仮想通貨 アフィリエイト 禁止。 BitMEXが日本人取引を禁止した理由と今後の海外取引所の規制|くれぶろぐ

海外仮想通貨取引所のアフィリエイトは違法?

仮想通貨 アフィリエイト 禁止

税金の徴収で仮想通貨の副収入が会社にばれるのか? 昨今の働き方改革によって、 副業を認める企業が増えてきました。 だいぶ変わりつつありますが、現在も日本企業の多くは副業を禁止している、もしくはあまり積極的ではない企業が多いです。 しかし昇給が見込みにくい昨今、新たな収入源を求めている人も多いのではないでしょうか? 昨年仮想通貨が人気を博した理由としても、そんな世の中の思いが関係していたはずです。 しかし副業で気になるのは、 会社にバレるかバレないか。 せっかく仮想通貨で収入を得たとしても、会社との関係が悪化すれば元も子もありません。 そこで今回は仮想通貨による副収入が会社にバレないかどうか、またバレた時にどのように対処するのかについて考えていきたいと思います。 まずは副業の定義やそもそも仮想通貨が副業に当たるのかについて見ていきましょう! 目次• そもそも仮想通貨は副業にあたるのか そもそも副業とは一体?実は副業の定義は法律で定められておらず、きちんとしたものはありません。 だが一般的に副業は、収入を得るために携わる 本業以外の仕事を指します。 もちろん副業も仕事ですから給料をもらいます。 本業以外の収入、すなわちサラリーマンであれば会社以外からの収入を総称して副業と、一般的には呼ばれています。 つまり、株式投資やFXなどの金融的な収入、フリマやオークションのようなせどり、アフィリエイトなどのネットビジネス、コンビニのバイトや日雇い派遣なども副業となるようです。 この流れから考えると、 仮想通貨取引も副業ととらえるのが自然。 しかし、実際に副業とみなされ、各企業の就業規定に抵触するかどうかは、それぞれの企業の判断によるようです。 また副業を禁止している企業でも、就業規定を見てみると「 他の給与所得を得てはならない」といったニュアンスで記載している企業もあります。 給与所得とは、企業に属しその企業からもらう収入を指しますので、 仮想通貨取引は当てはまりません。 中には、副業そのものを禁止している企業もあります。 しかしたまたま持っていたものをメルカリで売り、いくらかお金になった場合、これが規定違反になるかといえば、おそらくならないでしょう。 同様に、 仮想通貨で利益が出たとしても、問題はないはずです。 多くの場合、あまりにも本業に影響のある場合などを除けば、あまり恐れなくていいのでしょうか。 さらにいえば、憲法によって職業選択の自由が保障されています。 副業を禁止している法律もありません。 したがって、よほど本業の企業の業務に支障が出たり、損失を与えたり、社会的な信用を失墜させるようなことがない限りは、就業規則で禁止されていたとしても、懲戒されることは考えにくいです。 よって、仮想通貨取引で利益が出たとしても、 副業とみなされ懲罰の対象になる可能性は限りなく低いです。 しかし、解釈は企業によりますので、参考の一つにしてください。 確定申告の書き方でばれるのは防げる ここまで、 仮想通貨取引は副業ではないことについて見てきました。 とはいえ会社にバレるのは、できるだけ避けたい気持ちは少なからずあると思います。 また仮想通貨取引で利益が出た場合、確定申告は必ず必要。 この確定申告によって仮想通貨取引を行っているのが、バレるかバレないかと思う方もいるはず… 安心してください!さきほどから説明しているように仮想通貨が副業とみなされるかは会社次第ですが、 確定申告が原因で会社にばれることはありません。 ではここからは確定申告のやり方を見ていきましょう! 確定申告の書き方 副業が会社にばれる一番の原因はズバリ、「 住民税」です。 そんな住民税の納税方法は、「源泉徴収」と「自分で納める」という2つの方法があります。 一般的に給与にかかる住民税は普段、毎月の給料から源泉徴収されていますね。 もちろん仮想通貨の利益を確定申告する際も、 源泉徴収か自分で納めるかを選ぶことができるのです。 具体的には、確定申告書の「 給与から天引き」か「 自分で納付」を選択するところがあり、「自分で納付」を選ぶことで会社に知られることはありません。 地域によっては「 普通徴収」と「 特別徴収」と表記されていますが、その場合は「 普通徴収」を選択してください。 仮想通貨に限らず、確定申告で副業がばれると思っている方は多いのではないかと推測されますが、書き方を知っていれば、心配することはないでしょう! しかし気を付けていたつもりでも、会社にバレてしまう可能性もゼロとは言えませんね。 会社に税金徴収時にばれてしまった場合の逃げ道 さてここでは、実際に会社にバレてしまった場合どうするべきか?というのを考えてみようと思います。 まずは謝罪 まずは謝罪ですね。 誠意をもってしっかり謝罪をするべきでしょう。 誰しも失敗はあるわけですから、嘘をつかずしっかり話せば理解してくれる上司も多いハズなので、まずは謝るのが先決です。 副業規定を確認する まずはしっかり謝罪をしたうえで、本当にその会社に副業規定はないのかを確認しましょう。 明確に副業はだめ!というように記載されている場合はもちろんダメですが、原則仮想通貨は副業にならないため、規定内容次第では許してもらえる場合もあるのです。 それともう1つ重要なのは、普段の業務姿勢や態度。 副業の原則には、本業に影響しないというのがあります。 つまりいくら副業にならないとは言っても、本業に差し支えるようならそれはかなりギリギリになってしまいます。 自分の業務姿勢を把握したうえで副業規定を確認してみるのがいいですね。 そもそもなぜバレる? 確定申告の記載もしっかり行えばバレませんが、万が一バレる可能性があるとしたらそれはなんでしょうか? まずは税金の計算方法についておさらいします。 それに税率をかけて税額控除を差し引いた金額が納税額となります。 つまり会社にバレる場合というのは、 住民税の納税金額が増えるときです。 よって、納税金額が増える場合は以下のパターンが考えられます。

