こんばんは こんばんわ どちら。 「こんばんは」「こんばんわ」どっちが正解!?正しいのはコレっ!!

「こんばんは」「こんばんわ」どっちが正解!?正しいのはコレっ!!

こんばんは こんばんわ どちら

こんばんは。 和ホームの椎葉正四です。 さて、このブログを書く際に少し迷うことがあります。 それは・・・ 「こんばんは」と「こんばんわ」 の2つの表記です。 一見どちらも正しそうに思いますが、私としては、 小説や新聞等の表記で「こんばんは」と見受けてているので、 今日は「こんばんは」にしました。 しかし、たまに、「こんばんわ」の表記も見ることから 実は、このブログでも、両方を使っているのです。 そして、先日、ラジオを聞いているとまさに この話題に触れられていたのです。 「わ」の方が、何となく可愛い・・・という発言も ありましたが、私にもそれが何となくそう思えました。 さて、では、本当はどちらなのでしょうか? 早速、ここ最近ようやく慣れてきたスマホで調べて みました。 それで、答えは 「こんばんは」 だったのです。 しかも、きちんとした理由もあり、 「なるほど!」と 腑に落ちました。 まずは、文部科学省の見解です。 文科省が言えば、不動のものですよね。 私が、文科省のホームページを見たわけではないのですが、 それを調べた人のホームページに書かれていました。 すみません!自分でも文科省のページを見たのですが、 一体それがどこな記載されているかは全く 分かりませんでした。 そして、また、別の人(多分、国語学者さん?? )の説明としては、 「こんばんは」の由来を紹介していました。 つまり、 「こんばんは」というのは、ある文面が省略されたもので、 その文面とは、 「今晩は、お元気で・・」 という文面なのです。 昔の人の別れ際の挨拶は こうだったみたいです。 「ごきげんよう」という挨拶は、一昔前であれば 特に女性が頻繁に使っていた挨拶ですが、 これに近い挨拶の言葉のようですね。 この「今晩は」の「は」は、助詞と説明されています。 まあ、それは一目瞭然ですね。 となると、この「は」は、「わ」ではなく、 やはり、「は」が正しいということになります。 わたしたち日本人が使っている日本語は 外国人からすれば、相当難解な言葉であり、その理由としては、 英語をはじめ、イタリア語やフランス語、中国語 ロシア語、スペイン語・・・などと文法が異なります。 そして、さらに難解なのは、表記となれば、 「漢字」「ひらかな」「かたかな」が登場し、 さらに「和製英語」なるものが、日常の表記になっている ということだそうです。 「言葉」って面白くて、奥が深いものですね。 それにしても、日本語を器用につかいこなす日本人が 英語が苦手、不得意というのも皮肉なものですね。 さて、今日も「日本語」を駆使して、仕事がんばります!.

