レペゼン ホルモン。 DJ社長のパワハラはネタでやらせ!?炎上商法ドッキリが話題に!

レペゼン地球&ジャスミン炎上商法で批判集中…マキシマム ザ ホルモンも巻き込んでキャリアを傷つける|おたぽる

レペゼン ホルモン

みなさん 「レペゼン地球」というグループを知ってますか? 彼らは最近世間をよく騒がしています(笑) 【ウィキペディアより引用】 ———————————————————————————— レペゼン地球(レペゼンちきゅう)は日本のアーティスト、 DJ集団。 ユーチューバーのグループとしてニュースになる事が多いが、本人らは度々それを否定している。 Youtubeでの活動を始めるまでは Twitterにおいて「テキーラを一気飲みする」等の動画をアップロードし注目を集めていた。 Youtubeにアップロードされた数々の過激な動画(排泄物や吐瀉物、陰部を露出する、放送禁止用語を連呼する等の行為が映っているもの)を原因に一度チャンネルを停止されるもその後更生し、再度チャンネルを作り直した。 結成当初から「ドームでのライブ」を目標に掲げていたが、 2019年 5月 1日にアップロードされた動画において 2019年 9月 7日と 8日にメットライフドーム(西武ドーム)でのワンマンライブ開催と、その準備期間として 3ヶ月間の活動休止を発表した。 その間メンバーの SNS更新や動画のアップロード、新曲発表は一切行われないが、公式 Twitterとファンクラブサイトのみ更新されている。 2019年 7月 20日に活動再開を発表した。 ———————————————————————————— 彼らは「広告」をほとんど打たずに メジャーなアーティストを超える認知度やファンを獲得しました。 ほとんど音楽の素人だった彼らがどのようにして成り上がっていったのか? 考察していきたいと思います。 始まりは「過激なコンテンツ発信」 レペゼン地球の代名詞といえば 「テキーラ一気飲み」 これは実はアーティスト Gacktさんのパロディで テキーラを一気に飲んでも平然としている超人さが話題になったネタです。 それをレペゼン地球の DJ社長は真似して Twitterに動画を投稿しました。 Gacktさんとの違いは DJ社長は飲み終わった後に盛大にリバースすることです(笑) その衝撃的な映像は Twitterとの相性がよく 一気にバズりました。 地上波では絶対に流せない過激な企画をネット上では称賛する声が増え始め 熱狂的なファンが増え始めます。 この頃から Twitter上ではフォロワー数が数十万に増え 俗に言う「インフルエンサー」になっていました。 AIDMAでいうとこんなサイクルが高速回転してた形ですね。 レペゼン地球が巧みだったのは 当初 DJ社長がバズってインフルエンサーになりました。 DJ社長は一言で言えば「学校で一番おもしろい人気者」みたいな 陽キャのカーストトップみたいな人物です。 ネット上で認知が高まったあたりから 一人、二人と動画に仲間が増えていきます。 そして、そのそれぞれのキャラクターが絶妙に個性的で DJ社長に引っ張られるようにそれぞれがファンを獲得していきます。 2019 年7 月25 日現在 各メンバーの Twitterのフォロワー数は下記のとおり DJ 社長 142 万 ふぉい 81万 銀大 73万 脇 65万 まる 69万 この数字がどのくらいすごいかというと 芸能人のフォロワー数と比較すると分かりやすいです。 ・イモトアヤコ 120万 ・香取慎吾 84万 ・千鳥ノブ 79万 ・小籔千豊 52万 ・神木隆之介 49万 ゴールデンでバンバンレギュラー持ってるような芸能人と同じくらいのフォロワーを 主要メンバー全員が抱えてることは 広告に必要な強力な「媒体」自体を持っていることになります。 レペゼン地球の広告力 先程の合計数百万のフォロワー(大分フォロワー同士かぶっているとは思うけど) プラスアルファで YouTubeのファンも凄まじい数です。 レペゼン地球は Twitterで人気が出た後、 当時ライト層にも急激に普及していった YouTubeへ展開させます。 