桜井誠 日本第一党。 桜井誠 X 日本第一党

日本第一党の桜井誠って言ってることが支離滅裂なのですが、この方は大丈夫...

桜井誠 日本第一党

【日本第一党】桜井 誠プロフィール 引用: 生年月日 1972年2月15日 出身地 福岡県北九州市 最終学歴 福岡県立中間高等学校普通科卒 高校卒業後は地元でアルバイトをして生活していたが、自身が25歳の時に上京。 その後テレビの討論番組などに朝鮮問題に詳しいブロガーとして出演、関連書籍も多数出版しています。 2016年7月に行われた東京都知事選に無所属で立候補し114,000票を獲得。 同年8月に「日本第一党」を設立、党首を務めるほか政治活動家の肩書で活動しています。 この正統派日本第一主義(ジャパンファースト)を掲げ、日韓断交をいち早く訴えてきたことから「極右政治団体」と揶揄されることも。 外国への無償援助や円借款を見直し、国内の様々な政策の財源として活用 掛け金を払わない外国人に支給されている福祉給付金を廃止 朝鮮総連を解散し、朝鮮学校への補助金支給に断固反対 外国人留学生に対する奨学金制度を廃止 外国人技能実習生の受け入れ企業への助成金制度を廃止 消費税を廃止 所得税は現状の7段階から累進性を高め、更に多段階とする制度づくりへの取り組みをする 生活保護不正受給の根絶と現物支給への移行 子育て支援金として低利子で融資 多子出産した場合に借入金が漸減する制度づくり 子育て世代が格安公営住宅へ優先的に入居できるようにする 政治資金規正法及び関連法令を見直し、政治資金団体の不透明な資金の流れに対する罰則強化を目指すとともに、企業献金を禁止し財界と政界の癒着を防止 かなり具体的ですね。 同じく都知事選への出馬を表明している、立憲民主党推薦の宇都宮健児さんと真逆の考え方ということになりますね。 その他にも6月4日の会見では品型コロナウイルスの脅威に対して東京オリンピックを中止すべきだと主張してきた旨をおっしゃっていたので、当選されたらオリンピック開催を中止されるものと推測できます。 日本国民の皆さん目を覚ましてて下さい!この都知事選で桜井誠さんを都知事 にするには東京都民の皆さんの力が必要ですどうか日本のために桜井誠さんに清き一票を 桜井誠さんが掲げる公約です — 通りすがりのアニオタ n5pLOzMEfDcPpd6 賛否両論のコメントでTwitterが溢れていると思ったんですが、もともと桜井 誠さんを支持している人しか投稿していないようで肯定的な意見しかありませんでした。 逆に言うと、今回の桜井さんの出馬はあまり注目されていないのでしょうか。 2020年に出馬する小池 百合子知事の対抗馬として前回の選挙に出ているのは桜井 誠さんだけということと、11万票以上を獲得したことを踏まえると立候補者の中では有力候補に位置しているはずなんですけどね。

次の

虎ノ門ニュース「桜井誠を出演させないのは差別・ヘイト発言が原因」日本第一党桜井誠が番組に抗議・妨害

桜井誠 日本第一党

DHC・虎ノ門ニュース2020年6月24日 DHC虎ノ門ニュースにて「桜井誠を出演させないのは差別・ヘイト発言が原因」と明言しました。 また、日本第一党桜井誠が番組に抗議・妨害している様も映し出されました。 さらには上念氏運営のジムの営業妨害行為も予告していました。 虎ノ門ニュース「桜井誠を出演させないのは差別・ヘイト発言が原因」 虎ノ門ニュース番組アンカーの居島一平氏が「これまで当番組の方針といたしましては、(都知事選において)桜井誠候補の発言を取り上げることはありませんでした。 その理由といたしまして、桜井氏の過去の発言に関しまして明らかに問題があると考えているからです。 」と、虎ノ門ニュースの方針を説明、その後に桜井誠氏の過去のヘイトスピーチ・差別発言を紹介しました。 私も、これまで触れてきませんでしたが、これらは正真正銘のヘイトスピーチ・差別発言です。 私は前回の都知事選で桜井誠に投票したと、何度もTwitterで書いてきましたが、それはマスメディアが小池・増田・鳥越の3候補のみを重点的に報道していることに対するアンチテーゼでした。 逆に言えば、それ以上の意味はありません。 絶対に当選しないという予測も込みでした。 日本第一党桜井誠が番組に抗議・妨害した理由 日本第一党桜井誠が番組に抗議・妨害した理由として、上念司氏が「日韓断交と言ってるバカな右翼、だから右翼と言われる」と発言した事を挙げているようです。 しかし、虎ノ門ニュースの観覧者に対して圧力をかけている様は、選挙活動に名を借りた表現の自由の濫用行為にしか見えません。 在特会=桜井誠がヘイト規制法の立法事実を提供した にて、いわゆるヘイト規制法の立法過程が詳細に書かれていますが、 「立法事実」として在特会・桜井誠らによる在日韓国・朝鮮人らに対するヘイト・差別発言の事例が取り上げられてきたというのが分かります。 ここには「立法事実」の誤解もたぶんに介在しているのですが(事件が現実になければ立法事実は無い、というのは誤り)、結果として立法の必要性を提供することになったということは国会議事録等を見ても火を見るよりも明らかなわけです。 そして、大阪市や東京都、川崎市のヘイト規制条例の成立の布石にもなったわけです。 ただの害悪でしかないでしょう。 選挙活動に名を借りたヘイトスピーチの拡散を防ぐためにメディアは扱わない 私の記憶の限りですが、前回の都知事選の演説時には、本日の虎ノ門ニュースで紹介されたようなヘイト・差別発言は、選挙活動としては行っていなかったと思います。 ただ、他のメディアが扱わないのは、まさにその可能性を危惧しているから、と言われても仕方がないと思います。