次の

今では間違い。「こんにちわ」「こんばんわ」と書く世代がいる訳

こんばんは こんばんわ どちら

昔のかき氷の修理頼まれてて、構造の荒さと作りの雑さ、品質の悪さに腹立ってて勢いで書いたので、後で見直したら「口悪すぎ」と思って消しました。 下書き残ってたのでコピーしておきます。 ************************************ まず移動しようと持つと「重い!」。 全然動かない、腰いわす!、いったい何キロあるんだ!計測してみました。 4kg、僕の自転車の倍あるやん! 去年このかき氷機で1周年開所パーティやったけど「氷がぜんぜん削れず」手に豆できるし、肩こるし、筋肉痛なるし、昔の人はこんな力仕事してたんだ・・・・ちゃうやろ!メンテやってないからやろ。 今年はもうこれ使わず僕のかき氷機で太陽光発電でやろと提案したんですが却下、その代わりに、このかき氷機で氷り削れるようにしろと「命令」、一番やりたくないシナリオ。 こういう昔の機械って常日頃の手入れが大事で、手入れサボってるのは大抵とんでもなくぶっ壊れてるので「触らぬ神にたたりなし」、触ったらたたる! まず刃を分解、「かけてる!刃がこぼれ落ちてる」、これ刃の目立てからせなあかんやん、こんなん研ぎたくない。 こういう昔の機械って明治の頭の悪いおっさんが設計しているので、新しいものとか一切考えず、どこでも転がってるようなものを組み合わせて作ってます。 この刃も「カンナの刃」と同じ、鰹節削るのもカンナ!昔のおっさんは「削る」というとカンナしか思い浮かばなかったらしい、かき氷=削る=カンナ!ということで研ぐのはカンナと同じ片刃研ぎ、しかし材質がなまくらで、いくら研いでも「切れない」百均の包丁より悪いなあ。 カンナの刃なら焼き入ってるけど、これ焼き入ってないし鉄悪すぎ。 包丁の10倍時間かけて研いだけど「満足いく結果にはならない」、これ研ぎ終わる前に砥石なくなるみたいな状況。 もうええわ、あきらめた。 やっぱむかしのかき氷機は「このレベル」21世紀の僕が使ってる「フワフワかき氷には遠く及ばん、同じにしようと考えたのが間違いだった」 ということで刃の研ぎは終了。 それを取り付け、各部のねじが全く動かない、油が固まってるし埃とゴミがねじに固まってるし、昔のあほな機械はメンテさぼるとすぐこの状態になります。 「頑固一徹、テコでも動かん」モード。 ねじ外して分解掃除、ここで+3のねじ使ってるの発見、しかもところどころ+2のねじ、この一貫性のなさと+3のねじ使うところが、昔のアホ設計士のスキルが一目瞭然。 +3の一部、頭ねじ山飛んでるし、これ無理に回すとやばい、まあここまでやらなくてもいいでしょ。 だいたい可動するようにして終了。 実験だ!タッパーでテスト用に四角の氷を昨日から作ってある、これ使って実験。 まず押さえの力の実験、上からねじ締めて押す、パリーン、テスト用四角の氷りが割れて飛び散る!押さえ強すぎ。 氷がなくなった!終わった、でも割れた氷、大きな破片、これ使ってやろ。 実験続行。 ガリガリガリ、ばっちり削れました。 ふわふわ氷りには無理ですが明治時代のかき氷レベルならOK。 完 奈良時代にもかき氷があって、それは本当に氷をカンナで削って作ってたらしい。 フワフワかき氷は台湾で流行っていて、凍らせる時にチョコ混ぜたり、いろいろ混ぜて作ると、その氷を削るとクリーム状になったりします。 かき氷機側で出来ることより、原料の氷を細工することで出来ることの方が応用広くておもしろいです。 