かみそり まけ。 カミソリ負けを英語ではナントいうのか?SHAVED HEADから学ぶ

毛瘡(かみそりまけ)(もうそうかみそりまけ)とは

かみそり まけ

[どんな病気か] ひげの生えた部分、とくに鼻の下や頤(おとがい)(下顎(したあご))の毛孔(もうこう)が化膿(かのう)する病気です。 [原因] 黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)、表皮(ひょうひ)ブドウ球菌の感染です。 毛孔の浅い部分が化膿したものと、深い部分まで化膿が進んだものとが混在します。 [症状] 初めは、ひげの根本の毛孔のところに紅(あか)いぶつぶつ、またはその先端に白く膿(うみ)をもったぶつぶつがまばらにできます。 しだいに数が増え、隣り合うものが融合したりして深い病巣となり、大きさも小豆(あずき)大、大豆(だいず)大、ソラマメ大と大きくなり、より集まって、さらに大きなかたまりになることもあります。 軽い痛みがあります。 口ひげやあごひげの生えたところによくみられますが、頬(ほお)ひげのあたりまで広がることもあります。 白癬菌(はくせんきん)(みずむし、たむしの菌)が感染して同じような症状がおこることがありますが、その場合は発疹(ほっしん)が片側にかたよりやすいものです。 [治療] 抗生物質の内服から開始します。 症状が改善して、小さなぶつぶつが出たり消えたりする状態になれば、抗生物質の塗り薬にかえます。 ただし、慢性化することもかなりあります。 白癬菌の感染による慢性化の場合は、白癬菌に有効な抗真菌薬(こうやく)を内服します。 日常生活の注意としては、症状が激しいときには、ひげ剃(そ)りは行なわず、ハサミでひげを切るようにします。 顔はぬるま湯で、石けんを使ってやさしく洗います。 [予防] 石けんを使い、朝夕ていねいに顔を洗いましょう。 ひげ剃りは電気カミソリ、それも水洗いができるものを使うようにします。 むやみに深剃りしないように気をつけます。 出典 家庭医学館について.

次の

毛のう炎(毛包炎)

