新婚 旅行 おすすめ。 新婚旅行(ハネムーン)の旅行会社、どこを選ぶ?先輩花嫁が選んだおすすめサービス特集

新婚旅行・ハネムーンおすすめ人気ランキング

新婚 旅行 おすすめ

もくじ• 沖縄新婚旅行の費用相場は、3泊4日で20万~30万円程度(2人分) 「海外に行くよりも、日本でのんびり過ごしたい…」そんなカップルに人気の新婚旅行先が沖縄。 国内だけあって、沖縄の新婚旅行費用は 海外の旅行費用と比べると割安で、普通ランクのホテルの 3泊4日のパッケージツアーだったら、旅費は 14万円程度(2人分)で収まります。 でも、せっかくのハネムーン。 いろいろと充実させたいなら、このくらいの予算を考えておいて。 沖縄の新婚旅行は、国内平均費用より高め 国内の新婚旅行先で一番人気が高い 「沖縄」の平均費用は20~30万円。 沖縄に次いで人気の高い「北海道」とほぼ同額の予算。 【行ってみたい!行ってよかった! 国内の人気新婚旅行先ランキング】• 1位:沖縄(4泊5日前後)20万円~30万円• 2位:北海道(4泊5日前後)20万円~30万円• 4位:九州(3泊4日前後)15万円~20万円• 「 ハワイ」「 モルディブ」「 オーストラリア」など海外のビーチリゾートとなると、費用も日数もそれなりにかかるもの。 国内で手軽に行けて、言葉の壁もなく、青い海を楽しめるというのは、やっぱり沖縄新婚旅行の最大の魅力ですね。 【ハネムーンで人気のビーチリゾートランキング】• 1位:ハワイ(6泊8日前後) 50万円~60万円• 2位:モルディブ(6泊8日前後) 40万円~50万円• 3位:オーストラリア(ハミルトン島・ゴールドコースト)(5泊7日前後) 25万円~40万円• 4位:タヒチ(4泊6日前後) 100万円~120万円• 5位:沖縄(4泊5日前後 ) 20万円~30万円• 6位:ニューカレドニア(4泊6日前後) 40万円~60万円• その他:グアム(3泊4日前後) 20万円~30万円 (新婚旅行サイト「」調べ)過去5年間、最も人気を集めた新婚旅行の行き先は? 日数&プラン別!沖縄ハネムーンの予算相場 沖縄は海外と違って、移動にそれほど時間がかからないのがメリット。 短ければ2日間、長くても6日間あればたっぷり沖縄旅行を満喫することができます。 以下では沖縄ハネムーンツアーの予算とプランの一例を日数別にご紹介します。 手軽に楽しむ「2泊3日プラン」6~10万円• バスツアーで効率よく観光「3泊4日プラン」8~12万円• 自由行動も満喫できる「6泊7日プラン」24~30万円• 現地オプションにオススメ「フォトウェディングプラン」7~10万円 1.手軽に楽しむ「2泊3日プラン」6万~10万円 仕事などでなかなか長期休みを取れないというカップルは、2珀3日で沖縄を楽しみましょう! 全日フリータイムなら 2人で6~10万円程度の予算で沖縄を満喫できます。 パックツアーの中にはレンタカープラン付きのものもあるので、好きなところを好きなように巡りたいというカップルにもオススメです。 2.バスツアーで効率よく観光「3泊4日プラン」8万~12万円 初めて沖縄に行くという人は、バスツアーやウオーキングツアーなどがついているセットプランがオススメ。 沖縄の 主要な観光スポットを効率よく巡れるので、旅行初心者のカップルにぴったりです。 バスツアーなので費用もそれほど高くなく、 2人分の予算は8~12万円ほど。 3.自由行動を満喫!「6泊7日プラン」24万~30万円 都会の喧噪を離れ、自然豊かな沖縄でまったり過ごせるのんびりプラン。 自由行動できる時間も多く取れるので、 離島めぐりする時間も十分にあります。 プライベートビーチで終日ゆったり過ごすこともできるので、沖縄で暮らすように過ごしてみたいというカップルにとっては最適なプラン。 予算は2人分で24~30万円が目安。 4.現地オプションにオススメ「フォトウェディングプラン」7万~10万円 「ハネムーンを兼ねて、沖縄で2人だけで フォトウエディングもやってみたい!」というカップルも多くいます。 沖縄での フォトウエディングプランの相場は7~10万円前後。 「もっとリーズナブルな値段ですませたい!」というカップルには、ウエディングドレスなどの衣装を着用しないプランがオススメ。 ビーチをバックに2人のハネムーンの様子を撮影してもらう「 ビーチフォト」なら、 2万円くらいから可能ですよ。 オーダーメイドプランなら、予算も観光も思い通り 旅行会社のパッケージプランを利用すると、安く旅行ができますが、自由度は低め。 バスツアーや現地のオプション観光ツアーなどは、 ほかのお客さんも一緒なので、二人だけの空間ではないのが、残念なポイントですね。 せっかくのハネムーンは、2人でのんびり、好きなところに行きたい!というなら、 オーダーメイドでプランを作ってもらう方法も。 