ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!。 ホルモンバランスは漢方で整えよう!自分にピッタリの漢方を選ぶコツは?

女性ホルモンを増やす方法は?毎日取り入れられるおすすめ食べ物

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

女性ホルモンのバランスが乱れることで、さまざまな不快症状が現れます。 生理不順や不妊症、更年期障害なども、ホルモンバランスの乱れが原因の1つとして挙げられます。 生活習慣や食事、ストレスによって乱れてしまうホルモンのバランスは、できるだけ根本的な生活スタイル自体を変化させることが大切です。 しかし、効果が出るには時間がかかってしまい、それまでつらい症状を抱えたままになってしまいます。 そこで、対処療法として今あるつらい症状を緩和してくれるのが、処方薬や漢方、サプリです。 自分に合ったものを選ぶことで、今のつらさが少しでもラクになるとしたら試してみたくはありませんか?女性ホルモンバランスを整える処方薬・漢方・サプリの情報をまとめてご紹介します。 こんな時は薬に頼ってOKな4つの症状 『病院に行くまではないが調子が悪いな…。 』そんな時は薬に頼ると症状がだいぶらくになります。 辛すぎる時は我慢をせずに薬を飲むことも選択肢にいれておきましょう。 女性ホルモンが生理に大きく関わっているため、生理不順の原因としてもホルモンバランスの乱れが考えられることが多いです。 しかし、女性ホルモンは非常にデリケートでちょっとしたことでも乱れてしまい、生理が遅れたり早まったりといった影響がでてしまいます。 生理不順が続く、60日以上生理がこない、痛みがひどいなどといった症状がなければ少し様子を見てもいいとされています。 生理不順で薬を使うケースでは、低用量ピルがよく使われます。 月経を引き起こす合成ホルモン剤で、避妊にもなります。 また、2種類のホルモン剤を組み合わせるカウフマン療法も月記を引き起こすことができる薬です。 生理不順でも、程度が軽いときには漢方薬を使って、体を温めたり、血行をよくしたりして生理周期を安定させる方法もあります。 不妊ではないかと疑いをもったら、まず病院へ行って診察を受けて原因を調べていきましょう。 ホルモンが関係している不妊症は、排卵にトラブルを抱えているタイプで、排卵誘発剤や卵胞の成長を促す薬が使われます。 クロミフェンやセキソビットという薬品名でよく知られている薬もこのタイプです。 漢方やサプリメントでホルモンバランスを整えることで不妊症ケアにつながるものもあります。 不妊以外の症状と合わせて、自分に合ったものを選択するようにしましょう。 急激に減ってしまうことで、ホルモンを分泌する脳の部分と近い自律神経へ影響を及ぼしてしまい、さまざまな不快症状や精神症状などを引き起こします。 これが更年期障害と呼ばれる症状です。 基本的には、生活習慣や環境の改善から行っていきますが、不快な症状や自律神経調整薬などが処方されるケースもあります。 また、そもそもの原因であるホルモンバランスの乱れを調整する薬も使われます。 おすすめの市販薬 更年期障害に使われるホルモン補充剤はエストロゲン製剤ですが、これだけを使い続けていると乳がんリスクが高まるという研究結果がでており、黄体ホルモン製剤も一緒に処方されます。 おすすめの漢方 漢方では、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などが更年期障害にいいとされています。 サプリメントも更年期障害ケアとして販売されているものがあるので、薬までは…という人はサプリを試してみましょう。 子宮内膜症の可能性もあるため、生理前になるとつらくなる人は早めに医療機関で受診をしてほしい症状です。 その原因ははっきりと解明されてはいませんが、子宮内膜症などの病気が発見されない場合、月経前の急激な女性ホルモンバランスの変化が関わっているという説が有力です。 そのため、ホルモンバランスを整える薬が使われることがあります。 おすすめの市販薬 市販薬でも、西洋ハーブのチェストベリーを含んだものが販売されていますが、病院で処方される薬は低容量ピルが一般的です。 また、痛みが強い時には鎮痛剤、精神症状には抗うつ剤といったように症状に合わせた処方薬が出ます。 