そしてみるみると登録者数を増やし 現在公式チャンネルは 186万人(しかも一度 100万を越えた時にアカウントを運営から削除されています) もう一つの音源用のアカウントは 88万人 レペゼン地球はこうした巨大なネット上の広告力を自らの活動に活用しています。 彼らはあくまで「 DJ集団」と名乗っており 音楽で成功することを目標としています。 その目標のための手段として Twitter やYouTube を使っているわけです。 当初は YouTuberの収益源である動画内の広告や企業案件も受けずに運営しており おそらく数百万の利益を逃しています。 (現在は企業案件も結構してますが) 本来YouTubeに広告を掲載して稼ぐことがあたりまえと思っていた人にとっては YouTubeを広告として使うのは斬新な発想でした。 今までのアーティストはレコード会社に所蔵しプロデュースや宣伝活動費をかけてもらい CDやアイチューンなどの配信料などで収益を得る仕組みでしたが レペゼン地球の場合、曲をリリースした時に MVと楽曲をすぐに Twitterや YouTubeに公開します。 膨大なフォロワーとファンにより一気に拡散され再生回数がすぐに数十万~数百万に上がります。 一切広告費をかけずに認知拡大ができるわけです。 最近では TikTokからオファーがあり、チャンネルを開設しそちらでも中高生を中心にファンが拡大しています。 ここまで有名になると逆転現象が起きるから興味深いですね。 更にこうした活動による不特定多数のファンを LINE@に誘導し、 ライブへの動員へつなげています。 (その結果 Zeppダイバーシティ 2000人を 2分で完売させた) メジャーになってからのブランディングのむずかしさ その後レペゼン地球は幕張メッセで 15000人のライブを即完させ 2019年 9月にはメットドームで 35000人のライブを 2デイズで行う予定です。 もう完全にメジャーアーティストの仲間入りですね。 しかし、ここからがブランディングの難しいところです。 つい先日、レペゼン地球は大炎上しました。 概要はこうです。 所属する女性アーティストが DJ社長からのパワハラを告発し YouTubeに丸坊主にした DJ社長の謝罪動画をアップしました。 またたく間に拡散されアンチとファンが様々な意見を発信しました。 また有名 YouTuberも反応し沢山の動画がアップされました。 そして数日後、 所属アーティストが「パワハラは嘘で宣伝の一環でした!」とツイートし レペゼン地球のチャンネルで「パワハラザホルモン」という一覧の流れを茶化した MVが公開されました。 (この曲はマキシマムザホルモンのパロディで最後に本人達も登場しコラボしている) ドームライブ前の「攻めた広報活動」の一環だったのかもしれないが これが大炎上。 様々な所に飛び火し、マキシマムザホルモン含め、評価した有名人も多数巻き込まれました。 現在動画は削除され、正式に謝罪も行われました。 以前のアングラでマイナーな時であれば有効だった広報手段も 現在のメジャーな状況では倫理観の欠如した悪質な行為として広まってしまいます。 ちなみに、レペゼン地球はこの広報の一つ前に似たような広報を行っています。 この時は炎上しませんでしたが、正直あまりよい広報活動ではないなーと思いました。 いわゆるドッキリ系のコンテンツですが、テレビと違い数日を跨ぐドッキリは 拡散させた人に対して「間違った情報を拡散させて嘘をついてしまった」という負い目を与えることになります。 しかし、この動画は多くの再生数を稼ぎ おそらくライブの動員にもつながったため もっと過激な今回の広報へ進んだのだろうと思います。 実際、昔と比べると過激な動画はかなり減りました( You Tubeで削除されてしまうので) 今までのやり方を見ると DJ社長はかなりキレ者だと思うので 今回の失敗で今後の方向性をうまく調整してくるだろうなーと思います。 ただやっぱレペゼン地球の仕組み強いなと思ったのが これをテレビタレントがやらかしたら一瞬で干されると思うんですが 謝罪の数日後には毎日動画をアップしその全てが 200万回近く再生されているという事実ですね。 では!今日はこのへんで!.