飛行機やホテル、現地での移動手段などもまとめて、2人だけの旅行プランを作ってくれるので、 めちゃめちゃらくちんです。 沖縄ハネムーンで人気のあるラグジュアリーなホテル ハネムーンを楽しむためにも ホテル選びは大事なポイント! 数多くある沖縄のホテルの中でも注目されているハネムーンで人気のあるラグジュアリーホテルを一部紹介します。 ザ・リッツカールトン沖縄(本島・名護市) 高台にあって首里城を思わせる外観の高級リゾートホテル。 ミシュランシェフらが振る舞う料理や スタッフの高いサービス力など、クチコミ評価が非常に高い。 ザ・テラスクラブ アット ブセナ(本島・名護市) 名護湾を見渡す岬に位置し、2002年の沖縄サミットで利用された有名ホテル。 海水を使ったタラソプールがあり、ホテル内のアクティビティも多彩。 野菜・フルーツをたっぷり盛り込んだ食事を提供する滞在型プログラムもあり。 オリエンタルヒルズ沖縄(本島・恩納村) 約2万ヘクタールの敷地に、 ゲストルームはわずか14棟。 隠れ家的なリゾートホテルで、部屋に付いている プライベートプールの先にサンゴの海を一望できる。 水上に浮かぶレストランでは一流シェフが腕を振るう。 ホテル日航アリビラ(本島・読谷村) 全国のホテルランキングで常に上位に入賞している人気のホテル。 特にクチコミ評価が高いのが4つのレストランから選ぶことができる朝食。 ホテル内の ガーデンプールは夜のライトアップが魅力。 ANAインターコンチネンタル万座リゾート(本島・恩納村) 沖縄を代表する老舗リゾートホテル。 快水浴場百選「特選」を受賞した、沖縄本島屈指の透明度を誇る万座ビーチと、対岸に見える景勝地「 万座毛」を楽しめる。 2018年6月17日には、沖縄最大級のラグジュアリーなクラブラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」がオープンした。 ワンスイートホテル 古宇利島(古宇利島) 絶景のドライブスポットとして人気を呼んでいる「古宇利島」にある 1日1組限定のホテル。 部屋のタイプは2つあり、196平米の3階建てのパノラマスイートは、 屋上から360度のパノラマが広がる。 THE SHIGIRA(ザ・シギラ)(宮古島) 宮古島のシギラ岬に建つ 10棟のプライベートヴィラ。 ゴルフ場、スパ、温泉などの設備も充実。 一年中利用できる温水のプライベートプールも。 部屋タイプは5つあり宿泊料金は1泊30万円以上~。 ハネムーンのパッケージツアーだと航空券とセットで予算をかなり抑えられる。 ヴィラブリゾート(伊良部島) 宮古島本島から船で15分の伊良部島に誕生したホテル。 全室オーシャンビューで水平線を一望でき、テラスにはプライベートプール、ベット付の東屋が配されている。 レストランでは、新鮮な魚、宮古牛を味わえる。 ツアーやパックプランを上手に活用して、沖縄の新婚旅行代を節約! 沖縄ハネムーンの旅費は海外リゾートに比べれば割安ですが、「これからの新生活に備え、ハネムーンの費用を少しでも節約したい」と思っているカップルも多いはず。 そこで、沖縄の新婚旅行費用を節約するためのポイントを3つご紹介します。 1.旅費が安くなるオフシーズンをねらう! 本土では海水浴シーズンは7~8月と短いですが、 沖縄では 4月~10月の半年間、海水浴を楽しむことができます。 この期間の中で、台風シーズンの8~9月をのぞいた「 ゴールデンウイーク」「 夏休み」「 年末年始」がハイシーズンとなります。 一方、夏休み、冬休み、春休み、 大型連休明けは閑散期となり、旅費も安くなります。 9月は台風にあたってしまう可能性が高いので以下のシーズンがねらい目です。 ゴールデンウィークが終わった直後• 年末年始が過ぎた後• 1月後半~2月初旬 2.週末を避ける 沖縄へは短時間で移動できるため、 たいていの人は2泊または3泊くらいの日程で沖縄旅行に出かけます。 その場合、仕事への影響が少ないのは金曜に出発する便。 金曜のみ有給休暇をとって午前中の便で出発すれば、金曜の午後から日曜の日中まで沖縄を満喫し、日曜日の夜に戻ってくることができますね。 しかし、 金曜出発の便の場合は、航空券の料金が高く、余計な出費がかさんでしまいます。 そこでオススメしたいのが、 平日を使ったプランです。 通常の旅行ならともかく、ハネムーンで沖縄に行くのであれば思い切って平日に連休を取得してみてはいかがでしょう。 例えば以下のような、 3泊4日~4泊5日の日程ならお財布にも体にもやさしく、一石二鳥です。 パッケージツアーの内容は旅行会社によってさまざまですが、旅慣れしているカップルは フリープランの利用がオススメ。 