格安 sim 有料 アプリ。 格安スマホで乗り換えアプリは使える?

格安SIMの設定を代行してくれるサービスはある?

格安 sim 有料 アプリ

音楽をストリーミング再生しても通信容量が消費されないもの、通信容量が使い放題のもの、そして通信速度が中速のもの、この三つを音楽聴き放題の格安SIMと見なしています。 ここでいう音楽聴き放題とはお金のことではありません。 つまり音楽聴き放題の格安SIMの申し込みをしたからといって、有料の音楽配信サービスが無料になるわけではなく、音楽配信サービスの料金は通常通り発生します。 普通の格安SIMなら、音楽をストリーミング再生すると通信容量が消費されてしまいます。 毎日何時間も音楽を聴くようなヘビーリスナーにとっては、頭の痛い問題です。 そこで検討したいのが、音楽聴き放題の格安SIMです。 音楽をストリーミング再生しても通信容量が消費されない、いわゆる音楽がカウントフリーの格安SIMをおすすめします。 これなら毎月付与される通信容量をそっくりそのまま、音楽以外のことに費やせるようになります。 ただし音楽がカウントフリーの格安SIMでも、あらゆる音楽配信サービスがカウントフリーになるわけではありません。 格安SIMによって対象サービスは異なります。 すでに目を付けている音楽配信サービスがあるなら、要注意です。 通信容量が使い放題の格安SIMにするのも悪くありません。 通信容量という概念がなく、いくらでも音楽が聴き放題です。 ただしこのような格安SIMは回線が混雑しがちで、場合によっては通信速度が極端に遅くこともあります。 あるいは通信速度が中速の格安SIMにするという選択肢もあります。 通信速度が500kbpsから1Mbpsくらいなら、ハイレゾ音源のストリーミング再生には不十分でも、通常音源のストリーミング再生には十分です。 音楽聴き放題の格安SIMといえば、OCN モバイル ONEです。 無料オプションでAmazon Music、AWA、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、LINE MUSIC、ANiUTaがカウントフリーになります。 ちなみにSpotifyとANiUTaには無料プランがあるので、それらで音楽を聴くようにすれば、OCN モバイル ONEは通信容量だけでなくお金の面においても、音楽聴き放題の格安SIMということになります。 OCN モバイル ONE Amazon Music、LINE MUSIC、Spotifyなどで音楽聴き放題の格安SIM OCN モバイル ONEは、音楽聴き放題の格安SIMです。 MUSICカウントフリーという無料オプションの申し込みをすると、音楽がカウントフリーになります。 つまり音楽をストリーミング再生しても通信容量が消費されないということです。 Amazon Music、Spotify、AWA、Google Play Music、dヒッツ、ひかりTVミュージック、LINE MUSIC、ANiUTa、RecMusicが対象です。 Amazon Musicとは、Prime MusicとAmazon Music Unlimitedの総称です。 公式アプリか公式サイトからアクセスすれば、カウントフリーが適用されます。 音楽以外のコンテンツ、例えば動画や画像などは、カウントフリーにならないことがあります。 手続きは簡単で、OCN モバイル ONEの申し込み完了後に、MUSICカウントフリーの申し込みをするだけです。 火曜日から月曜日までの申し込み分が、水曜日にまとめて適用されるスケジュールになっています。 なおOCN モバイル ONEにはAmazon Music Unlimitedとのセット割引があります。 OCNマイページからAmazon Music Unlimitedの申し込みをすれば、3カ月間無料になり、その後も24カ月間91円(税抜)割引されます。 BIGLOBEモバイル Amazon Music、Apple Music、LINE MUSICなどで音楽聴き放題の格安SIM BIGLOBEモバイルは、音楽聴き放題の格安SIMです。 音楽と動画がカウントフリーになる、エンタメフリー・オプションがあります。 料金は音声通話SIMなら月額480円(税抜)、データSIMなら月額980円(税抜)です。 音楽だけがカウントフリーになるわけではないので、動画がカウントフリーになるのは蛇足にも思えます。 しかし音楽を聴くだけでなく動画も見るつもりなら、これほどうってつけの格安SIMもありません。 音楽聴き放題なのは、YouTube Music、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、dヒッツ、RecMusic、楽天ミュージックです。 公式アプリからアクセスすれば、カウントフリーが適用されます。 一部のサービスで音楽や動画をストリーミング再生するときには、音質や画質の設定をある程度まで下げることが推奨されています。 エンタメフリー・オプションは3ギガプラン以上なら申し込みができます。 エンタメフリー・オプションをシェアSIMにも適用させるためには、SIMカード1枚ごとに申し込みが必要です。 