かみそり まけ

カミソリ負けは、カミソリによって傷ついた皮膚から細菌が入りこむことによって起こります。 一般的な症状は以下の通りです。 ・皮膚が赤くなる ・かゆみ、ヒリヒリした感じがある ・赤いニキビのようなブツブツができる カミソリ負けは、男性がひげを剃ったときに起こりやすい症状です。 そのため、あごやほほ、鼻の周辺などによくみられます。 女性の方は、ムダ毛の処理の時に切れの悪いカミソリを使用すると、カミソリ負けになりやすいため注意が必要です。 女性の場合は、カミソリ負けを起こしにくい電動のムダ毛処理機器を使用するのもひとつの手です。 病院を受診する目安 かみそりまけは軽度の皮膚症状のため、通常であれば病院に行かずとも治療が可能です。 しかし、カミソリや髭剃りの道具を変えたり、市販薬を使って症状が良くなっても、短期間に何度もカミソリ負けを繰り返してしまう場合は、一度皮膚科を受診しましょう。 また、カミソリ負けだと思っていても、別の病気であることがまれにあります。 以下の症状をともなう場合は、医師に相談しましょう。 ・発熱、だるさがある ・カミソリを使わないところまで症状が広がる ・水疱ができピリピリ、チクチクする ・吐き気や嘔吐がある また、化膿すると患部に膿がたまったり、膿が出て来きたりします。 化膿が広範囲にある・痛み強い場合も、早めに医師の診察を受けて薬を処方してもらいましょう。 カミソリ負けにステロイドが短期的に処方されることはあります。 ステロイドは過剰な免疫をおさえることで、カミソリ負けによる炎症を鎮めます。 しかし、ステロイドの塗り薬は、塗った部位の免疫を下げてしまうため、ステロイドだけで使用するとカミソリ負けの原因である細菌が増えてしまうおそれがあります。 通常は医師の指導のもと、抗生物質とステロイドを合わせて使用します。 また、ステロイドを髭剃り後などに多用することは誤った使い方で、塗った場所の免疫が下がり、水虫の菌に感染し起こる「白癬菌性毛瘡」の原因にもなりかねません。 白癬菌性毛瘡はヒゲソリによっても起こりやすい状態になります。 特に普段からカミソリを使う部分は白癬菌性毛瘡のリスクが大きいと考えられます。 炎症が強い場合は、自己判断でステロイドは使わずに、医師の診断を受けることをおすすめします。 カミソリ負けに有効な成分は? カミソリ負けに使うことを想定した市販薬は少なく、成分にもばらつきがあります。 ミナカラではカミソリ負けからの雑菌繁殖による悪化を防ぐため、雑菌の繁殖をおさえる「イソプロピルメチルフェノール」などの殺菌成分が配合された市販薬の中で、カミソリの使用後に起こる肌トラブルを改善する成分が配合されたものと、殺菌成分が複数配合されたものをピックアップしています。 市販薬 殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合し、雑菌の増殖をおさえます。 炎症を鎮める「ウフェナマート」や「グリチルレチン酸」、かゆみをおさえる「ジフェンヒドラミン」、肌の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」も配合されており、カミソリなどによるムダ毛の処理で黒ずんだ、毛穴のまわりなどの炎症を鎮めて湿疹・皮膚炎を治します。 ミナカラ薬局のポイント ムダ毛の処理によるカミソリ負けなどの炎症を繰り返して、色素沈着を起こした肌に向けて作られた商品です。 成分的にカミソリ負けにも使え、炎症をおさえる作用が強いため、赤みが目立つ方にも向いています。 メーカーに問い合わせたところ、カミソリ負けにも使用できるとのことでしたが、出血や傷がある場合は使用を控えてください。 殺菌成分が「イソプロピルメチルフェノール」「サリチル酸」「フェノール」と3種類配合されている点が特徴です。 また、傷の治りを早くする目的で「酸化亜鉛」が配合されています。 カミソリ負けには、カミソリを使用した後によくすりこんでください。 痛みがある場合には、うすく、そっと塗ります。 ミナカラ薬局のポイント 殺菌成分が多く配合されているため、二次感染の予防により悪化を防ぐ力が高いと考えられます。 ただし、ヒリヒリ・かゆみに直接効く成分は配合されておらず、炎症をおさえる作用も弱いため、症状をすぐに鎮めたい場合は、リドカインやウフェナマート、ジフェンヒドラミンが配合された市販薬の方が向いています。 カミソリ負けは、尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)という病気のひとつです。 市販薬の治療では改善されなかったり、悪化した場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。