現地でレンタカーを借りて終日フリーで移動できる レンタカープランは費用も格安で、場合によっては一人あたり3万円台~沖縄旅行を堪能することができそう。 自分たちで旅行の計画を立てる必要はありますが、 ツアーのように行動が制限されることがない「自由旅行」となるので、自分たちの好きなところを巡ることができます。 定番スポットから離島まで!沖縄ハネムーンおすすめの観光スポット 沖縄ハネムーンにぴったりの観光スポットを厳選してみました。 1.サンセットビーチ ショッピングセンターや映画館などの商業施設が集中する、北谷町美浜にあるビーチスポット。 その名の通り、地平線に沈んでいく美しい夕日を眺められる絶景スポットとして知られています。 観光客にはもちろん、地元の人からも人気のスポット。 2.ビオスの丘 75,000坪もの敷地面積を誇る 広大な植物園。 本土ではなかなかお目にかかれない南国の植物が一堂に会している様子は圧巻! 園内を二人でゆったり散策するのはもちろん、水牛車や船に乗って見て回るのもオススメ。 沖縄と言えば真っ先に海をイメージする人が多いかと思いますが、青空の下、森林浴を楽しむのもいいものですよ。 3.石垣島、宮古島、竹富島へ!2人で離島めぐり 沖縄は本島以外に、八重山諸島、宮古諸島など、 大小含めて160の島が点在していて、それぞれに魅力があります。 旅行日数を長めにとって 離島めぐりをするのもオススメです。 カップルに人気のある離島を一部をご紹介。 羽田からの直行便もあり石垣島を拠点にハネムーンを過ごすカップルも多い。 星砂の浜として有名なカイジ浜や真っ白な砂浜が広がるコンドイビーチも人気。 沖縄の原風景に出会える島。 中でも、宮古島と来間島を結ぶ全長1442mの 「来間大橋」はあまりに有名な絶景スポット。 自然との触れ合いが好きなカップルにオススメな島。 ティーヌ浜にある「ハートロック」。 その名の通りハートの形をしためずらしい岩で、 恋のパワースポットとも言われています。 観光客のためにレストコテージなどが用意され、海水浴やBBQを楽しむ観光客が増えている。 沖縄本島からフェリーに乗って約20分。 沖縄新婚旅行のお土産はココで買おう!オススメスポット 「 ちんすこう」「 紅芋タルト」「 泡盛」など、南国・沖縄ならではのお土産はさまざま! ハネムーンを楽しんだら、結婚式でお世話になった人、職場、家族へのお土産も忘れずに。 沖縄のお土産スポットを紹介します。 お土産品ならここですべてが揃う!国際通り 那覇市内随一の繁華街「国際通り」には、約1. 6knに渡り、大小さまざまな飲食店、お土産屋さんが並んでいます。 野菜や果物などは全国に配送可能。 店内には、沖縄美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅらら」もあり、水族館で買い忘れたお土産もここで手に入れることができます。 国内唯一の免税店「Tギャラリア 沖縄 by DFS」 130以上のブランドを扱っている国内勇逸の免税店。 国内小売価格よりも最大で3割もお得になるブランド品も! 沖縄県外からの旅行者は パスポートなしで、免税ショッピングを楽しめます。 ゆいレール(モノレール)の「おもろまち」駅前にあり、那覇空港、国際通り、首里城の中間地点に位置します。 「ちんすこう」「紅芋タルト」など沖縄の銘菓がそろう御菓子御殿 沖縄土産の王道と言える「 ちんすこう」「 紅芋タルト」を試食、購入できる大型土産店。 読谷村の本店以外にも、国際通り店、名護店など県内に12店舗あり、一部の店舗では「 紅芋タルト作り」を体験できます。 那覇空港にも店舗があるので、買い忘れた場合には搭乗する前にも駆け込みで買い物ができます。 沖縄新婚旅行での食事 沖縄には伝統的な郷土料理と世界各国の影響を受けた料理とあります。 郷土料理の「 沖縄そば」や「 ゴーヤチャンプル」は 500~800円程度。 アメリカンサイズでボリューミーな食事を提供するステーキ専門店でも、本島の価格に比べるとリーズナブルなのがうれしいところ。 夜は泡盛などのお酒をいただきつつ食事を楽しむであれば、 2人で8,000~10,000円ぐらいを目処に。 冬場に沖縄に行く時は、セーターや上着などは必ず持っていくようにしましょう。 それでも、夏場は熱中症は不可欠! 熱中症注意報が出ている時は、以下のように賢く楽しみましょう。 屋外の観光はなるべく朝夕の時間帯にする• 日中は屋内施設を中心に観光する• 6月の中旬から下旬まで雨が続き、8、9月頃には台風が多く接近します。 沖縄新婚旅行に欠かせない持ち物 トップシーズンの 沖縄の紫外線は半端ない強さです! 熱中症・日焼け対策には、以下のアイテムが必須!• 日焼け止め• サングラス• 長袖の服(室内の冷房対策にも)• 海水浴するなら、ラッシュガード 海水浴でも日焼け対策にTシャツを着ている人が多くいます。 