次の

レペゼン地球&ジャスミン炎上商法で批判集中…マキシマムザホルモンも巻き込んでキャリアを傷つける本日、マキシマムザホルモンの公式SNSに謝罪告知が掲載された│エンがちょブログ

レペゼン ホルモン

皆さんこんにちは! がっちです! 生活カンニング部屋へようこそ!! 先日、 大炎上した DJ社長ですが 最新情報が入りました!! 結論から言いますと、 あのジャスミンゆまさんとの パワハラ問題は ネタということが 確定しました! いわゆる 炎上商法でした。 笑 そして動画内で、 新曲が流れ、これは ホルモンのパクリ?! という曲でした笑 今回はその• 歌詞 について書きます! それでは行きましょう! スポンサードリンク 新曲はマキシマムザホルモンのパクリ?! 冒頭で、過去の動画を振り返った時に それは始まります。 始まりのベースラインから ホルモンっぽいな?とおもったら めっちゃパクッテるやんー! と思ったら 動画最後に マキシマムザホルモンの メンバーも登場してました笑 曲の演奏もマキシマムザホルモンがされてるみたいですね! 笑 曲名に関してですが、 曲冒頭に パワハラザホルモンと表示がありますが これが曲名なのかは不明です! パワハラザホルモン レペゼンホルモンコラボ曲! 歌詞 新人入ってきたよって 売りたい売りたい売りたい売りたい だけど(そう!)俺らには(そう!) 売り出す(金がねぇ!! ) 広告費なんて(ない!) プロモーション費も(ない!) テレビやラジオに出演させられるコネも (ない!ない!) おっぱい出せばすぐ売れるよー? 〇ね 馬鹿な男たち食いつくよー? 〇ね お偉いさんに枕営業 〇ね してきて仕事とって来い 〇ね どうすればいい?! 混沌の闇 売るために どうすればいい?! どうすればいい?! 混沌の闇 たどり着く アンサーは 我々にはこの方法しかない 炎上! 炎上商法だ! 炎上商法だ! 簡単(かつ!)無料(かつ! )話題性あり! あれも! これも全部プロモーション! メディアは食いつき記事を書き 全国に配信してくれてる アンチは喜びそれを拡散 馬鹿みたいに広告のお手伝い! だけどファンには心配かけた (謝罪ヘドバン! ) すまんすまんすまん! すまんすまんすまん! すまんすまんすまん! 歌詞の1部ですが、ふざけてますねwいい意味で PVの女の子は? 女の子は、この炎上商法の主役ともいえる ジャスミンゆまさんです! ジャスミンゆまさんの紹介についてはこちらの記事から! 感激です!! というよりDJでも何でもない バンドになっちゃってますねw これからも一緒に曲を作っていってほしいです!

次の

レペゼン地球・DJ社長のパワハラ騒動は炎上プロモーション 今後の活動について動画で明かす|Real Sound|リアルサウンド テック

レペゼン ホルモン

所属タレントからパワハラの告発をされ、坊主姿での謝罪動画を公開したレぺゼン地球のDJ社長。 と思いきやその後、なんとその告発自体がメディアさえも巻き込んだドッキリだったことが、同日に公開された動画で判明した。 今回はそんなレぺゼン地球の「釣り動画」「炎上商法」に関し集まっている批判についてまとめていこう。 レぺゼンの「メディアを巻き込んだドッキリ」が大炎上中! そして今までありがとうございました。 という流れで、パワハラを報道した多数メディアさえも騙し巻き込むほどの、超大規模なドッキリを行ったレペゼン地球。 このドッキリの内容から現在DJ社長及びレぺゼン地球メンバー、そして新人のジャスミン、更には動画に出演したマキシマムザホルモンにまで批判が殺到するほどの炎上となっている。 一部ファン以外からはレぺゼン地球に対し批判が殺到 一部のファンや視聴者を除き現在も殺到する批判 予想的中したのでリプで便乗w DJ社長は昔からSNSマーケティングのプロだったのでそんな気はしてましたw — 斉藤 trusty499 今回の「釣り動画」に関して、一部のファンからは「おかえり」「待ってた」「さすがDJ社長」「これは最高」など、一風変わった方法でメディアをも巻き込んだドッキリで復帰をかましたDJ社長・レぺゼン地球に対して暖かい声や称賛の声が寄せられた。 また、今回の炎上商法を予想していたという声も何件か挙がっている。 しかし、今回の炎上騒動自体はもちろん、炎上商法に使ったのが「セクハラ」「パワハラ」という非常にデリケートな問題であることから、DJ社長や今回の企画で売り出された新人ジャスミンに対し現在も批判が寄せられることに。 金儲けのための嘘に若い女性を巻き込んだ。 彼女に対する世間の信頼を失わせた。 実際にセクハラパワハラに遭って困っている人たちを踏んだ。 その人たちの告発のハードルを高くした。 あまりに罪深い。 許せない。 — のび hanakazenaore さようなら。 さすがにドッキリとはいえ、とても気分が悪いです。 パワハラ・セクハラを受けたことのある身としては不快極まりないドッキリでした。 そしてデリケートな問題である「パワハラ」などを粗雑に扱ったせいで、もしこれから「パワハラが告発されたときにこういった例があると真実だと受け入れてもらえなくなるのでは」という不安・怒りが広がっている。 もはや「レぺゼンの炎上商法に賛同した人とは距離を置く」雰囲気に レペゼンの炎上プロモーション、今後セクハラパワハラが起きたときにプロモーションと捉えられるという前例作った時点で許せない。 釣り動画の演出・炎上商法に対し賛同した視聴者やファンは「これを面白いと思えるような感性の持ち主」だと判断されたうえで「ありえない」「賛同するのはおかしい」「信者すぎる」「称賛した人とは一線を置く」という批判も広まりつつあるようだ。 くつざわさん面白いって思ってたけどレぺゼンのやつ称賛してて一気に無理になってしまった — Yo Yoyoyooh2 もちろん有名YouTuberはほぼ今回の件に反応していないが、うっかり反応し賛同的なツイートをしてしまった某YouTuberが批判を浴び、謝罪ツイートを公開していたり。 もはやレぺゼン地球に対する公の反応は、批判しか許されない状態になっているようだ。

次の