かき氷のみつは化学物質が入っているのが多くて自作した方がましですが、僕の今のお気に入りはカルピス+コンデンスミルク。 比較的に添加物が少なく自然な味です。 自転車で暑い中を死にそうになって走っていると、くそぉ絶対帰ったらすぐにかき氷食べてやる!(これだけがモチベーション)かき氷にはまってからアイスクリーム食べなくなりました。 ということは、道場長のはこっち? これなら水だけの氷じゃなくても作れるみたいです。 うちのは水だけの氷じゃないとダメって書いてました。 基本何味でも味は全部同じで、色と香りが違うだけって聞いたことがあります。 かき氷機かった当初は、自家製ジャムをシロップ作って薄めて粒を細かく砕いたものを作ったのですが次男がフルーツ嫌いなため不評でやめました。 色々やってグリーンティ 宇治清水 の粉末をかけてみたことがありますが、想像と違って粉末感満載で大失敗。 個人的には練乳が一番おいしいと思います(フワフワ感を損ねにくいし)。 温度上げてやるんですよね。 そうすれば普通のカキ氷機でもふわふわに作れるとか。 ただ、前述のカキ氷機は冷凍庫から出してすぐに作ってくださいとか、混ぜ物せずに水だけで氷作ってくださいとか説明書に書いてあります。 冷凍庫から出してすぐでもふわふわのカキ氷作れますが、連続運転時間に制限があるため極限まで細かく削ると家族4人分作るのが厳しくなります。 以前、町内会のイベントでカキ氷機を借りてやったときは、 ・業務用のカキ氷機 ・業者の氷で純度が高い ・氷自体の温度が上がってやわらかい と、条件が良かったのでまあまあふわっと仕上がりました。 ガッテンにある1「割砂糖を加えて凍らせた氷」の補足 息子の自由研究で氷の実験をやったのですが、糖分や塩分を入れるとより低い温度で溶けてしまいます。 変わりに0度以下の低温をキープ) 結果溶けやすい氷になるのですが、代わりにやわらかい氷になって普通のカキ氷機でもふわふわに出来るのでしょうね。 対策としてゼラチンなどで一度ゼリーにしてから凍らせると良いかも知れません。 フロント側の3本を交換。 壁にビス止め。 システムのグレードアップを考えて 壁のSP取付部には大きめの補強合板を仕込んでいます。 旧のSPを取り外しコードを切り離します。 新規のSP取説を見ながら壁掛け金具の寸法を壁に転写。 3個が同じ高さになるように 天井から35mmに決定。 金具のネジピッチは26mmです。 差金を使って十文字の線を引きます。 木ねじは4x20mm程度(うちの在庫品) 先にキリや2mm程度でビス誘導の穴を開けると楽です。 再利用のSPコードはどちらかが黒印刷されているので SPの赤、黒端子の内、黒にネジ止めします。 音声信号はAC(交流)なのでプラスマイナスはありませんが 信号には位相があって、 極端な場合音を打ち消しえって聞こえなくなるかも? (まあ、部屋の反響が様々なので極端な話) SPを複数個設置する場合は注意。 5.9kgの木製で小天板と中天板が付属しています。 中古で1万円前後で取引されているようです。 暖色系の柔らかな音質で、このままでも問題なく使えるレベルです。 本来使用していた場所に戻すために、新たなスピーカースタンドを購入しました。 タオック WST-C60HBです。 決め手は、付属のインシュレーターのフエルトでした。 発売から相当経過しています。 わずかにマイナーチェンジされていますが、コンセプトが素晴らしいのでしょう殆ど変わらずに発売され続けています。 