鹿島 アントラーズ 掲示板。 「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

Antlers Cafe 2019

鹿島 アントラーズ 掲示板

こんにちは、Antwebの足立です。 今年もこの時期になりましたので、新シーズンに向けまして、Cafe 2019年 度版への移行を行いたいと思います。 掲示板のヘッダーに2019年度版へのリンクを追加しておりますので、そちらから ご利用ください。 2月1日をもちまして正式に移行いたしますので、ご利用の皆様にはそれまでに お引っ越しをよろしくお願いしたいと思います。 なお、遅ればせながら当サイトは先日よりSSLに対応し、URLが h ttps から 始まる形と変わっております。 新シーズンもKashima Antlers Supporters Siteをよろしくお願いします。 antlers. cgi 今年のクラブのスローガンは「かわる」。 良くも悪くもここ十年の鹿島のフロントは保守的だったと思う。 Jリーグ発足時、鹿島以外のクラブがチケットの販売をチケットぴあに委託販売したが、鹿島は独自の販売システムを構築した。 消防法をクリアしてスタジアムで直火が使える様にした。 スタジアムグルメはプロ野球の西武ライオンズに伝播し、千葉マリンスタジアムは今や「モツ煮スタジアム」と呼ばれている(本家より有名になりかねない)。 スカパー!の下請けみたいな映像制作に力を入れていた時期もあったけど、最近は何も聞かない。 楽天が、ノエビアスタジアムとコボスタ宮城でキャッシュレス化を行うという。 カシマスタジアムなら「スタジアム内でのみ使用できる金券」の発行の方が面白い。 発行者はクラブでも地域でもいい、額面11,000円を10,000円(購入者は1,000円得になる)で発行する。 スタジアム内でできる事はいろいろあるはずだし、スポンサー企業のプラスになる事もたくさんあるはずだ。 カシマスタジアム、クラブハウス、Jリーグのトップクラスの施設だが「施設がある事で他のクラブと差別化できた時代は終わった」 これからは、その施設を使って「鹿島ブランドの向上」を図らないといけない。 「さいたまスタジアムなら黙っていても代表戦を組んでもらえるが、カシマスタジアムで代表戦を招致するにはどうすればよいのか(キャパが少ないから無理なんて諦めてほしくない)。 本気で考えて欲しい。 選手は海外で活躍、チームもACLを獲った。 クラブも頑張って欲しい。 東京五輪以降の日本のスポーツ界は、地域に拠点を置いたクラブ方式が増えてゆく事になると思われます。 FC東京のバレーボールチームは有名だし、札幌、ヴェルディもクラブが様々なスポーツクラブの運営母体としての役割を持ったり、期待されている。 昔、テニスの国際試合をサポートして事もあったのだから、あれもこれも手を拡げ過ぎても良くないけど、バスケのロボッツとの提携などでノウハウを身に着けていってほしい。 「かわる」という事は、サッカーだけやっていればいいという時代は終わった、という認識であってほしい、と思っています。

次の

「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

鹿島 アントラーズ 掲示板

元日に為す術なく神戸にやられてしまったこと、3日前本来負けるはずのないレベルの相手に勝てなかったこと。 ここんとこのANTLERSは「常勝」を標榜するに値しないどころか、最早Jリーグ内ですら通用しないサッカーをするチームに転落してしまったのではないかと危惧しております。 Jのサッカーですら変化を遂げているのに、我らがANTLERSはその変化についていけてないような気がして。 圧倒的な強みがなくなった反面弱点のみが増えているようにみえて、凋落、低迷、、、などととんでもない言葉が浮かんできて、行き着くところは「まず残留がチーム目標」みたいな状況までもが現実のものとなりそうな不安感に苛まれております。 ミシャのサッカーをバカにしていたことが間違いだったのかな、と思う今日この頃。 こんにちは、Antwebの足立です。 今年もこの時期になりましたので、新シーズンに向けまして、Cafe 2020年 度版への移行を行いたいと思います。 掲示板のヘッダーに2020年度版へのリンクを追加しておりますので、そちらから ご利用ください。 2月1日をもちまして正式に移行いたしますので、ご利用の皆様にはそれまでに お引っ越しをよろしくお願いしたいと思います。 なお、遅ればせながら当サイトは先日よりSSLに対応し、URLが h ttps から 始まる形と変わっております。 新シーズンもKashima Antlers Supporters Siteをよろしくお願いします。 antlers. cgi.

次の

鹿島アントラーズ 人気ブログランキングとブログ検索

鹿島 アントラーズ 掲示板

NEW 2020. 2020. 12 12日、クラブの広報からアルビレックス新潟との練習試合が行われることが通知された。 場所と時間は非公表。 残念ながら取材も許されていない。 リーグ戦再開に向けて細心の注意が払われていることがうかがわれる。 2020. 11 チームは7月4日のJリーグ再開に向けて強度の高い練習に励んでいる。 対戦相手は川崎フロンターレ。 ここまで公式戦3試合で3連敗しているだけでなく、1点も取れていない状況で川崎Fのホームで対戦しなければな…• 2020. 10 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第24回目。 以前の原稿 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14…• 2020. 09 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第23回目。 以前の原稿 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14…• 2020. 08 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第22回目。 以前の原稿 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14…• 2020. 05 4日に杉岡大暉、5日に広瀬陸斗のリモート取材が行われた。 2人とも大きな期待を背負って今季から加入してきたSBだが、ここまでの立ち位置は対照的とも言えるだろう。 広瀬は内田篤人と伊東幸敏の怪我もあ…• 2020. 03 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第21回目。 以前の原稿 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14…• 2020. 02 これまで書きためてきた取材ノート51冊をふり返りの第20回目。

次の