明石 市 コロナ 感染 者。 神戸新聞NEXT|明石|明石市内で感染者確認 学校園は予定通り7日再開

兵庫県/新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

明石 市 コロナ 感染 者

兵庫県明石市で初の新型コロナウイルス感染者が確認されてから5月1日で1カ月になる。 この間の感染者は20人に上り、当初は全員が医療機関に入院していたが、うち4人は同日までに退院した。 一方で感染経路が確定できたケースはゼロといい、あかし保健所は「すでに市中感染が広がっている」としている。 (小西隆久) 市によると、感染したのは男性13人、女性7人。 年代は10歳未満~90代で、50、60代がいずれも4人で最も多く、次いで20代が3人となっている。 同保健所などが濃厚接触者と認め、健康状態などを追跡調査したのは約100人に上る。 市内での集団感染(クラスター)は確認されていない。 感染経路は特定できないが、類推できた感染者は8人。 20例目の10歳未満の女児ら6人は、家族や同居人から感染したとみられる。 集団感染が発生した神戸市環境局須磨事業所の職員、感染が判明する前の70代女性を救急搬送した明石市消防署二見分署の救急隊員もこれに含まれる。 他方、経路がまったく不明な感染者は12人で、18例目の30代男性は自宅でテレワーク中に発症した。 保健所の聞き取りに対し「電車に乗った」「買い物に出た」と回答する感染者が多く、電車内や買い物中に感染した可能性はあっても特定にはつながっていないという。 重症化して集中治療室(ICU)に入った感染者は2人。 うち15例目の80代男性は当初、軽症だったが、入院後に重篤な状態となったという。 16例目の介護職の50代女性については、同保健所などによる調査で、勤め先での濃厚接触者に陽性者はいなかったとしている。 【記事特集リンク】.

次の

明石市立市民病院の看護師がコロナ感染!場所・感染経路は?

明石 市 コロナ 感染 者

船橋市は9日、市内在住の20~30代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 いずれも軽症。 同市で複数の感染者が確認されるのは約1カ月ぶり。 県内では2日ぶりの感染判明となり、累計感染者は914人に増えた。 船橋市保健所によると、感染が判明した3人は、30代女性会社員、30代男性会社員、20代女性。 いずれも8日の検査で分かった。 30代男性と30代女性は、市が5日に感染を公表した飲食店関係会社に勤務する30代男性の関係者。 このうち、今回感染が判明した30代男性は同僚で、2日に腹痛などの症状があり、検査の結果、同ウイルス陽性と判明した。 市内の受け入れホテルで療養している。 30代女性は、同居男性が陽性と判明したため検査し、感染が確認された。 当初症状はなかったが、判明後に37度台後半まで発熱し、市内医療機関に入院した。 また、20代女性は5月28日に37度台半ばまで発熱し、せきやくしゃみなどの症状が出た。 息切れなど呼吸器系の症状があったため、市内医療機関に入院した。

次の

神戸新聞NEXT|明石|コロナ禍、里親も苦境 感染防止に神経とがらせ「普段と変わらず接し続ける」

明石 市 コロナ 感染 者

兵庫県明石市で2日までに、新型コロナウイルスの感染者2人が確認された。 浜田昌範保健所長は同日夜の会見で、学校園の対応について「学校関係者から感染者が出た場合は再検討するとしていたが、2人は関係者ではない」とし、市内の学校園は予定通り7日から新学期を始める方針をあらためて明らかにした。 (小西隆久、川崎恵莉子) 市によると、1日に感染が判明した60代男性は外国籍で市内在住。 約3カ月間滞在した英国から先月26日、関西国際空港に到着。 帰宅の際は公共交通機関は使わずに車で移動した。 感染判明まで自宅で療養。 その間に数回、マスク着用で近隣の店舗で食料品を購入したという。 男性は1日、医療機関に入院した。 2日には市内在住で建設業の20代男性の感染を確認。 男性は先月26日、公共交通機関を利用して大阪市北区の飲食店で友人と食事。 同日、のどの痛みがあり、その後、38度台の発熱、味やにおいがしないといった症状が現れた。 友人とは連絡が取れていないという。 同31日に近隣の医療機関を受診し、感染を疑った医師が帰国者・接触者外来の受診を勧めた。 1日に受診、PCR検査をして2日に陽性が確定した。 20代男性の感染経路は不明。 市は同居する家族1人は濃厚接触者と認め、男性の勤務先や友人、ほかの濃厚接触者の有無などについて聞き取りを進める。 【記事特集リンク】.

次の