日傘は、突然のスコールにも備え、晴雨兼用の折り畳み傘があったら便利! 持ち出し禁止 沖縄の市場で買い物は楽しく、旅の思い出に沖縄ならではの農産物をお土産にしたいところ。 ところが「 サツマイモ」や「 カンキツ類の苗・枝・葉」など 県外に持ち出しできない植物があります。 また沖縄から久米島への持ち込みが禁止されているものもあります。 いずれも 違反すると罰則があるので、注意してくださいね。 (参考) まとめ• 沖縄ハネムーンは、 2人で20~30万円の予算がオススメ• 日数は 3泊4日が主流。 離島などでゆっくり過ごしたいなら6~7日間がベスト• 観光に行くならロマンチックな サンセットビーチや、恋の島と呼ばれる 古宇利島がおすすめ• 気候は年中温暖。 ただし 冬場は東京並みに寒くなる時もあるので長袖はマスト 気軽に行けるのに異国情緒を堪能できる沖縄。 初めて行く人もこれまで何度か行ったことがある人も、ハネムーンならではのプランで素敵な旅行を楽しんでくださいね。

次の

新婚旅行におすすめの北欧旅行

新婚 旅行 おすすめ

もくじ• 沖縄新婚旅行の費用相場は、3泊4日で20万~30万円程度(2人分) 「海外に行くよりも、日本でのんびり過ごしたい…」そんなカップルに人気の新婚旅行先が沖縄。 国内だけあって、沖縄の新婚旅行費用は 海外の旅行費用と比べると割安で、普通ランクのホテルの 3泊4日のパッケージツアーだったら、旅費は 14万円程度(2人分)で収まります。 でも、せっかくのハネムーン。 いろいろと充実させたいなら、このくらいの予算を考えておいて。 沖縄の新婚旅行は、国内平均費用より高め 国内の新婚旅行先で一番人気が高い 「沖縄」の平均費用は20~30万円。 沖縄に次いで人気の高い「北海道」とほぼ同額の予算。 【行ってみたい!行ってよかった! 国内の人気新婚旅行先ランキング】• 1位:沖縄(4泊5日前後)20万円~30万円• 2位:北海道(4泊5日前後)20万円~30万円• 4位:九州(3泊4日前後)15万円~20万円• 「 ハワイ」「 モルディブ」「 オーストラリア」など海外のビーチリゾートとなると、費用も日数もそれなりにかかるもの。 国内で手軽に行けて、言葉の壁もなく、青い海を楽しめるというのは、やっぱり沖縄新婚旅行の最大の魅力ですね。 【ハネムーンで人気のビーチリゾートランキング】• 1位:ハワイ(6泊8日前後) 50万円~60万円• 2位:モルディブ(6泊8日前後) 40万円~50万円• 3位:オーストラリア(ハミルトン島・ゴールドコースト)(5泊7日前後) 25万円~40万円• 4位:タヒチ(4泊6日前後) 100万円~120万円• 5位:沖縄(4泊5日前後 ) 20万円~30万円• 6位:ニューカレドニア(4泊6日前後) 40万円~60万円• その他:グアム(3泊4日前後) 20万円~30万円 (新婚旅行サイト「」調べ)過去5年間、最も人気を集めた新婚旅行の行き先は? 日数&プラン別!沖縄ハネムーンの予算相場 沖縄は海外と違って、移動にそれほど時間がかからないのがメリット。 短ければ2日間、長くても6日間あればたっぷり沖縄旅行を満喫することができます。 以下では沖縄ハネムーンツアーの予算とプランの一例を日数別にご紹介します。 手軽に楽しむ「2泊3日プラン」6~10万円• バスツアーで効率よく観光「3泊4日プラン」8~12万円• 自由行動も満喫できる「6泊7日プラン」24~30万円• 現地オプションにオススメ「フォトウェディングプラン」7~10万円 1.手軽に楽しむ「2泊3日プラン」6万~10万円 仕事などでなかなか長期休みを取れないというカップルは、2珀3日で沖縄を楽しみましょう! 全日フリータイムなら 2人で6~10万円程度の予算で沖縄を満喫できます。 パックツアーの中にはレンタカープラン付きのものもあるので、好きなところを好きなように巡りたいというカップルにもオススメです。 2.バスツアーで効率よく観光「3泊4日プラン」8万~12万円 初めて沖縄に行くという人は、バスツアーやウオーキングツアーなどがついているセットプランがオススメ。 沖縄の 主要な観光スポットを効率よく巡れるので、旅行初心者のカップルにぴったりです。 バスツアーなので費用もそれほど高くなく、 2人分の予算は8~12万円ほど。 3.自由行動を満喫!「6泊7日プラン」24万~30万円 都会の喧噪を離れ、自然豊かな沖縄でまったり過ごせるのんびりプラン。 自由行動できる時間も多く取れるので、 離島めぐりする時間も十分にあります。 プライベートビーチで終日ゆったり過ごすこともできるので、沖縄で暮らすように過ごしてみたいというカップルにとっては最適なプラン。 予算は2人分で24~30万円が目安。 4.