おすすめの漢方 漢方では、「桃核承気湯(とうがくじょうきとう)」、更年期障害でも使われる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」なども使われます。 サプリメントであれば、チェストツリーやプラセンタ、テアニンが含まれているものがいいとされています。 女性ホルモンバランスを整える薬|まとめ 病院で処方される薬には、女性ホルモンバランスを整えてくれるものもあります。 医師の診断後にだされる処方薬 生理不順や不妊など、ホルモンバランスの乱れ以外の原因が考えられる症状の場合には、きちんと診断をしてもらってからの治療がおすすめです。 自己診断で、市販薬を買う前に一度受診しておきましょう。 クロミッド/セロフェン 脳下垂体に働きかけ、女性ホルモンの分泌を促します。 不妊治療によく使われる薬です。 セキソビット 働き自体は、クロミッドと同様ですが、マイルドな効き目のため排卵誘発率は下がりますが副作用も少なくなります。 ルトラール 黄体ホルモン作用のある薬です。 ピル(プラノバール・ソフィア) エストロゲンとプロゲステロンを補い、黄体機能を維持する役割があります。 生理不順や不妊症で使われる薬です。 市販でも購入可能な漢方薬 ホルモンバランスを整える漢方薬のほか、症状を緩和してくれる漢方薬が人気です。 ここでは、女性ホルモンバランスを整えるものの他、さまざまな症状に使える漢方をご紹介します。 温経湯(おんけいとう) 体を温めてくれる漢方。 ホルモンバランスも整え、生理不順などに効果が期待できます。 温清飲(おんせいいん) 生理不順におすすめの漢方薬です。 血行をよくしてくれるので、肌の乾燥などにも使えます。 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 血のめぐりをよくし、水分の排出を助けてくれます。 さまざまな症状に使えるので、女性ホルモンバランスを整える以外の目的でも利用されることも多い漢方薬です。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 血のめぐりをよくして全身の体温を上げてくれる漢方です。 月経の排出も助けるため、生理痛のひどい人にもおすすめです。 市販でも購入可能なサプリメント 女性ホルモンのバランスを整えてくれるサプリメントはいろいろと販売されています。 1 モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング 皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】 しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。 すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。 ですが、冬は空気が乾燥しやすく、また冷えから肌の血行不良になり大人ニキビの原因となることも。 リプロスキンは8種の美容成分を配合。 独自の浸透向上技術により、肌の柔軟性をあげるので保湿をしっかり実感するのはもちろん、ニキビの炎症をしっかりケアします。 寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。 【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!! 超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。 さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。 可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。 キュッとルームソックス 価格:単品購入 3,480円(税抜) スキンケア ジェル NMバランス ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場! 通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。 1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。 新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。

