コブクロ国歌。 平原綾香の完璧な「国家独唱」が呼んだコブクロ小渕との“辛辣な比較”

コブクロ小渕健太郎の君が代国歌独唱が下手な理由は喉の病気?動画アリ|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

コブクロ国歌

視聴者からは『歌が下手になった?』という声が上がっていました。 続いて2020年3月13日放送のMステでもコブクロは生歌を披露しました。 この日の放送は、卒業の時期にちなんで『Mステが贈る卒業ソングSP』。 コブクロが披露した曲は『YELL~エール~』と『卒業』の2曲です。 ただ、ツイッターをみると『歌上手い』『歌下手になった』の両方の声があがっていて、どちらかというと『歌下手になった』という声の方が多く個人的にはショックです。 コブクロの歌が下手になったという声 個人的には気にならないのですが、昔の歌唱力と比較して『何かしらの違和感』を感じる視聴者は多いようです。 気のせいか昔より下手になってない?? — 徹耶 JYOOTETSU 下手というのは人の感じ方でそれぞれだと思いますが、今回のMステについていうと『ハモリが下手』『アレンジで誤魔化している』といった声が散見されました。 コブクロこんなハモリ下手だったっけ? — zakkitte(ざきって) zakkitte あれ コブクロの二人ともどっちも下手になってない? アレンジで誤魔化してる感じもするしー — すとあめあ ぼっち党員 stormer222 コブクロ2人とも下手になったよねぇ〜。 音程取れてないし声も出てない。 コブクロ歌下手になった?国歌斉唱のインパクトが強すぎた コブクロってこんな歌下手だったっけ…?MGCの国歌斉唱は偶然の事故じゃなかったのか — サキエル sakikukuri コブクロの歌唱力の低下は何年も前から噂されていて、今に始まったことではありません。 コブクロは2011年にいちど活動休止していますが、休止の2年前くらいから『あれ?歌が下手になった?』と心配する声はありました。 しかし最近になって特に『下手になった』と言われています。 その理由は2019年9月の小渕さんの国歌斉唱のインパクトが大きすぎたから。 このときの歌唱の印象が強烈に視聴者に焼き付いてしまい、その後の歌番組で毎度のように思い出されてしまっています。 コブクロみるとあの国歌斉唱思い出しちゃう — 勝志 KtsKatsushi コブクロ見ると国歌斉唱を思い出してしまう もうそのイメージしかない — hiroshi xxhiroshixxxx このときは、緊張してしまっただけだと思いますが… その後の歌唱にまでイメージが引きずられてしまうのは悲しい気持ちになりますね。 『発声時頸部ジストニア』とは、声を発する時に首周辺の筋肉が思い通りに収縮せず、うまく声が出せなくなる運動障害です。 小渕さんは、高音域を歌おうとすると首周りの筋肉が異常に硬直。 声が出しづらいという症状になり、約7ヶ月間の活動休止を余儀なくされました。 この発声時頸部ジストニアの病気以降、コブクロの体調不良や歌唱力の低下を心配する声はたしかにあります。 現代医学で根治は難しいとされていて、正直今もファンとして辛そうと思ってしまう瞬間もあるけど、それでも全力で届けようとしてる姿にまた心打たれてしまう。 — Takeuchi Daimon ksmg5296 小渕さんは根治が難しい難病をかかえ、つらい時期を過ごしたに違いありません。 コブクロのファンも辛い?無理せず歌い続けてほしい コブクロの全盛期を知っているファンほど『下手になった』と言われるのは辛いと思います。 僕も同感です 聴きたいけどやっぱりこの1回で下手だとか言われるとファンとして悲しいです。

次の

コブクロ小渕健太郎の国歌斉唱のキーが高すぎた理由は?緊張か病気か?

コブクロ国歌

9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ」で、音楽デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)が独唱した「君が代」が波紋を広げ続けている。 声が裏返っちゃったような超高音で歌う様子がネット上に拡散されたのだ。 何度も大舞台を経験してきたプロだが、そんなことが起きるのか。 しかし、ネットでは「笑っていけない」などとタイトル付けされて拡散されたのだ。 これにモノ申したのがギタリストの布袋寅泰(57)。 自身のインスタグラムで「一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」と擁護した。 これまでも国歌独唱でさまざまな歌手が批判にさらされてきた。 ある音楽関係者は「君が代は音域が広くて、実はとても難しい曲。 入り口を歌いやすいキーで入ってしまうと、後で高くなってしまい『あれ? 歌えないっ』となりがちです」とその難しさを語る。 プロのシンガーはどうみているのか。 実際、最後まで歌い切っていたし…。 国を背負って戦う尋常じゃない緊張感にいるアスリートを前に、特別な気持ちが生まれたんじゃないか。 いろいろな意見があると思うが、気にすることなく、歌い切ったことを誇りに、これからも活躍してほしい」とエール。

次の

コブクロ小渕健太郎の君が代国歌独唱が下手な理由は喉の病気?動画アリ|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

