子 宮頸 が ん ワクチン 副作用。 京都市:ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)の定期の予防接種について

子宮頸がんワクチンと副作用|大槻レディースクリニック|婦人科・産婦人科|大阪府堺市南区

子 宮頸 が ん ワクチン 副作用

昨今話題となっているワクチンのひとつに、「子宮頸がんワクチン」があります。 テレビや新聞の情報を見ているだけでは、想像できないかもしれませんが、このワクチンは、予備知識なしで、気軽に接種してよいものではないようです。 しかし、一般には広く、「子宮頸がんを100%予防できるワクチン」のようなイメージで宣伝されています。 すべてのワクチン接種には、死亡例を含む副反応があります。 それは、この子宮頸がんワクチンにおいても、例外ではありません。 本来、人の命を守る役目を担うはずの製薬会社、医療機関および政府が、接種を考慮するのに必要な情報をわかりやすく国民に提供せず、良い面ばかりを伝えています。 こういった社会の風潮に警鐘をならす想いで、言及することにしました。 「子宮」という言葉を聞いて、ともすると、この話は自分には関係ないと思われた男性もいるかもしれません。 しかし、世界の動きをみていると、どうもそうは言ってられなさそうです。 特に最近のアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)を添加した各種の新型ワクチンがもたらす人体への長期的な影響については、いまだ実験段階にあり、不妊症を引き起こす可能性が、ささやかれています。 子宮頸がんワクチンも例外ではありません。 大げさに聞こえるかもしれませんが、ワクチンは、もはや人類の存続問題としてみたほうがいいでしょう。 ことの全貌をよく理解していただくために、「子宮頸がん」と「子宮頸がんワクチン」についての基礎知識をまとめてみました。 子宮頸がん」とは、子宮の出口付近である子宮頸部(しきゅうけいぶ)にできるがんです。 子宮の中にできる「子宮体がん」と異なります。 『がん』と聞くと、がん家系の人は、自分も罹りやすいと思いがちですが、子宮頸がんは遺伝に関係なく、原因のほぼ100%は、HPV ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染によって起きるとされています。 多くの場合、このウイルスは性交渉によって人から人へ感染するとされ、中でも発がん性のあるHPVには、女性の約80%が一生に一度は感染していると推定されます。 このため、性交渉経験のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っているとされています。 子宮頸がんは、近年、20代後半から30代の女性に急増し、発症率が増加傾向にあります。 現在では、がんによる死亡原因の第3位で、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位。 特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。 左が、子宮入り口にできる子宮頸がんです。 右は、子宮内にできる子宮体がんです。 ドイツ人のウイルス学者であるハラルド・ツアハウゼン氏は、1976年に「HPVが子宮頸がんの原因である」という仮説を発表しました。 そして、1983年に子宮頸がん腫瘍の中にHPV16型のDNAを発見しました。 翌年には、HPV18型のDNAも同腫瘍中に発見し、この研究結果を元に2006年には、子宮頸がんワクチンが製造されました。 HPV(ヒトパピローマウイルス)は、パピローマウイルス科に属するウイルスの一種で、現在確認されているだけでも約200種類あります。 このウイルスは、大きく2種類に分けられます。 皮膚に感染する上皮型と粘膜に感染する粘膜型です。 この粘膜型のうち、発がん性の高い15種類が、子宮頸がんの原因とされています。 具体的に示すと、HPV16,18,31,33,35,39,45,51,52,56,58,59,68,73,82,(ときに26,53,66) 型です。 実際には、これらの発がん性HPVに感染しても90%以上は、免疫により体内から自然に消失するため、子宮頸がんに進展するのは、約0、1〜0、15%とごくわずかです。 また、子宮頸がんになるまでには通常、数年〜十数年かかると推測されています。 そのため、子宮粘膜に異常が見つかったからといって、安易に手術するよりも、観察が大事であるという専門医もいます。 ドイツがん研究センター ハラルド・ツア・ハウゼン 名誉教授 HPVと子宮頸がんの関係についての研究が認められ、2008年にノーベル生理学医学賞を授与されました。 ヒトパピローマウイルス ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスとも呼ばれます。 乳首のようないぼ(パピローマ)を形成することから、 この名前が付けられました。 HPVの顕微鏡写真 (ヒトパピローマウイルス) HPVは、世界中に古くから存在しているウイルスです。 多くの場合、人に感染しても何の症状も起こしませんが、ときとして種類によっては、イボやがんの原因となることもあります。 現在、子宮頸がん予防ワクチンとして、米・メルク社の「ガーダシル」と英・グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」があります。 2010年3月現在、国内で厚労省に認可されているのは、後者のみです。 製造元の英・グラクソ・スミスクライン社によれば、「予防効果がどのくらい続くのか」 「追加接種が必要か」については、まだ不明とのことです。 同社は、「半年に3回の接種で、最長で6. 4年間くらいは、HPVの感染を防ぐのに十分な量 の抗体ができる」としています。 この子宮頸がんワクチンが予防できるのは、HPV16型と18型です。 全ての発がん性HPVの感染を防げるものではありません。 「ワクチンを接種しても子宮頸がんにかかる可能性がある」と製薬会社もはっきりと述べています。 また、特筆すべき点は、日本人の子宮頸がんの原因はHPV 52・58型が比較的多く、HPV16・18型は全体の約60%ということです。 そのためHPV16・18型予防に製造された輸入ワクチンは、日本人には予防効果がさらに限定的であるということです。 (HPV52・58型に対する予防効果は10%程度).