ヨドバシカメラでの購入ですが、コンスタントに売れているようです。 18日にメーカーから発送された物が1台だけ在庫が有りまして、8月25日に到着しました。 入荷待ちの2台目が、今日到着しました。 程よい締まりが出てきたようです。 締まってきますので、細かな音が見えてきます。 好みの領域ですので、どっちも有りですね。 モニタースピーカーの側面を引き出すEXCLUSIVE M5との相性は、相変わらず素晴らしいですね。 小型モニタースピーカーから入られたら、このままで十分と感じられるでしょう。 それだけ説得力があります。 弦楽器とボーカルには、独特の美味しさがあるようです。 ジャズになると、シンバルの重さ・堅さ・厚みが出ないのはスタンドを変えても変化は有りませんでした。 軽くてさらさらしています。 JBLマルチでは、この当たりはしっかり再現されます。 聞きやすいツイーターで耳に突き刺さる高音は出ないのですが、この点は残念です。 バスドラ・ウッドベース・ピアノの低域端がやはり甘いです。 普通に聴けば、16.5cmのウーハーは十分なのですが、まじめに聞きに行くと物足りません。 JBLマルチのウーハーのように、雄々しい凄みを見せながら弾力も持った弾む低音、沈み込まず浮遊する低域端の佇は、どうしても必要と思います。 これも知らなければ、知らないで済む話で、超個人的な欲求に違い有りません。 高価な上位機種のユーザーが多いことに、納得できますね。 ですが、私の趣味嗜好とはかけ離れた世界になっていると思います。 M4aは、ジャズには凄く合いますね! 分析的に音を聞かせるのではなく、音楽が聞こえてきて、楽しいです。 必要な部分は過不足なく流れてきて、素晴らしいエネルギーバランスです。 音楽を聴くには、これで何一つ必要ありません! 東京ジャズをエフエム放送で聞いていましたが、とても生々しく眼前で演奏をしていて、鮮明で何一つ混濁感も感じられないハイスペックで感動的なステージでした。 高域は、15khzでていれば十分であると再確認しました! ハイレゾに引っ張られている今時の風潮は、大事なものを忘れている気がしてなりません!!! M4aの方のセッティングは、完璧のようです。 普通は、これで十分。 ですが、JBLマルチで聞きたくなります。 (笑) ステージのでき方・実像感・厚み・重さ・押し出し感・力強さ・訴えてくる何か・浮遊感・感動・等々オーディ的視点からすると、CDM1では物足りないことは事実ですから。 CDM1を鳴らすM5の方は、追い込みが必要です。 大型スピーカーシステムを駆動するのに適したアンプで、生真面にスピーカーを駆動しますから、小型スピーカーの荒をそのまま出てしまっています。 手綱を緩めてやる必要があるようです。 鳴り方のバランスが大きく変貌を遂げ、スイートスポットに入りました! 柔らかでつやの乗った落ち着いたステージです。 シンバルは、金属の音が主体となり、軽くさらさらした以前の音ではありません。 低域端の空振りが際立った荒もどこかに姿を消し、豊かでふくよかな大型の安定した低音が支配的になりました。 モニター調を薄くして、音楽性を取り戻したかのような変化です。 落としどころのようです。 音楽に入っていけます。 切れのある楽しいノリノリのジャズを聴かせるM4a 情感たっぷりに歌い、心に安らぎと豊かさを与えてくれるM5 両者違った持ち味が、存分に発揮できる調整が実現できたようです。 他の団子バチやアシナガバチなどはそれほど驚異には感じませんが スズメバチは別格。 