現地オプションにオススメ「フォトウェディングプラン」7万~10万円 「ハネムーンを兼ねて、沖縄で2人だけで フォトウエディングもやってみたい!」というカップルも多くいます。 沖縄での フォトウエディングプランの相場は7~10万円前後。 「もっとリーズナブルな値段ですませたい!」というカップルには、ウエディングドレスなどの衣装を着用しないプランがオススメ。 ビーチをバックに2人のハネムーンの様子を撮影してもらう「 ビーチフォト」なら、 2万円くらいから可能ですよ。 オーダーメイドプランなら、予算も観光も思い通り 旅行会社のパッケージプランを利用すると、安く旅行ができますが、自由度は低め。 バスツアーや現地のオプション観光ツアーなどは、 ほかのお客さんも一緒なので、二人だけの空間ではないのが、残念なポイントですね。 せっかくのハネムーンは、2人でのんびり、好きなところに行きたい!というなら、 オーダーメイドでプランを作ってもらう方法も。 飛行機やホテル、現地での移動手段などもまとめて、2人だけの旅行プランを作ってくれるので、 めちゃめちゃらくちんです。 沖縄ハネムーンで人気のあるラグジュアリーなホテル ハネムーンを楽しむためにも ホテル選びは大事なポイント! 数多くある沖縄のホテルの中でも注目されているハネムーンで人気のあるラグジュアリーホテルを一部紹介します。 ザ・リッツカールトン沖縄(本島・名護市) 高台にあって首里城を思わせる外観の高級リゾートホテル。 ミシュランシェフらが振る舞う料理や スタッフの高いサービス力など、クチコミ評価が非常に高い。 ザ・テラスクラブ アット ブセナ(本島・名護市) 名護湾を見渡す岬に位置し、2002年の沖縄サミットで利用された有名ホテル。 海水を使ったタラソプールがあり、ホテル内のアクティビティも多彩。 野菜・フルーツをたっぷり盛り込んだ食事を提供する滞在型プログラムもあり。 オリエンタルヒルズ沖縄(本島・恩納村) 約2万ヘクタールの敷地に、 ゲストルームはわずか14棟。 隠れ家的なリゾートホテルで、部屋に付いている プライベートプールの先にサンゴの海を一望できる。 水上に浮かぶレストランでは一流シェフが腕を振るう。 ホテル日航アリビラ(本島・読谷村) 全国のホテルランキングで常に上位に入賞している人気のホテル。 特にクチコミ評価が高いのが4つのレストランから選ぶことができる朝食。 ホテル内の ガーデンプールは夜のライトアップが魅力。 ANAインターコンチネンタル万座リゾート(本島・恩納村) 沖縄を代表する老舗リゾートホテル。 快水浴場百選「特選」を受賞した、沖縄本島屈指の透明度を誇る万座ビーチと、対岸に見える景勝地「 万座毛」を楽しめる。 2018年6月17日には、沖縄最大級のラグジュアリーなクラブラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」がオープンした。 ワンスイートホテル 古宇利島(古宇利島) 絶景のドライブスポットとして人気を呼んでいる「古宇利島」にある 1日1組限定のホテル。 部屋のタイプは2つあり、196平米の3階建てのパノラマスイートは、 屋上から360度のパノラマが広がる。 THE SHIGIRA(ザ・シギラ)(宮古島) 宮古島のシギラ岬に建つ 10棟のプライベートヴィラ。 ゴルフ場、スパ、温泉などの設備も充実。 一年中利用できる温水のプライベートプールも。 部屋タイプは5つあり宿泊料金は1泊30万円以上~。 ハネムーンのパッケージツアーだと航空券とセットで予算をかなり抑えられる。 ヴィラブリゾート(伊良部島) 宮古島本島から船で15分の伊良部島に誕生したホテル。 全室オーシャンビューで水平線を一望でき、テラスにはプライベートプール、ベット付の東屋が配されている。 レストランでは、新鮮な魚、宮古牛を味わえる。 ツアーやパックプランを上手に活用して、沖縄の新婚旅行代を節約! 沖縄ハネムーンの旅費は海外リゾートに比べれば割安ですが、「これからの新生活に備え、ハネムーンの費用を少しでも節約したい」と思っているカップルも多いはず。 そこで、沖縄の新婚旅行費用を節約するためのポイントを3つご紹介します。 1.旅費が安くなるオフシーズンをねらう! 本土では海水浴シーズンは7~8月と短いですが、 沖縄では 4月~10月の半年間、海水浴を楽しむことができます。 この期間の中で、台風シーズンの8~9月をのぞいた「 ゴールデンウイーク」「 夏休み」「 年末年始」がハイシーズンとなります。 一方、夏休み、冬休み、春休み、 大型連休明けは閑散期となり、旅費も安くなります。 9月は台風にあたってしまう可能性が高いので以下のシーズンがねらい目です。 ゴールデンウィークが終わった直後• 年末年始が過ぎた後• 1月後半~2月初旬 2.週末を避ける 沖縄へは短時間で移動できるため、 たいていの人は2泊または3泊くらいの日程で沖縄旅行に出かけます。 