フッ化水素 イラン。 韓国経済、【フッ化水素】韓国のSKマテリアルズ、純度99.999%の超高純度フッ化水素の量産開始│韓国経済危機&崩壊特集

フッ化水素

フッ化水素 イラン

韓国の輸出管理体制に疑問符がつく実態がうかがえる資料を、FNNが入手した。 韓国から兵器に転用できる戦略物資が密輸出された案件が、4年間で156件にのぼることが明らかになった。 FNNが入手した韓国政府作成のリストによると、2015年から2019年3月にかけ、戦略物資が韓国から流出した密輸出案件は、156件にのぼることがわかった。 北朝鮮の金正男氏暗殺の際に使用された神経剤「VX」の原料がマレーシアなどに密輸出されたほか、今回の日本の輸出優遇撤廃措置に含まれるフッ化水素もUAE アラブ首長国連邦 などに密輸出されていた。 国連安保理北朝鮮制裁委員会のパネル委員だった古川勝久氏は、「大量破壊兵器関連の規制品をめぐる輸出規制違反事件がこれほど摘発されていたのに、韓国政府がこれまで公表していなかったことに驚いている」、「この情報を見る限り、韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」とコメントしている。 野上官房副長官は、10日午前、日本政府の方針について、「今回の措置は、WTOで認められている安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しだ」とあらためて強調したうえで、韓国からの戦略物資の密輸出について、「韓国の輸出管理については、適切な輸出管理が行われていないと懸念される事例があると承知しているが、個別の事例について答えることは差し控える」と述べた。 米国諜報「大統領、イランが凄まじいスピードでウランを濃縮してます」 トランプ「ごきげんよう金正恩くん。 我々は恋人のようだ。 ところでウラン濃縮用のフッ化水素をイランに流してないか?」 金正恩 「は?」 トランプ「そうか。 すまなかった。 シンゾー、イランと会談して探りを入れてほしい」 安倍首相「ハメネイさん、フッ化水素をどうやって入手したの?」 ハメネイ「韓国との物々交換で入手した。 我々の原油と引き換えに横流ししてくれたよ」 米国諜報「大統領、衛星で監視したらケミカルタンカーから証拠を見つけました」 トランプ「シンゾー、頼んだぞ!」 安倍首相「フッ化水素の輸出規制は安全保障上の問題だ」 文在寅 「日本の規制は不当だ!トランプ様、助けて!」 韓国のフッ化水素流通業者が洋上でケミカルタンカーに一部を横流ししたりする方が簡単。 なぜわざわざ一度韓国に入らなければいけないと思った? 高純度なんだから早く輸送しなければ純度は落ちる。 うかうかしてれば容器を溶かし99. 韓国の業者が、日本の港でフッ化水素を積み込んで、そのままイラン行きのタンカーに一部を横流ししていた。 米国は9日にStrait of Hormuzなどを通過するtankerを護衛するための有志連合を募ることにした。 この連合に加わる同盟国を今後2週間で決定するとのこと。 米国の動きがまさに韓国とイランの瀬取りを封じるかのような流れなんだよな。

次の

韓国・北朝鮮・イランは「悪の枢軸」か?日韓対立の深層を推理する

フッ化水素 イラン

韓国の輸出管理体制に疑問符がつく実態がうかがえる資料を、FNNが入手した。 韓国から兵器に転用できる戦略物資が密輸出された案件が、4年間で156件にのぼることが明らかになった。 FNNが入手した韓国政府作成のリストによると、2015年から2019年3月にかけ、戦略物資が韓国から流出した密輸出案件は、156件にのぼることがわかった。 北朝鮮の金正男氏暗殺の際に使用された神経剤「VX」の原料がマレーシアなどに密輸出されたほか、今回の日本の輸出優遇撤廃措置に含まれるフッ化水素もUAE アラブ首長国連邦 などに密輸出されていた。 国連安保理北朝鮮制裁委員会のパネル委員だった古川勝久氏は、「大量破壊兵器関連の規制品をめぐる輸出規制違反事件がこれほど摘発されていたのに、韓国政府がこれまで公表していなかったことに驚いている」、「この情報を見る限り、韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」とコメントしている。 野上官房副長官は、10日午前、日本政府の方針について、「今回の措置は、WTOで認められている安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しだ」とあらためて強調したうえで、韓国からの戦略物資の密輸出について、「韓国の輸出管理については、適切な輸出管理が行われていないと懸念される事例があると承知しているが、個別の事例について答えることは差し控える」と述べた。 米国諜報「大統領、イランが凄まじいスピードでウランを濃縮してます」 トランプ「ごきげんよう金正恩くん。 我々は恋人のようだ。 ところでウラン濃縮用のフッ化水素をイランに流してないか?」 金正恩 「は?」 トランプ「そうか。 すまなかった。 シンゾー、イランと会談して探りを入れてほしい」 安倍首相「ハメネイさん、フッ化水素をどうやって入手したの?」 ハメネイ「韓国との物々交換で入手した。 我々の原油と引き換えに横流ししてくれたよ」 米国諜報「大統領、衛星で監視したらケミカルタンカーから証拠を見つけました」 トランプ「シンゾー、頼んだぞ!」 安倍首相「フッ化水素の輸出規制は安全保障上の問題だ」 文在寅 「日本の規制は不当だ!トランプ様、助けて!」 韓国のフッ化水素流通業者が洋上でケミカルタンカーに一部を横流ししたりする方が簡単。 なぜわざわざ一度韓国に入らなければいけないと思った? 高純度なんだから早く輸送しなければ純度は落ちる。 うかうかしてれば容器を溶かし99. 韓国の業者が、日本の港でフッ化水素を積み込んで、そのままイラン行きのタンカーに一部を横流ししていた。 米国は9日にStrait of Hormuzなどを通過するtankerを護衛するための有志連合を募ることにした。 この連合に加わる同盟国を今後2週間で決定するとのこと。 米国の動きがまさに韓国とイランの瀬取りを封じるかのような流れなんだよな。

