親父 に も ぶた れ た こと ない の に。 「親父にもぶたれたことないのに!」ガンダム芸人・若井おさむさんは家族に虐待されていた

「親父にもぶたれたことない」はウソ!? “毒親”に育てられた芸能人

親父 に も ぶた れ た こと ない の に

『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイのモノマネで突如ブレークした芸人・若井おさむ。 アニメキャラのモノマネというマニアックかつ朗らかな芸風は現在もお茶の間に愛され続けている。 その若井おさむであるが、テレビで絶対に見せることのない壮絶な過去があるという。 若井おさむは幼年の頃から母親や兄から虐待を受けていた。 20代前半には虐待に耐えかねて家出し、若井は小さな居酒屋を経営する。 ところが、若井が家出をした直後、唯一の味方であった父親が家族から目の敵にされてしまい暴力を受けはじめてしまう。 暴力に耐えかねた父親はそのことを若井に相談した直後、自らの命を絶ってしまう。 若井は父の葬儀で母を責めるが、母親の親族にも取り扱ってもらえず、さらには父親が出資した居酒屋も母と兄の元へと渡ってしまった。 大きなショックを受けた若井は、死に場所を探すため東南アジアへ旅に出る。 その時、たまたま知り合った日本人の女性から「日本では今ダウンタウンの松本人志さんが『伝説の教師』というドラマに主演している」と聞かされ、松本人志の大ファンであった若井はすぐさま帰国。 そして、たまたま観たエピソードが「自殺をするな」というメッセージの回であったためにテレビの前で号泣してしまう。 その後、しばらく東南アジアへ戻るが、旅中にお笑いの道を志し日本に帰国。 NSCに入学したという。 若井の得意とするアムロ・レイもその過去は暗い。 幼い頃に両親が離婚しアムロは父親の手で育てられる。 しかし父親は多忙でほとんど家に帰れず、孤独な少年時代を送っている。 若井おさむのアムロが妙にリアルに見えるのはその知られざる過去があったからこそなのかもしれない。 (文:ミドルサイズパンダ ミステリーニュースステーションATLAS編集部).

次の

「親父にもぶたれたことない」はウソ!? “毒親”に育てられた芸能人(2020年5月6日)|BIGLOBEニュース

親父 に も ぶた れ た こと ない の に

ガンダム見たことないけど、このセリフは知ってた。 昔のドラマやアニメには親にぶたれるシーンって結構あったんですよね。 私の小中学校の頃は教師も殴ったり蹴ったり当たり前にありましたしね。 私も小学校の時、濡れ衣で叩かれたことありました。 廊下で騒いでる子達がいた。 感情的になりやすい女教師ってのを信用できなくなった原因でもありますな。 時代は流れ、例えばだけど、学校で「お父さんやお母さんに叩かれたことある人〜」とかって手を揚げさせたら、逮捕されるかもしれない昨今。 そういう時代にならないことを祈りたいけど、今ってのは、親が自分の子を自分の思うようにしつけられない。 個の自由や権利を主張されるというのもあるけれど、子供は子どもであって、子供が親のものだって意識がない。 はっきり言ってほんとにない。 子供の個性を大事にするといえば聞こえはいいけど、親として非常に無責任でもある。 親の権利が薄れてきた分、幅を利かせてきたのが社会の制約。 親としての資格のあるなしを他人が決めてしまう。 子供を取り上げてしまうことだってある。 例えばの話、19歳で未婚で風俗とかだったら、アウトだったり。 もちろん、こういう親子の間の壁作りは日本だけで行われているわけではない。 1 3 1 1 4 3 1 2 3 3 1 10 15 13 11 9 4 3 7 8 5 3 5 4 6 13 7 4 3 4 4 3 2 7 2 5 4 5 1 1 1 4 3 2 1 4 2 3 2 1 3 3 2 4 3 3 1 6 5 6 2 3 6 5 5 5 10 12 10 11 7 18 18 21 15 9 13 18 15 24 15 16 19 14 15 19 20 14 16 15 13 18 17 17 11 15 21 18 9 15.