その場合、仕事への影響が少ないのは金曜に出発する便。 金曜のみ有給休暇をとって午前中の便で出発すれば、金曜の午後から日曜の日中まで沖縄を満喫し、日曜日の夜に戻ってくることができますね。 しかし、 金曜出発の便の場合は、航空券の料金が高く、余計な出費がかさんでしまいます。 そこでオススメしたいのが、 平日を使ったプランです。 通常の旅行ならともかく、ハネムーンで沖縄に行くのであれば思い切って平日に連休を取得してみてはいかがでしょう。 例えば以下のような、 3泊4日~4泊5日の日程ならお財布にも体にもやさしく、一石二鳥です。 パッケージツアーの内容は旅行会社によってさまざまですが、旅慣れしているカップルは フリープランの利用がオススメ。 現地でレンタカーを借りて終日フリーで移動できる レンタカープランは費用も格安で、場合によっては一人あたり3万円台~沖縄旅行を堪能することができそう。 自分たちで旅行の計画を立てる必要はありますが、 ツアーのように行動が制限されることがない「自由旅行」となるので、自分たちの好きなところを巡ることができます。 定番スポットから離島まで!沖縄ハネムーンおすすめの観光スポット 沖縄ハネムーンにぴったりの観光スポットを厳選してみました。 1.サンセットビーチ ショッピングセンターや映画館などの商業施設が集中する、北谷町美浜にあるビーチスポット。 その名の通り、地平線に沈んでいく美しい夕日を眺められる絶景スポットとして知られています。 観光客にはもちろん、地元の人からも人気のスポット。 2.ビオスの丘 75,000坪もの敷地面積を誇る 広大な植物園。 本土ではなかなかお目にかかれない南国の植物が一堂に会している様子は圧巻! 園内を二人でゆったり散策するのはもちろん、水牛車や船に乗って見て回るのもオススメ。 沖縄と言えば真っ先に海をイメージする人が多いかと思いますが、青空の下、森林浴を楽しむのもいいものですよ。 3.石垣島、宮古島、竹富島へ!2人で離島めぐり 沖縄は本島以外に、八重山諸島、宮古諸島など、 大小含めて160の島が点在していて、それぞれに魅力があります。 旅行日数を長めにとって 離島めぐりをするのもオススメです。 カップルに人気のある離島を一部をご紹介。 羽田からの直行便もあり石垣島を拠点にハネムーンを過ごすカップルも多い。 星砂の浜として有名なカイジ浜や真っ白な砂浜が広がるコンドイビーチも人気。 沖縄の原風景に出会える島。 中でも、宮古島と来間島を結ぶ全長1442mの 「来間大橋」はあまりに有名な絶景スポット。 自然との触れ合いが好きなカップルにオススメな島。 ティーヌ浜にある「ハートロック」。 その名の通りハートの形をしためずらしい岩で、 恋のパワースポットとも言われています。 観光客のためにレストコテージなどが用意され、海水浴やBBQを楽しむ観光客が増えている。 沖縄本島からフェリーに乗って約20分。 沖縄新婚旅行のお土産はココで買おう!オススメスポット 「 ちんすこう」「 紅芋タルト」「 泡盛」など、南国・沖縄ならではのお土産はさまざま! ハネムーンを楽しんだら、結婚式でお世話になった人、職場、家族へのお土産も忘れずに。 沖縄のお土産スポットを紹介します。 お土産品ならここですべてが揃う!国際通り 那覇市内随一の繁華街「国際通り」には、約1. 6knに渡り、大小さまざまな飲食店、お土産屋さんが並んでいます。 野菜や果物などは全国に配送可能。 店内には、沖縄美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅらら」もあり、水族館で買い忘れたお土産もここで手に入れることができます。 国内唯一の免税店「Tギャラリア 沖縄 by DFS」 130以上のブランドを扱っている国内勇逸の免税店。 国内小売価格よりも最大で3割もお得になるブランド品も! 沖縄県外からの旅行者は パスポートなしで、免税ショッピングを楽しめます。 ゆいレール(モノレール)の「おもろまち」駅前にあり、那覇空港、国際通り、首里城の中間地点に位置します。 「ちんすこう」「紅芋タルト」など沖縄の銘菓がそろう御菓子御殿 沖縄土産の王道と言える「 ちんすこう」「 紅芋タルト」を試食、購入できる大型土産店。 読谷村の本店以外にも、国際通り店、名護店など県内に12店舗あり、一部の店舗では「 紅芋タルト作り」を体験できます。 那覇空港にも店舗があるので、買い忘れた場合には搭乗する前にも駆け込みで買い物ができます。 沖縄新婚旅行での食事 沖縄には伝統的な郷土料理と世界各国の影響を受けた料理とあります。 郷土料理の「 沖縄そば」や「 ゴーヤチャンプル」は 500~800円程度。 アメリカンサイズでボリューミーな食事を提供するステーキ専門店でも、本島の価格に比べるとリーズナブルなのがうれしいところ。 