次の

近年急増している「プレ更年期」。40代から始めるホルモンバランスの整え方と、プレ更年期に特化したオーガニックサプリを紹介します。

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

ホルモンバランスが乱れやすい生活習慣 肌と女性ホルモンというのは密接な関係にあるということについてこれまで説明をしてきましたが、自分は果たしてホルモンバランスが崩れてしまっているのか、それともホルモンバランスが整っているのかを判断するのは難しいと感じた人もいるのではないでしょうか? 今回は、普段の生活習慣を振り返ってみて、ホルモンバランスが崩れやすい生活をしていないか確認をするためのチェック項目を紹介していきたいと思います。 以下のことに当てはまっているかどうかをチェックしてみてください。 ・その日のうちにメールなどを返すようにしている ・朝はご飯を食べていない ・就寝前に腹筋を鍛えるトレーニングをしている ・ノンオイルのドレッシングを使ってサラダを食べている ・サプリメントを飲んで便秘を解消しようとしている ・抗菌グッズで最近などの対策をしている ・熱いお風呂に就寝前に入っている ・感情を表に出さないようにしている ・頼られてしまうと断れない ・毎日豆電球をつけて就寝するようにしている ・一度やると決めたら最後までやる ・筋が通らないことは大嫌い ・靴下を履いて、指先が冷えないようにしながら寝ている ・普段からレタスをしっかり食べるようにしている ・飲み会に誘ってもらったら、必ず飲み会に行く ・体を鍛えるために、会社が終わった後でジムでトレーニングをしている ・SNSでの投稿に「いいね!」を押している 上記の項目で0個から5個までしか当てはまっていないのであれば、ホルモンバランスは整っていると考えることが出来ます。 自分のペースで生活をしていますから、あまりストレスを感じることもないですので、女性ホルモンの分泌もされやすくなっているでしょう。 ただし、精神面に関する項目で該当しているものがあるのであれば、ストレスを発散させるようにしたほうがいいでしょう。 次に、項目のうち6個から15個当てはまっているのであれば、ホルモンバランスが乱れがちになっています。 充実した生活をしているように自分では感じていても、正常に女性ホルモンが分泌されていないかもしれません。 ですから、今のうちに生活習慣を見直すようにして、チェック項目を減らすようなライフスタイルに改善していきましょう。 そして、16個から20個該当しているのであれば、ホルモンバランスが既に乱れてしまっている可能性が高いです。 ですので、速やかに生活習慣を改善させていかなくてはならないですし、念のために病院で調べてもらうようにしたほうがいいでしょう。 これだけ多くの項目に当てはまっているのであれば、もう生理不順などのような症状が出てしまっているかもしれません。 上記のように、当てはまっていることが多くなるほど、ホルモンバランスが崩れる可能性が高くなっています。 就寝前に腹筋のトレーニングなどをしてしまうと、体が興奮状態になってしまって、寝つきが悪くなってしまいます。 睡眠不足になってしまうと、自律神経も乱れやすくなり、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。 また、頼られると断ることが出来ないという人は、真面目な性格になっているので、それだけストレスも溜め込んでしまいやすくなり、女性ホルモンが正常に分泌されにくくなってしまいますので注意してください。 どうしてチェック項目に当てはまっているとホルモンバランスが崩れやすくなってしまうのかという理由についてお話をしていきたいと思います。 ・筋が通っていないことが大嫌い 他人にも自分にも厳しいということになります。 真面目な性格ですから、色々なことに対してストレスを感じやすくなります。 ・サプリメントを摂取して便秘の対策をしている 便秘薬の場合でもそうですが、サプリメントで便秘の症状を改善しようとすると、腸の働きが弱くなってしまいやすくなります。 さらに、サプリメントを摂取しているのに、なかなか便秘を改善させることができなかった場合、ストレスを感じやすくなってしまいます。 ・頼られると断れない 断ることが出来ないことによってストレスを感じやすくなってしまい、女性ホルモンにも影響が出てしまいます。 ・寝るときに豆電球をつけて寝ている 豆電球というのは、光が弱いですが、この弱い光でも熟睡することが出来なくなってしまうということもあるのです。 ・感情を顔に出さないようにしている あまり感情を顔に出さないようにして、人からの評価を下げないようにしているという人も血行いるのですが、我慢をしているということですので、ストレスになりやすいです。 ・ノンオイルのドレッシングを使ってサラダを食べている オイルでも、植物油や質のいい油であれば、女性ホルモンが分泌されやすくないrます。 ・その日のうちにメールなどを返すようにしている メールなどを返すということは、スマートフォンやパソコンなどの画面を見ているということになります。 このスマートフォンやパソコンの光というのは、睡眠妨害になってしまいやすいのです。 ・普段から朝食を食べない 朝食を抜いてしまっていると、ホルモンの分泌量も減りやすいです。 ですので、バナナでもいいですので、朝食として栄養価が高いものを食べるようにしましょう。 ・熱いお風呂に入ってから就寝する お風呂のお湯が熱すぎる場合、交感神経の働きが強くなってしまって、眠気がこなくなってしまいやすいです。 ですので、就寝前にお風呂に入るのであれば、ぬるま湯に浸るようにsましょう。 ・腹筋のトレーニングをしてから寝ている 就寝前というのは、徐々に体温を低下させるようにするべきなのですが、腹筋のトレーニングをすると反対に体温が上昇してしまいます。 ・一度決めたら最後までやる 一度決めたことは最後までやっているとストレスになってしまうことも多いです。 ですから、引き際を見極めて、無理をしないようにすることが大切です。 ・仕事が終わったらジムでトレーニングをしている ただでさえ仕事が終わったばかりというのは疲れが溜まってしまっているものです。 この状態で、さらにトレーニングをしてしまうと、眠気がやってこなくなってしまったり、疲労を十分に回復させることが出来なくなってしまいます。 ・抗菌グッズで細菌などの対策をしている ある程度の抗菌であれば問題ないのですが、抗菌しすぎてしまうと、免疫力が下がってしまいます。 ・靴下で冷え対策をしてから寝ている 熱が足の裏から放出されない場合、しっかり寝ることが難しくなってしまいます。 ・野菜ジュースを飲んで野菜の代わりにしている 野菜ジュースというのは、阿東なども含まれていて糖質を摂取しすぎてしまいやすいです。 これによって、イライラ感を感じてしまうようになるというケースも多いのです。 ・飲み会に誘われたら必ず飲みに行く 疲労がたまってしまっている上体で飲み会に参加をすると、余計に疲れてしまいますし、ストレスになりやすいです。 ・便秘を改善させるためにレタスを食べている 確かにレタスにも食物繊維が含まれているのですが、食物繊維の含有量はごぼうのほうが優れています。 更新履歴•

