日本の底力 (韓国経済危機特集)。 文大統領が「日本と別の道を歩む」と宣言=韓国ネット「感動」「つまり北朝鮮と同じ道?」|レコードチャイナ

文大統領が「日本と別の道を歩む」と宣言=韓国ネット「感動」「つまり北朝鮮と同じ道?」(レコードチャイナ)2020年7月9日、韓国・YTNによると、日本が韓…|dメニューニュース(NTTドコモ)

日本の底力 (韓国経済危機特集)

[有限会社中勢以] ~「京中:加藤謙一が、発起人/世話人代表を務める「弁当の底力」プロジェクトが多くの協力のもと6月末で無事終了しました。 皆様のご支援に感謝するとともに、内容を報告いたします。 ~ 京中(有限会社中勢以:京都府京都市、代表取締役:加藤中謙)の取締役 加藤謙一が発起人/世話人代表として活動した「弁当の底力」プロジェクトが、全日本・食学会、アメリカン・エキスプレスをはじめ、参加企業各社の支援により、コロナ対策の最前線に立つ京都市内の3医療機関に対して、9,000食の無償弁当提供を無事終了いたしました。 ご賛同、ご参加いただいた飲食店はじめ関係各位、また、そうした飲食店への支援をしていただいたお客様、全日本・食学会様、アメリカン・エキスプレス様他のおかげで、予想以上の活動をすることができました。 感謝とともに、その活動を報告いたします。 【URL】 <弁当の底力プロジェクトの目的> 1.COVID-19を終息させ、いち早く日常を取り戻すため、飲食店と生産者が協力してつくったお弁当を、COVID-19と最前線で闘い過度の負担を強いられている医療従事者の方々へ届けることで、少しでも体と心を和らげること。 2.コロナ終息後に料理人が料理を、生産者が農水産物の生産を、 食材店が食材の提供を、サスティナブルな経済活動として続けていくこと。 飲食店、食材店だからこそできることを、今、はじめよう。 そうした強い想いから「弁当の底力」プロジェクトは京都から始まりました。 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 により、全国で外出や営業の自粛を余儀なくされ、その中でも飲食店は営業困難を極め、それに伴い生産現場では農水産物が行き場を失い、食材店は大量の食品ロスが生まれています。 今、誰が一番大変で、誰を助けなければならないか?を決める事はできません。 しかし、私たちにできることは、皆さんの底力を結集し、できることを、今やる。 それは、地域の命を守るため医療の最前線で闘う地域の病院に、今日の体と心を和ませ、明日への底力をみなぎらせるお弁当を届けること。

次の

バッタ世界同時大量発生が招く食糧危機 日本も対岸の火事ではない(日刊ゲンダイDIGITAL) 世界同時大量発生だ。 中東イエメンと…|dメニューニュース(NTTドコモ)

日本の底力 (韓国経済危機特集)

国内二輪車メーカーが事業再編を加速している。 ホンダなど大手4社は世界でも存在感が大きいが、お膝元の国内市場が大幅に縮小。 その結果、ホンダと、ライバルのヤマハ発動機は、排気量50cc以下の「原付き1種」で業務提携を検討する。 二輪車事業の赤字が続くスズキの動向が次の焦点になっている。 泥沼の争いから一転 10月16日、栃木県茂木町のサーキット「ツインリンクもてぎ」。 爽やかな秋晴れが広がり最高気温が25度と季節外れの「夏日」を記録する中、世界最高峰の二輪車レース「MotoGP」第15戦の決勝が開かれた。 詰めかけた5万2216人のファンが見つめる中、4周目にトップに立ったホンダのマルク・マルケス選手が独走。 ライバルのヤマハ発のバレンティーノ・ロッシ選手が7周目に転倒し、24周のレースを制したマルケス選手が残り3戦を残して年間王者を決めた。 マルケス選手は「ホンダは一生懸命頑張ってくれた。 最高の年になった」と感謝の気持ちをコメントした。 ヤマハ発のロッシ選手らの脱落で2位に伊ドゥカティの選手がつけたが、3位にはスズキのマーベリック・ビニャーレス選手が入り、日本メーカーの底力を見せつけている。

次の

[B!] 韓国経済、韓国政府と日本政府、通貨スワップ再開交渉開始へ 経済的背景より外交・安保的要因

日本の底力 (韓国経済危機特集)

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の