脳 梗塞 バイタル サイン。 看護を行うさいの、バイタルサイン測定の意義がわかりません援助を行うとき、バ...

「心房細動」は脳梗塞のサイン

脳 梗塞 バイタル サイン

脳疾患の代表的な疾患は、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の3つが代表的な脳血管障害です。 脳神経外科を理解していく上で、脳出血は避けて通れない疾患の一つです。 脳は一つの均質な塊としての臓器ではなく、大脳、中脳、小脳、橋、間脳、脳室、延髄などの多くの部分から構成されています。 各々の部分で異なった機能がある、とても複雑な形態をしています。 当ページでは、脳出血を発症してしまった患者様に対して、どのような治療方法があるのかを詳しく記載していきます。 また看護計画を立案し、看護過程を展開していくために必要な視点についても詳しく紹介していきます。 脳神経外科の経験がない、または経験が浅く自信がない方は特に、しっかりお読み頂き、確かな知識を得て日々の看護ケアに活かしてください。 1、脳出血とは 脳内の血管が何らかの原因で破れてしまい、脳の中で出血した状態をいいます。 脳には、大脳や小脳、脳幹など様々に分類されますが、出血部位によって意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が出現します。 血腫が大きくなると脳浮腫を起こし、頭蓋内圧が高まります。 脳ヘルニアを合併し脳幹部を圧迫すると、死に至ります。 脳出血による死亡数が以前より減少した理由は、高血圧の内科的な治療が行われ、血圧のコントロールをされている患者様が多くなったことが原因と考えられています。 脳出血といっても、出血する部位によって病状が異なり、大きく分けて5つに分類されます。 被殻は脳の中央部にあるため、運動や感覚、さらに言語や理解を司る高次機能もあります。 そのため、ここが出血により障害されると、身体が麻痺を起こし動かなくなる運動障害、感覚障害、各種の失語症などの症状が出現します。 出血が被殻の部分のみであれば、症状は軽度となりますが、出血が基底核部の内包にまであると、出血部位の反対側に麻痺や感覚障害が起こります。 視床とは、間脳の一部で運動や感覚を司る、神経の束がたくさん存在する場所になります。 そのため、運動障害だけではなく、感覚障害が強く現れる特徴があります。 出血が視床だけの場合には、症状はしびれを感じるのみの軽度となりますが、基底核部の内包にまで出血がおよんでしまうと、麻痺が起こります。 また脳室が近いことで、脳室内出血を起こすこともあります。 視床出血はしびれ、痛み、意識障害、片麻痺などの後遺症が残ることが多いとされています。 軽度の意識障害や痙攣などの症状が出現します。 症状が軽いことが多いため、予後が良好な場合が多いのが特徴です。 小脳は、四肢や体感の動きの調節や平衡機能、眼球運動の調節を行います。 したがって、これらが障害されてしまうと激しい後頭部痛、回転性めまい、嘔吐が続くなどの原因になります。 その後、起立・歩行障害、共同偏視、眼振などが出現します。 脳出血のタイプの中では、一番に予後が悪く発症してから短時間で意識障害を起こし昏睡状態になります。 その血とも呼ばれますが、脳の最も奥の部分にある脳幹の中の橋というから出血することです。 そのまま死亡することもよくあるため、迅速な対応が必要となります。 2、脳出血の原因 脳出血の一番の原因は、高血圧であることがわかっています。 脳出血を起こした患者様の約半数は、高血圧の治療を行っている方です。 血圧をコントロールすることが、最大の予防となります。 アルコールの過剰摂取をしている方も、血圧を上昇させてしまうためリスクが高まります。 また肝臓が悪い方は、血液を凝固する力が弱まるため、出血リスクを高めるともいわれています。 抗血栓薬を内服している患者様の場合は、血液を意図的に固まらないようにしているので、脳出血のリスクが高まります。 動脈硬化を患っている患者様の場合は、さらにリスクが高まります。 もろくなった血管が破裂して出血を起こすのが脳出血なので、高血圧+動脈硬化は非常に危険であることがわかります。 3、脳出血の症状 基本的には、意識障害や片麻痺、頭痛や嘔吐などが多くの患者様に見られます。 どこが出血しているのかが大事になり、血腫の大きさによっても症状の強さが違います。 出血部位毎に、出現しやすい症状を見ていきましょう。 さらに発見が遅れると意識障害が見られることもあります。 また失語症が見られることもあります。 視床出血の場合は、出血後に半身の強い痛みを伴うことがあります。 程度は中程度以内とされていますが、後遺症が残ることはあります。 歩行障害も見られることがあります。 脳幹出血は他の出血部位と違い、急激な意識障害など状態悪化をすることがあるため、予後は不良なことが多いです。 4、脳出血の治療 出血の起こった部位や原因となる疾患、大きさ、合併症の有無など全身状態によって、治療が異なります。 治療の基本となるのは、開頭手術をしない内科的な治療が主となります。 出血によって障害を受けた脳は元に戻ることができません。 