次の

子宮頸がんワクチン、未接種でも「副作用」と同じ症状 :日本経済新聞

子 宮頸 が ん ワクチン 副作用

平成25年6月14日、厚生労働省は子宮頸がんワクチンを積極的に接種を勧奨することを、一時的に中止するよう、自治体に勧告しました。 その結果、高崎市から対象者への予診票送付が行われいません。 一方、子宮頸がんワクチンは定期接種から外れるのではないので、接種希望者は今まで通り無料で接種できます。 医療機関は、接種希望者に対して「厚生労働省は、子宮頸がん予防ワクチンの接種を、積極的にはお勧めしていません」ということと、(どのワクチンでも同様ですが)「接種に当たっては有効性とリスクを理解した上で受けて下さい」という説明をすることになっています。 そして、副反応かどうか、わかりにくい症状が出た場合には、全国に設置された 「HPVワクチン接種後に生じた症状の診療に関する協力医療機関」をご紹介できるようになっていますので、安心して接種できます。 群馬県の協力医療機関は群馬大学医学部附属病院 麻酔科・蘇生科です。 子宮頸がんワクチン 子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症します。 そこで、がん予防のためにHPV感染を防ぐワクチンが開発されました。 現在では「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」に基づき公費で接種が行われています。 2種類のワクチンから自由に選択できます 子宮頸がんワクチンは。 「」と「」の2種類から、ご希望のワクチンを選択できます。 どちらのワクチンも公費で接種できますが、どちらかのワクチンを接種すると、途中から他方のワクチンに変更することはできません。 が諸外国で使用されており、日本でも2020年5月製造販売(商品名シルガード9)が承認される見込みとなりました。 今後シルガード9が定期接種に使用できるようになれば、無料で接種できるようになります。 発売時期は未定です。 平成25年4月1日から、定期予防接種化されました。 平成25年6月14日、厚労省は積極的な接種のお勧めを一時的に中止しました。 ここからは当院の考え方を示す、当院独自の表現が含まれています 厚生労働省の自治体向けQ&A にも記載されていますが、サーバリックスとガーダシルの「効能」を直接比較した報告はありません。 今後、HPVの方ワクチンを接種した方々の追跡調査によって間接的にですが効果を比較できるようになるでしょう。 参考1:HPVの型 HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸がんや尖圭コンジローマの原因ウイルスであることが知られています。 HPVウイルスには多数の型があり、最近は子宮頸がんの原因になる10数種類を「高リスク型」、尖圭コンジローマなどの原因になる型を「低リスク型」と分類する場合もあります。 「高リスク型」のHPV16,18型はどちらのワクチンでも予防できます。 「低リスク型」のHPV6,11型はガーダシルは予防できますが、サーバリックスでは予防できません。 参考2:予防効果の持続期間 サーバリックスもガーダシルも子宮頸がんの予防効果があります。 その効果がいつまで長続きするのかは両ワクチンとも判っていません。 予防効果の持続期間はワクチンを受けた方を追跡調査して調べています。 数年毎に追跡調査の中間報告を出し、きちんとした結果が出た時点で持続期間が延長されてゆきます。 