次の

「親父にもぶたれたことない」はウソ!? “毒親”に育てられた芸能人(2020年5月6日)|BIGLOBEニュース

親父 に も ぶた れ た こと ない の に

「殴ったね!二度もぶった。 親父にもぶたれた事ないのに!」アムロレイ名言 命令を拒否して出撃しないアムロに 業を煮やしたブライトは、 鉄拳制裁の挙にでます。 二度の殴打を受けたアムロが叫んだのでした。 親父にも・・・ということは? 自分の子供の頃を振り返ると、 公衆道徳や規則に反することをした時は 親や先生に殴られたものでした。 また、学校の部活動でもよく殴られました。 今なら体罰として問題にされるかもしれませんが、 当時は普通に行われていました。 (オリジンでは、 サイド7の軍施設を警備する 兵士に殴られていますが) このセリフから察するに、 アムロは他人と意見や行動で 衝突したことがないのでしょうし、 幼年時に同じ年頃の子と 取っ組み合いの喧嘩の経験も ないように思えます。 子供の頃は、 周囲の人とのぶつかり合いの経験を通じて、 世の中の仕組みや社会集団の中での 振舞いを覚えていくところがあります。 賛否両論あるところですが、 子供のバランスの良い成長のためには、 1~3歳までに保育園などで 集団生活をさせることがよい、 という意見があります。 人付き合いの仕方(友達のつくりかた)、 トイレや食事のマナーを学ぶことができ、 早くから自立した子供にできるというものです。 3歳児までに、というのは疑問を感じますが、 他人ばかりの集団に入る経験は 早めに体験しておいた方がよいと思います。 また、学生時代の寮生活の経験も 上下関係や周囲への配慮の仕方など 今にして思うと良い時間を過ごしたと思います。 二度もぶたれた!けど出撃します。 殴らねばならぬ状況を 作っているのはだれでしょう? それは、出撃を命じるブライトや リードら指揮官たちだけではなく、 アムロにも一因があります。 集団へ貢献するために出来ること、 それも 「アムロにしか出来ないことを拒否する」 態度を省みてほしいものです。 会社においても、 上司の指示を蔑ろにし、 ふて腐れた態度をとったりしたら、 別室に呼ばれて叱責されることは 間違いありません。 さらに、 考課にも悪影響を及ぼすでしょう。 上司の指示は、 集団の目標達成のために出されるものです。 合理的な根拠なく、 無闇に批判・拒否することはいけません。 劇中では、 アムロを殴った後の ブライトのフォローの一言が 光っていました。 相手への期待を雄弁に語っていて、 アムロを鼓舞する言葉となっていました。 現実世界でも適切な指導方法として、 指導する際には「期待すること」を 「明確に伝える」べきとされています。 命令拒否からの制裁行為を描いた シーンに見えますが、 人をやる気にさせる要素が 散りばめられていました。 この辺りが、ガンダムが 語られる理由なのでしょう。 スポンサーリンク まとめ 今回は アムロ・レイ名言 「殴ったね!二度もぶった。 親父にもぶたれた事ないのに!」とは についてお届けしました。 相手をやる気にさせる叱り方をしたいものですね。 ガンダムのようなアニメに関わる仕事に就きたい時はどうすればいいの? ガンダムのようなアニメションに関わる仕事がしたいのだけど。。 いったいどうすればいいのやら。。 というお悩みはないでしょうか? そういう場合は、それなりの専門知識が必要です。 じゃあ、その専門知識をどこで勉強して身につければいいの? ってなっちゃいますよね! そんな時は大阪アミューズメントメディア専門学校です! 夢を追いかけるとか、そんな熱い話とかダサい! という感じで取られがちな、ご時世ですが。。

次の