コブクロ国歌

事の発端は2019年9月15日(日)の東京オリンピック マラソン日本代表選手選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」のレース開始前に行われた、コブクロの小渕健太郎さんによる国歌 君が代 斉唱。 多くの人が聞き慣れた小渕健太郎さんの澄んだ歌声による国歌 君が代 斉唱。 これを期待して聞き始めたのですが…. 何か違う!! 多くの人がそんな違和感に襲われました。 明らかに、普段の声とは違うそのもののけ姫を連想させる高音ボイス。 しかも、終止苦しそうに歌い、所々で音程が外れる場面も・・・ そんな小渕健太郎さんの国歌 君が代 斉唱に「なんで裏声で歌おうと思った?」「小渕さん、なんでキーを上げて歌ったの?普段のキーで歌えば良かったのに」そんな声が多数・・・ 明らかに普段と違う歌声に普段の小渕さんの歌を知ってるファンは戸惑いを隠せない様子。 小梅太夫って言いたくなる気持ちはとてもわかる。 — はちゃ🍠🌰🎃 hachikyabe スポンサーリンク 本人が公言!小渕健太郎の国歌斉唱 君が代 が下手な理由は極度の緊張? 国歌斉唱後の小渕健太郎のインタビュー 今回の国家 君が代 斉唱の後に、小渕健太郎さんが自身のコブクロファンサイトの有料会員向けに50秒ほどのインタビューを撮っており、このインタビューの中で真相が語られています。 個人的にどうしてもこの真相が知りたかったので500円かけてコブクロのファンサイトに登録して真相を探ってみました 笑 そうすると…. 今回の小渕健太郎さんの国歌 君が代 斉唱にかける思いとともに、なぜ?このような歌い方をしたのか?そんな真相が見えてくるように思いました。 「限界に挑戦しようとチャレンジした」と語る小渕健太郎 思いが強すぎて緊張してしまいましたと苦笑いをする小渕健太郎さん。 そして、続けて 「僕も限界に挑戦しようかなということでチャレンジをしてみましたwwひっくり返りましたけども… 笑 」インタビューの中でこんなことを語ります。 つまり、選手に対する想いが強くなり、普通に君が代を歌おうと思えば歌えたけども、選手の気持ちになったら自分もいつも以上にパワフルに歌いたかった、しかしそれが緊張を引き起こしてしまい裏目に出てしまったということでしょう。 これが今回の小渕健太郎さんの国歌 君が代 斉唱が下手になってしまった原因だと思います。 「選手の皆さんが全員ベストを尽くせることを願って歌いました。 緊張し過ぎましたけども、一人一人がこの天候の中で走られることをイメージしていたら僕もちょっと胸が熱くなりまして…」 こんなことを語る小渕健太郎さん。 このインタビューでも常に口走っていた「緊張していた」というワード。 「緊張していた」というのはその場しのぎの言葉ではなく、インタビューを見ていても、どうやら心の底から本気でその言葉を発しているように感じました。 小渕健太郎の緊張の原因はMGCという大舞台にある? では、そもそもなぜ?小渕健太郎はここまで緊張していたのか? その原因は「マラソン・グランドチャンピオンシップ MGC 」という大舞台にあるのではないでしょうか。 オリンピックのマラソン日本代表の選考方法は2020年東京五輪のマラソン代表選考からガラリと変わりました。 これまで複数の選考会の結果から選出されていましたが、今回から「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で男女各2枠を一発勝負のレース選考で決定。 残り1枠は「MGCファイナルチャレンジ」として、男女各3大会の中から、2020年5月に発表の派遣設定記録を突破し、最も記録のいい選手が選ばれることになりますが、3分の2はこの1日に行われるレースのみで決まってしまうのです。 一生に一度あるかないかの「東京」でのオリンピック。 そしてそれに何年もかけて準備してきたものがこの1日で決まってしまう。 選手のこの大会に懸ける想いは並大抵のものではないでしょう。 まさに人生を懸けた戦いと言っても過言ではないのです。 そして、自身もマラソンの大会に何度も参加するほどの大のマラソン好き。 選手の気持ちというのは痛いほど理解しているはずでしょう。 小渕健太郎さんは、そんな大舞台で国歌 君が代 斉唱という大役を任されたことですから、気持ちが高ぶってしまうことは無理もありません。 今回の国歌 君が代 斉唱は小渕健太郎らしい失敗である まとめてみると・・・ ・一発勝負という大舞台選手に懸けるの気持ちを想像してたら自分も感情移入してしまい自らも極度の緊張で空回りしてしまった ・そして、自分も選手のようにチャレンジしたくなり普段やらない歌い方に挑戦してみた そんな「東京オリンピックの代表を決める一発勝負の選考会」という普段のライブとは違う大舞台の独特の雰囲気が一流のアーティストでもあのような普段の調子が狂う結果となってしまったというのが事の真相でしょう。 しかし、結果は失敗してしまいましたが、歌詞の一つ一つに歌に想いを込めて歌ういかにも小渕健太郎さんらしい失敗ではないでしょうか。 小渕健太郎さんも普通に歌おうと思えば歌えたはず。 しかし、「選手の気持ちを想像して歌う」今回の原因はそんな小渕健太郎さんのアーティスト魂が引き起こした失敗であり、その失敗は誇らしい失敗だと思います。 しかし、これほど場数踏んでても、ここまで緊張するものなんですね。 小渕健太郎さんの人間味が知れて個人的にはちょっと嬉しく思います。 そして、選手の立場に立っても、選手に感情移入し過ぎて、上手く歌う事すら出来なかった。 ここまで自分の立場を理解してくれているアーティストなんてめちゃくちゃ嬉しいのではないでしょうか。 歌が上手い人に普通に綺麗にサラッと終わられるより、こっちの方がよほど人間味があって良いと思います。 そんな小渕健太郎さん。 これからも、歌で多くの人を感動させていってもらいたいですね。 これからのご活躍も期待しています!.

次の