LINEモバイル LINE MUSICで音楽聴き放題の格安SIM LINEモバイルにはSNS音楽データフリーというオプションがあり、これによってLINE MUSICをストリーミング再生しても通信容量が消費されなくなります。 つまりLINE MUSICで音楽聴き放題の格安SIMなのです。 SNS音楽データフリーの料金は月額480円(税抜)です。 音声通話対応プランに上乗せすると、500MBプランが月額1580円(税抜)、3GBプランが月額1960円(税抜)、6GBプランが月額2680円(税抜)になります。 LINE MUSICの他には、LINE、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーです。 音楽聴き放題の格安SIMであると同時に、SNS使い放題の格安SIMでもあるのです。 そこに魅力を感じられるかどうかで、評価が分かれそうです。 ちなみにLINEモバイルのオプションとしてLINE MUSICを追加すると、本来なら月額889円(税抜)であるLINE MUSICの料金が、月額750円(税抜)になります。 通信容量だけでなくお金も節約できるわけです。 LinksMate AWAで音楽聴き放題の格安SIM LinksMateは、AWAで音楽聴き放題の格安SIMです。 月額500円(税抜)のカウントフリーオプションを追加することで、AWAがカウントフリーになり、AWAで音楽を聴いているときには通信容量が減らなくなります。 同一契約で複数のSIMカードを発行している場合は、すべてのSIMカードでカウントフリーオプションが有効になります。 つまり月額500円(税抜)で最大5人まで音楽聴き放題になるわけです。 対象サービスは、音楽に限ればAWAのみで、ゲームは『グランブルーファンタジー』など数十種類、動画はAbemaTVなど数種類、SNSはTwitterなど数種類、アプリストアはApp StoreとGoogle Playがカウントフリーになります。 サービスによってカウントフリーオプションの適用範囲は異なります。 LinksMateの申し込み時または申し込み完了後に、カウントフリーオプションの申し込みをすることになります。 SIMカードが何枚あろうと、カウントフリーオプションの申し込みは一度きりです。 mineo 500Mbpsで音楽聴き放題の格安SIM mineoは、音楽聴き放題の格安SIMです。 カウントフリーによって音楽聴き放題になるわけではなく、そこそこの通信速度の速さによって音楽聴き放題になるというパターンです。 どういうことかというと、パケット放題という月額350円(税抜)のオプションを追加すれば、制限時の通信速度が最大500kbpsに増速されるのです。 これだけ速ければ音楽を聴けないこともないでしょう。 パケット放題込みでも、音声通話対応プランが月額1660円(税抜)から、SMS対応プランとデータ通信専用プランが月額1050円(税抜)からということで、なかなか手頃です。 通信容量を使い切って低速になったときも、mineoスイッチというアプリで低速に切り替えたときも、パケット放題が適用されます。 こまめに低速に切り替えて通信容量を節約してみてください。 なおau回線プランで3GBの通信量が6GBに達した場合は、最大500kbpsよりも遅くなることがあります。 mineoを音楽聴き放題の格安SIMとして検討しているなら、ドコモ回線プランかソフトバンク回線プランをおすすめします。 楽天モバイル 楽天モバイルは、データ通信が高速または中速で使い放題である、音楽聴き放題の格安SIMです。 楽天回線エリアなら高速で使い放題、au回線エリアなら5GBを使い切っても最大1Mbpsで使い放題です。 Amazon Music HDのHDストリーミング再生には1. 5Mbpsが必要なので、au回線エリアの最大1Mbpsとは、通常音源のストリーミング再生ができて、ハイレゾ音源のストリーミング再生ができないくらいのレベルだと思ってください。 基本料金は月額2980円(税抜)と決して安くありませんが、音楽聴き放題の格安SIMであると同時に、動画見放題、SNS使い放題、ゲーム遊び放題の格安SIMでもあることを思えば、こんなものでしょう。 au回線エリアで音楽を聴くときは、my 楽天モバイルというアプリおよびサイトでデータ高速モードをオフにして、通信容量を温存しましょう。 最大1Mbpsでも十分なのに、みすみす通信容量を消費してしまうのはもったいありません。 なお楽天のサービスを併用するとポイント還元率が上がるSPU(スーパーポイントアッププログラム)について、楽天モバイルは対象ですが、Rakuten Musicは対象外です。 これらを併用しても特にいいことはありません。 楽天モバイルの申し込みをするとき、申し込み内容の確認ページで「楽天モバイルIDを入力」を押し、紹介コード「nru2F6j3Kpm4」を入力し、「適用する」を押すと、2000ポイントがもらえます。 ぜひ活用してください。 UQ mobile UQ mobileには、音楽聴き放題の格安SIMというべきプランが三つあります。 速度制限時でも最大300kbpsのスマホプランS、速度制限時でも最大1MbpsのスマホプランR、常に最大500kbpsのデータ無制限プランです。 