消毒用アルコールや 無水エタノールは今はほとんどPPのボトルにPEのキャップだと思います。 ネットでどんな内容を見たか分かりませんが、自分もアルコールは良く使っていますが、 プラスチックが侵された事はありません。 むしろスプレーに使っているゴムシールの 方がはるかに心配です。 これもゴムの材質、アルコールの濃度で変わります。 ペットボトルの酒は25度の焼酎です。 消毒用アルコールはエタノール80度前後、 42度程度のウィスキーのペットボトルもありますね。 面白い実験をした人がいました。 余談ですが、高濃度のアルコールを扱う時は静電気にお気を付け下さい。 参考URL: A ベストアンサー はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思います。 しかし、わたしは持ち歩き用に 100円ショップで購入した携帯用のディスペンサーに このエタプラスを入れて使用しています。 旅行などにも持ち歩いていますが、今のところ特に問題はありません。 大型の容器はどうかわかりませんが、小さな容器は大丈夫みたいです。 ちなみにわたしはダイソーで購入しました。 ご参考になれば。 はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思... A ベストアンサー 家庭でのご使用を想定して良いのでしょうか。 だとすれば500mlのポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入ったものを購入されることになると思います。 エタノールは、他の有機溶剤と比較して、プラスチック類を溶かす可能性は低いので、これまでのご回答にもありますように、ペットボトルなどで大丈夫です。 小出しにするのであれば、ポリエチレン、ポリプロピレン、PETなどの容器であれば大丈夫でしょう。 ただし、塩化ビニルは不適当ですし、ポリスチレン(スチロール)も少し心配です。 ガラス製の薬の空き瓶などがあれば利用できると思います。 なお、光の作用によって過酸化物を生じる場合もありますので、光の当たらない場所に保存するのが無難だと思います。 また、エタノールの種類によっては酒税の対象になり、高価になると思います。 Q 豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。 早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。 もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし 入荷するのはいつかも未定という状態です。 ネットで検索してみてて気づいたのですが 「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを 見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは 同じものと考えてよいのでしょうか? 同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。 どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。 皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。 工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。 ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。 薬局で買えば、間違いはないと思いますが。 「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99. 5%エタノールの2種類だと思います。 化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99. 5%のもので代用できる場合が多いです。 その意味では、No. 2さんのおっっしゃるように、「無水=99. 5%以上」と言うのは正しいです。 しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。 特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0. 5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。 このような「本当の」無水エタノールは、当然、99. 5%のものよりも高価であると思います。 豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99. 5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。 つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量...

次の