キャノンデール スーパー シックス エボ。 キャノンデール スーパーシックス エボ(cannondale SuperSix EVO)2020について考えてみた │ 40代から始めるロードバイク

キャノンデール 2017 スーパーシックス エボに105、ティアグラ仕様が追加 サイクルスポーツのニュース

キャノンデール スーパー シックス エボ

在庫分大特価セール実施中! -------- ・SLICE 105 Cannondale 在庫分を特価販売中! キャノンデールは対面販売となります。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥574,971 定価¥646,972 定価¥358,971 定価¥379,543 SUPERSIX EVOバリスティックカーボン+シマノULTEGTA Di2 SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン+シマノDuraAce SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥441,256 SUPERSIX EVOバリスティックNANOカーボン 完売しました。 スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エンデュランスロード完成車 定価¥142,971 定価¥173,828 定価¥235,542 定価¥472,114 Synapse Alloy, OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVEPLUS BB30 シマノTiagra10s Synapse Alloy DISC, OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVEPLUS BB30 シマノ105 Synapse, BallisTec Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A シマノ105 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A シマノULTEGRA 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥749,828 定価¥379,543 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A スラムRED 22 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エリートロード(CAAD10) 定価¥204,686 定価¥297,257 定価¥328,114 定価¥492,685 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノ105 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノULTEGRA 11s CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノULTEGRA 11s CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE SRAM RED 22 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥142,971 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE 完売しました。 スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エリートロード(CAAD8) 定価¥122,400 定価¥142,971 定価¥163,543 CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノソラ 9S CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノTiagra 10S CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノ105 10S 完売しました。 完売しました。 完売しました。 特価価格¥159,840 ご予約受付中! 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール シクロクロスバイク 定価¥122,400 定価¥173,828 定価¥307,542 CAADX CYCLOCROSS シマノSORA CAADX CYCLOCROSS DISC シマノ105 Superx BallisTec Carbon シマノ105 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は.

次の

キャノンデールのスーパーシックスエボ評価!アルテグラR8000の性能。

キャノンデール スーパー シックス エボ

昨年生まれ変わったキャノンデールのフラッグシップ・カーボンロードバイク「スーパーシックス エボ Hi-MODシリーズ」に、新たにスタンダードモジュールカーボンを仕様した「スーパーシックス エボ シリーズ」が発表された。 ジオメトリー、剛性はHi-MODシリーズと同様になっており、軽さ、剛性、振動吸収性、そしてエアロダイナミクスのレースバイクに必要なすべての要素を高いバランスで融合した新シリーズとなる。 コンポーネントは信頼性の高いシマノ製品を採用し、価格は19万9000円(税抜)からとなっている。 本気で勝利を目指すすべてのエリートレーサーにお勧めのカーボンロードバイクとなっている。 2016年7月より、で販売開始する。 8, 6 deg. 0, 28H ハブ: Formula F RB-51, R RB-5711 スポーク: DT Swiss Champion タイヤ: Schwalbe Lugano, folding, 700x25c ハンドルバー: Cannondale C3, Butted 6061 Alloy, Compact ステム: Cannondale C3, 6061 Alloy, 31. ライバルを凌駕する超軽量、高剛性、効率的なエアロダイナミクス、そしてスムーズなライドフィールの両立は、レースのあらゆる状況においてライダーを勝利へと導く。 SUPERSIX EVOは、かつてない最高のオールラウンドロードバイク。 あらゆる要素を、ただひたすら速く走るために追求した完全なるバランスが、その能力の源だ。 非対称BB30Aボトムブラケットエリア、ワイドに広げられたフレア形状のデルタシートチューブ、さらにチューニングを深めたバリステックカーボンレイアップが、スプリントでのペダリングパワー伝達を保証します。 改良されたSPEED SAVEマイクロサスペンションシステムが路面からの微震動を吸収し、ホイールの路面接触時間を増加させます。 アグレッシブな下りやゴールスプリントでのグリップはもちろん、驚くべき快適性を提供します。 これだけでもスピードアップです。 カミソリのようにシャープなハンドリングのためのジオメトリーと、超高剛性でありながら優れた振動吸収能力を備えたフレームがロケットのようなダウンヒルセクションでの走りを実現。 ディスクブレーキのパワーとコントロール性がさらにその能力をサポートします。 バリステックカーボンコンストラクションとシステムインテグレーションデザインがSUPERSIX EVOを超軽量バイクにしました。 問・キャノンデールジャパン.