スマホプランSは基本料金が月額1980円(税抜)、通信容量が3GB、制限時の通信速度が最大300kbpsです。 最大300kbpsで音楽聴き放題の格安SIMといえるかどうかは微妙なところですが、一応紹介しておきます。 スマホプランRは基本料金が月額2980円(税抜)、通信容量が10GB、制限時の通信速度が最大1Mbpsです。 ハイレゾ音源のストリーミング再生はともかく、通常音源のストリーミング再生なら、最大1Mbpsもあれば十分です。 データ無制限プランは基本料金が月額1980円(税抜)、通信容量が使い放題、通信速度が最大500kbpsで、音声通話には対応していません。 こちらも通常音源のストリーミング再生ならできないこともないでしょう。 なおこれらのプランは、直近3日間の通信量が6GBを超過すると通信速度が制限されることがあります。 長時間にわたって音楽を聴き続けていると上限に達する可能性があるので、注意してください。 ワイモバイル ワイモバイルには、速度制限時に最大1MbpsのスマホベーシックプランMとスマホベーシックプランRがあります。 後者なら音楽を聴くのに支障を来すことはないので、音楽聴き放題の格安SIMといえます。 スマホベーシックプランMの仕様は、基本料金が月額3680円(税抜)、通信容量が10GB、制限時の通信速度が最大1Mbpsです。 10分かけ放題がプランに含まれており、10分以内の国内通話がかけ放題です。 スマホベーシックプランRの仕様は、基本料金が月額4680円(税抜)、通信速度が14GB、制限時の通信速度が最大1Mbpsです。 こちらも10分かけ放題がプランに含まれており、10分以内の国内通話がかけ放題です。 通信容量が足りなくなったときのために、500円(税抜)で500MB追加できるオートチャージオプションと、月額500円(税抜)で3GB追加できるデータ増量オプションがあります。 高速と低速の切り替えには対応していません。 なおスマホベーシックプランS、データSIMプラン、データベーシックプランS、データベーシックプランLは、制限時の通信速度が最大128kbpsです。 この通信速度の遅さで音楽をストリーミング再生するのは厳しいものがあります。 ServersMan SIM LTE ServersMan SIM LTEは、通信速度が最大500~600kbpsです。 これだけの速さなら、音楽を聴けないこともありません。 音が悪くなったり途切れたりする可能性もありますが、多くの場合は問題ないでしょう。 音声通話対応プランがないので、どちらかというとメイン端末よりはサブ端末に向いています。 メイン端末とは別に、ServersMan SIM LTEのSIMカードを入れたサブ端末を、音楽プレイヤーとして持ち歩くような使い方が思い浮かびます。 基本料金は月額600円(税抜)で、SMSオプション付きなら月額743円(税抜)です。 音楽プレイヤーの維持費としては決して安くありませんが、メイン端末から音楽を切り離すためならやむを得ません。 もし音楽のストリーミング再生がうまくいかなければ、音楽配信サービスの設定を変更して音質を下げたり、格安SIMの通信容量をチャージして高速通信ができるようにしたりして、対処してみてください。 通信容量のチャージは1GBにつき600円(税抜)です。 専用アプリでいつでも高速と低速の切り替えができるので、音楽を聴くときだけ高速にしておくようにすれば、通信容量を無駄なく使えます。 TONE SIM (for iPhone) TONE SIM (for iPhone)は、端末見守りができる子供用の格安SIMとして売り出されています。 しかし通信速度が最大500~600kbpsであることに着目すると、音楽聴き放題の格安SIMとしての使い道もあることに気付かされます。 基本料金は、音声通話対応プランなら月額2650円(税抜)、データ通信専用プランなら月額1700円(税抜)です。 端末見守りなどのサービスに必要性を感じられなければ、割高に映るかもしれません。 1GBにつき445円(税抜)の高速チケットオプションを購入すれば、一時的に高速通信ができるようになります。 音の途切れなどに悩まされることなく、より快適に音楽鑑賞が楽しめるわけです。 端末見守りの一環として、アプリのインストールや課金の管理ができるようになっているので、TONE SIM (for iPhone)を子供に使わせれば、音楽アプリのみインストールを許可したり、音楽アプリ内での課金を禁止したりできます。 iPhone専用の格安SIMなので、子供に使わせるとなると子供用のiPhoneが必要になります。 少しでも安く済ませるなら、型落ちや中古のiPhoneを買い与えるなり、お下がりのiPhoneを譲り渡すなりしてみてください。 無料で音楽がカウントフリーというところで、他の格安SIMに大きく差をつけています。 動画が見放題のBIGLOBEモバイルや、ゲームが遊び放題のLinksMateも、費用対効果は悪くありません。 BIGLOBEモバイルは音声通話対応プランとの差額がわずか80円(税抜)なので、悩みどころです。 月額1000円(税抜)を下回っているServersMan SIM LTEにも注目です。 