リチウムイオン電池パック。 リチウムイオン二次電池パックや蓄電池の設計・製造・販売

リチウムイオン電池を車載用にするための幾つものハードル、そして全固体電池へ (1/3)

リチウムイオン電池パック

特長 リチウムイオン電池パック「BPLシリーズ」• 全てのセル電圧と内部温度を監視し、独自開発の保護回路で充放電を制御します。 過放電防止機能を搭載。 過放電による劣化を防ぐため、過放電状態になる前に、一定のセル電圧を検出すると放電出力を停止します。 小ロットから対応可能です。 日本国内以外にも欧州、北米地域で使用、販売可能です。 その他、ご要望事項はご相談下さい。 BPLシリーズ用充電器「BC0075G」• 過充電防止機能搭載。 電池パックからの信号で充電出力を停止し、過充電を防止します。 電池パックを冷却しながら充電するファンを搭載。 LEDにて充電モードを6段階で表示します。 LED表示 用途• AC式工具のコードレス化に 一般加工・建設用回転工具、油圧工具など• バッテリー式の最新商品に ロボット、産業系輸送車など 品名 BPL-1420 BPL-1440 BPL-2520A BPL-2540A 公称電圧 公称容量 14. 4V 2Ah 14. 4V 4Ah 25. 2V 2Ah 25. 2V 3. 定価はいくらでしょうか? 【A1】 定価ございません。 オープンプライスです。 図面データの提供は? 【A2】 可能です。 電池パック:各種データ、仕様書の提示可能です。 充電器は仕様書までになります。 標準品の納期はどの程度? 【A3】 安全納期は4ヵ月となります。 電池パック残容量はどのように判別できるか? 【A4】 簡易的に電圧値データで判断可能です。 残容量と電圧値の相関データご提供可能です。 生産国はどこでしょうか? 【A5】 電池パック:国内 充電器:中国 Q6. 電池パックの輸送方法は? 【A6】 お客様から輸送会社へお問い合わせください。

次の

リチウム電池をゆうパックで送る際の注意点はありますか?