次の

韓国・北朝鮮・イランは「悪の枢軸」か?日韓対立の深層を推理する

フッ化水素 イラン

茂木 誠 [駿台予備学校・N予備校 世界史科講師] 東京都出身。 駿台予備学校、ネット配信のN予備校で大学入試世界史を担当。 iPadを駆使した独自の視覚的授業が好評を得ている。 世界史の受験参考書のほか一般向けの著書も多数。 『』(ダイヤモンド社)、『』(大和書房)、『』(祥伝社)、『』シリーズ(SB新書)、『』(PHP研究所)、『』(池田書店)、『』(青春新書)、『』(KADOKAWA)、近著に『』(悟空出版)など。 YouTubeもぎせかチャンネル/ブログ「もぎせかブログ館」で時事問題について発信中。 連絡先:• 日本人が知るべき東アジアの地政学 茂木 誠 米中覇権争いが本格化する中、日本は、中国、韓国、北朝鮮、ロシアとどう対峙すればいいのか。 今後の東アジア情勢を予測しながら、私たち日本人にどんなオプションが残されているのかを考える。 北朝鮮は天然ウランを産出しますが、フッ化水素の製造技術を持ちません。 隣の韓国には、日本から大量のフッ化水素が輸入されており、親北朝鮮派が政権を握っている。 何が起こるか想像するのは容易なことです。 国連の監視をかいくぐって、どうやって北にフッ化水素を送るかについて検討するでしょう。 方法は2つあります。 第三国経由での輸出か、海上での船舶間の受け渡し(いわゆる「瀬取り」)です。 韓国はいったい 何を恐れているのか 2018年12月、韓国海軍の艦艇「広開土大王」が、日本海上空で情報収集していた海上自衛隊のP-1偵察機に対して、敵対行動を意味する火器管制レーダーの照射を行った事件について、いまだ韓国側は合理的な説明をせず、日本に謝罪しようとしません。 いったい、韓国軍は何を恐れているのでしょうか。 「瀬取りとは無関係だ」と主張するのであれば、韓国側は合理的な説明をすべきでしょう。 話はそれだけでは終わりません。 もう1つ、気になるニュースがありました。 同じ2018年12月、AFP通信が配信したです。 核開発疑惑で北朝鮮と同様に米国の経済制裁を受け、原油輸出のドル決済を禁止されたイランが、韓国への原油輸出の代金を「物品」で受け取ることで合意した、というものです。 情報源はイラン韓国商工会議所の関係者、とのことで、「物品」が何であるかは言及していません。 そのイランが、オバマ政権時代に結んだ核合意で定めたウラン濃縮の上限である3. 67%を超え、「20%まで引き上げることも検討中」としました。 ウラン濃縮に必要な大量のフッ化水素を、イランはどこから手に入れたのでしょう。 トランプは韓国経由の横流しを把握し、 安倍政権が輸出管理強化を打ち出した? 大阪でのG20直前に安倍首相がイランを訪問し、西側指導者とはめったに会わない最高指導者ハメネイ師と会見しました。 G20直後に今度はトランプ大統領が板門店を電撃訪問し、金正恩委員長と3度目の首脳会談を行いましたが、同行した文在寅大統領には席を外させました。 日本政府が、韓国に対するフッ化水素の輸出管理強化を打ち出したのは、これらの動きを受けた後の決定なのです。 政権内でどんな議論がされたのか、筆者には知り得ません。 しかし、これまで紹介した公開情報を基に、以下のような推論を構築することは可能でしょう。

次の