BIGLOBEモバイルはカウントフリー料金の高さが響いています。 ただしOCN モバイル ONE、BIGLOBEモバイルの音声通話対応プランは除きます。 すべての格安SIMがMNP転入の手動切り替えに対応しており、不通期間が生じることがほぼありません。 音楽聴き放題の格安SIM まとめ 音楽聴き放題の格安SIMのおすすめは、OCN モバイル ONEです。 やはり追加料金なしで音楽がカウントフリーになるところに魅力を感じます。 カウントフリー対象サービスが多いのもいいですね。 OCN モバイル ONEと組み合わせたい音楽配信サービスは、Spotifyです。 理由としては、カウントフリー対象サービスなので通信容量を消費しないことと、無料プランなら料金が発生しないことが挙げられます。 BIGLOBEモバイル、LINEモバイル、LinksMateは、音楽をカウントフリーにするためには追加料金を支払わなければならず、音楽聴き放題の格安SIMとしての費用対効果はいまひとつです。 音楽聴き放題の格安SIM コラム 音楽聴き放題の格安SIMに必要とされる速度 音楽がカウントフリーの格安SIMにしろ、通信容量が無制限の格安SIMにしろ、通信容量をどれだけ使ったか、あとどれくらい残っているかといったことを気にすることなく、好きなだけ音楽聴き放題というのはうれしいものです。 しかし音楽聴き放題の格安SIMには、通信容量の他にもう一つ気にするべきことがあります。 それは通信速度です。 通信速度が遅いと、音楽をストリーミング再生するのに支障を来す可能性があるからです。 それでは音楽聴き放題の格安SIMに必要とされる通信速度、つまり音楽配信サービスが推奨する通信速度はどれくらいなのでしょうか。 調べてみたところ、通信速度に言及している音楽配信サービスはほとんどありませんでした。 それでもやっと見つけたのがAmazon Music HDで、HDストリーミング再生には1. 5Mbps、Ultra HDストリーミング再生には5Mbpsが必要なのだそうです。 ハイレゾともなるとそれなりの通信速度が必要であることが分かります。 Spotifyは3G通信以上の環境を推奨していますが、具体的な数値がないのでよく分かりません。 できればもう少し詳しく、例えば音質が何bpsなら通信速度は何kbps以上が望ましいというような情報が欲しいところです。 しかし愚痴を言っていても仕方がないので、実際に試してみることにしました。 OCN モバイル ONEの通信速度を最大200kbpsに切り替えて、Amazon MusicのアプリでPrime Musicの音楽を聴いてみました。 何曲か試聴してみた結果、音質はすこぶる良好でしたし、途中で止まるようなこともありませんでした。 さすがに最大200kbpsで音楽を聴くのは難しいかもしれないと思っていただけに、いい意味で期待を裏切られました。 これは東京都内の自宅で、回線が混雑していない午前中の時間帯に実験した結果であり、場所や時間帯によってはまた違った結果になる可能性もありますが、それを考慮しても、最大500kbpsもあれば音楽を聴くのには十分でしょう。 どうしても音楽のストリーミング再生がうまくいかなければ、音楽配信サービスの設定を変更し、音質を下げてみてください。 そうすれば通信速度が遅くても、音楽のストリーミング再生が安定するようになります。 音楽カウントフリー格安SIMと無料音楽アプリは相性抜群 音楽がカウントフリーの格安SIMと、無料プランがある音楽アプリの組み合わせは、相性が抜群です。 音楽を聴くための通信容量とお金が、いずれも不要になるからです。 この組み合わせを意識してみてください。 音楽アプリといえばお金が掛かるものという印象が強いですが、実はいくつかの音楽アプリには無料プランも用意されています。 もちろんきちんとした会社が運営する合法の音楽アプリです。 例えばSpotifyには、Spotify Freeという無料プランがあります。 有料プランとの違いは、広告が入ること、高音質に設定できないこと、オンデマンド再生とオフライン再生ができないこと、スキップに制限があることなどです。 AWAにも、Freeという無料プランがあります。 有料プランとの違いは、再生時間が月20時間までに制限されていること、フル再生とオフライン再生ができないことなどです。 音楽聴き放題とはいきませんが、ある程度は楽しめます。 それからAmazon Musicに属するPrime Musicも、Amazonプライムのおまけだと思えば、ほとんど無料のようなものです。 こちらは広告もなければ時間制限もなく、オフライン再生に対応しています。 これらのような無料またはそれに近い音楽アプリが、カウントフリー対象サービスに含まれている格安SIMを探してみてください。 すでに紹介したように、この条件に合う格安SIMはいくつかあります。 例えば、OCN モバイル ONEはSpotify、AWA、Amazon Music、ANiUTaが無料でカウントフリー、BIGLOBEモバイルはSpotify、AWA、Amazon Musicが有料でカウントフリー、LinksMateはAWAが有料でカウントフリーです。 