コロナ 感染 者 横浜 市。 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス 横浜市 感染者が沸騰中!多くの陽性者を出した?画像や動画は?気になるネットの反応は?

コロナ 感染 者 横浜 市

一方、 市の公式サイトに掲載したのは3日後となるきょう4月13日(月)13時過ぎでした。 市民の身近な場所で新型コロナウイルス感染患者が相次ぎ発生しているという重要な情報であるにも関わらず、横浜市では公式サイト上において、 公表日から最大で3日後に掲載しているのが現状です。 神奈川県内に出された「緊急事態宣言」により、 横浜市民は外出の自粛が強く求められています。 東京都内で感染者が爆発的に増え、 多くのメディアが東京中心の情報を発信するなか、横浜市民が外出しなくても情報が入手できるよう、公式サイト上で 市が正確な情報を速やかに発信することの重要性はより高まっています。 横浜市内でも感染者が日ごとに増加傾向が見られるなど、 1日ごとに状況が大きく変化する非常時において、 3日間遅れで市民へ向けた 情報を発信しているという 横浜市の態勢は、大きな課題だと考えます。 林文子市長による4月7日付けの市民向けメッセージでは、「 市民の皆様に迅速に正確な情報が提供できるよう『広報報道チーム』を設置します」と表明しました。 この先、市民の誰もが閲覧できる形で、速やかに情報を発信する姿勢に横浜市が変わることを期待し、引き続き注視してまいります。 横浜日吉新聞・新横浜新聞~しんよこ新聞 横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(4月10日時点)(表は徒然呟人さん提供) 市が4月10日時点で集計したところによると、行政区別で 感染患者数がもっとも多かったのは泉区(人口15. 1万人=4月1日時点、以下同様)で14人。 続いて東京都に近い市北部の 鶴見区(29. 3万人)が13人、 港北区(35. 4万人)も11人となっており、市南部の 戸塚区(28. 0万人)と 金沢区(19. 7万人)でも10人ずつの患者が発生。 泉区は区の人口から感染者数を割った「 人口に占める感染者数」で見ても「 1万849人に1人」の割合となっており、 2番に高かった金沢区の「1万9760人に1人」に差を付ける結果となりました。 港北区内には東海道新幹線の「新横浜駅」もあり、横浜市や神奈川県内への陸の出入口となっている(写真は菊名~大倉山付近を走る新幹線) また、 港北区内では、これまでに区内のスポーツクラブ利用者や病院勤務者、ホテル利用者、企業2社、コンビニエンスストアの勤務者にそれぞれ感染患者が発生したことを 4月12日までに 事業者が個別に公表済みです。 市が公表した4月10日時点での行政区別の感染患者数は次の通り。 泉区:14人(人口:15. 1万人)• 鶴見区:13人(人口:29. 3万人)• 港北区:11人(人口:35. 4万人)• 戸塚区:10人(人口:28. 0万人)• 金沢区:10人(人口:19. 7万人)• 青葉区:9人(人口:31. 0万人)• 神奈川区:7人(人口:24. 5万人)• 保土ヶ谷区:7人(人口:20. 5万人)• 港南区:5人(人口:21. 3万人)• 南区:5人(人口:19. 5万人)• 磯子区:5人(人口:16. 6万人)• 西区:5人(人口:10. 4万人)• 旭区:4人(人口:24. 5万人)• 都筑区:4人(人口:21. 3万人)• 瀬谷区:4人(人口:12. 1万人)• 緑区:2人(人口:18. 2万人)• 中区:2人(人口:15. 0万人)• 栄区:0人(人口:11. 9万人)• また、徒然呟人様()からは迅速な分析データもいただきました。 いずれも記事掲載に大きく役立ちました。 ありがとうございます。 【関連記事】 ・(2020年4月24日) ・(2020年4月10日、周辺都市の感染患者発生状況も) 【参考リンク】 ・( PDF、103例目~120例目、全9ページの末尾に行政区別の感染患者数を掲載、2020年4月13日13時過ぎに公式サイトで公表) ・(横浜市健康福祉局、4月10日時点で市内全体の感染患者数は累計120人となった) ・(横浜市、4月11日に公開したグラフで伝えるデータのページ).

