トイ ファクトリー バーデン。 【芸能人の愛車】つるの剛士さんの愛車はアウトドア向けな車が多い?!

トイファクトリーオプション打ち合せの前に

トイ ファクトリー バーデン

インテリアカスタム 2020. 24 株式会社トイファクトリー PR• 数多くのユーザーが愛用しているトイファクトリーのキャンピングカー。 前回のVol. 1ではトイファクトリーのキャンピングカー製作に対するこだわりや主催イベントなど、トイファクトリーで購入することのメリットなどを紹介した。 今回のVol. 2でピックアップするのは、高い完成度を誇るトイファクトリーのバンタイプキャンピングカー(バンコン)のオススメモデルと、快適なロングドライブを実現するボディ&足回り系を中心としたチューニングパーツだ。 Vol. 1でトイファクトリーのキャンピングカーに興味を持ったけど、実際どれを選べば良いのか分からないという方や、ハイエースキャンピングカーユーザーで乗り心地やルックスを向上させたいなんて人は当記事をぜひチェックしてほしい。 トイファクトリーではトヨタのマイクロバスであるコースターをベースとしたバスコンや、欧州からの輸入モデルも販売しているが、主力モデルはハイエースをベースとした8ナンバーのバンコン。 トイファクトリーでは様々なタイプのバンコンを用意しているので、オススメモデルを中心に概要を紹介していく。 ユーザーの需要に応えて様々な種類のバンコンを用意 「夫婦旅」「子供との旅行」「愛犬との旅」「トイレルーム付き」「ボディの全長が5m未満でコンパクトなモノ」、「大容量ラゲッジスペース」といったユーザーの様々な需要にあわせ、ハイエースベースのキャンピングカーを10モデル以上ラインアップしている。 その中でもフラッグシップモデルとして絶大な人気を誇っているのが「BADEN(バーデン)」だ。 しっかりとしたキッチン等は不要で、価格は抑えつつ快適な車中泊がしたいというユーザーにはTOY'S BOX(トイズボックス)シリーズが最適だ。 なかでも、乗車定員6名のシートに就寝定員2名(オプションで4名にすることも可能)のフルフラットベットを備え、普段使いがしやすい「TOY'S BOX 470 ロールーフ」、純正のセカンドシートを残すことで価格を抑えながら、シンプルで使いやすい「TOY'S BOX S-GL」がオススメ。 通常のハイエースバンとの違いは、標準でベッドキットが組み込まれ、床張り、シンク、収納棚などが用意されていることだ。 さらにオプションでトリプル断熱ボディなどを追加することもでき、快適性を向上させることも可能となっている。 快適なロングドライブを楽しめるように、正規販売代理店としてレカロシートをキャンピングカーに積極的に取り入れているのも注目したいポイント。 レカロシートを装着するメリットは、快適性だけではなく、正しい着座姿勢をキープできることにより、運転に集中でき、結果的にセーフティドライブを実践できるのが最大のメリットだという。 『キャンピングカーは、大切な家族を乗せて走るクルマです。 レカロの良さが最も発揮できるのは、キャンピングカーと言っても過言ではありません』と、トイファクトリーではキャンピングカーとレカロシートの親和性の高さについて自信を持っている。 一般的なキャンピングカーの運転席と助手席シートは、普通乗用車のスタンダードグレードに採用されているレベルのモノ、あるいはもっと簡素なシートが装着されている車種もある。 はじめてハイエースを所有するという人へは特にオススメだ。 「はじまりはいつもトイファクトリーから」1995年に創業。 独自のバンコン路線が幅広いユーザーに受け入れられたことで成長を続け、現在でも革新的な技術の導入に取り組み続けているキャンピングカー業界のトップランナーTOY-FACTORY(トイファクトリー)。 トヨタディーラーやアルパイン社、カリモク家具など有名メーカーとのコラボも行う。 キャンピングカーに限らず、海外向けドクターカーの設計/製造、消防関連車輌/赤十字関連車輌などの特装車両製作、移動式水素ステーション随伴車、GAZOOレーシングチーム用コマンドハイエースなど高い技術力を活かし様々な車両製作も行う。 トイファクトリーオーナー専用キャンプ場「トイの森」をOPENし、主催イベントも定期的に開催。