格安SIMと音楽アプリのセット割はあるか 音楽アプリが無料で使えるという意味で、音楽聴き放題の格安SIMはあるのでしょうか。 格安SIMと固定回線のセット割引はいろいろとありますが、格安SIMと音楽アプリのセット割引はあまり聞いたことがありません。 結論から言えば、格安SIMと音楽アプリのセット割引は非常に少ないです。 あるにはありますが、ほんの数例に過ぎません。 格安SIMと固定回線のセット割引とは、だいぶ状況が異なっています。 音楽アプリとのセット割引がある格安SIMといえば、OCN モバイル ONEです。 すでに説明しましたが、OCNマイページからAmazon Music Unlimitedの申し込みをすれば、3カ月間無料、24カ月間91円(税抜)割引になります。 LINEモバイルにも音楽アプリとのセット割引があります。 LINEモバイルのオプションとしてLINE MUSICの申し込みをすれば、本来なら月額889円(税抜)のところが月額750円(税抜)に割引されます。 なぜ格安SIMと音楽アプリのセット割引は少ないのでしょうか。 それは同じ会社が格安SIMと音楽アプリを運営していることが少なく、セット割引によって利用者の囲い込みをする必要が生じていないからです。 このような状況なので、格安SIMと音楽アプリのセット割引にはあまり期待するべきではありません。 セット割引があることを前提として格安SIMと音楽アプリを探そうとすると、なかなか見つからずに苦労することになります。 いっそセット割引に頼らず、SpotifyやAWAなどの無料で使える音楽アプリで済ませてしまいましょう。 これらの無料プランには何かと制約が多く、不便を強いられることもありますが、お金を節約するためなら仕方がありません。 迷ったらOCN モバイル ONE しつこいようですが、音楽聴き放題の格安SIMならOCN モバイル ONEがおすすめです。 追加料金なしで音楽がカウントフリーになり、その対象サービスも多いというのが主な理由です。 Apple Musicがカウントフリーにならないのが残念ですが、そこにこだわるよりも、Amazon Music、Google Play Music、Spotify、LINE MUSICあたりで代用し、格安SIMも含めていかに安く済ませるかを考えるべきです。 OCN モバイル ONEの申し込み完了後に、MUSICカウントフリーの申し込みをすることをくれぐれも忘れないようにしてください。 MUSICカウントフリーの申し込みをしなければ、音楽がカウントフリーになりません。

次の

子供向けで安心な格安SIM11選!フィルタリング機能があるおすすめの種類を紹介するよ

格安 sim 有料 アプリ

お得なIP電話アプリが分かる• IP電話のメリット・デメリット・通話の品質• 格安SIMとセットで使うおすすめの050電話を比較 データ通信専用SIMでもネット回線で通話するIP電話なら利用できるため、 「スマホで電話はしたいけど、料金は極力抑えたい」という人にもピッタリ。 この記事では、• IP電話を使って安く電話を使いたい!• 050アプリって何?LINE通話とは何が違うの?• 格安SIMとセットで使うとお得なIP電話を知りたい といった人に向けて、IP電話のメリット・デメリットと注意点を解説し、 格安SIMで使える代表的なIP電話アプリ9個を機能や価格で徹底比較してみました。 読みたい場所へジャンプ• IP電話 050 とは? IP電話は インターネット回線を利用して通話を行う電話サービスで、050から始まる電話番号を使うため 「050アプリ」「050電話」とも呼ばれます。 仕事で使うならIP電話は不向き ただし 仕事で使うスマホにはIP電話はおすすめできません。 IP電話を仕事で使うのはおすすめできないのは、次のような理由からです。 通話品質が電話回線に劣る 電話専用回線を利用する通常の電話とくらべ、IP電話の通話品質は劣っています。 インターネット回線を使用するIP電話は、ネット回線の混雑状況によって音声が途切れたり最悪切れてしまう可能性もあります。 LINEやSkypeの無料通話と同程度の通話品質と考えれば、やはり仕事でバリバリ使うのはためらってしまう人も多いのではないでしょうか? 信用面でもIP電話は不利 また電話番号で相手にIP電話であることが分かってしまうため、信用という面から考えても仕事利用には不向きです。 昨日の詐欺っぽい業者の名刺をネタに保管しとこ。 ですが固定電話や携帯電話(090、080、070)番号に比べると、信用されにくいという面は否定できません。 クレジットカード• eoまたはmineo回線サービスとの合算 留守番電話 あり 格安SIM「mineo(マイネオ)」の運営元であるケイ・オプティコムが手掛けているIP電話サービスです。 mineoといえば 充実したサービス内容や豊富な機能で人気ですが、LaLa Callアプリも• 留守番電話• 通常の電話と比べてどれだけお得だったかを表示するトクトク表示機能• 最大30人でのメッセージのやりとり など、さまざまな機能を使うことができます。 mineoとセットで使う3つのメリット LaLa Callも単体で利用ができるIP電話サービスですが、mineoとセットで契約すると以下のような特典があります。 