現時点では、サーバリックスは8. 4年間、ガーダシルは4年間という持続期間が報告されています。 両ワクチンともに、日々、一日ごとに持続期間は延びていると解釈して下さい。 (欧州の研究会でガーダシルは7年間持続するという報告が2011年5月になされましたが、現時点では学会雑誌に掲載されていません。 医学の分野では医学会が発行する学会雑誌に掲載されると研究報告の信頼度が更に高くなります。 ) 参考3:カットオフ値 子宮頸がんの原因であるHPVの感染を食い止めるためには、HPVウイルスに対する中和抗体が必要です。 この抗体価が高いほうが予防効果が高く、効果も長持ちします。 では、最低で、どの位の抗体価があれば予防できるのでしょう。 この抗体価のことを「カットオフ値」と呼びます。 実は現在のところHPV感染を食い止めるために必要な最低限の抗体価、ないし、子宮頸がんを予防できる最低限の抗体価、すなわち「カットオフ値」は両ワクチンともに判っていないのです。 遠い将来、このカットオフ値が判るようになれば、ワクチンの優劣を数字で議論できるようになるでしょう。 参考4:追加接種の要否 ワクチンを接種した方にはHPVに対する抗体が獲得されます。 しかし、抗体は徐々に減ってゆくという性質があります。 今後、研究が進むにつれて、あなたが接種したや抗体のが次第にはっきりしてくるでしょう。 将来、あなたの抗体価がHPV感染を予防できる下限に近づいた場合は、抗体を安全レベルまで引き上げるために、再度、HPVワクチンを「追加接種」する必要があるかも知れません。 現時点ではサーバリックスもガーダシルも共に追加接種が必要になる可能性があります。 再接種の時期はおおむね20年後程度(あなたが30歳代になる頃)と推測しています。 その時のあなたの生活状況に応じて、再度、接種するかどうか決めることになります。 その頃には、もっと新しい子宮頸癌予防ワクチンができているでしょう。 参考5:副反応 サーバリックスとガーダシルのワクチン承認時における国内臨床試験成績を比べると、若干サーバリックスの方が副反応の頻度が多いようです。 しかし、当院では現在まで、副反応のためにサーバリックスの接種を中断した方は一人もいらっしゃいません。 注射ですから、針を刺す時と、筋肉内に薬液が押し込まれる時は、どなたでも痛みを感じます。 また、感じ方には個人差があります。 当院では副反応の頻度の違いを「ワクチン選択の基準」にすることはお勧めしておりません。 参考6:新たなワクチンがあります 公費で使用できるワクチンは2種類です。 サーバリックスは2価(HPVウイルス2種類)、ガーダシルは4価(HPVウイルス4種類)のワクチンです。 2020年5月、9価ワクチン・シルガード9(海外での商品名はガーダシル9)の製造販売が承認される見込みとなりました。 発売時期は未定です。 このように、技術の向上やニーズの変化により今後も次々と新しいワクチンが開発されてくるでしょう。 しかし、子宮頸がんを100%予防できるワクチンは、いくら待っても開発されません。 ですから、ワクチンの優劣を議論するよりも、現時点で受けられるワクチンを適切な時期に接種し、成人に達したら「子宮頸がん検診を必ず受ける」という気持ちを育むことがより大切です。 〒370-0069 高崎市飯塚町1285 Tel. 027-362-5811 Copyright C 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.