夜は泡盛などのお酒をいただきつつ食事を楽しむであれば、 2人で8,000~10,000円ぐらいを目処に。 冬場に沖縄に行く時は、セーターや上着などは必ず持っていくようにしましょう。 それでも、夏場は熱中症は不可欠! 熱中症注意報が出ている時は、以下のように賢く楽しみましょう。 屋外の観光はなるべく朝夕の時間帯にする• 日中は屋内施設を中心に観光する• 6月の中旬から下旬まで雨が続き、8、9月頃には台風が多く接近します。 沖縄新婚旅行に欠かせない持ち物 トップシーズンの 沖縄の紫外線は半端ない強さです! 熱中症・日焼け対策には、以下のアイテムが必須!• 日焼け止め• サングラス• 長袖の服(室内の冷房対策にも)• 海水浴するなら、ラッシュガード 海水浴でも日焼け対策にTシャツを着ている人が多くいます。 日傘は、突然のスコールにも備え、晴雨兼用の折り畳み傘があったら便利! 持ち出し禁止 沖縄の市場で買い物は楽しく、旅の思い出に沖縄ならではの農産物をお土産にしたいところ。 ところが「 サツマイモ」や「 カンキツ類の苗・枝・葉」など 県外に持ち出しできない植物があります。 また沖縄から久米島への持ち込みが禁止されているものもあります。 いずれも 違反すると罰則があるので、注意してくださいね。 (参考) まとめ• 沖縄ハネムーンは、 2人で20~30万円の予算がオススメ• 日数は 3泊4日が主流。 離島などでゆっくり過ごしたいなら6~7日間がベスト• 観光に行くならロマンチックな サンセットビーチや、恋の島と呼ばれる 古宇利島がおすすめ• 気候は年中温暖。 ただし 冬場は東京並みに寒くなる時もあるので長袖はマスト 気軽に行けるのに異国情緒を堪能できる沖縄。 初めて行く人もこれまで何度か行ったことがある人も、ハネムーンならではのプランで素敵な旅行を楽しんでくださいね。

次の

一生の思い出は日本で作ろう。国内ハネムーンで行きたい人気エリアTOP10

新婚 旅行 おすすめ

knt. まるでヨーロッパの古い街を訪れたかのような錯覚さえ覚える エキゾチックな雰囲気が漂うハウステンボスは 季節の花や夜のイルミネーションが、 目を楽しませてくれるとてもロマンチックなスポットで、 新婚旅行にもぴったりですよ。 広大な園内にはハネムーンカップルにぴったりの おしゃれな ラグジュアリーホテルもありますので 園内で一泊してゆったりとした贅沢な時間を楽しめば 国内でも 非日常の素敵な時間が過ごせる事間違いなしです。 また、国内でも新婚旅行でも日数に多少余裕がある場合は 九十九島のクルーズや海きらら水族館などの佐世保市の名所や グラバー園、大浦天主堂等の長崎市の観光スポットにも 併せて足を延ばしてみてもいいですね。 googleusercontent. 縁結びの神社として知られる出雲大社は 日本神話にも登場する神々が集う国を司る由緒正しい神社で 綿々と受け継がれてきた古代の栄華が、 今も息づいている大変神秘的なスポットなので、 新婚旅行にも相応しいスポットですよ。 また、出雲代謝周辺には国譲りの神話で有名な 稲佐の浜や レトロな雰囲気漂う 旧大社駅等の観光スポットもありますので 古の歴史に触れながらしっとりとした新婚旅行が楽しめる 国内ならではのおすすめのエリアです。 尚、島根県には県立美術館や足立美術館を始め バラエティ豊かな美術館が県内各所に点在していますので 二人でちょっと アカデミックな雰囲気をゆっくりと楽しむ というプランも新婚旅行ではおすすめですよ。 新婚旅行の王道である開放感あふれる南の島のリゾートは 国内では沖縄の島々が何かとクローズアップされがちですが 沖縄本島のすぐ北に浮かぶ周囲21㎞の与論島は 白い砂浜とマリンブルーの海がとてもロマンチックなスポット。 特に、大潮の干潮時だけ姿を現す サンドバーの百合ヶ浜は 天国に一番近い島という表現がピッタリの絶景として知られ 国内の新婚旅行でも南の楽園の雰囲気が 心行くまで堪能できるおすすめのスポットですよ。 尚、光害の少ない与論島の夜は日本でも随一と言われる 美しい星空が楽しめる名所でもありますので 満天の星を振り仰ぎながら二人でロマンチックなハネムーンを 満喫するのもきっと素敵ですよね。 rurubu. 一生の思い出になる新婚旅行では海外のイメージも強いですが 様々な事情で近場での旅行を計画する方も決して珍しくなく アクセス良好の国内だからこそ、その分、旅のクオリティをあげて 贅沢な時間を楽しむというのもいいアイデアですよ。 海と山に囲まれた熱海温泉は日本を代表する歴史ある温泉地で 一時期は少し寂れた湯治場のイメージも強いスポットでしたが 上質の時間が気軽に楽しめる名湯として見事、生まれ変わり 全国の温泉ランキングでも近年、上位に食い込む人気なんです。 