そのため、脳への圧迫を緩和する、再出血の予防、脳浮腫を抑制し頭蓋内圧をコントロールする、合併症の治療を行うこととなります。 出血した部位や患者様の全身状態によっては、外科的手術を行う必要もあるので、その時の状況に大きく左右されます。 降圧剤は点滴を使用します。 脳出血の急性期は、脳の自動調節能が障害されているため、血圧がそのまま脳血流に影響してしまいます。 なので、過度に血圧を下げることは、予後を悪くします。 発症24時間以降は、基本的には内服薬に移行していきます。 脳浮腫の治療薬であるグリセロールの投与は、発症24時間以内では基本的には使用しません。 急激な脳圧低下は、再出血を助長する可能性があるためです。 脳出血の合併症として、全身状態悪化による肺炎や尿路感染症などが起こることもあるので、並行して治療を行う必要があります。 このような急性期を脱することができれば、早期にリハビリを開始します。 開始時期は、全身状態にもよりますが、比較的早い段階で開始します。 4-2、脳出血に対する外科的治療 血腫によって、生命に直結する脳幹が圧迫されている場合には、救命目的に血腫除去術が行われます。 しかし既に昏睡状態で、脳幹障害を起こしてから時間が経過している場合には、救命の可能性が低く手術の適応にはなりません。 また脳幹が直接出血している場合にも、手術の適応はありません。 手術方法は、全身麻酔下で開頭を行い血腫を除去する方法、局所麻酔下で穿頭し、血腫を吸引、ドレナージする方法があります。 発症直後の比較的大きな血腫の場合には開頭術を行います。 5、脳出血を患った患者様へのアセスメントのポイント では脳出血の看護を行う上で、アセスメントの視点を記載していきましょう。 出血部位によって、出現しやすい症状を十分に把握できているか• 急性期は生命の危機に直面していることを基本とし、血腫の増大、血腫周囲の脳浮腫による症状悪化に注意し、異常の早期発見を行う体制になっているか• 症状や全身状態から、合併症を予測できているか• 全身状態悪化に伴い、呼吸管理やバイタルサイン測定、酸素投与などを行っているか これらをアセスメントの基本とし、どこに看護ケアが必要な状態であるかを考えていくようにしましょう。 アセスメントの方法については、「」で詳しく説明しています。 5-1.脳出血を患った患者様の看護問題 次に看護問題ですが、急性期と慢性期によって看護問題が大きく異なります。 急性期の場合には、血圧のコントロール不良による再出血、血腫の増大、脳浮腫の拡大による全身状態の悪化などがあります。 異常の早期発見を行い、生命の危機を脱することが最大の目標となります。 したがって看護問題は、「血圧のコントロール不良による再出血のリスク状態」「頭蓋内圧亢進による血腫の増大に伴う生命の危機」このように立案することができます。 慢性期の場合には、高血圧のコントロールや内科的基礎疾患の治療、そしてリハビリが主となります。 後遺症によって看護問題は様々になりますが、一般的には「高血圧による再出血リスク状態」「運動・感覚障害による転倒リスク状態」「セルフケア不足による自立困難」、このように立案することができます。 急性期では、生命に関連する内容が主となります。 意識障害の有無と程度• 呼吸状態• バイタルサイン• 眼球の位置と瞳孔の異常• 運動麻痺の有無と程度• 排泄状態• IN・OUTバランス• 不穏な体動• 血圧管理(発症後まだ間もない場合には15~1時間毎に測定)• 呼吸管理(状況によって、エアウェイ挿入や気道確保、酸素吸入を行う)• 体温調節(腋窩やソケイ部にアイスノンなどを貼用し、クーリングを行う。 それでも解熱がなければ、医師の指示通りに解熱剤を投与する)• 意識がある場合には患者本人に病状説明• 家族に病状説明 続いて慢性期についてですが、ここではセルフケア不足やリハビリに向けての計画が主となります。 運動麻痺の有無と程度• ADLの状況• 関節の拘縮変形の有無• 日常生活行動である、移動洗面食事排泄、更衣の自立度• バイタルサイン• 関節の拘縮・変形予防のために、良肢位の保持・体位変換・リハビリを行う• ADLの援助(一部歩行介助や車椅子移乗介助など)• 良肢位の保持、体位変換、リハビリを行っていく必要性の説明を行う まとめ いかがでしたでしょうか。 脳梗塞の次に発症頻度が高い脳出血ですが、出血部位によって様々な症状の違いや予後について理解できたかと思います。 脳出血の一番の原因は血圧コントロール不良による影響が多いです。 そのため知識として、高血圧症の患者様は、脳出血のリスクがあると考えながら観察していくのも、一つポイントとなります。 さらに循環器内科の疾患を患い、動脈硬化を基礎疾患と持っている場合には要注意となることも理解できたかと思います。 脳出血を患っている患者様の看護は、まずは生命の危機を脱することができるように、異常の早期発見ができることが必要となります。 そこをクリアできて、初めて慢性期に移行し今後のことを考えていけるようになります。 当ページを参考にしていただき、脳出血を患った患者様が一人でも多く救命され、日々の看護ケアの質を高めていただければと思います。