次の

サーバリックス(子宮頚がん予防ワクチン)

子 宮頸 が ん ワクチン 副作用

「子宮頸がん予防ワクチン」の接種に、学年によっては自治体の公費助成が受けられます。 正しい知識を持って、お子さんを子宮頸がんから守ってください。 子宮頸がんとは 子宮頸がんは、子宮の入り口付近、子宮頸部(しきゅうけいぶ)にできるがんです。 原因は、ほぼ100%がHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスであることがわかっています。 HPVはとても一般的なウイルスで、成人女性の8割が1度は感染したことがあるといわれています。 このウイルスに感染してもほとんどは自然に治りますが、長期の感染が続くと、まれに子宮頸がんを発症することがあります。 がんが進行すると、子宮摘出が必要になるため子どもが産めなくなったり、場合によっては命を失うこともあります。 なぜ子どもにワクチン接種を勧めるの? 子宮頸がん予防ワクチンは、HPVの中でも特に子宮頸がんの原因になりやすい2種類のウイルスの感染を防ぐことで、子宮頸がんの発症の70%以上を予防するものです。 HPVに感染する前の接種がもっとも有効ですので、思春期女子が世界中で標準的な対象になっていますが大人の女性にも十分効果があります。 いま子宮頸がんは20~30代に急増しています。 将来お子さんが子宮頸がんで苦しまないよう、ワクチンで予防しましょう。 ワクチンはどこに注射するの?子宮頸がんの検査も受けるの? 子宮頸がん予防ワクチンは、肩に近い腕または大腿部(太もも)の筋肉に注射します。 ワクチン接種のために、事前に検査や検診の必要はありません。 ワクチンを打っても、大人になったら必ず、定期的な子宮頸がんの検診を受けてください。 ワクチンは100%子宮頸がんを予防するものではありません。 子宮頸がん検診を受けることは大人の女性のあたりまえの健康管理であることを、ワクチン接種の機会にお子さんにぜひ教えてください。 ワクチン接種のスケジュールは? 十分な抗体をつくるため3回の接種が必要で、1回目から3回目の接種まで6ヶ月以上の期間を設けます。 現時点では20年以上の効果があると推定されています。 毎年接種の必要はありません。 どこで受けられるの? 産婦人科だけではなく、小児科、内科などのクリニックや病院で接種を受けることができます。 自治体やかかりつけの病院などに問い合わせて、お子さんに合った医療機関を探してください。 費用は3回で約5万円かかりますが、学年によっては自治体の公費負担があります。 お住まいの自治体にお問い合わせください。 副作用が心配 一般的なワクチンの副作用と同じで、「注射した部位が痛い」「腫れる」「発疹が出る」「全身の発熱」「食欲不振」「倦怠感」「失神」が一時的に見られます。 まれに重い副反応 アナフィラキシー様症状など を起こすこともありますが、どの副作用も、他のワクチンにもある一般的なものです。 また筋肉注射のため、皮下注射より痛く感じることもありますが、これも子宮頸がん予防ワクチンに限ったことではありません。 ワクチンを接種する際は、体調を整え、また副作用を予防または早期に発見するため、接種後は30分ほど安静にして様子を見ます。 ワクチンでがんになることはないの? 子宮頸がん予防ワクチンは、ウイルスそのものではなく、ウイルスとよく似た物質をハイテク技術で合成して用いています。 感染力はないため、ワクチンが原因でHPV感染や子宮頸がんになることはありません。 ワクチンを接種すれば、将来子宮頸がん検診は必要ない? 子宮頸がんの原因となるHPVには15種類あり、ワクチンですべての子宮頸がんを予防することはできません。 大人になったら検診を定期的に行い、子宮頸がんを確実に予防することを、お子さんに伝えてください。

次の