スナップえんどう 茹で方。 えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

スナップエンドウの茹で方はレンジが簡単!クックパッドで人気のゆで時間は?|日々のつれづれ

スナップえんどう 茹で方

彩り鮮やか、肉厚&シャキっとした食感がおいしいスナップえんどう。 クセのない味で、子供から大人にまで人気の野菜です。 茹でたり、炒めたりと色んな使い方ができますが、もっとも簡単なのが 「和える」という方法。 スナップえんどうと身近な調味料だけで、バリエーション豊かで立派なおかずができちゃうんですよ! 「家にあるものでパパッと1品作りたい」 「お弁当作りを時短したい」 「深夜に小腹が空いた…今すぐ何か食べたい!」…etc. *** スナップえんどうを電子レンジで加熱する 熱を通すにはレンチンが楽ちん。 買ってきたスナップえんどうを水洗いしてヘタを取り、両側の筋を取ったら… シリコンスチーマーに入れて電子レンジで加熱します。 えんどうの大きさにもよりますが、大体600Wで1分30秒ほどを目安にすると、シャキッとした食感が楽しめます。 20種類以上の調味料の中から、スナップえんどうと相性のいい組み合わせを徹底リサーチ! 味付けを変えながら食べ比べ、ピックアップしたのはこの11種類。 片手でひと掴みほどの量のスナップえんどうに対して、マヨネーズ(約大さじ1)とお好みで塩こんぶを混ぜるだけ。 すでにほんのり塩味がついていますが、物足りない人はしょうゆを少々加えるとよりしっかりとした味に。 ツナは軽く油を切ってから使うとベチャッとしません。 こちらも、しっかりめの味付けが好きな人は、しょうゆと塩をお好みで少々加えましょう。 純和風のおつまみになります。 味変するなら、マヨネーズともごまとも相性のいいしょうゆを2〜3滴プラスするのがおすすめです。 とにかくパクパク食べられて、副菜としてはもちろん、お酒のおつまみにもってこい! 甘じょっぱい味付けが好きなら、ここにプラスで砂糖(約小さじ1)を。 または、さっぱり食べたいならポン酢を数滴加えましょう。 [番外編]簡単おいしい「オイル和え」 マヨネーズやごまなど、不動人気の味付けには及ばないものの、「シンプルなのに意外とイケる!」と盛り上がったのがオイル和え。 味付けは、オリーブオイルと塩ひとつまみ。 超シンプルだけどおいしい! 塩の代わりに塩こんぶを和えてもこれまたGOODです。 (今回はオリーブオイルをご紹介しましたが、ごま油で和えてもおいしかったです〜!) スナップえんどうは加熱してしばらく放置すると、水分が抜けてシワになりやすいので、オイル系の食材で和えておけば、冷蔵保存する時の見た目もきれいですよ。 海苔の佃煮はご飯にのせて食べるのが普通においしい…。 ただ、あともう少しの工夫でおいしくなりそうなポテンシャルはひしひしと感じました。 佃煮とオイスターソースをベースに「こんな風にするとおいしいんだから!」というナイスな情報を発見した方はぜひ教えてください。 *** バリエーションは無限大!お弁当のおかずにもぴったりです レンジでチンして和えるだけ。 これなら誰でも失敗なし!鍋やフライパンを使わなくても、食材を買い足さなくても、簡単においしく食べられるスナップえんどう。 彩りがよく食べごたえもあるので、お弁当のおかずにぴったり。 これからの行楽シーズンにも大活躍してくれるはず。

次の

スナップエンドウの食べ方と茹で方 レンジでもOK?冷凍はできる?