次の

カミソリ負けの原因と予防

かみそり まけ

カミソリ負けの予防・改善に@コスメでも高評価のストレミライン 一昔前までは、「カミソリ負けには皮膚の乾燥と消毒が第1」というのが常識でした。 しかしそれでは何かと治りが遅かったり、あるいは消毒剤の刺激が強すぎて余計に肌がヒリヒリするようなケースも出てきています。 そこで最近提唱されているのが「カミソリ負けにはワセリン」という説です。 では、これは一体どのような根拠でカミソリ負けにはワセリンが第1と言っているのでしょうか。 今回はその部分について紹介していきます。 そもそもカミソリ負けとは そもそもカミソリ負けとはどのような状況を指すのでしょうか。 原則としてカミソリ負けというのは、肌をカミソリで傷付けてしまい、その傷が炎症を起こしている状況を指します。 その傷ですが、これはいくつかの原因で剃っている本人にそのつもりや自覚がなくても発生してしまうようなものなのです。 原因1:カミソリの刃が古い まず大事に考えられる原因としては、カミソリの刃が古いということが考えられます。 特に男性の場合は「カミソリなんて剃れればいいんだよ」というような形で使用後のメンテナンスなどをさぼってしまっていることもあるかと思います。 ちなみに、ここでいう使用後のメンテナンスというのは肌のメンテナンスではなく、カミソリ自体のメンテナンスを指します。 カミソリだって、一度剃った後は皮膚についていた脂やヒゲの残りかす、その他カミソリの刃を傷める物質がついていることが考えられますよね。 そんなベトベトの刃が皮膚についてしまうと、当然ですが良い影響なんてあるわけがありません。 最悪それだけで皮膚の炎症や赤みを起こしてしまいかねません。 そのため使用後には肌のメンテナンスだけではなくカミソリのメンテナンスも必要なのです。 またメンテナンスだけではなく、一定期間や一定の回数を利用した後にはカミソリ自体を変えるということも必要不可欠です。 カミソリは最近だと持ち手、あるいはグリップ部分と刃の部分が分離するような方式なっているものもあり、こういったたタイプのカミソリについては最初から「一定期間利用したら刃を替えてね」というような作り手のメッセージも隠されています。 どちらの場合も、カミソリの刃自体が肌に直接触れることで炎症を起こしている部分もあるので、肌が切れている、切れていない以前の問題としてカミソリ負けが非常に起こりやすくなっています。 原因2:逆ゾリをしている もう一つ、カミソリ負けの原因として非常に多くのウエイトを占めているものがあります。 それが「逆ゾリ」です。 逆ゾリというのはよくヒゲの剃り具合が良くない時などに、ヒゲの流れに逆らって思いっきり下から上にそり上げるような方法を指します。 この方法だと、確かにヒゲが非常によく剃れるというような印象を受けるのですが、実はヒゲと一緒に皮膚もスパスパと切ってしまっているという事実があります。 もちろんこの時の傷自体はとても細かい傷なので、ダイナミックに切ってしまった時のように出血などはありませんが、のちのちカミソリ負けとして赤みやチクチク、ヒリヒリなどのイライラ感に繋がります。 原因3:保湿をしていない 最大のカミソリ負けの原因にして、 一番カミソリ負け対策の正解に近いキーワードがこちらの「保湿」です。 特に男性の場合はヒゲを剃って水でシェービングフォームなどを洗い流した後、特に何もしないというケースもあるかと思いますが、これでは皮膚が乾燥してしまい、余計に肌が痒くなり、それをかく事でどんどん悪循環のようにカミソリ負けが拡大していってしまいます。 実はこの痒みというのは痛みの程度が低いもの、というのが正体ですので、そもそも痒いと感じる時点で「炎症を抑えたり、何らかの痛みを抑える方法」を取るべきなのです。 なんでワセリンなの? ここまでカミソリ負けの原因について一番大きなもの三つを紹介してきましたが、このすべてにおいて生じるお悩みやイライラについては「ワセリン」にお任せなんです。 というのも、ワセリンは本来、皮膚と外気の間にバリアを張るような性質のものであり、そのバリアの内側には水分が存在するのが普通です。 つまり、皮膚が長時間せずに水分に触れ続けているということになります。 いわゆる乾燥知らずという状態ですね。 実は冒頭でも少し紹介した通り、 カミソリ負け=皮膚の炎症には乾燥ではなく保湿が一番いいと最近では言われており、その目的を達成する上では、ワセリンが一番なのです。 たとえ皮膚を切ってしまっているカミソリ負けであっても、古くて不衛生な刃が当たってしまっているタイプのカミソリ負けでも、そして保湿が足りていないことから発生するカミソリ負けであっても、最終的には皮膚の保湿が重要なキーポイントとなります。 そのため、皮膚の保湿に最適であるワセリンはカミソリ負けに適している、ということができるのです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はカミソリ負けにワセリンというのはホント?というテーマでお送りしてきました。 実はカミソリ負けにはいくつかの原因があるのですが、どの原因の場合もそのダメージを受けてしまった皮膚の修復には「保湿」というキーワードが重要なファクターを握っていることがわかりました。 そしてその保湿にはワセリンが最適ということもわかりましたね。

次の