次の

【必見】仮想通貨のアフィリエイトで今より10倍確実に稼ぐための3つの方法

仮想通貨 アフィリエイト 禁止

日本経済新聞によると、2018年6月19日に仮想通貨(アフィリエイト含む)自主規制ルールの骨子を一部公表しました。 そこで、仮想通貨アフィリエイトは終わったなーという発言はイケハヤさんもしておりました。 まあ実際のところ、本当に終わりなのかときになる方もいると思いますので、そのあたりを調査してみます。 情報が少ないです。 今回は私の妄言シリーズです• 自主規制ルールとは そもそも自主規制ルールってなんやねん!はじめそう思いました。 JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)と言う組織が発足されまして、ようはみんなでルールをもうちょい硬くしていこうぜ。 このままじゃあ、国民のみんなが信頼してくれないしな!そうなってせっかくの仮想通貨が受け入れられるのがずっと先になったらいやだろお? なあ? んで、そのためにできたルールですね。 不公正取引(インサイダー)• 資産管理• 取引システム• 資金洗浄(マネーロンダリング)• 特に広告面がブロガーやアフィリエイターが直接打撃をくらうことになります。 アフィリエイトまで禁止になると、どうやってマーケティングするんだろ。 — イケハヤ YouTube登録18万人 IHayato シンプルに、成果型報酬(アフィリエイト)による勧誘禁止についてで、今後は規制がかかり、禁止になるかもしれないのです。 仮想通貨アフィリエイトは終わるのか? 現段階では、日経新聞に出てはしまったものの、 一部報道機関にて、当協会の自主規制ルールに関する報道がございますが、現時点においては検討の途上にあり、その内容及び時期について決定した事実はございません。 当協会は、仮想通貨交換業の適切な実施を確保し、その健全な発展及び利用者の利益の保護に資することを目的とする組織であり、仮想通貨交換業者自身による自主規制の整備及びその円滑な実施に向けて、仮想通貨交換業者及び仮想通貨交換業への新規参入を目指す事業者に対する支援を行って参る予定です。 なお、当協会の自主規制ルールに関しては、今後決定し次第、当ウェブサイト等を通じて速やかにお知らせする予定です。 上記内容をWEBサイトに掲載されているので、一切決定はしていないそうです。 もしも広告規制が入れば仮想通貨アフィリエイトは当然終わりますね。 代わりに一部のメディアには、広告記事の出稿のお願いが仮想通貨関係者から届くことになります。 ASPを介さず、かつ直接広告のお願いがくるという変化が起こるだけです。 起こるだけとは言っても、現段階で仮想通貨アフィリエイトで稼いでいる方にとってはダメージはそれなりにあります。 その中で記事をかけば、別の広告、もしくはグーグルAdsense(現段階では仮想通貨でもNGではないし)などで小金は稼げますよね。 検索順位やアクセス数が上昇すれば、仮想通貨関係のかたからの広告記事のおねがいもくるでしょう。 ここでやめるかどうかはあなた次第!ですね。 それと、 jvceaは「J」が頭についている通り、日本の仮想通貨協会です。 国内での仮想通貨アフィリエイトが規制がかかったところで、国外アフィリエイトサイトからのアフィリエイトは相変わらず規制はかかりませんよね? ならば国外の仮想通貨関係によった記事を書いていけばよいという考えもあります。 なぜ今、仮想通貨を規制するのか 考えられる理由はたくさんあります。 ハッキングリスク• マネーロンダリング• システム障害• インサイダー• じゃあ規制しよう!と考えるのは妥当ではないでしょうか。 ってなんたる力技…笑 そしてインサイダーによって、一部投資家はしこたまコインを所有して、このまま持っていても仕方がないからと誰かがしびれを切らして動かせたようにも見えるのだが… 仮想通貨はどのようにして広めていくのか? さて、今後、もしも仮想通貨規制がかかったあとの話ですが、どのようにして仮想通貨を広めるのか。 そりゃあもう電車広告にテレビにラジオになんだったりできるでしょう〜ね〜。 最初に違和感を持っても3日経てば忘れる国民性ですから(現に大阪地震の1日後の今日ほとんどの人が話題にしない) すぐにサブリミナルに刷り込まれるのではないでしょうかね。 違和感を保てないのですよ。 身近にあるものだという刷り込みは問題ないかと思います。 聞いた話なので、信じなくて結構です!(私も話半分。 ほぼ興味ない。 ふーん) まとめ 仮想通貨規制がいつからなのかはまだ発表されていませんので、発表があれば追記していきます。 仮想通貨の規制がかかってもアフィリエイターは横展開して別の商材に流れこむだけな気もしますし、この機会にアフィリをやめて別事業なんてのもあるのかもしれませんね。 全てはただの想像なので、根拠もくそもありませんが。 日本経済新聞に規制の一部提案内容が乗った•