次の

【CANNONDALE】(キャノンデール)ロードバイク在庫状況ワイズロード川崎店

キャノンデール スーパー シックス エボ

text 徹底評論第13回は、近年稀に見る「衝撃のモデルチェンジ」となったキャノンデール・スーパーシックスエボである。 アメリカでのローンチイベントに参加し、帰国後も日本で何度も試乗を行い、さらにこの連載のために新型エボの全モデルに(ホイールを統一して)乗った安井。 新世代万能ロードに関する考察をしながら、新型エボを分析・評価する。 エアロロードかくやの巡航性 では走りの評価に移る。 まず、での印象を記しておく。 各国メディアに用意されたのは、機械式デュラエース仕様のハイモッド完成車。 乗車前にフレームを眺めてみる。 あくまで個人的印象だが、造形として非常に美しい一台だ。 ヘッド部分で視線の流れが引っかかるシステムシックスとは異なり、目が各チューブをトレースする際、視線が淀みなく流れてくれる。 最小サイズでも均衡が取れており、シルエットが引き締まってバランスが破綻していない。 どれも似てきたこのカテゴリーの中で、新型エボの造形の仕上げは一頭地を抜く出来だ。 走り出した瞬間に感じたのも、プレゼンの印象と同様、「まるでエアロロードに乗ってるみたい」というものだった。 チューブレスではなく、しかも一世代前(グラフェン2. 0になる前)の25Cのルビノという決して最速タイヤではないのに、走行抵抗がかなり低く抑えられている。 空力性能向上の結果だろうか。 45mmハイトのホイールの影響も大きいだろうが。 加速の瞬間や登坂路での俊敏さは前作よりやや劣ると感じたが、これは決して軽いとは言えない足まわりのセッティングのせいだろう。 もうちょっと軽いホイールをはかせれば、俊敏性はおそらく前作同等かそれ以上になると思われる。 しかし目減りしたと感じられるのは加速が生じ始める瞬間だけで、ペダル半回転後あたりからの加速性能、高速への伸びやかさは旧型を凌ぐ。 (vol. 1で述べた)乗車前の釈然としない印象が一転して晴れやかになってくるのはここからだ。 明らかな進化を感じるのは、先述の走行抵抗に加え、快適性とペダリングフィールである。 旧型のような脚を刺すような刺々しさは影を潜め、ペダルが回しやすく、フレームとの一体感が高まっている。 ディスクブレーキであることを考慮すると、この進化は大きい。 走行抵抗の減少、ペダリングフィールの円熟に加えて、大きな点数アップを果たしているのが乗り心地だ。 特にリヤセクションの快適性は大幅に向上している。 ドロップドシートステーの効果なのか、減衰よりも吸収に長けている印象で、大きめのギャップもドルンと飲み込む。 「これじゃシナプス売れんくなるんちゃうんか……」という代理店スタッフのボヤきにも同情である。 軽やかで滑らかでスマートな、洗練されたスーパーバイク。 確かに前作のような個性は薄れた。 しかし、快適性、空力、ディスクブレーキへの最適化などを含めた万能バイクとして、これ以上の完成度を持つモデルはかなり少ない。 それが第一印象である。 計6条件でのエボ一族インプレ では日本での第二印象を記す。 せっかくなので、この連載用に新型エボ一族の同条件比較を行うことにした。 また、フレーム単体の違いを感取するため、ホイールをDTスイスのPRC1100ダイカットシリーズに統一しての比較も行った。 ディスクブレーキ用はPRC1100ダイカット35ディスク、リムブレーキ用はPRC1100ダイカット35。 リムの基本設計(35mmハイト、25mm幅)は共通であり、重量差もほとんどなく(ディスク版がフロント647g/リヤ788g、リム版はフロント650g/リヤ789g)、2モデルとも走りは洗練されているため、ディスクブレーキ・リムブレーキ比較に最適だと考えたためである。

次の