カップル向けのラグジュアリーで、 大人な雰囲気のホテルも数多くある熱海温泉は、 マタニティの新婚旅行など体調に配慮しつつ、 ゆったりと新婚旅行を楽しみたい方にも 大変おすすめの国内のスポットですよ。 fc2. 王道のデートスポットとしても人気の高いTDRですが 首都圏以外にお住まいだとそれ程気軽に足を運べない為 ショートステイの新婚旅行をお考えなら、 近場の海外等よりもより満足度の高い時間が楽しむ事ができおすすめなんです。 また、新婚旅行ではロマンチックなスポットが多いTDSで パラッツォカナルやポンテヴェキオ、リドアイル等 雰囲気たっぷりの夜の散策を楽しむというプランも 国内でも印象に残る新婚旅行になること間違いなしでおすすめですよ。 新婚旅行ではいつもよりちょっと奮発して 園内にあるおしゃれなホテルに宿泊してゆったりTDRを楽しみ 二人でマジカルな雰囲気をたっぷり満喫されてはいかがでしょうか。 cdn-dena. 近年では国内のみならず、東アジアの近隣諸国でも 新婚旅行の人気の行き先として注目を集めている北海道は 特に夏場の国内の新婚旅行ではイチオシのスポットなんです。 国内随一の魅力的な観光スポットが揃う北海道ですが、 夏の新婚旅行なら内陸部 の富良野や美瑛等が特におすすめで 爽やかな気候の中、時間をかけて北の大地を満喫する というプランも大変おすすめですよ。 なだらかな丘陵地帯を埋め尽くす色とりどりの 花畑や どこまでも続く 緑の大地と青い空の大パノラマが楽しめる夏の北海道のハネムーンなら、 いつまでも色褪せる事のない 国内でもカラフルな思い出が沢山できる事間違いなしですよね。 沖縄本島から西に約100㎞の所にある久米島は 琉球王朝時代から中国と貿易拠点として栄えた歴史を持つ 緑豊かで風光明媚な南国の島で国内の新婚旅行の行き先にも 大変おすすめのスポットとなっています。 真っ白な砂浜が広がる美しいビーチが点在する久米島ですが 中でも久米島の東に浮かぶ砂浜だけでできた無人島の ハテの浜は 透明度抜群の海とまぶしい白砂のビーチのコントラストが 大変素晴らしい人気の絶景スポットなんです。 新婚旅行では素敵な思い出を写真にも残したいものなので ツーショットの記念写真がいつどこででも撮影できる 自撮り棒は ぜひスーツケースの中に入れておきたいアイテムです。 上記のBluetoothシャッター付きのセルカ棒は 自撮り棒本体とシャッター、リモコン、三脚、ミニ有線等が お好みで組み合わせてお求め頂ける大変人気の自撮り棒セットで 新婚旅行でも様々なシーンで活躍するおすすめの逸品です。 全5カラーから選べる持ち運びにも便利な自撮り棒のセットは コンパクトに収納でき、旅行先でも荷物になりませんので 素敵は新婚旅行の思い出を写真に残すのにはイチオシの 大変優れもののアイテムとなっています。 <関連記事> ・ 国内の新婚旅行ではペア水着がおすすめ! 国内の新婚旅行でもロマンチックなビーチリゾートは人気ですが 普段は恥ずかしくてペアはちょっと…というカップルの方も 南の島の甘いハネムーンでは ペアの水着にトライするのも大変おすすめですよ。 リゾート感たっぷりのおしゃれなペアの水着は ビーチだけでなくタウンユースでも遜色なくお召し頂ける スタイリッシュなデザインなので、 南の島への新婚旅行ではイチオシの持ち物となっています。 <関連記事> ・ ・ ・ 国内の新婚旅行ではビデオカメラがおすすめ! 新婚旅行では色々な思い出を映像という形で残したいと ついつい写真や動画を取り過ぎてしまいがちなので スマホとは別にコンパクトなビデオカメラを持参すると 何かと便利でおすすめなんです。 上記のハイビジョンメモリービデオカメラEverioは 32GBという大量メモリ搭載の高画質のビデオカメラで リンゴ1個分より軽い286gのコンパクトな逸品なので 新婚旅行で携帯するにも大変おすすめですよ。 画質、音質ともに非常に優れた品質を誇る人気のビデオカメラは 日中は勿論、 夜間の撮影や録画でもくっきりと美しい映像が撮れ 様々なシーンで活用できるおすすめの逸品となっています。 この記事を読まれた方からは、 こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ という事で、国内の新婚旅行のおすすめスポットについて ランキングの形式で国内津々浦々の人気スポットや おすすめの持ち物なども併せてみてきましたがいかがでしたか? かけがえのない人生の思い出となる新婚旅行では 遠い外国をチョイスするのも決して悪くないアイデアですが 様々なメリットがある国内も素晴らしいスポットが満載なので ぜひ、お気に入りの行き先を二人で見つけてみて下さいね。 以上『国内の新婚旅行!ランキングでおすすめや人気のプランをご紹介!』の記事でした。

次の