いつも家屋の側に巣を作る「黄色スズメバチ」の様です。 嫁さんが巣の側まで草を刈っていて発見。 一斉に飛び出してきて「死ぬかと思った!」でした。 麦わら帽子に防虫ネット付きを被っていて「助かった!」。 早速「ハチ撃退バズーカ?」を買ってきて実行。 近寄らなくても5mの距離からピンポイント噴射できるらしい???。 (使用感は?届いてもピンポイントでは無いか?) 1本使い切りして、1時間後様子を見ますが・・・ 全滅はしていません。 もう一本別のタイプを買ってくるか? まあ、殺虫剤の説明書きでも「スズメバチは専門家に任せてください!」ですって。 家の近くに巣を作らなければ?お互いに干渉せず・・・なんですけど。 山の中などでは巣の近くをパトロール・スズメバチが飛んでいて 「これ以上近づくな!」的な雰囲気を感じるので 「はいはい退散します」ですけど・・・。 作業していると集中しているので気が付かず大惨事?。 備考: バグちゃんでなくても原付2種以上ならウェルカムです。 渋川伊香保インター〜道の駅こもちの給油所は2ヵ所 浅間酒造観光センターも給油所があります。 解散後について 高速使用組とR17使用組の方 R145〜県道35号 日陰街道 使用でR17号出て 高速乗る方は渋川伊香保インター 約1時間 タフガイな方は R145〜郷原信号右折で裏榛名〜表榛名 R406使用組の方は R145〜郷原信号右折で県道58号〜R406 軽食や水分などの補給物資は 集合場所か集合前の休憩で確保するのをお勧めします。 開催まで1ヶ月を切りましたので 現在の状況を報告します。 現時点の参加表明メンバー スツーカさん offさん からんさん 親父さん チームエスティ 集合場所 道の駅のこもちの別駐車場 道の駅こもち交差点を矢印に曲がり すぐ右側の駐車場になります 開催の判断 9月1日 土 16時のウェザーニュースのアプリ 補助tenki. jp で判断します。 当日を楽しみにしております。 このルートは前にゆっくりした車両がない限り良いペースで行けます。 四万川ダム〜暮坂峠〜野反湖休憩舎 写真で封鎖場所あったが70分でナビ調べ通り 路面は悪くないが 何故か悪のグルーピング加工なし 道幅、トラップ多数 葉っぱ、砂、枝 を考慮してスローペース要。 野反湖休憩舎〜浅間酒造酒造観光センター 解散地点 野反湖の下りは上りよりトラップ多数なのでスローペース要。 以前と比較し道開通の変化が激しく戸惑ったが 40分でナビ調べ通り。 久々だったが試食コーナー、試飲コーナー こちらは我慢 笑 、スナック売場も充実してるので 時間が取れる方はかなり楽しめるかと思います。 備考:道路案内表示が充実してるのでナビを補助程度にしても野反湖までは迷いにくいと思われます。 この度、千葉県銚子市本社にある工場見学センター売店のリニューアルにともない、夏休みの工場見学のお客様に一層喜んでいただけるよう、ヤマサのしょうゆを使用した『しょうゆソフトクリーム』の販売を始めました。 普段、食卓で使用しているヤマサのしょうゆをソフトクリームで味わってもらうことで、日本の伝統調味料であるしょうゆをより身近に感じていただきたいと思います。 家族連れや友人同士で、建設中の八ツ場ダムを眺めながら展望施設「やんば見放台」や不動の滝など観光名所を周遊できるのが魅力となっている=写真。 来年度の同ダム完成予定に備えた周遊観光策の一つで、26日までの社会実験として実施している。 担当者によると、開始した7月21日からの2週間で約百人の利用があった。