次の

外国仮想通貨交換業者への勧誘規制とは?弁護士が5分で解説!

仮想通貨 アフィリエイト 禁止

2018年6月、仮想通貨アフィリエイトが全面禁止へ…!? Googleが仮想通貨とICOの広告を6月から禁止すると発表 盛り上がりをみせる仮想通貨アフィリエイトに水を差すようなニュースが飛び込んできました。 Googleが今年(2018年)の6月から、仮想通貨及びICO(新規仮想通貨公開)のオンライン広告を禁止すると発表しました。 グーグル、仮想通貨の広告禁止 6月から 米グーグルは13日、仮想通貨に関わる広告を6月から掲載しないようにすると発表した。 詐欺的な取引に誘導する広告などからネットの利用者を保護するためとみられる。 同様の措置はフェイスブックも1月に表明ずみ。 ネット上の広告で6割を超えるシェアを持つ2社の厳格な対応は仮想通貨市場に大きな影響を与えそうだ。 同社はネット検索や動画配信のユーチューブなどグーグルのサービスで表示される広告について掲載基準を定期的に見直している。 今回は規制されていなかったり投機的な要素が強かったりする金融取引について掲載を禁じる方針。 外為取引などと並んで仮想通貨も対象にあげており、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)に関する広告も含まれるもようだ。 仮想通貨を巡ってはフェイスブックも広告の全面禁止を表明している。 米国ではICOを通じた詐欺まがいの取引が一部で生じているほか、取引所についても開示姿勢が不透明として米証券取引委員会(SEC)が警告を発している。 グーグルを含めた2社の広告の影響力は大きく「自己規制」を通じてトラブルの芽を摘む狙いとみられる。 関連記事:• 関連記事: Facebookは、1ヶ月前にGoogleに先がけて広告ポリシーを改訂し、仮想通貨に関する広告掲載を禁止しています。 そして、ついに検索の王様(Google)が動き出しました。 規制の狙いは、消費者保護です。 仮想通貨を使った詐欺的な取引への誘導などから消費者(ネット利用者)を保護するための措置です。 Googleの発表を受けて、ビットコインも3月14日に1ヶ月ぶりの安値をつけました。 出典: 仮想通貨・ICOに関連するコンテンツに誘導する広告は「全面的に禁止」という徹底ぶり Googleが禁止する項目は次のとおり。 仮想通貨関連コンテンツ• ICO(新規仮想通貨公開)コンテンツ• 仮想通貨ウォレットコンテンツ• 仮想通貨取引のアドバイスを含むコンテンツ ごらんの通り、仮想通貨・ICOに関連するコンテンツに 誘導する広告は、全面的に禁止するという徹底ぶりです。 仮想通貨アフィリエイトへの影響は必至 公表された内容を見る限りにおいては、アドワーズ(Adwords)広告・アドセンス(Adsense)広告は、間違いなく規制されそうです。 アフィリエイトはどうでしょうか? 既存の仮想通貨アフィリエイトサイトが検索結果から排除されることはないと思われますが、 検索順位になんらかの操作が行われる可能性は否定できません。 公式サイトもしくは、公式サイトに準ずるサイトが上位表示されることになるでしょう。 仮想通貨アフィリエイトサイトは、Googleが禁止するコンテンツとみなされ、順位を大きく落とす可能性があります。 ASPも慎重にならざるをえない 最近ではマーケットの盛り上がりを受けて、仮想通貨専門のASPも登場しています。 CryptoClick Affiliate まさに冷水を浴びせられたようなものですね。 今回のGoogleの規制を受けて、 ASPも仮想通貨案件を取り下げる可能性もあります。 今後のGoogle及びASPの動向に目が離せません。

次の