スナップえんどう 茹で方

当時はスナックエンドウとも呼ばれていましたが、農林水産省によって1983年、スナップエンドウと呼ぶことが奨励されました。 ただ、現在でもサカタのタネからはスナックエンドウ(エンドウ スナック)という商品名で種が販売されています。 甘みがあり、パリっとした食感が楽しめます。 その食感がスナックを食べるイメージに近いことからスナックエンドウと呼ばれたりもしています。 一般的な品種は筋があるので、この筋を取り除いて食べます。 現在各種苗メーカーからいろいろな品種が販売されており、サヤの外見もややスリムで長めのものなどもあります。 ふくらみがなく平たいものは柔らかいですが中の豆が育っておらず甘みも少なめで、逆に豆が育ちすぎてぱんぱんに膨らんでいるものはサヤが硬くなっているものがあるので避けた方が良いでしょう。 色ですが、品種によって元から色が濃いものと薄いものがあるので一概に濃い方があるいは薄い方がとは言えません。 茹でる際には水の量に対して 1%ほどの塩を加え、沸騰させている状態の湯に投入し、スナップエンドウの質や用途にもよりますが 1~2分程度ゆでます。 茹で上がったら色止めのためすぐに 冷水に放ち冷まします。 写真はイカにハチク、ニンジンなどと共に炒め合わせたもの。 炒め物の場合もスナップエンドウはあらかじめ下茹でしておいた方が火の通りにむらができず美味しく仕上がる。 簡単で美味しい一品になります。 この場合、スナップエンドウは筋を取り除いておくだけで生のまま揚げます。 揚げ時間は170度でおよそ1分程度。 下茹でしたものでも大丈夫ですが、その場合は180度で短時間にあげてしまいます。 写真はカニのクリームソースに合わせています。 仕上げに加えることで色と食感が良い感じに残せます。 写真では金目の吸い物に使っています。 もちろん、好みで味が染みてくたっとなった方が良い方は初めから加えてもいいでしょう。 参考にされると良いでしょう。

次の

スナップエンドウ/スナックエンドウ:旬の野菜百科

スナップえんどう 茹で方

彩り鮮やか、肉厚&シャキっとした食感がおいしいスナップえんどう。 クセのない味で、子供から大人にまで人気の野菜です。 茹でたり、炒めたりと色んな使い方ができますが、もっとも簡単なのが 「和える」という方法。 スナップえんどうと身近な調味料だけで、バリエーション豊かで立派なおかずができちゃうんですよ! 「家にあるものでパパッと1品作りたい」 「お弁当作りを時短したい」 「深夜に小腹が空いた…今すぐ何か食べたい!」…etc. *** スナップえんどうを電子レンジで加熱する 熱を通すにはレンチンが楽ちん。 買ってきたスナップえんどうを水洗いしてヘタを取り、両側の筋を取ったら… シリコンスチーマーに入れて電子レンジで加熱します。 えんどうの大きさにもよりますが、大体600Wで1分30秒ほどを目安にすると、シャキッとした食感が楽しめます。 20種類以上の調味料の中から、スナップえんどうと相性のいい組み合わせを徹底リサーチ! 味付けを変えながら食べ比べ、ピックアップしたのはこの11種類。 片手でひと掴みほどの量のスナップえんどうに対して、マヨネーズ(約大さじ1)とお好みで塩こんぶを混ぜるだけ。 すでにほんのり塩味がついていますが、物足りない人はしょうゆを少々加えるとよりしっかりとした味に。 ツナは軽く油を切ってから使うとベチャッとしません。 こちらも、しっかりめの味付けが好きな人は、しょうゆと塩をお好みで少々加えましょう。 純和風のおつまみになります。 味変するなら、マヨネーズともごまとも相性のいいしょうゆを2〜3滴プラスするのがおすすめです。 とにかくパクパク食べられて、副菜としてはもちろん、お酒のおつまみにもってこい! 甘じょっぱい味付けが好きなら、ここにプラスで砂糖(約小さじ1)を。 または、さっぱり食べたいならポン酢を数滴加えましょう。 [番外編]簡単おいしい「オイル和え」 マヨネーズやごまなど、不動人気の味付けには及ばないものの、「シンプルなのに意外とイケる!」と盛り上がったのがオイル和え。 味付けは、オリーブオイルと塩ひとつまみ。 超シンプルだけどおいしい! 塩の代わりに塩こんぶを和えてもこれまたGOODです。 (今回はオリーブオイルをご紹介しましたが、ごま油で和えてもおいしかったです〜!) スナップえんどうは加熱してしばらく放置すると、水分が抜けてシワになりやすいので、オイル系の食材で和えておけば、冷蔵保存する時の見た目もきれいですよ。 海苔の佃煮はご飯にのせて食べるのが普通においしい…。 ただ、あともう少しの工夫でおいしくなりそうなポテンシャルはひしひしと感じました。 佃煮とオイスターソースをベースに「こんな風にするとおいしいんだから!」というナイスな情報を発見した方はぜひ教えてください。 *** バリエーションは無限大!お弁当のおかずにもぴったりです レンジでチンして和えるだけ。 これなら誰でも失敗なし!鍋やフライパンを使わなくても、食材を買い足さなくても、簡単においしく食べられるスナップえんどう。 彩りがよく食べごたえもあるので、お弁当のおかずにぴったり。 これからの行楽シーズンにも大活躍してくれるはず。

次の