毎月100円分の無料通話がもらえる• LaLa Callはデータ通信量を消費しない• mineoと請求をまとめられる(条件次第では口座振替も可能) LaLa Callとmineoをセットで利用すると、毎月100円分の無料通話がもらえます。 LaLa Callの月額基本料が100円なので、mineoをセットにすることで 実質LaLa Callの月額基本料が無料です。 さらにmineoではLaLa Callがカウントフリーの対象になっており、 どれだけ利用してもデータ通信量を消費しません。 通話はもちろん、メッセージ機能も使い放題です。 また、mineoと請求を1つにまとめることができます。 LaLa Call単体だとクレジットカードでしか払えませんが、 mineoと請求を合算すれば口座振替も可能です。 基本料が半額になる• 050 plusをどれだけ使ってもデータ通信量を消費しない• OCN合算請求を利用すれば口座振替も可能 OCNモバイルONE契約者が050 plusを利用すると「050 plusセット割」が適用され、 通常300円の基本料が150円に割引されます。 これだけでもかなりお得ですね。 OCNモバイルONEでは050 plusがカウントフリーの対象になっており、どれだけ使っても データ通信量を消費しません。 通話料が安い代わりにデータ通信量を消費するというIP電話のデメリットが解消されるわけです。 また、050 Plusを単体で利用する場合はクレジットカードが必要です。 しかしOCNモバイルONEを契約していると、OCN関連サービスの料金を一括して払う「OCN合算請求」が利用でき、 OCNモバイルONEの支払い方法で050 Plusの料金も支払えます。 クレジットカード• 電子マネー• LINEプリペイドカード• LINE Pay• キャリア決済 留守番電話 なし LINE Outはメッセージアプリ「LINE」のIP電話機能のことです。 通常のLINE通話はLINEの友だち同士でしかできませんが、 LINE Outを使えば固定電話や携帯電話にも発信できます。 料金プランはあらかじめ金額をチャージしておく「コールクレジット」と購入から30日間決められた時間まで通話ができる「30日プラン」の2種類があり、それぞれで通話料が異なります。 支払い方法が豊富 LINE Outの料金プランはLINEストアから購入します。 そのため、支払い方法もLINEストアと同じなのでクレジットカードだけでなくLINEプリペイドカードやLINE Pay、各種電子マネーも利用可能です。 カウントフリー対象で使い放題! LINE OutはLINEユーザーであれば誰でも使えますが、LINEモバイルならカウントフリーの対象になっており、データ通信量を消費せず使い放題です。 ちなみにLINEモバイルなら通常のLINE通話もカウントフリーだから。 固定電話や携帯電話からの着信を受けることはできないので、完全に電話の代わりには使えません。 050から始まる電話番号ももらえません。 また、LINE Out自体はデータ通信さえ使えれば利用できますが、利用する際にSMSによる認証があります。 SMSの付いていないデータ通信専用SIMではLINE Outが使えないので気を付けましょう。 キャリアに関係なく使えるIP電話4選 続いてどのキャリアでも使えるIP電話サービスの比較です。 利用予定の格安SIMでIP電話関連のサービスが用意されていない場合は、この中から選ぶようにしましょう。 誰でも利用できるIP電話の特徴別おすすめ どのIP電話がいいのか迷っている人向けに、それぞれの特徴を簡単にまとめました。 総合おすすめ 通話可能な国の多さ 国際通話料の安さ 使用可能なデバイスの多さ 通知が非通知になることも 固定電話や携帯電話に電話をかける場合、「発信者番号認識」が未設定だと非通知になります。 設定は無料なので、非通知が困る人は設定をしましょう。 Skype番号の注意点 Skype番号は他のIP電話と比べると プランが複雑です。 電話番号は期間で月額が変動 まず、050番号の取得が有料です。 通話料金はチャージと定額プランの2種類 続いて通話料金ですが、こちらはあらかじめチャージした料金分だけ通話できる「Skypeクレジット」、毎月決まった時間まで通話ができる「月額プラン」の2種類が用意されています。 Skypeクレジットは1,200円分のクレジットを事前にチャージし、通話するごとにクレジットが減っていく仕組みです。 月額プランは毎月定額で決まった時間まで通話できるプランです。 月額料金は以下の通りです。 プラン名 1ヶ月の通話可能時間 料金 毎月支払い 3ヶ月ごと支払い 12ヶ月ごと支払い 携帯・固定電話と300分通話 300分 850円 2,423円 8,670円 携帯・固定電話と100分通話 100分 475円 1,354円 4,845円 固定電話無制限 無制限 475円 1,354円 4,845円 携帯・固定電話無制限(世界中) 無制限 1,675円 4,774円 17,085円 携帯・固定電話無制限(日本) 無制限 2,400円 6,840円 24,480円• 発信できない電話番号がある• 通話品質は通常の電話に劣る• 専用アプリからかけないといけない• 見慣れない番号なので怪しまれることがある• MNPは利用できない IP電話では以下の番号にかけることができないので気を付けましょう。 