リチウムイオン電池パック

ゆうパックで送れる電池やリチウム電池について解説します オークションやフリーマーケットに出品した手持ちのPCやデジカメ、不要になったスマートフォン。 ぶじ買い手が見つかり、入金も確認してさて発送、というときになって意外な落とし穴になりやすいのが、この「航空搭載禁止」に触れる品物。 もっとも多いのが、「リチウム電池付きの品物が航空便で送れない!」というトラブルです。 ここではリチウム電池を含む電池類を郵便局の宅配便サービス「ゆうパック」で送るときの注意点をまとめてみました。 ゆうパックで送れる電池とは? ゆうパックで送ることのできる電池の種類にはマンガン電池、アルカリ電池、ニッカド電池やニッケル水素電池などがあります。 これらの電池については輸送にかかる規制はとくにありませんので、以下の点に留意すれば航空輸送扱いゆうパックで発送することができます。 マンガン電池 マンガン乾電池単品の場合は、航空搭載地域宛て・陸送ともに問題なく「ゆうパック」で送ることができます。 送る際はゆうパックラベルの品名欄に、「マンガン乾電池」と書いておきましょう。 梱包については決まりごとはありませんが、 何十本もまとめて発送するときはそれなりのしっかりした梱包(気泡緩衝材、いわゆる「プチプチ」でくるむなど)をして絶縁状態で差し出すこと。 ただし航空輸送によるゆうパックの場合、 絶縁状態で差し出すのが絶対条件となるため、おもちゃやその他電子機器に入れたままの状態では航空輸送ができず陸送扱いになるため、この点は注意が必要です。 アルカリ電池 マンガン乾電池と同様の処置で問題ありません。 こちらも品名に「アルカリ乾電池x〇本」のようにしっかり明記し、確実に絶縁した状態で窓口に持ちこめばよいでしょう。 マンガン・アルカリ以外の電池について 充電式電池(二次電池)のニッカド電池やニッケル水素電池(eneloopなど)も単品ならば、航空搭載地域宛てでも問題なく航空便の「ゆうパック」として送ることができます。 差し出すときはリチウム電池と区別するため、ラベルの品名欄に「機器から取り外したニッケル水素電池を含む」とハッキリ注記しておきましょう。 ゆうパックでリチウム電池を送りたいときは要注意 リチウム電池は航空輸送できない つづいてリチウム電池について。 リチウム電池はアルカリ乾電池やマンガン乾電池とは逆に、単体では航空搭載禁止となっています。 PC、スマートフォン、タブレット、その他電子機器に内蔵された状態で、しかも一定の条件を満たした場合のみ、航空搭載が可能です。 リチウム電池には 1. 充電可能なリチウムイオン電池 と 2. 充電できない(一次電池)リチウム金属電池 の2種類があります。 そしてゆうパックラベルに、「腕時計(リチウムボタン電池、またはリチウムコイン電池)」と書いておけば確実です。 どらちのタイプのリチウム電池であっても、 電池単品での航空搭載はできません(陸送になります)。 リチウム電池を「航空搭載地域宛てのゆうパックとして差し出したい」場合、制限条件など詳細については下記URLのpdfファイルをご参照ください。 引用元: リチウム電池をゆうパックで送るには リチウム電池をゆうパックで送るには、以下の条件を満たす必要があります。 注意点:航空搭載地域宛てにリチウム電池を組み込んだ機器を発送するとき、それが「リチウム電池を原動力とする小型車両(セグウェイ、ホバーボード等など)」の場合、上記条件を満たしていても航空輸送はできません。 もしリチウム電池をPCやスマートフォンなどのデバイスに組み込まれた状態で送るのであれば、大きさによってはレターパックのほうが配送代がお得になったりします。 ただしモバイルバッテリーなど、リチウム電池「単品」を送りたい場合は、ゆうパックおよびレターパックを含むすべての取り扱いで航空搭載不可となり、陸送扱いとなるので注意が必要です。 「ゆうゆうメルカリ便」のメリットは、通常のゆうパックとおなじく荷物の追跡サービス付きの「ゆうパケット」扱いで全国一律175円で発送できること、そして近くにローソンがあれば、ローソンで気軽に差し出しができることです。 ただしリチウム電池単品ではなく、必ず機器に搭載した状態で送ることが条件。 あとは「精密機器」と内容物を明記して差し出します。 こちらは通常のゆうパケットと異なりメルカリ側の補償もあり、荷物追跡サービスも付いています(ただし、郵便局側は精密機器の場合はゆうパック利用を推奨しています。 ご利用はあくまで自己判断でお願いします)。 電池やリチウム電池を送らないのもあり オークションサイトやフリーマーケットサイトでリチウム電池の入った商品を出品した場合、 最初から「リチウム電池なし」と断り書きして売る、というのもひとつの方法です。 つまり、航空搭載の可否についていろいろとめんどうなリチウム電池ははじめからない状態でデバイスのみ売る、という選択肢になります。 いまひとつはリチウム電池は搭載したままの状態で出品して、「陸送扱いで配送」と告知して売る、という方法です。 まとめ この記事のポイントのまとめです。 確実な梱包と絶縁、内容物の明記をしておく。 玩具などに組み込んだ状態では航空輸送不可 2. リチウム電池類を航空搭載地域宛てに差し出す場合は必ず「機器に搭載した状態」で発送し、指定の「リチウム電池取扱マーク」ラベルに必要事項を記入し外装に貼り付けて発送する。 これが順守されていない場合はすべて陸送扱いとなります 4. また、 リチウム電池を含む機器がかなり大きい場合、をして取りに来てもらうのもよい方法です。

次の

電池について

リチウムイオン電池パック

[画像のクリックで拡大表示] モーターに電力を供給するリチウムイオン電池は、先代プリウスPHVもパナソニック製だった。 新型プリウスPHVは、電気自動車(EV)として走行できる距離(航続距離)を従来の26. 4km(JC08モード)から68. 2km(同)に延ばすため、電池容量を先代の2倍となる8. 8kWhに増やした(関連記事:)。 電池セルは、エネルギー密度を従来品から約20%高めたものを採用した。 正極材料は3元系〔ニッケル(Ni)-マンガン(Mn)-コバルト(Co)酸リチウム:NMC系〕である。 新型プリウスPHVは、この電池セルを95個搭載する。 19個を一組としたスタックを5列並べた。 電池パックの質量は120kgで、体積は145L。 総電圧は351. 5Vである。 荷室下に配置した(図2)。

次の