次の

<新型コロナ>横浜市の累計感染者は500人超に、集団感染が止まらず(5/17時点)

コロナ 感染 者 横浜 市

新型コロナウイルス 横浜市 感染者の概要は?多くの陽性者を出した? 新型コロナウイルス 横浜市 感染者のニュースが次のように報道されています。 横浜市立大学高度救命救急センターでは、多くの陽性者を出したクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』から重症患者を受け入れ、治療にあたってきました。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、横浜市では3月末に『Y-CERT(横浜市対策本部)』が設置されました。 Y-CERTでは、健康福祉局から感染者の数、医療局から病床の受け入れの数、消防局から救急搬送の数と部局を横断してデータをリアルタイムに集約し、新型コロナウイルス患者は重症・中等症・軽症と振り分けを行い、それ以外の患者は通常の救急に回すという仕組みが取られています。 横浜市立大学高度救命救急センター・竹内一郎センター長:「Y-CERTが重視しているのは、横浜市全体として医療崩壊を起こさないということでした。 コロナの患者を層別化して運ぶというだけではなく、例えば、消防のデータのなかで、救急車の現場滞在時間が長い症例がないかなど、横浜市全体を俯瞰的に見ながら、それを減らすために対策を取っていくため、行政と医療と消防とが一緒にやっていく組織というのは非常に機能してきました」 横浜市立大学高度救命救急センターでは、多くの陽性者を出したクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』から重症患者を受け入れ、治療にあたってきました。 横浜市立大学高度救命救急センター・竹内一郎センター長:「院内感染には気を使ってきました。 感染をした人やスタッフがいれば休んで頂くことが最優先事項ですが、濃厚接触者と認定されると、一気に20~40人のスタッフが自宅待機になり、通常の医療体制を維持することが非常に難しくなってしまう。 医療を継続していくために、適切に防護を行いながらやるというのは、我々に課せられた大きな責任ということで、感染対策、特に院内で感染症を広げないということは、これからもしっかり配慮して続けていきたいと考えています」「一番心配していた医療崩壊は避けるようなフェーズに入ってきたのではないかと感じます。 今後の大事な点は、どうやってコロナの患者と通常救急の両立を図っていくかということです。 yahoo. それでは関連動画をどうぞ。 「ダイアモンドプリンセスの経験から、このようなシステムの構築がなされたのでしょうね。 都道府県一律にこのシステムを導入するのは難しいかもしれませんが、良い仕組みは取り入れ悪い所は改善して通常の医療提供が行えるようになることを願っています。 〇〇モデルなど色々ありますが、都道府県の垣根を越えて、お互いにいがみ合うことなく都道府県民のために対策をお願いします。 」という意見と 「疲労蓄積し疲弊しています、患者さんをまえにしたらの使命感できている、おれそうなスタッフ…。 」という意見と 「深いところまで考慮しはるんやなぁ。 尊敬に尽きるわ。 」という意見 どれもなるほどと思います。 次に反応が大きかったのが 「看護師の声もかなり取り上げられているけど、医師の疲労感はすごいものだよ。 給料とか使命感だけでできる仕事じゃない。 」という意見と 「中国では、肺の臓器移植をしてたの自慢してたね。 今まで1000例の成功例って、臓器狩り自慢してたw」という意見と 「最前線の方々はもちろん、 医者を支えてる縁の下の力持ちにも 感謝。 本当にありがとうございます。 」という意見 特に反応が大きかったものと比べても なるほどと思います。 最後に 「コロナ患者が増えて医療従事者が今まで頑張ってくれたんだから負担を減らす為にも外出は控えるべきだよね、外出自粛で感染拡大は抑えられてるけどまだ特攻薬も予防薬も無いから油断出来ない」という意見と 「最前線の医師ってカッコ良すぎる」という意見 人それぞれいろいろな意見があるなと 思いました。 新型コロナウイルス 横浜市 感染者おわりに 今回は新型コロナウイルス 横浜市 感染者に関して取り上げました。 ネットの声が2つに分けられるくらい 今回の新型コロナウイルス 横浜市 感染者は話題沸騰です。 また、最後にこんなネットの声もありました。 「賢い先生、頼りになる」 「医療体制、医療従事者に国を挙げて支援してほしい。 長崎大学の山本太郎氏のインタビューでも指摘されていたように、やっぱりグローバリズムを見直さなきゃだめだよ。 世界的な人の移動の自由、ウイルスとの距離を近づけたのがグローバリズムなのだから。 」 あくまでも個人的意見ですが。 今回新型コロナウイルス 横浜市 感染者について取り上げました。 本当に沸騰中です。 これからも皆様よろしくお願いいたします。