フリーダイヤル(一部かけられる番号もある)• 0990等で始まる番号への通話 データ通信を利用して通話をするので、 通話品質は通常の電話よりも悪いです。 ビジネスなどで大事な電話をする場合は通常の音声通話を使うほうが良いでしょう。 IP電話を使うにはそれぞれの専用アプリを利用しないといけません。 通常の電話アプリからはかけられないので煩わしいです。 また、IP電話は050という特殊な電話番号を使います。 見慣れない番号なので怪しまれることがありますし、他の番号から MNPで乗り換えることもできません。 IP電話でかけられない番号にかける裏技はある? 緊急通報の場合は本部の固定電話に直接電話をかけることで緊急通報の代用ができます。 あらかじめ近くの消防署や警察署の電話番号を調べて登録しておくと良いでしょう。 また、「緊急通報ナビ」というアプリを使えば最寄りの消防署や警察署の電話番号を調べられます。 電話をIP電話だけで代用する場合は緊急通報ナビをインストールしておきましょう。 IP電話だとデータ容量はどれくらい消費する? サービスにもよりますが、 1分間の通話で約250KB消費します。 1時間に換算すると15MBほどで、毎日1時間電話する場合は1ヶ月で約450MB消費する計算です。 消費するデータ通信量はそこまで多くありませんが、当然長電話をすればするほどたくさん消費します。 1GBや2GBといった少ない容量プランで利用する場合は注意しましょう。 SMSをつけることはできる? IP電話ではSMSの発信・受信はできません。 SMSを利用する場合はSMSに対応しているSIMカード、つまり音声通話SIMかSMS付きデータ通信専用SIMが必要です。 電話はIP電話で十分だけどSMSを利用したい、という人はSMS機能付きデータ通信専用SIMを選びましょう。 IP電話で通話料を大幅に節約しよう 以上、IP電話のメリット・デメリットや注意点を解説し、人気のIP電話アプリの比較を行いました。 IP電話は通話料が安いのが最大のメリットです。 しかもデータ通信専用SIMでも使えるので、音声通話SIMの代わりにデータ通信専用SIM+IP電話を利用することで月額料金も通話料も節約できます。 通話料を含めた毎月のスマホ代をとにかく安くしたいという人におすすめです。 ただし、 通話品質は通常の電話に劣る、かけられない電話番号もあるなどデメリットもあります。 大事な電話は通常の電話を使い、プライベートな電話はIP電話を使う、といったように用途に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

次の

+(プラス)メッセージはワイモバイルや格安SIM(MVNO)でも使える?

格安 sim 有料 アプリ

有料アプリの勝手に・知らないうちに課金されるを防ぐ 最終更新日 2020-04-21 20:01:44 ツイッターやSNSで、iPhoneの有料アプリが勝手に課金されていた。 とか知らないうちに課金されていたと言う日という発言や相談が多いので、原因や対策を紹介したいと思います。 Sponsored Link 目次• 勝手に課金されることはありえない? 基本的にiPhoneでもアンドロイドの有料アプリでも、 勝手に課金されることは仕組み上ありません。 有料・課金アプリの種類 有料アプリには、以下の3種類があります。 アプリインストール時だけにお金がかかるもの 1. ダウンロード時にお金がかかるもの。 つまりアプリ自体に料金がかかり、一度支払うとあとは無料で使えるもの。 アプリ内でアイテムなどを購入するときにお金がかかるもの 2. アプリ内でなにか アイテムなどを購入するときにだけ支払が発生するもの ポケモンGoのアイテム購入用の「ポケコイン」の購入や、LINEのスタンプ購入用のコインの購入など。 アプリを使うにあたって継続的にお金がかかるもの 3.そして 継続して使用するには毎月料金がかかるものの3つに別れます。 このうち勝手に課金されていると勘違いしてしまうのが、3番目の継続して使用するには料金が発生するアプリ内課金のものです。 この継続してお金がかかるシステムを「サブスクリプション」と言います。 無料期間に注意! 継続して使用するには料金が発生するアプリは、たいてい、無料試用期間があります。 が、実はこの 無料期間内に解約しないと、仕組み上自動的に有料プランに移行してしまうのです。 実際に無料試用期間がある有料アプリで確認してみます。 このアプリは、アプリ自体は無料です。 ところがアプリをインストールすると、このような注意書きが表示されました。 「7日間無料でお試し」出来るものの、「無料期間終了後は、自動的に有料のウィークリープランに更新されます」と書かれています。 また、解約するには「現在の有料期間が終了する24時間前までに自動更新機能が解除されない限り自動的に更新されます」となっています。 LINE Muisicの場合は、このような警告が表示されました。 