次の

ZUKIさん家のバーデン日記

トイ ファクトリー バーデン

インテリアカスタム 2020. 24 株式会社トイファクトリー PR• 数多くのユーザーが愛用しているトイファクトリーのキャンピングカー。 前回のVol. 1ではトイファクトリーのキャンピングカー製作に対するこだわりや主催イベントなど、トイファクトリーで購入することのメリットなどを紹介した。 今回のVol. 2でピックアップするのは、高い完成度を誇るトイファクトリーのバンタイプキャンピングカー(バンコン)のオススメモデルと、快適なロングドライブを実現するボディ&足回り系を中心としたチューニングパーツだ。 Vol. 1でトイファクトリーのキャンピングカーに興味を持ったけど、実際どれを選べば良いのか分からないという方や、ハイエースキャンピングカーユーザーで乗り心地やルックスを向上させたいなんて人は当記事をぜひチェックしてほしい。 トイファクトリーではトヨタのマイクロバスであるコースターをベースとしたバスコンや、欧州からの輸入モデルも販売しているが、主力モデルはハイエースをベースとした8ナンバーのバンコン。 トイファクトリーでは様々なタイプのバンコンを用意しているので、オススメモデルを中心に概要を紹介していく。 ユーザーの需要に応えて様々な種類のバンコンを用意 「夫婦旅」「子供との旅行」「愛犬との旅」「トイレルーム付き」「ボディの全長が5m未満でコンパクトなモノ」、「大容量ラゲッジスペース」といったユーザーの様々な需要にあわせ、ハイエースベースのキャンピングカーを10モデル以上ラインアップしている。 その中でもフラッグシップモデルとして絶大な人気を誇っているのが「BADEN(バーデン)」だ。 しっかりとしたキッチン等は不要で、価格は抑えつつ快適な車中泊がしたいというユーザーにはTOY'S BOX(トイズボックス)シリーズが最適だ。 なかでも、乗車定員6名のシートに就寝定員2名(オプションで4名にすることも可能)のフルフラットベットを備え、普段使いがしやすい「TOY'S BOX 470 ロールーフ」、純正のセカンドシートを残すことで価格を抑えながら、シンプルで使いやすい「TOY'S BOX S-GL」がオススメ。 通常のハイエースバンとの違いは、標準でベッドキットが組み込まれ、床張り、シンク、収納棚などが用意されていることだ。 さらにオプションでトリプル断熱ボディなどを追加することもでき、快適性を向上させることも可能となっている。 快適なロングドライブを楽しめるように、正規販売代理店としてレカロシートをキャンピングカーに積極的に取り入れているのも注目したいポイント。 レカロシートを装着するメリットは、快適性だけではなく、正しい着座姿勢をキープできることにより、運転に集中でき、結果的にセーフティドライブを実践できるのが最大のメリットだという。 『キャンピングカーは、大切な家族を乗せて走るクルマです。 レカロの良さが最も発揮できるのは、キャンピングカーと言っても過言ではありません』と、トイファクトリーではキャンピングカーとレカロシートの親和性の高さについて自信を持っている。 一般的なキャンピングカーの運転席と助手席シートは、普通乗用車のスタンダードグレードに採用されているレベルのモノ、あるいはもっと簡素なシートが装着されている車種もある。 はじめてハイエースを所有するという人へは特にオススメだ。 「はじまりはいつもトイファクトリーから」1995年に創業。 独自のバンコン路線が幅広いユーザーに受け入れられたことで成長を続け、現在でも革新的な技術の導入に取り組み続けているキャンピングカー業界のトップランナーTOY-FACTORY(トイファクトリー)。 トヨタディーラーやアルパイン社、カリモク家具など有名メーカーとのコラボも行う。 キャンピングカーに限らず、海外向けドクターカーの設計/製造、消防関連車輌/赤十字関連車輌などの特装車両製作、移動式水素ステーション随伴車、GAZOOレーシングチーム用コマンドハイエースなど高い技術力を活かし様々な車両製作も行う。 トイファクトリーオーナー専用キャンプ場「トイの森」をOPENし、主催イベントも定期的に開催。