次の

看護師が理解すべきバイタルサインの5つの項目!それ以外の重要な観察項目とは何??

脳 梗塞 バイタル サイン

初めまして!私は救命病棟、内科病棟で働いていた11年目の看護師です。 私自身も、勤務に行くと必ずバイタルサインは毎回測定していました。 毎回行っていると当たり前の業務になってしまいますよね。 でも、当たり前の業務だからこそ、それがすごく重要だということを忘れがちになるのだと思います。 バイタルサインは、 呼吸・脈拍・血圧・体温・意識の5項目を行います。 重症患者の場合ですと、いったん確認して安定している状態であっても、時間とともに変動することがあるため、状態が安定するまで繰り返し観察を行うことが必要です。 バイタルサイン:呼吸 呼吸は 呼吸数・深さ・リズムなどの呼吸様式と、 胸郭の動きの左右差を観察する必要があります。 呼吸数は、 健常成人の場合は1分間に14~20回が正常範囲とされています。 生理的な頻呼吸は、運動や興奮・疼痛・不安・発熱などのストレスによって起こります。 また、心不全やショックなどの循環器障害、肺炎などの呼吸器障害などによって病的呼吸が見られることもあります。 成人の場合、1分間に5回以下または30回以上であれば人工呼吸が必要となることが多いです。 呼吸様式の異常として、中枢神経の障害による特徴的なチェーンストークス呼吸や上気道の閉塞、呼吸不全の場合は吸気時に鎖骨上窩や肋間が陥凹する、鼻翼が開く、下顎を前後に振るなどの 努力様呼吸が見られます。 気管支喘息の発作時や慢性閉塞性肺疾患の患者は、仰臥位になると肺うっ血が増強し、横隔膜の動きが制限されるため、 起坐呼吸を行います。 また多発肋骨骨折に伴い、吸気に骨折部分が陥凹(かんおう)し、呼気時に外側に突出するような正常と逆の動きが見られることがあり、これを 奇異呼吸と言います。 バイタルサイン:脈拍 脈拍は、触知により間接的に心拍動が確認され、脈拍数、拍動の強さ、不整脈の有無を知ることができます。 また血圧計がないときには、体表から脈拍を触れることである程度の血圧を推測することができます。 心停止が疑われる患者の触診は、成人では総頚動脈に触れます。 健常成人の脈拍は1分間に60~100回となります。 しかし、運動・緊張・疼痛・発熱などのストレスにより生理的な頻脈が起こります。 また、出血・脱水・貧血・心不全・ショック・低酸素血症・甲状腺機能亢進症などの症状が出た際には、病的な頻脈が見られます。 1分間の脈拍が160回以上の著しい頻脈の原因のほとんどは心原性です。 徐脈は、頭蓋内圧亢進や甲状腺機能低下症、洞不全症候群などの徐脈性不整脈の際に見られます。 しかし、脈拍が1分間に40回以下になると脳虚血のため、意識消失をきたすこともあり、緊急ペーシングが必要になることもあります。 バイタルサイン:血圧 血圧は、心臓から拍出された血液が動脈の血管壁を内側から外側に圧迫する圧力です。 血圧の測定方法には聴診法と触診法がありますが、 一般的には聴診法により収縮期血圧と拡張期血圧を測定します。 ショックなどで著しい血圧低下をきたしている場合は、 ドップラー血流計を用いることで測定することができます。 脈圧は心拍出量の目安となります。 脈圧が30mmHg以下になると心拍出量低下または循環血流量の減少が考えられます。 平均血圧は70mmHg以下が持続すると、脳、心臓、腎臓に対する血液灌流が不十分であり、昇圧を含めた処置を行う必要があります。 バイタルサイン:体温 体温は腋窩での測定が主となり、 深部体温に対しては直腸温が一般的です。 その他に、膀胱、食道、脳内があります。 皮膚温は環境温度の変化を受けやすく、皮膚血流や発汗により大きく左右されます。 体温調節中枢が急性に障害されると中枢性過高熱が起きることがあります。 持続する高熱は脳酸素消費量を増大させ、不可逆性の神経障害をきたす原因となるため、放置してはいけないとされています。 バイタルサイン:意識 意識は、 意識レベルの評価により、呼吸・脈拍・血圧・体温の異常が最重要臓器である脳に対してどの程度影響を与えているかを知ることができます。 覚醒状態の判断には、ジャパンコーマスケール(Japan Coma Scale:JCS)もしくは、グラスゴーコーマスケール(Glasgow Coma Scale:GCS を用います。 多弁、不穏、見当識障害などのごく軽い意識障害の発現はショックや呼吸不全の前駆症状として出現することがあるので、その他のバイタルサインを確認することが重要です。 おわりに.