継続時に確認が必要 また、このような無料期間終了後に有料プランに移行するアプリでは、 ダウンロード時にこのように「価格」のところに「無料試用期間」と「有料プランの料金」が必ず記載されているので、 アプリをインストールする場合は必ずここをチェックしてください。 このまま顔認証 もしくは指紋認証 を行うと、購入が完了してしまいます。 必ずこのように「購入手続きが完了しました」と表示されるので、「勝手に課金」されることはありません。 課金されているか確認するには 現在、継続して使用する有料コンテンツを契約しているか確認するには以下。 設定を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。 「Apple ID」の部分をタップします。 「Apple IDを表示」をタップします。 最新 iOS13以降 のiPhoneの場合 最新のiPhoneの場合は、「サブスクリプション」という項目があります。 ここをタップします。 「サブスクリプション」がない場合は、古いiOSの可能性があります。 に進んでください。 課金し続けているアプリがある場合はここに表示されます。 「サブスクリプションをキャンセルする」という項目がある場合は、継続して料金がかかっている状態です。 解約する場合は、ここをタップします。 解約後も使用期限が来るまでは使えますという警告が表示されるので、「確認」をタップすると解約できます。 「サブスクリプションをキャンセルする」というボタンがない場合は、すでに解約済みです。 一応解約後も使用期限が来るまでは使用できます。 古いiOSの場合 下にスクロールしていき、「登録」をタップします。 *「登録」が無い場合は、課金しているアプリはありません 課金し続けているアプリがある場合、「有効」の部分にアプリが表示されています。 購入履歴を確認する 「登録」の下にある「購入履歴」をタップすると・・・ このように履歴が表示されます。 なお、無料のアプリもここには表示されて、その場合は「0円」になっています。 メールが届く また、料金が発生すると毎月 もしくは毎週 、このようなAppleから明細が届きます。 有料アプリの登録がない!? iOS12以前の古いiPhoneの場合、有料アプリが継続して料金がかかっている場合、「登録」と言う項目がありました。 が、最新のiPhoneではこの「登録」はなくなりました。 その代わり「サブスクリプション」という項目が追加されました。 「サブスクリプション」とは、「購読」とか「加入」「申し込み」という意味で、課金し続けているアプリはここにあります。 古いiPhoneなのに登録がない iOS12以前のiPhoneなのに「登録」がない場合は、すでに解約済みになります。 それでも課金し続けている場合は、別のApple IDで登録している可能性があります。 一度「サインアウト」し、以前使っていたApple IDでサインインしてみてください。 なお、Apple IDのパスワードを忘れてい待った場合は、を参考にしてください。 課金を解約するには 先程の登録をタップし、 解約したいアプリをタップします。 「登録をキャンセルする」をタップします。 解約しても無料期間中は使用することが出来る旨が書かれています。 「確認」をタップします。 解約しても指定された期限が来るまでは、「有効」に表示されたままです。 使用期限がすぎると、このように「有効期間終了」の方に移動します。 課金できないようにするには 課金しないようにするには以下のようにします。 設定を開き、「スクリーンタイム」をタップします。 一度もスクリーンタイムを使用していない場合は、このような画面になります。 「続ける」をタップします。 「これは自分用のiPhoneです」をタップします。 「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。 「スクリーンタイム・パスコード」を設定している場合は、パスコードを入力します。 * ロック解除用のパスコードとは違います 「コンテンツとプライバシーの制限」をオン 黄緑色 にします。 「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。 「App内課金」をタップします。 「許可しない」にチェックを入れます。 本当に課金できないかチェックする App内課金を許可しない設定にしていると、このように継続して料金がかかるようなアプリの場合は警告が出て契約できなくなります。 YouTube Premiumの場合はこのように警告が表示されます。 注意!課金できる場合もある! ただし、App内課金を禁止していても過去に一度でも継続使用したことがあるアプリは・・・ このように課金できてしまいました。 なので一度でも無料期間もしくは有料で使用したことのアプリの場合は注意してください。 このように「App内課金を禁止」にしても課金できてしまいました・・・。 支払い方法をなしにする また、「支払い方法」を「なし」にすることで、課金できなくすることも出来ます。 詳しい設定は、を参考にしてください。 関連ページ• 最終更新日 2020-04-21 20:01:44 Sponsord Link.

次の