次の

ZUKIさん家のバーデン日記

トイ ファクトリー バーデン

今回紹介する「バーデン グランデ」は、スーパーロングベースの「バーデン」の追加モデル。 最大の特徴は、家庭用エアコンの搭載である。 エアコンは、夏場のキャンピングカーの稼働率を上げる決定打となる装備であり、キャブコンには搭載モデルが多くなってきたが、バンコンではスペースの関係上、搭載されるモデルは多くない。 ハイエーススーパーロング、あるいはNV350キャラバンに家庭用エアコンを搭載したモデルは、レクビィのシャングリラ、RVビックフットのACSソラネル、キャンパー鹿児島のインプラスがあるが、シャングリラとACSソラネルはスーパーハイルーフ仕様なので、ノーマルルーフではインプラスと、このバーデングランデの2モデルのみである。 なお、M. Sミスティックのマティアスは一体型エアコンを搭載している。 バンコンで家庭用エアコンを搭載する場合、最大の課題は室外機の置き場所と、電力の供給方法である。 上記で家庭用エアコンを搭載しているモデルの多くは、エアコン室外機を右側後部のウインドウ部に設置している。 室外機が目に触れないよう、うまく収納されているが、室内スペースを犠牲にしてしまうのは否めない。 そこで、バーデングランデでは、室外機をスペアタイヤが収納されている場所、即ち、床下に設置した。 従って、室外機は横置きになってしまうが、悪影響はないとのこと。 また、水はねや泥はねも気になるが、これもクリアしているそうである。 これにより、室内のスペースを無駄にすることなく、家庭用エアコンをハイエースに搭載することができたのである。 もう一つの課題は、電力供給である。 エアコンは電気の消費量が大きいため、通常は一般的な100Ahのサブバッテリーを2個搭載しても、連続使用時間は4時間程度である。 他の電気器具やバッテリーの経年変化などを考えると、実際はもっと短くなる。 バーデングランデは、サブバッテリーを2個搭載しているが、発電機は搭載していない。 従って、エアコンを長時間稼働するためには、外部電源入力が得られる場所での使用が前提となる。 ただ、バーデングランデは、大型のソーラーパネルを搭載しており、これにより充電された分だけ、エアコンを含め、電気製品への給電をサポートすることができる。 また、高断熱設計により、外部からの熱の侵入を極力防ぎ、冷気を保てる レイアウトは、従来のバーデンと大きな変わりはなく、対座ダイネットと後部にハイマウントベッドの構成。 2列目シートはREVOシートで、前向きにセットして前向き乗車ができる。 車体の右側ウインドウはエクステンションウインドウになっており、車内に余裕をもたらすとともの断熱性も向上させている。 ダイネットと通路を挟んで対面にあるギャレーには、丸型シンクと40リッターの冷蔵庫がビルトインされる。 後部はハイマウントベッドで、これがメインベッドになるが、ダイネットを展開すると、ここにも大人3名が就寝でき、計5名が就寝できる。 5名が前向き乗車、就寝できるので、ファミリーにもお勧めできるレイアウトである。 エアコンの室内機は、後部左側にあり、従来収納ラックがあったところにうまく収まっている。 後部ベッドの下は大きな収納スペースで、両側の収納ラックにも整理して収納できるようになっている。 ダークブラウンの家具とベージュのシート地により、全体的に高級感のある、落ち着いたインテリアでまとめられている。 バーデンに、エアコンという快適性を加えたバーデングランデは、よりクオリティの高い車内空間を実現している。 バーデングランデの動画はこちら 2014. 26 ||| |||| Copy Right Since 2009.

次の