次の

横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況 横浜市

コロナ 感染 者 横浜 市

この20代女性は3月26日に鼻水の症状が出た後に、味覚や嗅覚に異常があり、検査を受けたところ4月1日に「陽性」と判明したそうです。 その際に、この20代女性研修医が コロナ患者のいる感染症病棟には立ち入っていないことから「 院内で感染した可能性は考えづらい」とされていましたが、今回、また研修医の感染が確認されてしまいました。 4月1日の20代の女性研修医の 濃厚接触者として検査を受けた 同病院の20代男性研修医の感染が4月3日に確認され、他の濃厚接触者約50人は自宅待機としています。 ではなぜ濃厚接触者がここまで多くなってしまったのでしょうか? 【コロナ】横浜市研修医の感染経路・濃厚接触者は? 今回の横浜市市立市民病院の研修医で感染が広がった理由としては、カラオケと研修医の同期会での食事と考えられています。 【コロナ】横浜市研修医の感染経路・行動まとめ 3月25日 研修医5人で市内の カラオケ5~6時間 3月27日 感染者2名を含む 研修医20人での同期会 3月28日 研修医と 会食 3月29日 医師・看護師を含めた8人で 会食 3月30日 会食 コロナ感染患者からの感染ではないということで、研修医が外部から新型コロナウイルスを持ち込んだ形となってしまった今回の事例は、今後大きな問題となりそうです。 【コロナ】横浜市市立市民病院の場所はどこ?新病院で移転? 横浜駅の西口からバスで約15分ほどのところにある横浜市市立市民病院は、三ツ沢公園の横にあります。 市営地下鉄ブルーライン 「 三ツ沢上町」駅からは徒歩で12分と横浜市民の医療を支えている病院です。 1日1000人以上が訪れる大きな病院で、医師も200名を越え、病床数は650床あり、様々な診療科に分かれ、医療を提供しています。 また、この病院は 2020年5月に場所を移転し、新病院として新たな医療体制をとっていく矢先の今回のニュースでした。 移転先は現在の場所からいうと横浜駅側の三ツ沢公園側となり、バス停も病院ロータリー内の「三ツ沢総合グランド入口」となります。 立場も「研修医」ということで、医療の最前線にいる人たちがこのような行動をとったいたことに世間の声は驚きを隠せません。 医師のくせに医学の知識がないの? この時期に食事会とかカラオケとかあり得ない。 かなりの人数が戦線離脱なのに幹部は体制に支障はないとか言ってるし、なんなの、この危機感のなさ。 — まひろりろ mahiroriro 横浜市立市民病院で研修医がコロナって…昨日も行ったよ💦CTもエコーもやったよ💦飲食店って感染?勘弁してよ~ — makirin makirin27718945 まとめ 医療現場では休みなく、コロナ感染者の対応をしているため息抜きする時間も大切だとは思いますが、今回は研修医が新型コロナウイルスを持ち込んだということで、これ以上医療現場での負担を増やさないでほしいと願います。 また、今回の研修医のように危機感のない人たちが感染を広げていくニュースが増えないといいですね。 3つの密は避けつつ、手洗いうがいをしっかり行っていきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の