次の

こんにちはとこんにちわ正しいのはどっち?あなたは大丈夫?

こんばんは こんばんわ どちら

誤字等の館:こんばんわ 2004. 25 誤字等No. 日常的に使われていて、なおかつ間違いの多い、「挨拶の言葉」の登場です。 最初は「 こんにちわ」を話題にしようと思っていたのですが、「」という素晴らしいサイトがありましたので、そちらに譲ります。 その代わりに、誤字等の館では同類である「 こんばんわ」を表題にしてみることにしました。 検索結果の件数を比べてみると、わずかですが「 こんばんわ」の方が多いです。 「 こんにちは」は「 は」で、「 こんばんわ」は「 わ」だと思い込んでいる人までいました。 冷静に考えることさえできれば、「そんなわけない」と気づいてもよさそうなものですが… この結果は、少し意外でした。 「 こんばんは」より「 こんにちは」の方が一般的な「挨拶」として使われている以上、誤字も「 こんちにわ」の方が多いと思っていたのですが。 当然ながら、正解である「 こんにちは」の件数は「 こんばんは」よりも圧倒的に多いです。 つまり、「 こんばんは」の方が「誤字率」がずっと高いことになります。 なぜ、「 こんばんわ」の方が多いのでしょう。 検索結果には、掲示板の類への書き込みと見られるものが非常に目立ちます。 こういった書き込みをする人は、「夜型人間」が多いのかもしれません。 書き込みをしている時点が夜であれば、「 こんばんは」という挨拶を使いたくなるもなるでしょう。 こういった書き込みは一般的に、「正式な文章」など要求されてはいません。 そんな場面だからこそ、誤字が出現する確率が高くなる要因もありそうです。 あるいは、「挨拶」として「 こんにちは」よりも一般的でない分、誤字かそうでないかと考える意識も「 こんばんは」の方が薄いとも考えられます。 「 こんにちわ」は誤字として訂正された記憶があっても、「 こんばんわ」を訂正された記憶がない。 だから「 こんばんわ」で正しい、といったところでしょうか。 改めて言うまでもなく、「 こんにちわ」「 こんばんわ」は、ともに誤字です。 「 こんにちは」「 こんばんは」の「 は」は「助詞」、いわゆる「 てにをは」の「 は」であり、「これは」「私は」などの「 は」と同じです。 「 今日は」「 今晩は」の後に続く、「良いお天気ですね」などが省略された形の挨拶ですから、「 わ」になることはありません。 そのような起源を意識することなく単体で「挨拶の言葉」とする使い方しか知らないため、発音通りに「 わ」と表記してしまう人が多いのでしょう。 「 てにをは」の表記を間違えるということは、小学生が作文で「ぼくわ、」と書き始めるのと同等と言えます。 「ぼくわ、学校え行って、べんきょうおします。 」 こんな文章を見たら、「もっとちゃんと勉強しなさい」と応援したくなりませんか? これと同じレベルだと言われても、「 こんばんわ」という挨拶を使い続けることができるでしょうか。 「 こんにちわ」も「 こんばんわ」も、それを使う人にはいくつかのパターンがあります。 まずは、それが誤字であることに気付いていない人。 きっと、小学校の「国語の時間」が嫌いだったのでしょう。 読書の習慣も持ち合わせていないと思われます。 言葉を「聞く」ことは多くても「読む」ことは少ないという生活であれば、誤字を意識することもなくなります。 このような人がそのまま社会人になってしまったら、かなりの苦労を強いられることが予想されます。 しかし、少しだけ意識を変えることで急成長が見込めるのもこういった人たちです。 親身になって間違いを指摘してくれる仲間にめぐり会えるかどうか、その人の言葉に謙虚に耳を傾けることができるかどうかが分かれ目です。 次に、「 こんばんは」と「 こんばんわ」のどちらが正しいのか、自信のない人。 小学校で習ったような気はするのだが、本当はどうだったか確信が持てないというパターンです。 辞書で調べればすぐに分かるはずなのに、それを「面倒」だと思ってしまうのでしょうか。 いつまでも気にし続けるのは、精神衛生上も良くありません。 もう少し、疑問を自ら解決する「行動力」を身に付けた方が良さそうです。 そして、「どっちでもいい」と思っている人。 言葉に対する思い入れがなく、「正しい言葉」という概念に関心がありません。 権威に逆らうことで自己を表現しようとする若者にも、多く見られる特徴です。 適当な話題を、適当な言葉遣いで繰り広げる人たち。 そのような環境では、誤字を誤字として認識する機会自体がありません。 精神的に成熟して人生観が変わるまで、このような人たちの誤字はなくならないことでしょう。 最後に、「分かっていて使う」人たち。 堅苦しい文章を嫌い、あえて誤字を使うことで文章全体の雰囲気を変えようとします。 正式な文章か、そうでないかで「使い分け」もすることでしょう。 誤字によって、「親しみやすさ」などが演出されると考えているのでしょうか。 しかし私には、そんな中途半端な主張で何かが言えるとは思えません。 前述のように、「 こんにちわ」「 こんばんわ」は「 てにをは」の間違いです。 通常の「 てにをは」まで上記の小学生のような書き方をするのであれば徹底していますが、そこまで思い切った人はなかなかいません。 なお、補足ですが、「点字」で「は」を「わ」と表記するといったケースは除外します。 それは正しいルールに基づく表記であり、誤字ではありませんので、「誤字と分かっていて使う」パターンにはあてはまりません。 挨拶の言葉は、その国の文化です。 日本語を母語とする日本人なら、挨拶の言葉くらい正しく覚えて欲しいと願うのは、贅沢でしょうか。 [実例]• はじめまして、こんばんわ!• 朝は「おはよう」、昼は「こんにちわ」、夜は「こんばんわ」、「お休み」。 日本語で挨拶と いうと、おはよう こんにちわ こんばんわと朝昼晩で違って きます 日本人とは、かくも「平仮名の間違い」に弱いのでしょうか。 このような「平仮名の間違い」が原因と思われる誤字等の品種を、「 平誤科(ひらごか)」と命名しました。 [亜種] 今晩わ:4,110件 コンバンワ:16,400件 こんにちわ:213,000件 今日わ:5,970件 コンニチワ:18,500件.

次の