次の

日本第一党に寄せられる期待の高まり

桜井誠 日本第一党

昨今、日本第一党の名前があちこちで聞かれるようになりました。 武漢肺炎が蔓延する我が国において、いち早く武漢肺炎の蔓延を予測し、その対策を採るように政府に迫ってきたわが党の活動が多くの人に認められたからに他なりません。 すでに1月の時点で、生放送などを通じて武漢肺炎の危険性を取り上げていましたが、街頭活動で聴衆に訴え始めたのは1月26日からでした。 その際に、桜井は「武漢肺炎を日本に持ち込ませないためにも支那人観光客の全員入国禁止を」と訴えたのですが、同じ日に都知事の小池百合子は「支那人観光客におもてなしが必要」とやっていたのです。 すでに武漢肺炎の情報が入っていたにも関わらずです。 その結果が、どうなったのかは今さら語るまでも無いでしょう。 それもこれも、異常なくらい危機意識が低下してしまっている我が国の実態なのです。 危機感のなくなってしまった我が国おいて世論調査の結果を見ると、政党支持率では自民党への支持も下がり、自民一強の状態が緩和されていることが分かります。 しかし、その批判票は野党に流れずに「支持政党なし」に流れているのです。 これは一体どう考えれば良いのでしょうか? 一言でいえば、自民党に政権与党としての役割は期待出来ないが、現実的に自民党以下の野党に政権を任せるのは嫌。 結局、他に任せられる政権が無いため、とにかく現状のままであって欲しい、と変革を嫌う日本人の本音の部分が見えてくるのではないでしょうか? これが海外の国々であるなら白黒はっきりつけるのでしょうが、こうした「あいまいさ」が我が国国民の民族的気質というものなのかも知れません。 しかし、それでも、今回の武漢肺炎の我が国における蔓延を引き起こしたのは、安倍晋三による致命的な判断ミス、保菌者の支那人を我が国に引き入れたことに尽きるものであり、そのことを理解した人たちが、少しずつですが「安倍離れ」を起こしているのです。 そして、その安倍離れが顕著に表れているのがネットということになります。 SNSなどをみると、安倍やめろの声が左右双方から沸き起こっているのです。 こうした中で、急激に勃興してきたのが「日本第一党」というキーワードです。 先述の通り、誰よりも早く武漢肺炎の危険性を訴えてきたことが知れ渡るにつれて、各所で「国家の非常事態には日本第一党のような果断速攻の政治が求められる」と評価されるようになってきました。 当然と言えば当然なのですが、国家存亡の危機に、悠長に事を構えていられる時間は無く、次々判断を下さなければならない場面があります。 その時に、その「決断」が出来るか否か? それが問われるのです。 そして、残念なことに、今のボンボン政治屋、学歴バカしかいない我が国の政界を見渡しても「決断」することが出来る者自体が存在しないというのが現状なのです。 その絶望的な日本の現状の中で、「決断」が出来るもしくは出来そうだと期待される日本第一党が多くの人の言の葉に乗っているのだと思うのです。 日本第一党だけが、国民の期待に応えられるものだと桜井は信じます。 利権なく、ただひたすら日本のため、日本を第一に考え、日本人の命を守る政党であり続ける日本第一党の真価が問われているのです。 日本第一党への応援を何卒宜しくお願いします。

次の