次の

女性ホルモンの乱れ?ホルモンバランスの崩れと整え方 [女性の健康] All About

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

月経周期や妊娠をコントロールしてくれる女性ホルモン。 健康のためにも美容のためにも、きちんと整えたいものです 月経周期や妊娠をコントロールする大切な役割を持つ女性ホルモン。 「」でも詳しくご紹介しましたが、婦人科で「ホルモンバランスが崩れていますね」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。 ホルモンバランスの崩れとは、正確には「女性ホルモンの分泌バランスの崩れ」を指します。 分泌バランスが崩れる原因と、具体的な整え方について解説します。 女性ホルモンのバランスが崩れる理由 女性ホルモンの分泌バランスが崩れる大きな原因は以下の2つ。 この仕組みは非常に微妙で繊細。 自分では意識できないレベルのストレスでも、敏感に反応してしまうことがあります。 わかりやすい例が、「生理がくるはずだったのに旅行中は来なかった」というケース。 旅行という楽しみなイベントが体にとっては知らず知らずストレスになり、月経周期に影響を及ぼす一例です。 女性のホルモンバランスはとても繊細。 些細なことにでも影響されてしまうので、ストレスやダイエットによりバランスが乱れてしまうことはよくあります。 1回目は思春期、2回目は更年期です。 思春期は身体がまだホルモンバランスをうまく一定化できないため、月経周期も乱れがち。 更年期は卵巣からの女性ホルモン分泌量が減るため、身体がそれまでのテンポを守れずに混乱してしまいます。 更年期でイライラ、めまい、ほてりなどの不定愁訴が現れるのは、少なくなった女性ホルモンを察知して脳の司令塔である視床下部が頑張りすぎてしまい、自律神経のコンロトールがうまくいかなくなるからとも考えられています。 女性ホルモンの乱れを治すには? 分泌バランスを整える方法 女性ホルモンのバランスが崩れるのは、不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエットなど。 女性ホルモン分泌の仕組みは繊細なので、日常生活をできる限り規則正しく整えることが第一です。 不規則な生活を自覚している場合は、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠を心がけるようにしましょう。 とくに月経前は女性ホルモンが一気に少なくなるため、体が変化に対応しきれず「」を起こしてしまうことも。 PMS対策として、有酸素運動が効果的と言われています。 目安としては1週間に少なくとも3回くらい30~60分の有酸素運動をするのがオススメ。 週の半ばに1回、週末に1~2回ジョギングをしたり、スポーツジムで水泳などを行うのは効果的と考えられます。 運動といっても身構える必要はなく、最初は天気のいい日に1時間くらい散歩をしてみる程度でもよいのです。 食生活のバランスも大切ですが、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを豊富に含む大豆を効果的に摂取するのも有効。 2003年、厚生労働省研究班が「お味噌汁を一日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がる」というニュースを発表しましたが、これも大豆に含まれるイソフラボンによる効果と考えられています。 イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種のことで、「植物由来のエストロゲン」とも言われます。 体内でエストロゲンと似た作用を持つので、閉経後の女性(=エストロゲン分泌が少なくなった状態)の骨粗鬆症や更年期障害、抗酸化作用を通じて動脈硬化予防などに効果があると言われています。 つまり、女性ホルモンを整える作用を期待できるということ。 ただし、摂り過ぎには注意が必要。 具体的な摂取量等は「」記事を併せてご確認ください。

次の