次の

リスク管理に重要!理学療法士がバイタルサインを測定する意義・目的とは?観察項目についても解説

脳 梗塞 バイタル サイン

こんにちは。 脳卒中ケアユニットに勤務する看護師です。 脳卒中ケアユニット(SCU)では、日々の看護に生かせるように、脳卒中ガイドラインを参照しながら、医師の指示を確認しています。 患者さんの病態によっては、バイタルサインの指示などが変更されますが、大きな基準としては、脳卒中ガイドラインに沿った指示が出ます。 質問者さんは、脳神経外科学会と記載されていましたが、脳卒中ガイドラインのことだと考えて回答させていただきます。 脳疾患によって推奨されるバイタルサインの値が変化するため、各疾患別にガイドラインを抜粋しています。 今回はすべてを網羅することは困難ですので、脳梗塞に絞った内容にしています。 ご了承ください。 もし興味があれば、2017年の改訂版が出ていますので参考にされたらと思います。 脳卒中全般の血圧について• 高血圧患者には、降圧療法を強く勧められる(グレードA)• 高血圧は、脳出血、脳梗塞ともに最大のリスクファクターである 高血圧と脳卒中の発症は正の相関関係にあり、血圧が上昇すると脳卒中になるリスクが高くなります。 そのため、血圧を下げる降圧療法は、脳卒中を予防する上でもかなり重要な治療法です。 脳梗塞の血圧について• 脳梗塞の再発予防では、降圧療法が推奨される• 両側内頚動脈狭窄症、主幹動脈閉塞事例では、過度の降圧に注意が必要である(グレードC1)• ラクナ梗塞等で抗血小板薬を投与中であれば、可能な限りより低い血圧が推奨される• 収縮期血圧160mmHg以上の場合、脳梗塞の発症リスクは3. 46倍、拡張期血圧が95mmHg以上では3. 18倍あるとされています。 体温について• 低体温療法は、脳梗塞急性期の治療方法として考慮しても良い(グレードC1)• 解熱剤を使用した平温療法は、脳梗塞急性期の治療方法として考慮しても良い(グレードC1) 低体温療法も解熱剤を使用した平温療法も、共に治療法としての有効性が十分に検証されていないものです。 しかし、患者さんの状況を鑑みると、発熱による脱水や体力の消耗などを考慮した上で使用しても良いと考えます。 酸素化について• 脳梗塞急性期患者に高圧酸素療法の効果は、十分な科学的根拠がない 高圧酸素療法を使用するまではないが、十分なSpO2をKeepすることは意味のあることだと考えます。 おわりに.

次の